中澤 裕子 オフィシャル ブログ。 はてなアンテナ

【エンタがビタミン♪】中澤裕子、モー娘。時代は「自分に言ってやりたいくらい勘違いしてた」

中澤 裕子 オフィシャル ブログ

中澤裕子さんが、第2子を妊娠していると2014年12月に発表しましたね。 41歳ですから、高齢出産になりますね 2012年4月に結婚し、第1子の女の子は、2012年11月に産まれています。 出生体重は2980g 一人目は、難産だったようですね。 そのため、二人目に不安があったようです。 旦那さんには二人目がほしいといわれていたそうです。 難産は、高齢出産ということもあるのでしょが、そればかりではないように思います。 赤ちゃんとママとのタイミングやら、赤ちゃんの大きさなどもあるのでしょう。 また、 中澤裕子さんは、出産前に風邪をひいたり、中耳炎になったりしたそうですから、 体力もかなり落ちていたのかもしれません。 Sponsored Link 当時、39歳だった中澤裕子さんは、高齢出産ということもあり、子供はできないとも思っていたようです。 そのため、妊娠したことに、とっても喜んだそうですね 39歳で出産に挑み、なんと、自宅で破水したそうです。 その破水から、通常でしたら、陣痛が起きて、分娩になるのですが、なんと30時間もかかったそうです。 私の場合も、破水しましたが、13時間ほどで出産しました。 これは、初産なら通常の分娩時間ですよね 30時間は本当に辛かったでしょね で、しかも、 最後は、帝王切開で出産したようです。 なぜ、30時間もかかって最後に、帝王切開となったかまでは書かれていませんが、 できるだけ、普通分娩でギリギリまで頑張ったのか、 もしくは、時間がかかりすぎて、赤ちゃんが危険にさらされるので、仕方なく帝王切開にしたのか、 また、なにかトラブルが発生したのか・・・。 芸能人ですから、産後ダイエットはどうしていたのでしょうか? ネットでは、「激太り」などと話題なっていたりもしますが。 どうやら、 妊娠中は、甘いものや油ものをたくさん食べてしまったそうで、かなり体重が増えたそうです。 産後、体重は戻るだろうと思っていたそうです。 しかし、帝王切開をしたため、2ヶ月ほど、安静にしなければならなかったそうで、すぐには体重が元に戻らなかったそうです。 そのため、食事やら、赤ちゃんを抱っこしながら動いたりして、少しずつ、元にもどしていったとか。 2014年の春から、旦那さんの仕事の関係で、福岡に移住したことを報告していますね。 あまり、テレビでは見なくなっていますが、福岡のテレビ番組にレギュラーで出演しているようです。 東京で仕事があれば、上京しているそうですよ。 「娘の育児のため」ともブログに書いていますので、子供を自然な環境で育てたいというのもあったのかもしれません。 <追記> 2015年5月7日に、中澤裕子さんは、男児を出産しています。 第2子の男の子の出生体重は、3164gだったようです。 現在すんでいる福岡で出産したようですね 出産の状況は、明かされていませんが、今回は、二人目なので、30時間の難産ということはないでしょうね.

次の

[B! 中澤裕子][モーニング娘。] ealのブックマーク

中澤 裕子 オフィシャル ブログ

1997年9月14日に、、、、福田明日香の5人からなる「モーニング娘。 」が誕生した。 1998年1月28日にシングル『モーニングコーヒー』でメジャーデビューを果たし、4月7日からテレビドラマ『太陽娘と海』で初主演を務めるなど順調に滑り出す。 そんななか同年5月3日放送の『ASAYAN』で、、が2期メンバーとして加入することが発表されたのである。 当時はまだ途中から新メンバーが加わることは異例で、初期メンバーにも驚きの出来事だった。 『梅ズバ』では当時、1期と2期の8人がジャケット写真の撮影で初めて一緒に仕事した時の映像を流した。 中澤裕子に声をかけられた矢口真里の表情が固まってガチガチなのが分かる。 スタジオではそのVTRを見て矢口が「もう、めちゃめちゃ怖かったですね」と振り返れば、保田も「裕ちゃんは7つ上で、関西弁を話すので私たちは聞きなれないだけに怖く感じた」と思い出す。 そんな2人の言葉にが反応、ひな壇の後列から身を乗り出すように「矢口さんとかのこういう表情を見てるので、自分が先輩になる時は後輩に優しくしようってそこで学びました」と話して笑わせた。 2001年4月15日にモー娘。 を卒業した中澤裕子。 ソロで活動するなか、2012年にIT関連企業社長と結婚して今では6歳の娘と4歳の息子を持つママとなる。 夫の仕事の都合もあって5年前に福岡に移住しており、なのだ。 テレビ西日本の情報番組『ももち浜ストア』に出演する彼女に密着すると、生放送本番中やその後の反省会でも「姐さん」と呼ばれて親しまれ、コメントは的確でスタッフへの気遣いもある「優しい」キャラに変貌を遂げていた。 『梅ズバ』スタッフがモー娘。 時代について聞くと、中澤は「昔はバカみたいにとがってて、『何とがってんの?』と当時の私に言ってやりたいぐらいの勘違いぶりでしたね。 この年でこの環境にならなかったら気が付かなかったかも」「昔の映像を見たら顔が怖い。 昔は皆に我慢をしてもらっていたような気がします『本当にごめんね』っていう感じ」と申し訳なさそうにしていた。 彼女は6月19日で46歳になったが、一足早く6月9日に福岡で『中澤裕子バースデーライブ2019~よーきんしゃったね!~』を開催しておりその映像も紹介された。 ソロステージで『恋愛レボリューション21』、『ハッピーサマーウェディング』、『LOVEマシーン』などモーニング娘。 のヒット曲を6曲ノリノリで歌い踊る姿に、矢口真里たちは「裕ちゃん踊っちゃってる!」「1人で踊ってんだ!」「いいね~」と笑顔で見入った。 ライブ会場には全国からファン160人が集まり、ファン歴17年の男性は「神様ですね。 拝みに来てるようなもの」、ファン歴20年の女性は「丸くなった、優しくなったなって思う」「福岡で大活躍してくれているのはファンにとっては一番嬉しい」という。 デビュー時は緊張してガチガチだった矢口真里が、最近の中澤裕子について「私たちにも剣山みたいにとがっていた人が、まん丸の球体になった。 結婚してドンドンかどがとれていった」と話しており、変化を感じていたようだ。 魂」を見たことだろう。 そうした気概を継承することで「モーニング娘。 」としてさらなる進化に期待したい。 画像2、3枚目は『モーニング娘。

次の

はてなアンテナ

中澤 裕子 オフィシャル ブログ

1997年9月14日に、、、、福田明日香の5人からなる「モーニング娘。 」が誕生した。 1998年1月28日にシングル『モーニングコーヒー』でメジャーデビューを果たし、4月7日からテレビドラマ『太陽娘と海』で初主演を務めるなど順調に滑り出す。 そんななか同年5月3日放送の『ASAYAN』で、、が2期メンバーとして加入することが発表されたのである。 当時はまだ途中から新メンバーが加わることは異例で、初期メンバーにも驚きの出来事だった。 『梅ズバ』では当時、1期と2期の8人がジャケット写真の撮影で初めて一緒に仕事した時の映像を流した。 中澤裕子に声をかけられた矢口真里の表情が固まってガチガチなのが分かる。 スタジオではそのVTRを見て矢口が「もう、めちゃめちゃ怖かったですね」と振り返れば、保田も「裕ちゃんは7つ上で、関西弁を話すので私たちは聞きなれないだけに怖く感じた」と思い出す。 そんな2人の言葉にが反応、ひな壇の後列から身を乗り出すように「矢口さんとかのこういう表情を見てるので、自分が先輩になる時は後輩に優しくしようってそこで学びました」と話して笑わせた。 2001年4月15日にモー娘。 を卒業した中澤裕子。 ソロで活動するなか、2012年にIT関連企業社長と結婚して今では6歳の娘と4歳の息子を持つママとなる。 夫の仕事の都合もあって5年前に福岡に移住しており、なのだ。 テレビ西日本の情報番組『ももち浜ストア』に出演する彼女に密着すると、生放送本番中やその後の反省会でも「姐さん」と呼ばれて親しまれ、コメントは的確でスタッフへの気遣いもある「優しい」キャラに変貌を遂げていた。 『梅ズバ』スタッフがモー娘。 時代について聞くと、中澤は「昔はバカみたいにとがってて、『何とがってんの?』と当時の私に言ってやりたいぐらいの勘違いぶりでしたね。 この年でこの環境にならなかったら気が付かなかったかも」「昔の映像を見たら顔が怖い。 昔は皆に我慢をしてもらっていたような気がします『本当にごめんね』っていう感じ」と申し訳なさそうにしていた。 彼女は6月19日で46歳になったが、一足早く6月9日に福岡で『中澤裕子バースデーライブ2019~よーきんしゃったね!~』を開催しておりその映像も紹介された。 ソロステージで『恋愛レボリューション21』、『ハッピーサマーウェディング』、『LOVEマシーン』などモーニング娘。 のヒット曲を6曲ノリノリで歌い踊る姿に、矢口真里たちは「裕ちゃん踊っちゃってる!」「1人で踊ってんだ!」「いいね~」と笑顔で見入った。 ライブ会場には全国からファン160人が集まり、ファン歴17年の男性は「神様ですね。 拝みに来てるようなもの」、ファン歴20年の女性は「丸くなった、優しくなったなって思う」「福岡で大活躍してくれているのはファンにとっては一番嬉しい」という。 デビュー時は緊張してガチガチだった矢口真里が、最近の中澤裕子について「私たちにも剣山みたいにとがっていた人が、まん丸の球体になった。 結婚してドンドンかどがとれていった」と話しており、変化を感じていたようだ。 魂」を見たことだろう。 そうした気概を継承することで「モーニング娘。 」としてさらなる進化に期待したい。 画像2、3枚目は『モーニング娘。

次の