酸素 系 漂白 剤。 酸素系漂白剤の選び方や注意点を知って汚れをきれいに落とそう!|生活110番ニュース

酸素系漂白剤の5つの使い方と塩素系漂白剤との違い。粉末?液体?

酸素 系 漂白 剤

普段生活していると、衣類やキッチン、お風呂場などでシミやカビなどの汚れを見つけることがあると思います。 掃除しようとしても、その汚れがまったく落とせないということはありませんか? そのときに使用するのが、漂白剤ではないでしょうか。 漂白剤を使うことで、その汚れを落とすことができます。 漂白剤には、酸素系漂白剤と塩素系漂白剤の2種類があります。 漂白剤は、適してないものを使用すると大切な衣類などが傷つく可能性があるので、どんなものに適しているのかを知ることができるので参考にしてください。 さらに、酸素系漂白剤の白くする力をアップさせるために、漂白剤の効果的な使用方法も紹介しているので、ぜひ実践してみてください。 酸素系漂白剤は、さまざまな種類のものが販売されているため、どんなものを選んだらよいのか悩むことも多いですよね。 このコラムで、おすすめの漂白剤を紹介しているので購入の際のお役に立てていただければ幸いです。 いままで、漂白剤を使っていたけど上手に使いこなせていなかったりした方は、ぜひこのコラムを読んで、漂白剤の使い方をマスターしてみてはいかがでしょうか。 ここで解説していることを読んで、これまで苦戦していた衣類のシミ抜きや掃除などをおこなうことで、さらに楽しい生活を手にすることができるのではないでしょうか。 そもそも酸素系漂白剤ってなに?塩素漂白剤との違いとは 生活しているなかで、漂白剤を使ったことがある方も多いのではないでしょうか。 漂白剤は、衣類などに付着した汚れやシミを取り除いて元の色にもどしてくれます。 漂白剤には、さまざまな種類のものがありますが、使用方法を間違うと使用したものを傷めるおそれがあります。 衣類だけならいいですが、人の体に対して有害な物質もあるでしょうから、使用するときには注意が必要です。 そのため、漂白剤を使用するときには、用途に適したものを選択するようにしましょう。 漂白剤には酸素系漂白剤と塩素系漂白剤がありますが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか? 酸素系漂白剤 酸素系漂白剤には、液体と粉末の2種類があります。 液体と粉末でも成分や特徴が違うので注意してください。 液体の成分は、弱酸性で過酸化水素となっています。 特徴としては、酸素系漂白剤のみで使用しても効果はありません。 そのため、洗濯をするときに洗濯洗剤と一緒に使うことで効果をだすことができます。 そして、漂白剤には使用できるものとできないものがあるため、確認して使うようにしましょう。 酸素系漂白剤で使用できるものは、水洗いが可能な白いものや色のついている柄ものの繊維製品となっています。 逆に使用できないものは、水洗いができないもの、染料を使用している金属や金属でできているボタンなどです。 金属に漂白剤を使用することで、漂白剤の成分が金属と化学反応を起こして腐食してしまうおそれがあります。 また、衣類などに「バケツに水が入っている絵の上にバツマーク」の絵が書かれているタグがついています。 このタグは「家庭で洗濯することができないですよ」という意味になっているので、確認するようにしてください。 酸素系漂白剤の粉末成分は、弱アルカリ性で過炭酸ナトリウムで、特徴は液体の酸素系漂白剤よりも効果が強くなっています。 また、使用したいものを漬けおきして漂白するのに適しています。 粉末にも使えないものがあるのですが、使えないものは、液体での使えないものにプラスして毛や絹には使用できないので注意してください。 衣類のタグにも液体と同様の絵が記載されているものには使用できないため、確認することを忘れないようにしてください。 塩素系漂白剤 塩素系漂白剤は、液体の1種類のみとなっています。 塩素系漂白剤の成分は、アルカリ性の次亜塩素酸ナトリウムです。 酸素系漂白剤は衣類などに使用していましたが、塩素系漂白剤の特徴は、キッチンやお風呂場での使用頻度がとても多いようです。 キッチンやお風呂場では、黒ずみが発生することがあるため、その汚れをとるために使用されています。 さらに、白くする力は酸素系漂白剤よりも強いです。 塩素系漂白剤にも、使用できるものとそうでないものがあります。 塩素系漂白剤には、使用できないものが多いので注意が必要です。 ・水洗いができないもの ・色のついている柄ものの繊維製品 ・毛、ナイロン、ナイロンなどの繊維 ・金属でできているボタンなど 衣類のタグに、酸素系漂白剤と同様の絵が記載されているものには使用することができません。 さらに、「三角フラスコに【エンソサラシ】の文字がありバツマーク」の絵がついているものにも使用することができません。 酸素系漂白剤と塩素系漂白剤では、成分も使用できるもの使用できないものなど、大きな違いがたくさんあります。 使用するときには、この違いをしっかり把握して用途にあわせて使用するようにしましょう。 酸素系漂白剤を使える場所と手順 酸素系漂白剤には、液体と粉末の2種類あることがご理解いただけたと思いますので、さらに詳しく使用できる場所や使い方を解説していくので、参考にしてみてください。 酸素系漂白剤の液体タイプは、消毒液として使用されているオキシドールと使用方法が類似しています。 そのため、殺菌や除菌に対してとても効果をもたらすことができるのです。 色がついているものに使用することで、色を鮮明に発色させることができます。 酸素系漂白剤は、色がついているものに使用してしまっても、色落ちすることはないので安心して使用することができます。 一方で、粉末タイプの酸素系漂白剤は、液体と同様に殺菌や除菌効果があるため、食洗器の洗剤として使用されることが多いです。 さらに、粉末を溶かして液体にすることで活性酸素が発生することで、簡単に落ちないしつこい汚れを除去することができます。 酸素系漂白剤の液体タイプと粉末タイプにはそれぞれ違いがあるので、その違いを把握した上で、ここから使用できる場所と使用方法を解説していきます。 電子レンジ 電子レンジのなかは、食品の飛び散りなどが硬くなってとるのにとても苦労しますよね。 そのときには、小さじ1杯の酸素系漂白剤を、ぬるめのお湯1Lに溶かします。 その溶かしたものを使用して、雑巾などでふき取ることで、今まで落ちなかった汚れが簡単に落ちてしまいます。 冷蔵庫 冷蔵庫は電子レンジと同様に食品をいれるため、食品などに雑菌が付着することを抑制するため、殺菌や除菌効果がある酸素系漂白剤がおすすめです。 使用方法は電子レンジと同じ方法でおこなえます。 冷蔵庫を掃除するときは、棚板などあらゆるところを拭いていきましょう。 夏場などは、食中毒予防として掃除することもおすすめです。 食洗器 食洗器には、酸素系漂白剤を使用することで、酸素系漂白剤がもつ力を効果的に発揮できます。 使用方法は、4~5人用の食洗器に酸素系漂白剤を使用するときには、小さじ1杯程度を投入しましょう。 酸素系漂白剤の粉末タイプの成分である過炭酸ナトリウムは、お湯に溶かすことで過酸化水素ができます。 過酸化水素は、水と活性酸素でできているのですが、この活性酸素が汚れを落とすために重要な役割を果たしてくれるのです。 タンブラーなど タンブラーなど口をつける部分や、フタのゴム部分などは掃除がしづらいです。 さらに、ゴム部分などは放置していると、カビの原因や雑菌が繁殖したりすることがあります。 まな板 まな板は、食品を直接のせるので常に衛生管理には注意をする必要があります。 そのときには、粉末の酸素系漂白剤を使用しましょう。 40度程度のお湯に粉末を混ぜてクリーム状にしたものを、まな板にまんべんなく塗っていきます。 その塗ったものが乾いてきたら、粉末を溶かして液体にしたものを準備して霧吹きなどで吹きかけましょう。 吹きかけて固まったものがクリーム状に戻ったら、再びまんべんなく伸ばしていきます。 その後、約2時間放置したらしっかり洗い流すことで、雑菌の除去ができ、まな板を衛生的にきれいにすることができます。 ここまで紹介してきたものは、キッチン周りでの使用方法となります。 キッチン周りでの使用は衛生面でも気をつけることが多いので、参考にして使用してみてはいかがでしょうか。 洗濯後の漂白 衣類などは、使用していると汗で黄ばみができたり、シミがついてしまったりとさまざまな汚れが付着することがあります。 洗濯をするだけで落ちればいいですが、簡単に落ちないしつこい黄ばみやシミのときには、酸素系漂白剤を使用しましょう。 使用方法としては、まずは衣類を通常の方法で洗濯機を使って洗濯します。 洗濯が終わったら、40度程度のお湯に酸素系漂白剤を溶かします。 その溶かしたものに、衣類などを漬けおきしましょう。 だいたい1時間くらい漬けおきをしたら、水分をとって外で干したら終わりです。 シミ抜き 先ほどの方法でもシミをとることもできますが、それ以外の方法でもシミ抜きをすることができます。 シミがついている部分に、粉末の酸素系漂白剤を多めにのせます。 粉末の量は、多めにするようにしてください。 シミの上にのせた酸素系漂白剤にお湯をかけます。 お湯は、45度程度を目安にしてください。 お湯のかけ方も一気にかけると粉末がすぐ溶けてしまうので、少しづつかけて、じっくり浸透させるようにしましょう。 その後15分程度放置して、粉末にかけている水分がなくなったらあらたにかけてください。 そして、シミがなくなったら通常の洗濯をして終了です。 洗濯槽 洗濯槽は雑菌やカビなどが発生しやすいので、定期的に掃除することをおすすめします。 そのときに効果的なのが酸素系漂白剤です。 洗濯槽を掃除するときは以下の方法です。 お湯10Lに対し漂白剤100gが目安です。 多めにいれることで洗濯槽のカビを取り除くことができます。 取り除かずにお湯を流してしまうと、排水口のつまりが発生してしまいます。 酸素系漂白剤を使用した掃除方法は、場所などによって使い方が違うのでここで解説したことを参考にして掃除してみてはいかがでしょうか。 酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤のようなツンとした嫌な臭いがないので、臭いを気にせずいろいろな場所で使うことができます。 【ほかのものと一緒に使うなら液体タイプ】おすすめ酸素系漂白剤5つ 酸素系漂白剤が使用できる場所として、洗濯のときに使用できることがわかったと思います。 洗濯のときに使用するのにおすすめなのは、酸素系漂白剤の液体タイプです。 しかし、液体の酸素系漂白剤には、さまざまな種類のものがあるため、選ぶときにどんなものがいいか悩みますよね。 ここでは、酸素系漂白剤のおすすめを紹介していくので参考にして自分にあった漂白剤を見つけてみてください。 シャボン玉石けん 酸素系漂白剤 この商品は、ウールやシルクなどにも安心して使用できる商品です。 さらに、洗濯するときには洗剤と一緒に使用できる商品となっています。 漂白剤には使用できる生地と使用できない生地がありますが、この商品は使用できる生地がたくさんあります。 使用できる生地には、木綿、麻、化学繊維、毛、絹と幅広く使用できるため、この商品がひとつあればいろいろなものに使えるので、便利なのではないでしょうか。 また、柄物に使用することで柄の発色をよくすることができるため、色が入っている衣類に使用することもおすすめします。 ここで紹介した酸素系漂白剤の液体タイプは、さまざまなところで使用することができます。 さらに、基本的に酸素系漂白剤は臭いのないものが多いですが、さわやかな香りがするものもあるので、香り付きのものを選ぶのもいいのではないでしょうか。 また、商品によっては衣類など使用できる生地種類が多いものもあります。 そのため、生地個別に用意するのではなく、多くのものに使用できる商品を選ぶのもいいのではないでしょうか。 【漬け置きなら粉末タイプ】おすすめ酸素系漂白剤5つ 酸素系漂白剤の粉末タイプも洗濯やさまざまな使用方法がありますが、洗濯のときに使用する方法として、おすすめなのが漬けおきです。 頑固な汚れやシミ抜きをするときには、液体でもできますが、粉末の漂白剤を使用することで液体より取れやすいでしょう。 しかし、液体に比べると粉末のほうが使用できる範囲が狭くなるため、洗濯用に粉末タイプを準備しておくのもいいのではないでしょうか。 では、粉末タイプには、どんなものがあるのでしょうか。 ここでは、さまざまな種類がある酸素系漂白剤の粉末タイプのおすすめ商品を解説していくので、ご自分に最適な漂白剤を見つけてみてください。 ピジョン 赤ちゃんの漂白剤ベビーホワイト350g 漂白剤は使い方を間違えると、衣類を傷つけてしまうことや最悪の場合には、体にもあまりよくありません。 しかし、除菌や漂白をしたいと考えたとき、小さいお子さんがいるご家庭では使用を考える方もいるはずです。 この商品は、生まれたての赤ちゃんがいるご家庭でも使用できる商品となっています。 赤ちゃんは食べものもこぼすことも多いでしょう。 そのため、シミがたくさんできたりすることもあるはずです。 この商品は、洗剤と一緒に使用することでシミを取り除くことができます。 さらに、植物性の消臭剤が配合されているため、便や尿などの臭いを消すこともできるのです。 小さいお子さんがいるご家庭などにはおすすめの商品となっています。 ソネット ブリーチ 酸素系漂白剤 450g こちらの商品は、人や環境に考慮した原料でつくられているため、使用する人が無理なく使用し続けることができる商品です。 香りに関しても、天然エッセンシャルオイルになっています。 そのため、香りにこだわりたい方や女性の方は、こちらの商品を使用してみてはいかがでしょうか。 また、漂白剤は皮膚に触れるとあまりよくありませんが、この商品は皮膚にも優しい商品となっているので安心して使用することができます。 色や柄がついている衣類などにも安心して使用することができるのです。 衣類に使用を続けることで、黄ばみなどを防いでくれるというところもおすすめです。 オキシクリーンEX2270g 原産国アメリカ 酸素系漂白剤 粉末タイプ 詰替え不要の専用プラ容器 お手頃サイズ この商品は、酸素系漂白剤の成分である過炭酸ナトリウム100%が、そのまま入っています。 そのため、漬けおきなどをおこなうときには、水40Lに対して過炭酸ナトリウムが小さじ1杯で使用してください。 さらに、洗濯だけではなく調理器具や洗濯機の洗濯槽の掃除など、あらゆるところで使用することができます。 ただし、使用できないものもあるため、使用するまえには必ず確認してすることを忘れないようにしてください。 酸素系漂白剤の効果を上げるためには 衣類などについたシミや汚れを落とすとき、酸素系漂白剤を使用してもあまり落ちていないということもあるかもしれません。 そのときには、漂白剤の効果を上げる方法を実践してみるのもいいのではないでしょうか。 酸素系漂白剤の白くする力は、熱を加えてアルカリのペーハーをアップさせることで、漂白するスピードが上がり強力になります。 漂白剤の白くする力は、アルカリのペーハーが大きいほど汚れが落ちやすくなるのです。 ここでは、酸素系漂白剤にアルカリを混ぜて、ご自宅でもできる白くする力をアップさせる方法を解説していきます。 まず、先ほどからでてきているペーハーについて解説していきます。 ペーハーとは、洗濯洗剤などがもっているアルカリ度や酸性度が、どのくらいなのかを確認する数値です。 ペーハー数値が大きければアルカリが強く、逆に小さければ酸性が強いということがわかります。 酸素系漂白剤の白くする力をアップさせたいときには、アルカリの数値をアップさせることで可能になります。 では、アルカリが含まれているものにはどんなものがあるのでしょうか。 ご自宅など身近にあり、簡単に手にいれられるものをいくつか紹介します。 アンモニア水、重曹、そして、酸素系漂白剤の粉末タイプです。 液体タイプはアルカリ性ではなく酸性となっているので注意してください。 ここから、アンモニア水や重曹、酸素系漂白剤の粉末タイプを使用して、白くする力をアップさせる方法を順番に解説していきます。 アンモニア水 アンモニア水は、ドラッグストアなどで簡単に購入することができ、金額的にもあまり高くないので一度探してみてください。 アンモニア水は、ケガしたときなど衣類についた血などのシミ抜きにも使用されているので、ご自宅に常備しておいてもいいのではないでしょうか。 また、アンモニア水は臭いがツンしますが、簡単に手にいれられるものなのでぜひ実践してみてください。 方法は簡単です。 まず酸素系漂白剤の液体タイプを桶などにいれます。 桶にいれた漂白剤にアンモニア水を5~10滴ほど垂らして混ぜたら完成です。 重曹 重曹は、ペーハーが8. 2という弱いアルカリ性で、成分は炭酸水素ナトリウムでできており、食品添加物や胃の薬にも使用されています。 重曹を使用した方法も、アンモニア水同様に簡単につくることができます。 重曹を桶などにいれるのですが、いれるときの量は、少なめで大丈夫です。 割合としては重曹と漂白剤は1:1と覚えていてください。 重曹と酸素系漂白剤の液体タイプを混ぜると、ネバネバしたものができあがります。 そのため、衣類などにつけたとき粘りけがあるので必要なところだけにつけることができるのです。 ごくごく小さいシミなどは、綿棒ですくってから汚れ部分につけることができるため、とても便利です。 酸素系漂白剤粉末タイプ この方法がいちばん強力な力を発揮します。 酸素系漂白剤の粉末タイプは水やお湯と混ぜて使う方が多いはずです。 しかし、水やお湯ではなく酸素系漂白剤の液体タイプを混ぜることで、白くする力がさらにアップします。 桶などに酸素系漂白剤の粉末タイプをいれます。 そこに酸素系漂白剤の液体タイプを混ぜると完成です。 割合は、酸素系漂白剤の粉末タイプと液体タイプは1:3の割合と覚えていてください。 ここで、注意してほしいのがこの方法は、白くする力がとても強いので色のついているものなどに使用するときは色がはがれることがあります。 さらに、混ぜるときは粉末タイプに液体タイプを混ぜてください。 液体タイプの容器に粉末タイプをいれたりすると、液体タイプの容器が膨張して破裂してしますことがあるので間違わないように注意しましょう。 このように、もしもご自宅で酸素系漂白剤を使用しても汚れの落ちが甘かったりしたときには、ここで解説したことを参考にして実践してみてください。 使用するときには、使用方法を間違わないように安全におこなってください。 まとめ ここまで、酸素系漂白剤の粉末タイプと液体タイプについて解説してきました。 粉末タイプと液体タイプでは、成分や特徴もそれぞれに違いがあります。 酸素系漂白剤は、粉末タイプと液体タイプで使用できるものや使用できないものなど、さまざまなので使用するときには、間違った使用をしないように注意しましょう。 使用方法を間違うことで、衣類などを傷めてしまうこともあるので、ここで解説したことを参考に使用するようにしましょう。 酸素系漂白剤にはさまざまな種類の商品がありました。 ここで紹介した商品には、さまざまな特徴がありますので、ご自分にライフスタイルにあった漂白剤を選ぶようにしてください。 また、酸素系漂白剤は塩素系漂白剤と違い、臭いがないのでキッチンなどにも使用することができます。 また、香り付きのものもあるので衣類などに使用するときなどは、香り付きのものを選ぶのもいいのではないでしょうか。 そして、衣類の漂白をおこなったときにシミや汚れの落ち方があまいときなどは、アンモニア水や重曹を使用して、白くする力をアップさせましょう。 ここで解説した方法で使用するアンモニア水や重曹は簡単に購入できるため、もしものときはぜひ参考にしてみてください。 ただし、作り方などは正しい方法でおこなうようにしてください。 漂白剤というものは、使用方法を間違えると、人の体に対する有害物質なども考えられるので注意しましょう。 また、酸素系漂白剤を使用して衣類などを洗濯機できれいにするときに、もしかするとまったく効果を感じることができないことがあります。 そのときは、洗濯槽の汚れなども考えられます。 そのときは、ここで解説した掃除方法で掃除してみましょう。 それでも効果が得られないときは、洗濯機に問題がある可能性があります。 そのときには、洗濯機修理をおこなってくれるプロの業者に依頼しましょう。 洗濯機修理を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

酸素系漂白剤とは? その効果や洗濯・お風呂掃除での活用法 [掃除] All About

酸素 系 漂白 剤

酸素系漂白剤には液体と粉末の2種類があります。 同じ酸素系漂白剤となっているため、両者に大きな違いはないと思っている人もいるのではないでしょうか? 実は 液体と粉末には漂白力の違いがあにります。 その違いを知ることで、効果的な漂白方法が分かってきます。 きちんと酸素系漂白剤を使ったのに汚れが落ちなかったという場合は、 酸素系漂白剤の選び方が間違っていたのかもしれません。 今回は数ある酸素系漂白剤の中からおすすめを20選ランキング形式でお伝えします。 ランキングは主成分、補助成分の有無、使いやすさを基準に選びました。 記事を読めばどの汚れにどの酸素系漂白剤を使えば良いか分かるようになります。 汚れに 最適な酸素系漂白剤を選び、もっと日々の掃除や洗濯を楽にしていきましょう。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 汚れの落ちは緩やかではありますが洗剤を使って洗うことで綺麗に落ちます! 内容量 1. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 主成分は酸素系漂白剤の過炭酸ナトリウムです。 それに汚れを浮かび上がせる キレート剤と界面活性剤を配合し強力に配管内の皮脂汚れや湯垢を落とします。 1つ穴用と2つ穴用があるので、ご家庭のガス風呂タイプに応じて使い分けましょう。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 主成分としてではなく、補助成分として酸素系漂白剤が働きます。 塩素系漂白剤と違い、つんとした臭いがしません。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 酸素系漂白剤と蛍光染料配合で 通常の洗濯洗剤では実現できなかった白さになります。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. その秘密は酸素系漂白剤に漂白活性剤と酵素を配合しているところです。 この漂白活性剤が酸素系漂白剤の力を一層強力にし、酵素がタンパク質汚れ 血液や食べ物、草木のしぶなど を分解します。 あきらめていた汚れにぜひ一度は使っていただきたい漂白剤です。 内容量 400g 主成分 過炭酸ナトリウム 補助成分 炭酸塩、酵素、漂白活性剤 使いやすさ 絹や毛、含金属染料を使用した衣類には使えない、色柄物には事前に脱色の有無のテスタが必要。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 蛍光増白剤とは目に見えない紫外線を吸収して、目に見える青白い光 蛍光 に変える作用があるため、洗濯物を真っ白に見せることができます。 しかし、色柄物に対して蛍光増白剤入りの物を使うと本来の色味が失われる可能性があるため 使用の際は見えにくい部分でテストしてから使うと良いでしょう。 内容量 1360g 主成分 過炭酸ナトリウム 補助成分 界面活性剤 オキシエチレンアルキルエーテル 、分散剤、蛍光増白剤、酵素 使いやすさ 白地の衣類には特におすすめ。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 蛍光剤不使用のため色柄物にも使いやすく、酵素入りのためタンパク質汚れに強いのが特徴です。 内容量 400g 主成分 過炭酸ナトリウム 補助成分 炭酸塩、酵素、漂白活性剤 使いやすさ 皮革類、毛、看、絹などのデリケートな衣類には使えない。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 少しの範囲ならシミ抜きで落ちることもありますが、衣類全体の黄ばみにはあまり染み抜きが効果を発揮しないこともあります。 そんな時はこの皮脂汚れに特化した酸素系漂白剤を使ってみましょう。 皮脂汚れにパワフルになじみ洗浄する界面活性剤が入っているため、漂白だけでは落ちなかった皮脂汚れを分解・洗浄します。 内容量 1kg 主成分 過炭酸ナトリウム 補助成分 炭酸ナトリウム、界面活性剤 ポリオキシアルキレンラウリルエーテル 、酵素 使いやすさ 界面活性剤入りのため、皮脂汚れに強い。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. この酸素系漂白剤にはキレート剤が入っています。 キレート剤が入ることにより界面活性剤だけでは落ちない泥汚れが水に溶けやすくなります。 またキレート剤には洗剤の洗浄力を一定にキープする作用もあるため、パワフルに汚れを落とします。 あきらめていた泥汚れには一度こちらを用いてみてください。 内容量 1kg 主成分 過炭酸ナトリウム 補助成分 キレート剤、再付着防止剤、界面活性剤 ポリオキシアルキレンラウリルエーテル 、炭酸ナトリウム 使いやすさ 金属などを含む泥汚れにはキレート剤入りのこちらがおすすめ。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 特に部屋干しで臭いが気になる梅雨の洗濯時にはオキシクリーンデオドラントがおすすめです。 また洗濯だけでなくキッチンの油汚れなどの掃除、食器の茶渋落とし、タイルや床掃除にもオキシクリーンデオドラント大活躍します。 内容量 1. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 使用されている界面活性剤がストッパーの役割を果たし、酸素系漂白剤が衣類を必要以上に傷める心配が軽減されています。 こちらで使われている界面活性時は非イオン系というタイプで、皮膚刺激が一切なく安心できるものです。 内容量 1. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. しかし、 こちらには水軟化剤が配合されているため、常に高い洗浄力・漂白力をキープします。 今まであきらめていた頑固なシミにもぜひこちらでアプローチしてみてください。 ナイロンカーペットなどにも使えます。 内容量 5. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. こちらだけでも使えますし、重曹と合わせてさらにパワフルに皮脂汚れを落とすことができます。 ニチガの製品は、パッケージなどが簡素化されている代わりに高品質なものが低価格で提供されているのが特徴です。 こちら一つで衣類の洗濯・漂白から掃除、洗濯層の掃除まで可能です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 衣類や布製品だけでなくキッチンの油汚れや食器・お弁当箱の除菌、排水口の掃除、炊飯器や冷蔵庫の掃除などあらゆるところの掃除に大活躍します。 内容量 1kg 主成分 過炭酸ナトリウム 補助成分 酵素 使いやすさ 酵素入りのためタンパク質汚れに強い。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 毎日のお洗濯にはこちらが適しています。 防臭や皮脂・汗汚れの軽減が期待できます。 お得な詰め替え用もあるので、継続して使いやすい酸素系漂白剤です。 内容量 600ml 詰め替えの別売りもあり 主成分 過酸化水素 補助成分 界面活性剤 ポリオキシエチレンアルキルエーテル 、漂白活性剤 使いやすさ 毎日使いやすい液体タイプ。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 衣類全体につかないため、衣類へのダメージを最小限におさえつつ漂白効果に期待できます。 気になるところにシュッとするだけの手軽さも魅力です。 内容量 300ml 主成分 過酸化水素 補助成分 界面活性剤 ポリオキシエチレンアルキルエーテル 、泡調整剤 使いやすさ 洗濯前に一度吹き付けるだけの手軽さが魅力。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 漂白だけでなく皮脂や油汚れでドロドロになってしまった換気扇やパイプ汚れにも分解・防臭効果を発揮します。 塩素タイプと違い臭いや刺激が抑えられているため、使いやすい洗浄剤です。 内容量 400g 主成分 界面活性剤 アルカノイルオキシベンゼンスルホン酸ナトリウム 補助成分 発泡剤 過炭酸ナトリウム 、炭酸ナトリウム、防錆剤、安定化剤 使いやすさ 洗濯層やパイプ掃除に使える低刺激な酸素系漂白剤。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 粉末のほうが強力に除菌や漂白などをします。 もし毎日液体タイプを使っていても残る臭いや汚れが出たとしたら、こちらの粉末タイプを使ってみてください。 その時はお湯に粉末を溶かししばらく置いておくと一層効果的です。 内容量 530g 主成分 過炭酸ナトリウム 補助成分 界面活性剤 ポリオキシエチレンアルキルエーテル 炭酸ナトリウム、漂白活性剤、安定化剤、酵素 使いやすさ 液体では落ちない臭いや汚れに使える。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 粒子が細かく洗濯後やつけ置き後に粉末が残りにくいため、思い立った時に使いやすいです。 界面活性剤が入っているため、油汚れなどにも強く、食べ残しや皮脂汚れ除去に期待ができます。 また水軟化剤が入っているため洗剤に汚れが混ざった場合でも洗浄力が落ちにくい点も効果に期待できます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 粉末タイプなのですすぎはしっかりとしなければなりませんが漂白剤として選択に使えます。 付け置き洗いにも使えますし、中性洗剤や重曹と混ぜてペースト状にして汚れた部分だけに使うこともできます。 もちろん洗濯槽の掃除やパイプや排水口の掃除などいたるところに使用できます。 内容量 750g 主成分 過炭酸ナトリウム 補助成分 - 使いやすさ 掃除、洗濯などさまざまな用途がある。 過酸化水素はアルカリ性でその効果を最大限発揮しますが、 液体の過酸化水素は弱酸性です。 このため、液体はフルに漂白効果を発揮しません。 しかしその分物質を変性する力が弱い、つまり 衣類へのダメージが少ないのです。 さらに過酸化水素そのものはガ スなので揮発性が高く、衣類へ成分が残っても揮発してなくなってしまいます。 そのため、 残った成分が肌へ悪影響を与える可能性も非常に少なく、赤ちゃんや肌の弱い人へも比較的使いやすいが液体の酸素系漂白剤です。 また液体であるので、水に溶け残るということが少なく、洗濯時には便利です。 以上のことから、毎日使うのであれば、液体タイプの酸素系漂白剤です。 粉末タイプは液体タイプより漂白効果が高いです。 粉末タイプ酸素系漂白剤の主成分は過炭酸ナトリウムですが、こちらは過酸化水素に炭酸ナトリウムを添加してアルカリ性にしたものです。 過酸化水素はアルカリ性でその効果を最大限発揮するるため、 粉末の酸素系漂白剤の効果はパワフルです。 しかし、その分 生地へのダメージもそれなりにあります。 仮に粉末タイプの酸素系漂白剤を連続使用すると布に穴が開くということもあります。 このため 、粉末の酸素系漂白剤を使うのは月に1回か多くても2回程度にした方が無難です。 幸いなことに、一度酸素系漂白剤で付け置きした衣類の 防臭など効果は長期間続くので、使用頻度が少なくても十分効果が感じられます。 また掃除をするにも粉末の酸素系漂白剤は便利ですが、汚れが付いた時に使用する程度で効果は十分発揮されます。 漂白力が高いため、粉末はスペシャルケアの時に使いましょう。 界面活性剤は汚れを落とす成分です。 汚れに浸透し乳化・分散の作用があります。 水にも油にも溶けやすい成分なので、水溶性の汚れにも油性の汚れにも対応します。 酸素系漂白剤の漂白効果は、表面の汚れがしっかり落ちていないと発揮されません。 このため、界面活性剤入りの酸素系漂白剤を選ぶと、手洗いや水拭きでは落としきれなかった汚れを落としながら、その部分に酸素系漂白剤がしっかり浸透し、漂白効果を最大限発揮できるということになります。 自然破壊や肌へのダメージが気になる界面活性剤ですが、現在は自然や肌への影響がない非イオン系界面活性剤や両イオン界面活性剤のみしか洗剤には使われなくなりました。 このため、 界面活性剤入りを怖がる必要はなく、汚れに応じて界面活性剤入りの酸素系漂白剤を選ぶと良いでしょう。 衣類の汚れは目に見えない皮脂や食べこぼしなどの汚れが付いていることがあります。 その汚れがしっかりと洗浄されると酸素系漂白剤の漂白・防臭・除菌効果がしっかりと出てきます。 このため、 衣類の洗濯には液体タイプか界面活性剤入りの粉末タイプがおすすめです。 液体タイプにはほぼ界面活性剤が使用されていますし、粉末にも界面活性剤配合のものが多くあります。 界面活性剤で汚れをしっかり分解したうえで、酸素系漂白剤がしっかりと漂白や防臭をするでしょう。 また液体タイプで臭いなどが取れない場合は粉末タイプを用い、付け置きをすると一層効果的です。 もし、付け置きでも取れない汚れが出た場合は、その部分にのみ酵素入りの酸素系漂白剤を用いるのも一つの手です。 酸素系漂白剤には細かく分けると 粉末タイプと液体タイプに別れています。 粉末タイプは弱アルカリ性で 液体タイプは弱酸性です。 両方とも水洗いできる白物、色柄物の繊維製品に使えます。 粉末タイプのものは液体タイプよりも漂白力が強く、つけ置きの漂白などがおすすめの方法です。 水に溶かして発生した活性酸素の酸化作用で漂白するのが主で、お風呂掃除や食器洗い、他にもカビをとったり除菌などでも使用することができます。 液体タイプは消毒液などで使われるオキシドールとほぼ同じ成分です。 粉末系と異なり単体では使用しません。 洗濯用漂白剤としてのみ使用します。 粉末系よりも漂白力は落ちますがウール系やシルク系の製品にも使用できる優しい漂白剤です。 塩素系のものよりも酸素系のものは漂白力が落ちてはしまいますが家庭用衣類であれば十分漂白してくれますし、何より塩素系のものより安全で優しいというメリットがあります。 グラフィコ• 商品名• 過炭酸ナトリウム• オキシウォッシュ• ワイドハイターEX 粉末タイプ• ワイドマジックリン• ワイドハイターEXパワー ポイント漂白• ワイドハイターEXパワー• きれいッ粉• 酸素系漂白剤• オキシクリーン STAINREMOVER• オキシクリーン ベイビー• オキシクリーン デオドラントパワー• 茂木和哉 「 泥汚れ落とし 」• 茂木和哉 「 皮脂汚れ落とし 」• 茂木和哉 「 シミ抜き 漂白用 」• オキシクリーン ホワイトリバイブ• 茂木和哉 「 純愛 」• 武道着クリヤ 白生地専用• カビキラー 洗たく槽クリーナー• ジャバ 1つ穴用• オキシクリーン• 粒子が小さく水やお湯に溶けやすい• 液体タイプよりさらに強力漂白する粉末タイプ• 頑固な焦げ付きや洗濯槽の掃除などに使える漂白剤• 頑固なシミに密着泡が効果を発揮• 毎日使える液体の酸素系漂白剤• 酵素入りでタンパク質汚れを強力除去• 過炭酸ナトリウムのみで作られた酸素系漂白剤• 高い漂白力・洗浄力をキープする成分配合• 赤ちゃんや肌が弱い人にも使えるオキシクリーン• 香料入りで気になる臭いを一掃する• 泥汚れならキレート剤入りのこちら• シミ抜きでは落ちない皮脂汚れならこちら• 蛍光剤不使用で色柄物にも安心して使える• 白さを追求するオキシクリーンならこちら• 酵素の力で食べこぼしや黄ばみ、草木のしぶ汚れを強力漂白• 柔道着や剣道着など白地の道着専用の酸素系漂白剤入り洗濯洗剤• アクティブ酸素が洗たく槽をきれいにする• ガス風呂の洗浄ならこちらがおすすめ• 界面活性剤が不使用のオキシクリーン• 407円 税込• 628円 税込• 428円 税込• 375円 税込• 278円 税込• 264円 税込• 1689円 税込• 1590円 税込• 2799円 税込• 1924円 税込• 1924円 税込• 1800円 税込• 1922円 税込• 915円 税込• 1830円 税込• 1550円 税込• 1600円 税込• 219円 税込• 321円 税込• 830円 税込• 内容量• 750g• 1kg• 530g• 400g• 300ml• 600ml 詰め替えの別売りもあり• 1kg• 3kg• 32kg• 37kg• 36kg• 1kg• 1kg• 400g• 1360g• 400g• 1kg• 250g• 160g• 5kg• 主成分• 過炭酸ナトリウム• 過炭酸ナトリウム• 過炭酸ナトリウム• 界面活性剤 アルカノイルオキシベンゼンスルホン酸ナトリウム• 過酸化水素• 過酸化水素• 過炭酸ナトリウム• 過炭酸ナトリウム• 過炭酸ナトリウム• 過炭酸ナトリウム• 過炭酸ナトリウム• 過炭酸ナトリウム• 過炭酸ナトリウム• 過炭酸ナトリウム• 過炭酸ナトリウム• 過炭酸ナトリウム• 界面活性剤 非イオン系の高級アルコール系• 過炭酸ナトリウム• 過炭酸ナトリウム• 補助成分• 炭酸ナトリウム、水軟化剤、過硫酸塩、界面活性剤 アルファオレフィスルホン酸ナトリウム• 界面活性剤 ポリオキシエチレンアルキルエーテル 炭酸ナトリウム、漂白活性剤、安定化剤、酵素• 発泡剤 過炭酸ナトリウム 、炭酸ナトリウム、防錆剤、安定化剤• 界面活性剤 ポリオキシエチレンアルキルエーテル 、泡調整剤• 界面活性剤 ポリオキシエチレンアルキルエーテル 、漂白活性剤• 界面活性剤 エトキシレートアルコール 、水軟化剤 炭酸ナトリウム 、洗浄補助剤、香料• 界面活性剤 ポリオキシエチレンアルキルエーテル 、炭酸ナトリウム• 界面活性剤 アルコールエトキシレート 、炭酸ナトリウム、香料• キレート剤、再付着防止剤、界面活性剤 ポリオキシアルキレンラウリルエーテル 、炭酸ナトリウム• 炭酸ナトリウム、界面活性剤 ポリオキシアルキレンラウリルエーテル 、酵素• 炭酸塩、酵素、漂白活性剤• 界面活性剤 オキシエチレンアルキルエーテル 、分散剤、蛍光増白剤、酵素• 炭酸塩、酵素、漂白活性剤• 漂白剤(酸素系)、アルカリ剤、水質軟化剤、酵素、蛍光染料、香料• 過炭酸ナトリウム 漂白剤 、安定化剤 クエン酸塩• キレート剤、界面活性剤、漂白活性剤• 炭酸ナトリウム• 使いやすさ• 掃除、洗濯などさまざまな用途がある。 重曹と混ぜて洗濯や掃除ができる• 水洗いできる衣類の付け置き、食器や家具などの掃除• 液体では落ちない臭いや汚れに使える。 洗濯専用• 洗濯層やパイプ掃除に使える低刺激な酸素系漂白剤。 清掃専用• 洗濯前に一度吹き付けるだけの手軽さが魅力。 洗濯専用• 毎日使いやすい液体タイプ。 洗濯専用• 酵素入りのためタンパク質汚れに強い。 水洗いできる衣類や場所の掃除が可能• 水洗いできる衣類や場所であればどこでも使用可能、洗濯層の掃除も可能• 水洗いできるものの洗濯や掃除に使える• 衣類の洗濯以外にも食器や家具の掃除に使える• 洗濯、水回り・家具の掃除に使える• 金属などを含む泥汚れにはキレート剤入りのこちらがおすすめ。 洗濯専用• 界面活性剤入りのため、皮脂汚れに強い。 洗濯専用• 皮革類、毛、看、絹などのデリケートな衣類には使えない。 洗濯専用• 白地の衣類には特におすすめ。 洗濯専用• 絹や毛、含金属染料を使用した衣類には使えない、色柄物には事前に脱色の有無のテスタが必要。 洗濯専用• 白地以外には使用できない。 洗濯専用• 洗濯槽専用• お風呂専用• 水洗いできる衣類の洗濯や使える• 商品リンク•

次の

【カビ取り・カビ対策に】初めて酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使ってみた感想。

酸素 系 漂白 剤

初めて、「酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)」を使って掃除をしてみました。 今回の目的は、カビ取り・カビ対策。 その様子や感想をまとめてみます。 先日、重曹やクエン酸掃除についての本を読み、こうしたナチュラル洗剤での掃除を長く続けるコツなどについて書きました。 ・ 今回はその続きで、初めて試した【酸素系漂白剤】についてです。 結論から先にお伝えすると。 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)は、安全に使いやすく、個人的には今後も活用していきたいと思っています。 酸素系漂白剤/過炭酸ナトリウムも掃除に使いやすい。 (塩素系とは別物) 初めて使ってみた「酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)」ですが、 重曹やクエン酸などと同様に、 扱いやすく、安心して使えるかんじです。 今回は主に、 カビ取り・カビ対策のために購入しましたが、他にも様々な使い方があるようです。 なので、今後も色々と試しつつ、掃除、洗濯など使える幅を増やしていく予定。 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使ってみようと思った理由。 今回、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を試してみようと思った理由は、 カビ取り掃除に端を発しています。 具体的には、こんなことがあったからです。 ・バスルーム(洗面所、浴室、風呂場など)は、掃除していても、季節に左右されることもあり。 湿気の多い時期は特に、カビや汚れが気になる。 ・ふだん使っている 重曹やクエン酸では、思うように汚れが取れない場合もあり。 どうしても困ったときは、市販のカビ取り剤( 塩素系漂白剤)のお世話になることもある。 (ただ、できれば塩素系はあまり使いたくないので、緊急時用としてひっそりと収納されている。 出番は極少) ・先日、うまく取れない浴室のカビ汚れにちょっとだけ使おうと、久々にカビ取り剤を取り出し使ってみる。 ・ちょっとだけのつもりが、思わず掃除熱が入ってしまい全力掃除に切り替わる中、突如 ひどい吐き気と めまいに襲われ、慌てて浴室から脱出。 ・ナチュラル洗剤での掃除に慣れすぎていて。 強力な 塩素系洗剤を使っているにもかかわらず、 マスクもせず換気も怠ったことが原因。 ・正しい使い方をしなかった自分を反省しつつ。 塩素系、カビ取り剤というのは、やはり 強烈な威力があることをしみじみ感じることに。 ・そんなことがあり。 やはり、できれば ナチュラル洗剤(重曹、クエン酸)のように、比較的、人にも環境にも穏やかな成分のもので、カビや汚れにうまく対処したいと思い。 ・あらためて重曹掃除などの本に、解決のヒントを探し。 カビ対策にも有効とされる、 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を試してみることに。 (酸性タイプの製品と一緒に使用すると、有害な塩素ガスが出る) 一方で、 酸素系というものについてはよく知りませんでした。 混同しそうですが、塩素系漂白剤と酸素系漂白剤は、別物。 【酸素系漂白剤】について、その特徴や使い方を簡単にまとめてみます。 ・重曹、クエン酸、石けんなどで落としきれなかった汚れに使用する。 ・ 漂白について。 衣類の汚れ(シミ、黄ばみ、くすみ)などに効果が高い。 色柄物にも使用できる。 茶渋も落とせる。 ・ 殺菌について。 細菌やカビを死滅させる。 濃度は、汚れ具合を見て調節。 (汚れが浮いてきた場合は、すくって取り除く) ドラム式洗濯機なら、洗濯槽を洗うコースを選ぶ。 ・金属、ウール、シルクなどの素材には適さない。 酸素系漂白剤で、実際行ったカビ取り作業。 酸素系漂白剤を使って、実際に試した浴室のカビ取り作業の様子と感想は、下記のとおり。 (本を参考にしつつ、自分なりにアレンジ) 今回は、初めて試すということもあり。 2回(2日間)に分け、パターンを変えて掃除してみました。 【1回目】酸素系漂白剤のみ使用。 (掃除時間約10分) 【2回目】重曹・クエン酸・酸素系漂白剤を使用。 (掃除時間約10分) ・浴室全体掃除だと時間がかかりすぎるので、今回は黒カビや汚れの気になる各箇所(主に壁・床)に絞って掃除。 ・この手順を繰り返して掃除。 (これは、カビ・汚れの 経過日数の違いによるのかも。 (掃除時間約15分) ・違いを見るため、1回目とは別の箇所のカビ・汚れを掃除。 各粉末を使い、これを下記の手順で行った。 ・この手順を繰り返して掃除。 (例えば。 5箇所の汚れがあったら、ひとつづつ処理するのではなく、すべて同時に進めた。 ・酸素系漂白剤のみで あっさりとカビ・汚れが落ちたときは、ちょっとテンションが上がった。 ・とはいえ、ナチュラル洗剤とも呼ばれる マイルドな漂白剤なので、すでに頑固になってしまったカビ汚れには、もう少し 根気よく取り組む必要がありそう。 (例えば、重曹やクエン酸水を使い、上からラップして数時間置き、その後さらに酸素系漂白剤を使ってみるといった工程。 あとは 湯の温度の工夫など) ・酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)の 手触りは、さらさらしていながらわりと粒がしっかりしている印象。 歯ブラシに直接粉を付けて壁床の汚れをこすったときは、溶けすぎず 粒感も少し残り 研磨剤みたいだった。 ・ 匂いに関しては、重曹やクエン酸と同様、特別な匂いは感じなかった。 ・40度くらいの湯で溶くのが効果が高いようなので、あらかじめ洗面器や小さな容器に、酸素系漂白剤を適量溶かして、そこにスポンジや歯ブラシを時々つけながら掃除した方が効率がよかったかも。 次回試してみる。 ・試しに、 閉め切った状態で掃除してみたが、カビ取り剤(塩素系)を使った時のように 気分が悪くなることはなかった。 (とはいえ、浴室は湿気が多く、他の場所より簡単にカビが出やすいので、日常的にも掃除中も 換気は大事) ・今回は試しに2回とも 素手で掃除してみたが、特に手がひりひりしたり荒れたりすることもなかった。 ただ、 連日や 長時間掃除になったりすれば、手の脂分を取られたり、何かしら手荒れの原因になりそうなので。 ゴム手袋など使った方がよりよいかも。 ・本とあわせて、商品パッケージの裏面に書かれた使い方なども参考にしながら、色々試し、自分なりに掃除しやすい方法を見つけていければと思う。 ・ ナチュラル洗剤での掃除は、やはり 一度に全部の汚れを落とそうとしないことが大事だと再認識。 日々 ちょっとずつきれいにすることを心がけ、 気になる汚れも徐々に薄くなっていけばOKというスタンスで続けていきたい。 ・今後、浴室以外の場所の掃除や洗濯などにも、いろいろ試してみたい。

次の