大和 市 図書館 検索。 詳細検索:蔵書検索システム

詳細検索:蔵書検索システム

大和 市 図書館 検索

大和市には、図書館などの複合文化拠点『シリウス』が2016年にオープン。 シリウスは、コーヒーなどを飲みながら読書もできるスペースもある「ブックカフェスタイル」の図書館。 健康器具やパソコンスペース、キッズコーナーもあって、色々な世代の人がゆったりと本に触れる事ができる施設なのです。 そのため、オープンして約1年半で来館者数500万人を達成。 短期間での累計来館者数は国内トップとのこと。 >> 最近は『日本一の図書館の町 大和市』なんてキャッチフレーズも掲げてるみたい。 たしかに大和市にはシリウスの他にも、なかなか良い図書館があるのです。 そんな大和市の図書館事情についてお伝えします。 ・ ・ ・ この他、小田急線桜ヶ丘駅近くの学習センター内にも、「図書室」という扱いで小さめの図書館があります。 >> どの施設も駅から近くて便利ですよ。 中央林間 東急スクエア内 図書館 2018年にOPENした中央林間東急スクエア内の図書館は「星野珈琲店」とコラボ。 蓋つきのドリンクなら持ち込み可能なブックカフェスタイルになっています。 それほど大きくないスペースですが、150の閲覧席があるのでゆっくり本を読むことができます。 図書館のある東急ストアには、食品のほか無印良品などもあるので買い物ついでに寄ってもいいですね。 高座渋谷図書館 小田急江ノ島線高座渋谷駅近くの、高座渋谷図書館。 イコーザという駅ビルの3階に設置されている明るい雰囲気の図書館です。 このイコーザはスーパー銭湯や、スーパーマーケットが入った複合ビル。 市役所の分室や医療施設もあって、便利な場所です。 子どもの読書スペースが多めに取られた図書館です。 大和市の図書館は子どもに使いやすい設計 大和市内の図書館は全て子どもに使いやすい作りになっているという特徴があります。 「図書館城下町」として、子どもたちの読書環境の向上や、図書館施設の充実を図るという施策が行われているとのこと。 子どもが本を手にとりやすい低めの書架になっています。 小さい子が靴をぬいで上がる読書スペースや、小学生の学習スペースも設置。 長期の休みには、たくさんの子どもたちが宿題や調べものをしにやってきます。 市内の小中学校の図書室は、全室リニューアル済。 司書さんもいて話し相手にもなってくれるので、週に1度ほどの図書の時間を楽しみにしている子も多いのです。 「日本一の図書館の町」とは名ばかりではありませんね。

次の

お知らせ|図書館|大和市文化創造拠点

大和 市 図書館 検索

市民に親しまれている大和市文化創造拠点シリウスが、2020年7日1日(水)より開館するとのお知らせを出しています。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、市立図書館では予約本の貸し出しなど一部サービスを除いた当面の休館を経ていたところ、再開目処が立ったようです。 大きなお知らせであるため、HPのみならず、シリウス前の掲示板でも伝えられていました。 開館時間は通常通りで、閲覧席が利用できないなどの制限を設けた上での再開となるようです。 7月1日から再開する市立図書館でのサービスとしては書架への立ち入り(直接、書架の資料を選んで借りることができる)、利用者カードの発行、館内検索機の利用、職員によるカウンターでの資料検索、予約やリクエスト、レファレンスサービス、コピー機の使用とされています。 これに対し、利用できないサービスは閲覧席の利用、新聞や雑誌最新号の閲覧、まんがコーナーの利用、検索用PCやタブレットの利用、視聴覚資料の視聴、読書テラスの利用だそうです。 当面の間、イベントも利用できないとのことです。 市内において、利用者と本を繋ぐサービスの本拠地である大和市立図書館。 文化複合施設シリウスの誕生以来、市民の間ではシリウス=図書館という認識で親しまれ、今や日本一の図書館と言われるほどになりました。 未だ制限の上ですべてのサービス再開は難しいものの、今回見通された再開目処は大和市がふたたび日本一の図書館城下町であり続けるために嬉しい兆しであり、たいせつな兆しであることでしょう。 再開以降のスムーズな運営も、利用者の方々の理解や協力があってこそできるものです。 誰もが気持ちよく利用できるために、一人一人の協力的な姿勢が浸透してこその公共施設・・・大和市が本当の意味での日本一の図書館のまちであり続けるためには、引き続きの感染予防対策と併せ、図書館でのマナーを皆で守っていく姿勢が求められていくことでしょう。 はこちら.

次の

お知らせ|図書館|大和市文化創造拠点

大和 市 図書館 検索

大和市には、図書館などの複合文化拠点『シリウス』が2016年にオープン。 シリウスは、コーヒーなどを飲みながら読書もできるスペースもある「ブックカフェスタイル」の図書館。 健康器具やパソコンスペース、キッズコーナーもあって、色々な世代の人がゆったりと本に触れる事ができる施設なのです。 そのため、オープンして約1年半で来館者数500万人を達成。 短期間での累計来館者数は国内トップとのこと。 >> 最近は『日本一の図書館の町 大和市』なんてキャッチフレーズも掲げてるみたい。 たしかに大和市にはシリウスの他にも、なかなか良い図書館があるのです。 そんな大和市の図書館事情についてお伝えします。 ・ ・ ・ この他、小田急線桜ヶ丘駅近くの学習センター内にも、「図書室」という扱いで小さめの図書館があります。 >> どの施設も駅から近くて便利ですよ。 中央林間 東急スクエア内 図書館 2018年にOPENした中央林間東急スクエア内の図書館は「星野珈琲店」とコラボ。 蓋つきのドリンクなら持ち込み可能なブックカフェスタイルになっています。 それほど大きくないスペースですが、150の閲覧席があるのでゆっくり本を読むことができます。 図書館のある東急ストアには、食品のほか無印良品などもあるので買い物ついでに寄ってもいいですね。 高座渋谷図書館 小田急江ノ島線高座渋谷駅近くの、高座渋谷図書館。 イコーザという駅ビルの3階に設置されている明るい雰囲気の図書館です。 このイコーザはスーパー銭湯や、スーパーマーケットが入った複合ビル。 市役所の分室や医療施設もあって、便利な場所です。 子どもの読書スペースが多めに取られた図書館です。 大和市の図書館は子どもに使いやすい設計 大和市内の図書館は全て子どもに使いやすい作りになっているという特徴があります。 「図書館城下町」として、子どもたちの読書環境の向上や、図書館施設の充実を図るという施策が行われているとのこと。 子どもが本を手にとりやすい低めの書架になっています。 小さい子が靴をぬいで上がる読書スペースや、小学生の学習スペースも設置。 長期の休みには、たくさんの子どもたちが宿題や調べものをしにやってきます。 市内の小中学校の図書室は、全室リニューアル済。 司書さんもいて話し相手にもなってくれるので、週に1度ほどの図書の時間を楽しみにしている子も多いのです。 「日本一の図書館の町」とは名ばかりではありませんね。

次の