ガルガン ティア エイミー。 翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~(OVA)

エイミー(翠星のガルガンティア)とは (エイミーとは) [単語記事]

ガルガン ティア エイミー

【アニメ視聴感想】第6話「謝肉祭」 働ける仕事もなくまさにチェインバーの「ヒモ」と化しているレド。 ユンボロに乗って漁に出るもチェインバーの支援なしでは「溺れて」しまう始末。 しかしそんなレドにピニオンとベローズは熱いスカウト合戦を繰り広げます。 でも・・その目的は計り知れない労働能力を持つ(?)「チェインバー」の獲得につながっているというには言わずもがな。 お察しの通りなのです(笑)。 前回の焼肉と同様に今回も漁で魚を「すり身」にしたりと、論理的すぎるチェインバーはその単体では人間社会に上手く溶け込めないんですよね・・。 やはりレドとのコンビで最大限の成果を出せると思うのです。 それはやはり機械が「感情」を理解できないから?。 感情と言えば今回のエピソードで印象深いのはレドの初めて見せた「笑顔」かな。 エイミーに「笑顔」を教えてもらうレド。 これって人間の感情の「喜怒哀楽」の中で生きていく上で一番大切なことだと思います。 そういえば某アニメでも「笑えばいいと思うよ」という名セリフがありましたしね(笑)。 大漁に感謝する謝肉祭の1日で、人間として「生存」するのではなく人として「生きる」ことを知ったレド。 目的もよく分からず宇宙で命ぜられるままに戦っていた彼でしたが急に起こった放電現象に、自分の意志でとっさにエイミーを守ります。 助けられたお礼にと銀河道の光の中で舞うエイミー、その美しい姿に心を奪われるレド。 「生きるということは?」その一言では表せない答えをレドは悟り、あるべき感情すべてを取り戻すというこの作品の中の屈指の名シーンです。 今回のエピソードは作品で描こうとしている「人間らしく(らしさ)」という最も大きなテーマがギュッと凝縮されたものになっている、と思います。 先の「笑顔」の話に戻りますが、この後のエイミーの弟・ベベルに「おみやげ」を渡すシーンでレドは笑顔を見せます。 誰かを支えることで自分も生きていくことが出来る・・。 レドの「人間らしく」生きることの答えを探す旅はもうすぐゴールへとたどり着くかのように思われましたが・・。 レドの前に再び人類の敵「ヒディアーズ」が現れます。 盲目に脅威と対峙していた以前とは違い、愛する人たちの平和な生活を守るため彼は戦います。 しかし愛する人を守ろうとすることで、レドは様々な過酷な選択に直面し「帰るべき場所はどこなのか?」に再び悩み迷う事となるのです・・。 魚の大量を祝ってエイミー・メルティ・サーヤの「ガルガンティア三人娘」が透け透けの衣装で踊りを舞うシーンがありましたが、ブルーレイBOX第2巻の鳴子ハナハルさん作画のショートコミックでは他の女性陣も「踊り子」の姿に!?。 ・・(笑)。 なんでこうなった?のかは、是非BOXをお手にとってお確かめください!。 最後が「お前もかよ!?」というオチになっています。 G OP主題歌:「この世界は僕らを待っていた」茅原実里 ED主題歌:「空とキミのメッセージ」ChouCho CAST レド:石川界人 エイミー:金元寿子 リーマ:水瀬いのり サーヤ:茅野愛衣 メルティ:阿澄佳奈 ベローズ:伊藤 静 リジット:大原さやか ピニオン:小西克幸 ラケージ:恒松あゆみ チェインバー:杉田智和 マズル:櫻井孝宏•

次の

エイミー(翠星のガルガンティア)とは (エイミーとは) [単語記事]

ガルガン ティア エイミー

とは、『』のである。 : 概要 でメッセンをしている、明るい。 、B・W56・H、。 旺盛で行動的、いつも元気なを絶やさない。 同じメッセンである、 とで、よく一緒に行動している。 第1話にて眠りから醒めたに人質にされ、収集のため内を連れ回されてしまう(この時に をかれている)が、住民とが対峙し着状態に陥った後は自ら交渉役に立補し、話し合う中で互いの素性を知っていくことになる。 とがを容赦なく殲滅した際には驚きのあまり酷い言葉を浴びせてしまうが、のちにそのことを謝罪し、ベと共にでの(用な殺生はしない、など)をに教える。 そしてがを(殺さないように)追い払うと、他の住民達と共ににの意を表した。 その後もの案内役としてと積極的に関わっており、のルを紹介したり、職探しに付き合ったり、に誘ったりしている。 第6話においては、を護ろうとしたに対してをらめるなど彼を意識しているような素振りを見せている。 「っとがるがんてぃあ」によると、胸のは 船団内で下から二番(は)。 年齢、でBはに巨大なだと思う(第5話など見れば十分すぎるぐらい発育しているのがわかるだろう)のだが、船団の高すぎである。 か、がだからか。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

Amazon

ガルガン ティア エイミー

とは、『』のである。 : 概要 でメッセンをしている、明るい。 、B・W56・H、。 旺盛で行動的、いつも元気なを絶やさない。 同じメッセンである、 とで、よく一緒に行動している。 第1話にて眠りから醒めたに人質にされ、収集のため内を連れ回されてしまう(この時に をかれている)が、住民とが対峙し着状態に陥った後は自ら交渉役に立補し、話し合う中で互いの素性を知っていくことになる。 とがを容赦なく殲滅した際には驚きのあまり酷い言葉を浴びせてしまうが、のちにそのことを謝罪し、ベと共にでの(用な殺生はしない、など)をに教える。 そしてがを(殺さないように)追い払うと、他の住民達と共ににの意を表した。 その後もの案内役としてと積極的に関わっており、のルを紹介したり、職探しに付き合ったり、に誘ったりしている。 第6話においては、を護ろうとしたに対してをらめるなど彼を意識しているような素振りを見せている。 「っとがるがんてぃあ」によると、胸のは 船団内で下から二番(は)。 年齢、でBはに巨大なだと思う(第5話など見れば十分すぎるぐらい発育しているのがわかるだろう)のだが、船団の高すぎである。 か、がだからか。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の