マクガフィン 岡村 靖幸。 岡村靖幸と宇多丸『マクガフィン』を語る

やはり全盛期!岡村靖幸ニューアルバム「操」レビュー!

マクガフィン 岡村 靖幸

岡村靖幸さんがにゲスト出演。 宇多丸さんと「岡村靖幸さらにライムスター」名義のコラボ曲『マクガフィン』を初オンエアーしながら、楽曲の制作などについて話していました。 (宇多丸)ということで月曜日に告知させていただきましたが、さっそくこちらの話題に行ってみたいと思います。 本日、岡村靖幸さらにライムスター『マクガフィン』宇宙初オンエアー! ということでシンガーソングライター、ダンサーの岡村靖幸さんのツアー「やばいよ!この気持ち。 10月19日のZeppダイバーシティの公演にて、いきなり何の告知もなしに我々ライムスターがドーンと出ていって宇宙初披露しました。 岡村靖幸さんと我々ライムスターがコラボレーションした楽曲『マクガフィン』を本日、正式にこのアフター6ジャンクションで宇宙初オンエアーさせていただくことになりました。 (熊崎風斗)素晴らしい! 『岡村靖幸さらにライムスター』の 初アーティスト写真です。 — 岡村靖幸. クドい!っていうことになっております。 ということで、これ、正式なデジタルリリース&ストリーミング配信は11月27日からスタート。 アナログ盤のリリースも予定をしているんですが。 曲をかける前にやはり、私だけがベラベラとしゃべって曲をかけるっていうのもなんだということで。 この方とお電話がつながっております。 もしもし? もしもし? あっ、来たーっ! (熊崎風斗)あれ? あれ? (岡村靖幸)いやー。 (宇多丸)電話じゃなかった! 岡村靖幸さんでございます! (岡村靖幸)どうもー。 よろしくお願いします。 (宇多丸)熊崎風斗くんです。 (岡村靖幸)岡村です。 (宇多丸)岡村さん、ありがとうございます! (岡村靖幸)全然。 岡村靖幸、降臨 (宇多丸)いや、なんかいま、レコーディングもなかなか大変で……っていうことで。 (岡村靖幸)全然大変じゃないですよ。 (宇多丸)大変でしょう。 どう考えても(笑)。 (岡村靖幸)フフフ、眠いんですか? 今日は。 (宇多丸)眠いですね。 ちょっといろいろ、バスキア展だとかなんだって行って来て。 そんな話をしている時間はないんですよ(笑)。 あの、ありがたくもこの番組で宇宙初オンエアーをさせていただき、ありがとうございます。 ということで、『マクガフィン』というライムスターとのコラボですけども。 岡村さんから見て、まずは率直にこの『マクガフィン』という曲は? (岡村靖幸)もうおすすめです。 素晴らしいです。 (宇多丸)どうですか? 曲を我々と一緒に作ってみて? (岡村靖幸)すごく楽しかったですね。 勉強になることもたくさんあったし。 このラップの素晴らしさ、いまから聞いていただくことになりますが。 味わい尽くしてほしいですね。 (宇多丸)すごいと思う。 岡村さん、とにかく僕らがラップを入れた後も細かくエディットの作業とかで。 たぶん僕らの何倍も何倍も聞き込まれていると思うんですけども。 僕ら、逆に岡村さんが最初に作ってきたトラックがまず、みなさんにこれから聞いていただきますけども。 まずもう「なんだ、この人? やっぱり天才だ!」って。 すごいかっこいい。 (岡村靖幸)いやいや……。 (宇多丸)で、さらに我々がラップを入れた後、いろいろとやり取りの中で岡村さんの歌サビ的な。 平歌のところとサビでバッと開けていくみたいな展開で。 そうするとやっぱりね、かっこいいんですよね。 (岡村靖幸)この曲はあれなんですよ。 どういうコンセプトにしようかとか、あとは曲をどういう風に展開するという構成みたいなものは宇多丸さんがイニシアチブを取って……。 (宇多丸)いやいや、曲のコンセプトは「マクガフィン」っていうね、サスペンス映画でダイヤとか秘密の設計図とか各ボタンのスイッチだとか、なんか奪う合うものを映画用語で「マクガフィン」っていう。 で、このアイデアを出して。 「最初のラップのバースはこんな感じでどうですか?」って入れたのも僕。 それでサビのアイデアはMummy-Dとかね。 あと岡村さんに「サビをこうやって変調させて。 バッと開ける、岡村さんが映えるように展開した方がいいんじゃないか?」みたいなアイデアはMummy-D。 (岡村靖幸)その大きな、こういうコンセプトで行きましょうみたいなのは最初に宇多丸さんが言い出して。 (宇多丸)大きなのはね。 で、あと最後にスタジオに入って「このパートとこのパートはこの順番の方がいいんじゃないですかね?」みたいな。 (岡村靖幸)それも宇多丸さんで。 (宇多丸)まあ、そういう感じで共同作業で。 (岡村靖幸)完全な共同作業でしたね。 要素が加わるたびにさらにヤバくなる (宇多丸)DJ JINがスクラッチを入れたり。 だからなんか、要素が加わるたびにさらに毎回「おっ、ヤベえ!」「またヤバくなった!」「またかっこよくなった!」っていう感じで。 すごい本当に楽しかったですね。 (岡村靖幸)ラップも本当に素晴らしいなと思いました。 (宇多丸)ありがとうございます。 もっと大きな声で言っていただければ……。 (岡村靖幸)本当に素晴らしい!(笑)。 (宇多丸)フハハハハハハハッ! (熊崎風斗)二度言わせるという(笑)。 (岡村靖幸)あと、2人のあれが素晴らしいですね。 (宇多丸)Mummy-Dとの対比みたいなことですかね? (岡村靖幸)うん。 素晴らしかった。 コントラストが素晴らしかった。 (宇多丸)ありがとうございます。 特にMummy-Dさんは非常に今回の曲、この間ライブでね、Zeppダイバーシティで披露させていただいた時も非常に、いきなりライブでやるのは大変だと泣いていたぐらいですね、非常にびっくりするぐらいテクニカルなラップを聞かせていますし。 でもやっぱりね、とはいえこれは僕らだけでは絶対に出てこないような世界観だしっていうことで。 やっぱり岡村さん色に我々、染まっていますよ。 (岡村靖幸)いやいや、僕も染まっています(笑)。 (宇多丸)あと、なによりも岡村さんに日本語ラップを始めた段階からめちゃめちゃファンだし、影響というのはおこがましいですが。 なので、もう本当に夢が叶った状態なんですよ。 挙げ句、岡村さんを引っ張り回して酒を飲みまくって。 (岡村靖幸)一緒に飲んだよね(笑)。 (宇多丸)ライブ3時間やった後に、ほとんど朝方まで飲み散らかすってダメ!(笑)。 (岡村靖幸)朝方まで飲みましたよね。 宇多丸 岡村靖幸さらにライムスター『マクガフィン』初披露を語る (宇多丸)「宇多丸さん、ちょっともう一軒ぐらい行きましょうか」って。 その後に岡村ちゃん独り占めで。 僕が「DATE」ですよ。 事実上、実際のDATEですよ。 — みやーんZZ miyearnzz (宇多丸)まあ、岡村さんがタフだからっていうのはありますけどね。 ということでじゃあ、宇宙初オンエアー。 フルでかけさせていただきたいと思いますので。 ぜひここは岡村さんから曲紹介をお願いします! (岡村靖幸)はい。 岡村靖幸さらにライムスターで『マクガフィン』。 (宇多丸)やったー!(拍手)。 ついに、夜に放たれてしまいましたね! (岡村靖幸)ねえ。 みんなどう思ったんでしょうね。 気になりますね。 (宇多丸)気になりますね。 我々はずっと会心の作品で。 温めて温めてっていうところでしたが。 まずはこの目の前に会心の受けでおなじみの熊崎風斗くんがいるんで。 (熊崎風斗)「会心の受け」と言われてから答えるほど答えにくいことはないですけども。 大人の色気が純粋に出まくっているなっていうことをまず僕は感じて。 なんというか、この曲なんですけどもいい香りがしてきそうな。 なんとなく、そんな感じのかっこよさ。 (宇多丸)いい香りがしますか。 「香りがする」っていうのはいいですね。 (熊崎風斗)色気あるなー! (宇多丸)まさにもう、岡村さんですからね。 色気でメイクマネーしてきたようなもんですから(笑)。 色気のプロ! (岡村靖幸)フフフ(笑)。 (宇多丸)あんまり……文脈がおかしい(笑)。 とにかくね、こちらありがとうございます。 またぜひ聞いていただきたい。 歌詞の細かいところとかも聞いていただけるとさらに楽しめると思います。 『マクガフィン』。 岡村靖幸さらにライムスター、こちら本日宇宙初オンエアーさせていただいて、11月27日からデジタルリリース、ストリーミング配信が正式に始まります。 ぜひぜひみなさんのプレイリストに加えていただきたいと思います。 反響もさっそく来ていますよ。 (メールを読む)「とてつもない宇宙初オンエアー、しびれました。 ライブではもうただ震えるだけでよく覚えていないので、聞けて嬉しいです。 岡村さんの生出演も嬉しいです」とかね。 もう一通。 「待ちに待った『マクガフィン』宇宙初オンエアー。 最高かよ! しかも電話かと思ったら本人降臨、さらに最高かよ! Dさんパート、ヤバいですね。 配信リリース、待ち遠しい。 とりあえずタイムフリーの限界まで聞きます」というような大反響をいただいておりますので。 引き続きちょっとね、我々も稼働するかなというのもありますので。 (岡村靖幸)はいっ! (宇多丸)ど、どうしたんすか?(笑)。 これ以外に言うことがないもんね。 しょうがないですよね。 がんばっていきましょう。 (岡村靖幸)よろしくお願いします。 (宇多丸)今後ともよろしくお願いします。 ということで、岡村靖幸さんでした。 ありがとうございました! (岡村靖幸)ありがとうございました! <書き起こしおわり>.

次の

岡村靖幸さらにライムスター「マクガフィン」

マクガフィン 岡村 靖幸

越石です。 『幸福』から4年、ついに 岡村靖幸のニューアルバム『操』が4月1日に発売されました!3月25日の発売予定から一度延期されての発売です。 岡村靖幸あるあるです。 アルバム名の 『操』の意味は「貞操」「意志を変えない」などになりますが、こじらせ男子代表の岡村靖幸らしいアルバム名で素敵です。 幸福から操の間にシングルとして、DAOKOとのコラボレーション「ステップアップLOVE」、TBS王様のブランチのテーマソングにもなった「少年サタデー」。 またキックザカンクルーのシングル「住所feat岡村靖幸」へのゲスト参加、そして「岡村靖幸さらにライムスター」名義のシングル「マクガフィン」が発売されるなど、意外と満たされていたので、いつの間にか4年かという感じではあります。 また「幸福」の出来がかなり良かったのも満たされていた要因だと思われます。 今でも幸福はヘビーローテションです。 そんなシングルからは「ステップアップLOVE」「少年サタデー」「マクガフィン」そして少年サタデーカップリングの「セクシースナイパー」の4曲が収録され、その他に 新曲が5曲収録されています。 もうこれ半分(以上)新曲です。 そんな4年ぶりの待ち望んだ岡村靖幸のニューアルバム「操」を早速聴いてみましたので、ファーストインプレッションです。 03 ステップアップLOVE 3曲目は先行シングルでDAOKOとのコラボレーションシングルである「ステップアップLOVE」。 先行シングルなんで新鮮味はないと思っていましたが、先の「インテリア」からの流れで、思わず聴き込んでしまいます。 あらためてかっこいいです。 詳しくは以下の記事にもまとめています。 04 セクシースナイパー 4曲目はシングル「少年サタデー」のカップリング曲の「セクシースナイパー」。 淡々とした曲調で始まるファンクナンバーですが、これもかっこいいんです。 「知りたい」って一緒に歌いたくなります。 そしてサビで盛り上がります。 シンプルなんですが、かっこいい。 05 少年サタデー 5曲目も先行シングルの「少年サタデー」。 TBS「王様のブランチ」のテーマソングとして書き下ろされた曲です。 名曲です。 かなりの名曲です。 めちゃくちゃかっこいいです。 サビのベースに痺れます、憧れます。 個人的には歴代シングルの中でもかなり上位に入ります。 それくらい名曲です。 岡村靖幸のポップセンスが光る一曲です。 詳しくは以下の記事にもまとめています。 06 遠慮無く愛してよ 6曲目は、ウィスパーボイスでしっとり歌い上げるスローバラードの「遠慮無く愛してよ」。 ムード歌謡のようなアレンジが新鮮です。 「妻になってよ」路線ですかね。 これも良曲。 泣きのギターソロはライブでもサポートをしている田口慎二さん。 07 マクガフィン 7曲目は先行シングルで「岡村靖幸さらにライムスター」名義の「マクガフィン」。 ライムスターが参加していることからわかる通り、Aメロはラップで、Bメロで岡村靖幸のボーカルが入り、サビの一気に抜けるようなメロディ展開で盛り上げます。 すっっごいかっこいい。 実はラップってあまり好きではないのですが、マミーDさんはけっこう好きです。 ちなみに「マクガフィン」の意味ですが、映画などのフィクションにおける目的や動機となる「重要アイテム」とのことです。 う〜んわかるようで分かりにくいのですが、あるサイトの以下の例えがすごく分かりやすいんじゃないでしょうか。 「漫画ワンピースにおける「ワンピース」はマクガフィンである。 」 出典: すっきりです。 とにかくこのマクガフィンも名曲です。 08 レーザービームガール 来ました、これ来ました。 正直ここまでの新曲3曲も悪くはなかったのですが、こういうポップでシングルっぽい曲がやっぱり聴きたい! 曲調は岡村靖幸にしては珍しいシャッフルビートで、ティアーズ・フォー・フィアーズやシーナイーストン、ワムなど80年代を彷彿とさせるアレンジ。 素晴らしいです。 チョッパーベースも最高です。 あとサビで絶対手拍子するやつです。 そして、何よりポップなメロディが素晴らしいです。 提供曲のような正統派ポップで、松田聖子が歌っても違和感ないです。 こういうの待ってました。 09 赤裸々なほどやましく で、 本当に来ました。 これ本当に来ました。 今回の新曲ナンバーワンは「レーザービームガール」かなって思いましたが、 ナンバーワンはこちら「赤裸々なほどやましく」でした。 ミドルテンポのバラードですが、サビで鳥肌立ちました。 メロディが素晴らしすぎます。 そして丁寧に弾かれたアコギや、シンプルな打ち込みのドラムなど、いわゆる今流行りのニューミュージックやシティポップと呼ばれるようなアレンジもオシャレです。 前回の「幸福」は一曲目の「できるだけ純情でいたい」だけを聴くだけでも買う価値のあるアルバムでしたが、今回の「操」はこの「赤裸々なほどやましく」を聴くだけでも価値があります。 とにかく名曲です。 【まとめ】全体レビュー そんなわけで岡村靖幸ニューアルバム「操」ですが、名盤でした。 やっぱり全盛期でした。 前回の「幸福」も私の中ではかなり高評価なのですが、今回の「操」は先行シングルが良いのはもちろん、さらに「赤裸々なほどやましく」と「レーザービームガール」など新曲のクオリティも高く、甲乙つけ難いです。 仮に『操』に「できるだけ純情でいたい」と「ラブメッセージ」が入っていたならもう完全にベストアルバムですね。 岡村靖幸の全盛期に感謝です。 これでまた4年は満たされそうです。 (本当は1年に1枚くらい出してほしいです) 【参考】「完全受注生産デラックスエディション」を購入 ちなみにこちらの「操」ですが、通常版の他に、 カバー集の「思い出白書」と サコッシュが付属する 「完全受注生産デラックスエディション」があります。 私はもちろんデラックスエディションを購入しました。 「思い出白書」収録曲は以下の通りです。 02 スティービーワンダー:All in Love Is Fair• 03 サザンオールスターズ:慕情• 04 安全地帯:じれったい• 05 山下達郎:Paper Doll• 06 大貫妙子:都会• 07 大江千里:Man On the Earth• 08 大橋純子:シルエット・ロマンス• 09 スティービーワンダー:迷信(スタジオ録音) スタジオ録音の曲も2曲ありましたが、他はライブ音源ですので、そこまで音質はよくないです。 実はそこまでライブに興味がないので、さらっと聴いただけで、とにかく今は『操』をヘビーローテション中です。 在宅勤務最高です。 ロイドフットウェアの店舗一覧や通販、歴史についてまとめてみました。 スコッチグレインの店舗一覧をまとめました。 パラブーツシャンボードの購入から評価までまとめました。 タグホイヤーのアウトレット店舗まとめ記事 リゾルト(RESOLUTE)の取扱店一覧記事 クロケット&ジョーンズの取り扱い店舗を一覧にまとめました。 エドワードグリーン(EDWARD GREEN)の取扱店舗を一覧にまとめました。 オールデン「ローファー」の購入記事 【New Balance】ニューバランスM1400のブラック(BKS)とネイビー(NV)の購入記事 【New Balance】ニューバランスM996 GY(グレー)の購入記事 JMウエストンのゴルフ(J. WESTON 641 GOLF)の購入記事。 JMウエストンのローファー(J. WESTON 180)の購入記事。 トリッカーズのバートン(黒)の購入記事 ループウィラーのパーカー購入記事 リゾルト711の購入記事 ついに手に入れた憧れのタグホイヤー モナコの購入記事 リアルマスターコレクション「サーバイン」の購入記事 カテゴリー• 578• 196• 161• 115• 1 最近のコメント• に 越石 より• に 昔アドバイスしたもの より• に 越石 より アーカイブ アーカイブ.

次の

宇多丸 岡村靖幸さらにライムスター『マクガフィン』初披露を語る

マクガフィン 岡村 靖幸

「マミー」さん Z:ということでね、早速研究してみたいなと思うんですけど。 ご本人から解説的なやつ聴きたいなと。 まず岡村靖幸さんとはどこで知り合ったんですか? M:岡村ちゃんはね、ウタさんと別ルートで知り合ってるんだけど、ディジュリドゥ奏者のごまちゃんって人の家の飲み会で会ったの。 Z:ふははは(笑) ゆるっ(笑) M:ウタさんは番組かなんかで会ったのかな。 Z:はいはいはい。 M:まあそういう感じで別々に会ったね。 Z:岡村ちゃんって言うよね?岡村さんのこと。 M:岡村ちゃんさんなんですよね。 サンプラザ中野くんさんみたいな。 Z:そういうことね(笑) 俺の事をねパイセンなんかは、たまにジブちゃんって言う人いるんですよ。 でさ、俺たまに思うんだけどさ、俺とは普通に「D」って呼ぶじゃない。 M:はい。 Z:たまにさ「マミー」って呼ぶ人いるじゃん(笑) M:います(笑) Z:しげる君とかそうじゃない? M:そうですね。 Z:あれはなんですか?(笑) M:あれ僕も聞きたいんですけど、普通に考えて「マミー」って呼ばれても「Mummy-D」だからしょうがないですよ(笑) Z:しょうがないですけど、「ママ」みたいじゃない(笑) M:まあそれはね、自分で命名したんだから自分が悪いっていう。 Z:まあそれもそうですね(笑) 「マクガフィン」とは Z:「マクガフィン」って何ですか? M:「マクガフィン」っていうのはですね映画用語らしくて。 Z:ほう! M:まず元々この曲のオケがあってね、コラボしようかってなった時にこれを選んだんだけど。 それがもうド変態フューチャーファンクで、すごいでしょエディット感とか。 Z:これは誰が岡村さん? M:岡村ちゃんなのよー。 Z:そーなんだ。 M:あの人は変質的エディット魔で。 永遠にブラッシュアップし続けちゃうみたいな人なの。 Z:ふんふんふん。 M:だから「もういいんじゃないですか」って俺ら止めたぐらいで。 そのトラックに何を乗せるか話し合ってる時にウタさんが出したアイディアでね、映画用語でマクガフィンっていうのがあると。 マクガフィンっていうのは、スパイ映画とかで大事な設計図とかを取り合ったりして、話が進んでいくとか。 例えばスターウォーズのデススターの設計図を取り合うみたいなところあるでしょう。 Z:はいはいはい。 M:要するに大事な物なんだけど、他に置き換えてが可能な物で、最初に語っちゃえばそれが何であるかは関係がないみたいな。 そういう大事な物みたいな事を「マクガフィン」って言うんだって。 Z:それすっごい狭い所の話だね(笑) しかも映画の中だけでしょ?それ。 M:そうそうそう。 でも映画の中ではよく出てくる設定なんでね。 大事な物を奪い合うっていう。 でもそれは実態は実は無いという意味で、それを女性に置き換えて、みんな目の色変えて追っかけてるけど、本当にそれが大事な物かどうかは誰も分かってないみたいな。 Z:はいはいはい。 M:そういう事が歌えたらかっこいいかなあと思って、おじさん3人で歌いましたよ(笑) Z:そうなんですね(笑) おじさんは長年かけて追っかけてますからね。 正しかったかどうなのかっていうのは人生の問いみたいになってきますよね。 M:HIPHOPですか?(笑) 急にそれ話しますか?(笑) Z:すみません、すみません(笑) 岡村靖幸のセンス やっぱね、気になるとこあるんですよ。 M:聞いてみたい。 Z:やっぱりスキルの更新っていうのがあるわけですよ。 家賃は2年に1回ぐらい更新になりますけど。 M:うん。 Z:スキルのアップデートの話は我々ちょいちょいするじゃないですか。 M:うん。 Z:これはもう、だいぶやってますよね? M:これはそうとう更新しました。 実はですね、これが出る前にまだ作ってる曲他にあって、そこで徐々に更新されてきてるんですけど。 これだけ先に出ちゃったんで(笑) Z:いきなり更新度が高いんだ! M:そうそうそう。 到達度が一番高いやつが。 俺のねバースの中にね30年分入ってる。 Z:あー!そういうことね。 M:岡村ちゃんと曲やって、トラックが本当にやばかったから。 Z:トラックね始め聴いてて思ったのが、サンプリングのチョップみたいなパーツあるじゃない。 M:うん。 Z:あれとかDがやったのかなって思っちゃった。 M:違うんです、そういうセンスを持っているんです元から。 Z:そういうことですか。 M:JINがスクラッチしてる所もあるんだけど、基本的に岡村靖幸さんは、ブラックミュージックの人で『Prince』とかにもすごい影響を受けてるし。 Z:はいはい。 M:色んなHIPHOP、最近のも聞いてるからそういうセンスが元からある人。 Z:うーん、そういうことか。 素晴らしいですね。 <書き起こしおわり> 関連記事.

次の