シャトー 三宝。 シャトー三宝

シャトー三宝

シャトー 三宝

高知の心霊スポット26 件掲載 高知 心霊スポットランキング20• 1位 - 2,807 PV 無表情の中年の幽霊が出るという一部で噂がある様だが、余りそういった幽霊を見かける人は殆ど居ないようだ。 ガセネタの可能性が高いが、幽霊が出るとしたらこの付近で自殺した男性なのだろうか・・・。 シャトー三宝は「四万十の風」 …• 2位 - 2,470 PV 県道14号線にある海に面した廃墟となった5階建てのマンション。 心霊スポットと言うよりは不気味な廃墟と言ったところだろうか、心霊スポットサイトに掲載されていることが有る。 心霊現象や幽霊を見たといった情報は見当たらない。 3位 - 2,033 PV 1973年(昭和48年)に「竜串ハイランドホテル」という名でオープンしたようだが、その後1988年(昭和63年)頃に廃業。 平成に入って再び、現在のヴァンガード竜串としてリニューアルオープンするも、僅か2年(平成4年)で …• 4位 - 1,959 PV 1955年に「名野川第二小学校」から改称し、1980年「名野川小学校」へ統合となり閉校し廃校となった。 当時は一階の音楽室から幽霊が出ると噂になったていた。 校舎を取り壊ししようとした作業員が事故やケガが相次ぎ工事が中止 …• 5位 - 1,788 PV 高知県室戸市室戸岬町に位置する岬。 同県の足摺岬と同様に、景勝地として知られる一方で自殺の名所にもなっている。 自殺者の霊が出ると言われている。 過去に入水自殺した遺体が発見されたり、硫化水素自殺した遺体など発見されてい …• 6位 - 1,579 PV この神社では「七人ミサキ」の始まりとされる吉良親実を祀った神社となっている。 七人ミサキとは、事故や災害など主に海や川で溺死した人間の七人の死霊で、水辺に現れるという。 この七人ミサキに見たり、遭った者は取り憑かれて高熱 …• 7位 - 1,542 PV 見返り橋を過ぎ、さらに奥へ一時間ほど行くと、麓宝園は在ります。 途中までは車で行けるが、車では通れなくなるので徒歩にな、崩れた階段を無理矢理登らないと先へは進めません。 麓宝園には10年程前には建物があったそうです。 丸い …• 8位 - 1,536 PV 地元では有名な心霊スポットなっており、少女の首が突然吹き飛ぶ霊が現れるという話が広がっている。 生首が飛んでいた、神社入り口の近くに有るポンプ式の水道に少女が座り込んでいたという目撃が多いようだ。 9位 - 1,485 PV 煉瓦造りで西洋のお城のような外観が特徴的な廃ホテル。 過去にホテル内で自殺した女性がおり、その女性の霊が出るという噂がある。 10位 - 1,459 PV 1929年(昭和4年)3月に竣工のかなり古いトンネルで、入り口が一部舗装されているが手掘りのトンネルでごつごつした岩肌が出ている。 この手彫り部分で写真を撮ると人の顔が浮かび上がると言われている。 水気も多く、水溜りが出 …• 11位 - 1,349 PV 「馬首トンネル」は通称の名前で正式名は「黒磯谷トンネル」という。 江戸時代には切り落とされた首が捨てられていたという噂があり、トンネルの中なのに雨が降ってくるという。 「馬首トンネル」を抜けた先に「吹谷トンネル」と言うのが …• 12位 - 1,278 PV 高知県土佐市宇佐町の堤防沿いにあるとされる一軒家には、篠岡さんという家族が住んでいたが、家族全員で一家心中をしたと言われている。 そして、家はそのまま廃墟となり呪われた家と噂が広がっていったという。 13位 - 1,248 PV 外観から不気味な雰囲気が有る事から心霊スポットと言われることも有るようだ。 大分劣化が進んでおり、鉄筋などが露出している部分も有るため近寄ったり中に入るのは危険なのも有るが、管理されており立入禁止となっている。 具体的な …• 14位 - 1,211 PV 高知県室戸市室戸岬町にある廃レストラン。 『稲川淳二 恐怖の現場』シリーズでも取り上げられた廃墟で、悪霊の巣窟になっているという噂になっている。 15位 - 1,187 PV 吾川郡いの町にある分譲別荘地も兼ねた巨大なレジャー施設跡で1970年代半ばにオープン。 ロッジ風のゲート建物や、レストラン、プール、テニスコートなどを備えていたが1999年頃に閉鎖した。 心霊スポットとしての噂があるよう …• 16位 - 1,185 PV 高知県高知市筆山町と塩屋崎町に跨る筆山に造成された都市公園。 南側は筆山公園墓地となっており、歴史上の土佐藩主山内家歴代の墓所も多く眠っている。 心霊スポット言われているが詳しい情報は見つからなかった。 ただ、墓地がある …• 17位 - 1,133 PV 正式には「イジメもやまる日本発祥の地 平和日本お誕生ご所 倭華宮 日本のルーツ・ヤマトの国センター とき若宮蓬莱山耶馬台国センター」という施設で、郷土史家・樫谷義広氏がここを日本発祥の地として一人で作り上げたが、2000 …• 18位 - 1,128 PV 飛び降り自殺をする者が後を絶たず、橋の欄干に高さ約3メートルある背の高い返し付きのフェンスが設置されている。 自殺者の霊が彷徨っている 老婆の霊が出没する などの噂がある。 19位 - 1,060 PV 「橋の途中で振り返ると災いが起こる」と言われている有名な心霊スポット。 四国で一番高い場所にある駅として知られる繁藤駅の程近くにある。 橋の途中で振り返ると、長い髪の女性の幽霊が出没する、無数の白い手が伸びてくる、または …• 20位 - 1,054 PV 高知県高知市春野町仁ノに架かる橋。 仁淀川は水難事故や自殺が多い事で知られている。 過去にこの橋の下流で首の無い女性の遺体が発見された事が有り、首を探す様に彷徨う女性の霊が出没という噂がある。

次の

2020年 シャトー三宝へ行く前に!見どころをチェック

シャトー 三宝

動物園を見終わったら行ってみる?? のいち動物公園の駐車場から小さく見えているこのお城。 昔から高知に住んでいる人ならご存知なのかもしれませんが、私たち新参者からすれば未知なる建物です。 ということで動物園を満喫した後にこの建物を目指して登ってみることに。 のいち動物公園の駐車場を出たところから、山頂方面へと道路が伸びているのでそのまま登っていきます。 駐車場から 車で5分ほどで行けます この山頂へと続く道路は「龍河洞スカイライン」という道路で以前は有料道路だったそうです。 現在は無料で通行できます 道はしっかり整備されていますが、かなり 道が曲がりくねっているので スピードの出し過ぎには気をつけましょう。 近づいてきました!山頂なので何もないですね…。 けっこう近くから撮影できたと思ったのですが、こうやって見ると意外と小さくなってました…。 当時の園内がよくわかる動画をYoutubeにて見つけました!撮影者の方は昭和50年ごろに撮影されたそうですが、これを見る限りでは メリーゴーランドや 観覧車・ ゴーカートのような乗り物まで確認できます。 山頂にある観覧車って相当景色が良さそうですね!それにしてもよくこの映像が残ってたよね…。 はあるけど、高知には遊園地と呼べる大きなアトラクションを備えたテーマパークはありません。 スカイパークも時代の波には逆らえず、人口減少で運営が難しくなったのでしょうかね…。 三宝山を観光化に向けて有効活用する動きがある ただの廃墟と化してしまっているわけですが、「 20代~40代の子育てファミリー向け」で「 空と海と大地という三宝山が持つ三つの宝」を活かして 観光化に向けた動きもあるようです。 物部川を中心にアクトランドやのいち動物公園・龍河洞・アンパンマンミュージアムなど物部川地域としての活性化も図ろうということのようですね。 熱気球の乗船サービス• ワイナリー・料理教室体験• 展望カフェ• 噴水や日時計• 人力メリーゴランド など立地を最大限に活かして高知の自然を満喫できるような観光施設を、 2020年度グランドオープン予定で計画が進んでいるようですが、本当にそれが実現するかは不明。 参考: ただその後に採算が合わないということで現在は白紙化されています。 せっかくなら何らかの形で再利用できるといいですね。

次の

高知県の心霊スポット

シャトー 三宝

久々に。 一瞬ですが、強い雨が降った高知市周辺ですが、今朝はいつもの暑い夏。 でも、雨が降ったおかげでこんな風景を見ることができた。 天空の城。 天空の城と言えばラピュタ。 ジブリファンの一部からは最高傑作との評価もあるのが「天空の城ラピュタ」ですが、実際のお城で、天空の城と言われて観光客を集めているのが、兵庫県の山中にある竹田城。 雲海の中に浮かび上がるお城は、日本のマチュピチュともいわれ、なかなかの雰囲気を醸し出している。 他にも、岡山県の備中松山城とか、福井県の越前大野城とかが、天空の城として有名。 どれも、山中の、雲海の上に屹立する山城。 まあ、時間帯が良くて運に恵まれんと、美しい雲海に浮かぶお城を見るのは難しいんですけどね。 で、上記のはどれも日本のお城ですが、今朝ご紹介するのは西洋風の城だ。 ご存知三宝山。 会社の裏手、物部川の土手上から撮影してみました。 野市の街並みの向こうに浮かび上がる天空の城だ。 三宝山の正式名称は金剛山。 かつて、金剛童子と呼ばれたお寺があったとされる、金剛山。 僕らが子供の頃に、あの山頂を通る龍河洞スカイラインができ、山頂には三宝山スカイパークという遊園地と三宝山スカイレストというレストランが、できた。 僕ら、高知の子にとってのディズニーランドだね。 から見れます。 あの西洋風の城は、。 現在、大きなゲートが閉められれ車であの山頂に行くことはできませんが、歩きだったら、行ける。 最近行ってないけど。 山頂部分が突き出みたいな形状になっているのは、あの左側に駐車場や遊園地を作る際に抉ったからでしょう。 あの遊園地は、なかなか良かった。 山頂にある遊園地は、その高さを活かしたつくりになっていて、ジェットコースターが怖かった。 でも、何故、あそこに西洋風のお城を作ったのかは、謎だ。 シャトー三宝という名前の、西洋風のお城。 西洋の武器とか鎧とかを展示する博物館風のシャトーが、何故、三宝山に。 しかもだ。 そのシャトー三宝は、四万十川ブームとともに改装され、なんと「四万十の風」という四万十川関連の資料館になったのである。 何故、物部川を見下ろす三宝山の上に、四万十川の資料館をつくったのか。 しかも、建物は西洋風のお城だし。 そしていつしか三宝山スカイパークもスカイレストも営業を終了し、遊園地の跡地には草が生えレストランは解体されて空き地になり、残ったのはあの、シャトーだけ。 シャトーの中には、まだ、四万十の風時代の備品が残されたまま。 三宝山頂は、時折、雲海に浮かぶ天空の城になって、なんでもありだった、あの、昭和の、夢のような時代を思い出させてくれる。 | | > 年月別過去ログ 年のクリックで月を表示・非表示します。 月をクリックすると記事一覧を表示します。 2020年• 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 2005年• 2004年• 2003年•

次の