ドラクエ ウォーク 転職。 ドラクエウォークの転職の順番(ルート)はコレで決まり!転職先の早見表アリ!

ドラクエウォークで転職を戻すとHP、経験値は転職前のレベルのまま!

ドラクエ ウォーク 転職

当面の目標・編成可能PT ここでは「転職のおすすめルート」を元にした、編成可能なパーティを掲載・解説しています。 ベーシック・汎用性 編成例 バトマス レンジャー 賢者 賢者 基本職から上級職にステップアップする上において、 一番目標にしたいベーシックなパーティです。 高難度向け 編成例 パラディン バトマス レンジャー 賢者 こちらは 高難度で活躍するパラディン入りの編成となります。 しかし、パラディンは回復に徹することや、火力に振った場合の賢者を「かばう」立ち回りも可能なので、 1人は育成しておきたい職。 メガモン・単体向け 編成例 バトマス バトマス 魔法戦士 賢者 上記は メガモンや単体ボス相手の場合の編成です。 難易度が低ければ、フォースブレイク込みで攻めに徹することもできますし、魔法戦士は回復役も熟せるため自由自在。 回復に特化したいなら「賢者」にチェンジも可能です。 火力賢者 編成例 レンジャー レンジャー 魔法戦士 賢者 賢者を火力特化にした場合の編成です(火力杖を持っている方向け)。 魔法戦士のフォースブレイクを合せて火力UP!前衛の2人は 「回復レンジャー」を想定していますが、「主人公」と「3人目」のどちらかをパラディンまで育成して「かばう戦法」にシフトしてもいいと思います。 魔法使いの理由 完全に個人的な理由ですが、何故か自分の端末は「」など盗賊向けの武器が複数当たります。 魔法型にするなら紫のこころもそのまま使えますし、前衛3人欲しかったので「盗賊」へ。 僧侶の理由 僧侶はバイシオン役、そして普段こころ集めする際に火力が出せる職4人で冒険に出かけたかったため「魔法使い」をチョイス。 一応上位職も視野に入れました。 抑えておくポイント・転職時期 ここでは転職する上において、抑えておいた方がいいポイントを 5つ紹介しています。 初期職で十分間に合っていますし、PTバランスもとれているので序盤の内は考える必要はないです。 6章以降は上級職必須級 6章に突入すると 推奨レベル40~になり、敵のすばやさや火力も高く、 基本職では快適に進行・レベル上げができません。 レベルMAXまで育成するよりはサッと転職させてPTバリエーションを増やす方が充実します。 近年高コストが増殖しているため、 物理はレベル55、 魔法はレベル50が目安となります。 ただし、1周目はレベル50で転職して、組み合わせを増やすことに重きを置いた方がいいと思います。 メリットまとめ• 上級職にステップアップできる• 各職業の「永続効果」を受けられる• パーティのバリエーションが増える• 合計レベルが増加、モチベUP• 初心者の方には敷居が高いかもしれませんが、 現環境は上級職必須です。 主に下記のようなステータスがメインであり、レベル20と50(上級職は55)が対象です。 そういった時に育成しておくと最適PTを組むことが可能に。 火力上げ重視PT 戦士 武闘家 魔法使い 魔法使い 回復重視PT 戦士 武闘家 僧侶 僧侶 レベル上げ重視PT(上級職ver. モチベーションに関わる結構大事な要素。 「得」対象の武器を持たせることで様々な特殊効果を受けられるため、これも大切な要素。 例:が当たった!けどレンジャーを育ててない・・ 転職のデメリット3つ紹介 デメリットまとめ• レベル1から再スタート• 高コストのこころが付けられない• レベルも 1からのスタートなので戦力が1人欠けた状態となります。 レベル1になると... 予めパーティ切り替え機能に保存したり、メモったりしておくと良いです。 武器や防具はそのまま。 上級職のタグ 累計経験値とレベルごとの必要数【上級職60まで反映!】 5章までは物理でレベリングでもいけるけど6章以降は弾かれる率上がるから魔法職で引率しないとストレスがマッハ。 職業固有のステータス差で魔戦は賢者より素早さ20くらい低いから魔戦を先導にする場合はメイジドラキーやマッドフィンガー相手には素早さ少し盛ってあげると完全先制可能。

次の

【ドラクエウォーク】転職のタイミングはいつ?おすすめルートも紹介

ドラクエ ウォーク 転職

攻略情報一覧• Twitter 最新情報• 開催中のイベント• メガモンスター• 強敵モンスター• 開催中のガチャ• 人気記事 ランキング• ガチャ関連• お役立ち情報• 過去に開催されたイベント ガチャイベント• イベント• メガモンスター• 掲示板• 育成・強化• 職業・転職• 基本職• 上級職• アイテム 道具• 各種どうぐの入手方法• クエスト攻略 ストーリー• 強敵攻略• サブクエスト• ゲームシステム• データベース モンスター• 武器種別• 防具種別• アクセサリー• スキルデータ• 効果別• 属性別• その他・裏技• 各職業の転職おすすめルートや永続スキルの習得順、転職後のレベリングにおすすめのクエストについても紹介しているので、参考にしてください。 転職するメリット 永続効果スキル習得によるキャラの強化 各職業の レベル20とレベル50で習得する[永続]と書いてあるスキルは 他の職業に転職して引き継がれる「永続効果スキル」となります。 ドラクエウォークの高難易度イベントでは耐久面が重視されることが多いので、 後衛でも戦士の優先度は高いです。 基本職よりも高レベルでの習得となり、2つ目に至っては現在のレベルカンストである55まで上げなければなりません。 レベル上げに必要な経験値が基本職に比べて1. 2倍となっているので、Lv. 30のものはともかくとして2つ目の永続スキルを習得するのにはかなりの根気が必要となります。 上級職への道が開ける 2020年1月28日 火 のアップデートにて待望の上級職が実装されました。 上級職に転職するには決められた初級職2種をレベル50まで上げる必要があるので、上級職解放にも必然的に転職が必要となります。 上級職が解放される組み合わせ 職業 条件 ・とをレベル50にする ・とをレベル50にする ・とをレベル50にする ・とをレベル50にする パラディン ・とをレベル50にする パーティ編成に幅が出る 転職によって複数の職業のレベルを上げることで強敵・高難易度・メガモンスターなど場面に応じて様々な戦法を取ることができるようになります。 中でも戦で適したパーティ編成ができるようになると複数人でプレイした際に上位へランクインしやすくなるのは利点と言えるでしょう。 ポイント!! レベル50まで上げれば上級職の片方の条件を満たせ、ほとんどのメガモンスターもソロ攻略が目指せるので、プレイの幅も広がります。 転職前のパーティを登録しておく 転職前 メガモンスターや高難易度、強敵などをプレイする際に転職前のパーティをすぐに使用できるようにパーティを登録しておきましょう。 パーティ登録をきちんとしておけば転職時にこころや装備の付け替えを別途しなくてもパーティを戻すことができます。 全員同時転職は非推奨 初めての転職となると他の職業レベルは必然的に1となり、前職で習得したスキルは永続効果スキル以外なくなってしまいます。 すべてのキャラを同時に転職させると戦力的に再び低難易度のクエストを選択しなければならなくなるため、転職キャラは2人程度に抑えておき、残ったレベル50キャラ2人の全体攻撃で1ターン撃破できる程度のクエストを周回するといいでしょう。 ポイント!! ロトの剣や黄竜のツメ、ゴシパラ・書聖のつえなど高火力全体攻撃武器を複数持っている場合はそのままの狩り場でOKなこともあります! 永続効果スキル目当てならレベル20止めもアリ キャラの元となるステータスを強化したいのであれば転職した職のレベルを20で止め、次の職業の永続効果スキル習得を目指すのもアリでしょう。 特に戦士 みのまもり と盗賊 すばやさ は早い段階で取っておけると楽になります。 ただ、 その分上級職の解放条件は遠のいてしまう点には注意が必要です。 転職後のレベリングする際のおすすめの周回場所 1ターンで倒せるクエストを周回 転職したてのキャラはこころコストが少なく戦力にはならないので、転職しなかった残りのキャラの全体攻撃で1ターン撃破が可能なクエストを選択すると安定してレベリングが可能です。 ポイント!! 特に「においぶくろ」は頻繁に手に入るので、バンバン使用してしまって良いでしょう。 同時にこころを狙う ただ敵を倒して経験値を稼ぐよりは優秀なこころ狙いも兼ねてレベリングを行いたいです。 そのため、上記の条件に加え、自分の欲しいこころがドロップするクエストを選択して周回するといいでしょう。 20で止めてしまって問題ありません。 バトルマスターがある程度育ったら残りの永続スキル その後はバトルマスターのレベル上げを行うのですが上級職は経験値テーブルが基本職に比べて約1. 2倍となっているので、Lv. 55まで上げるにはかなりの経験値を要します。 そのため、こころをある程度自由にセットできるレベルまで上がったら盗賊に戻ってLv. 30の永続スキル2種を取っておくといいでしょう。 持っている武器で決めるのもあり バトルマスターの得意武器である、、の優秀な武器を複数持っている場合は武闘家もバトルマスターを目指して戦士へと転職するのもアリでしょう。 なお、の場合はバトルマスター・レンジャーともに得意武器となるので、目標はレンジャーのままで問題ありません。 20は先に取っても良い 上級職解放でそのままレンジャーにして問題ありませんが、先に戦士をLv. 最終的にはバトルマスターも経由 戦士の永続スキルはどちらも耐久系と最終的には必須となりますので、バトルマスターの条件も同時に満たすこととなります。 バトルマスターはLv. 仲間の僧侶と入れ替えるように転職することでパーティから回復役を消さずにプレイできます。 緑のこころを装備させればバイシオンを使える回復役としても使えるので、「」がない場合のバイシオン役兼サブヒーラーも務められます。 その後は盗賊と武闘家をレベル50にしてちからの永続スキルを回収を目指します。 僧侶の段階でかいふく魔力のパッシブが手に入るので、周回以外ではなど全体回復も行えるようにしてサポート役にすると良いです。 賢者でも回復役を担うなら盗賊の後に戦士Lv. 20の永続スキルが優秀 Lv. そのため、戦士や魔法使い、僧侶なども上級職前に1度経由しておくといいでしょう。 50にした後にレンジャーを目指すために転職しましょう。 ジバリア型は魔法使いを経由 レンジャーよりもジバリア系呪文の強化倍率が高いため、ジバリアが活躍する敵と対する際には盗賊で戦うこともあるでしょう。 ジバリア型で使う場合は魔法使いを経由してこうげき魔力を増加させると良いでしょう。

次の

【ドラクエウォーク】おすすめの転職のタイミングと職業ルート

ドラクエ ウォーク 転職

攻略情報一覧• Twitter 最新情報• 開催中のイベント• メガモンスター• 強敵モンスター• 開催中のガチャ• 人気記事 ランキング• ガチャ関連• お役立ち情報• 過去に開催されたイベント ガチャイベント• イベント• メガモンスター• 掲示板• 育成・強化• 職業・転職• 基本職• 上級職• アイテム 道具• 各種どうぐの入手方法• クエスト攻略 ストーリー• 強敵攻略• サブクエスト• ゲームシステム• データベース モンスター• 武器種別• 防具種別• アクセサリー• スキルデータ• 効果別• 属性別• その他・裏技• 各職業の転職おすすめルートや永続スキルの習得順、転職後のレベリングにおすすめのクエストについても紹介しているので、参考にしてください。 転職するメリット 永続効果スキル習得によるキャラの強化 各職業の レベル20とレベル50で習得する[永続]と書いてあるスキルは 他の職業に転職して引き継がれる「永続効果スキル」となります。 ドラクエウォークの高難易度イベントでは耐久面が重視されることが多いので、 後衛でも戦士の優先度は高いです。 基本職よりも高レベルでの習得となり、2つ目に至っては現在のレベルカンストである55まで上げなければなりません。 レベル上げに必要な経験値が基本職に比べて1. 2倍となっているので、Lv. 30のものはともかくとして2つ目の永続スキルを習得するのにはかなりの根気が必要となります。 上級職への道が開ける 2020年1月28日 火 のアップデートにて待望の上級職が実装されました。 上級職に転職するには決められた初級職2種をレベル50まで上げる必要があるので、上級職解放にも必然的に転職が必要となります。 上級職が解放される組み合わせ 職業 条件 ・とをレベル50にする ・とをレベル50にする ・とをレベル50にする ・とをレベル50にする パラディン ・とをレベル50にする パーティ編成に幅が出る 転職によって複数の職業のレベルを上げることで強敵・高難易度・メガモンスターなど場面に応じて様々な戦法を取ることができるようになります。 中でも戦で適したパーティ編成ができるようになると複数人でプレイした際に上位へランクインしやすくなるのは利点と言えるでしょう。 ポイント!! レベル50まで上げれば上級職の片方の条件を満たせ、ほとんどのメガモンスターもソロ攻略が目指せるので、プレイの幅も広がります。 転職前のパーティを登録しておく 転職前 メガモンスターや高難易度、強敵などをプレイする際に転職前のパーティをすぐに使用できるようにパーティを登録しておきましょう。 パーティ登録をきちんとしておけば転職時にこころや装備の付け替えを別途しなくてもパーティを戻すことができます。 全員同時転職は非推奨 初めての転職となると他の職業レベルは必然的に1となり、前職で習得したスキルは永続効果スキル以外なくなってしまいます。 すべてのキャラを同時に転職させると戦力的に再び低難易度のクエストを選択しなければならなくなるため、転職キャラは2人程度に抑えておき、残ったレベル50キャラ2人の全体攻撃で1ターン撃破できる程度のクエストを周回するといいでしょう。 ポイント!! ロトの剣や黄竜のツメ、ゴシパラ・書聖のつえなど高火力全体攻撃武器を複数持っている場合はそのままの狩り場でOKなこともあります! 永続効果スキル目当てならレベル20止めもアリ キャラの元となるステータスを強化したいのであれば転職した職のレベルを20で止め、次の職業の永続効果スキル習得を目指すのもアリでしょう。 特に戦士 みのまもり と盗賊 すばやさ は早い段階で取っておけると楽になります。 ただ、 その分上級職の解放条件は遠のいてしまう点には注意が必要です。 転職後のレベリングする際のおすすめの周回場所 1ターンで倒せるクエストを周回 転職したてのキャラはこころコストが少なく戦力にはならないので、転職しなかった残りのキャラの全体攻撃で1ターン撃破が可能なクエストを選択すると安定してレベリングが可能です。 ポイント!! 特に「においぶくろ」は頻繁に手に入るので、バンバン使用してしまって良いでしょう。 同時にこころを狙う ただ敵を倒して経験値を稼ぐよりは優秀なこころ狙いも兼ねてレベリングを行いたいです。 そのため、上記の条件に加え、自分の欲しいこころがドロップするクエストを選択して周回するといいでしょう。 20で止めてしまって問題ありません。 バトルマスターがある程度育ったら残りの永続スキル その後はバトルマスターのレベル上げを行うのですが上級職は経験値テーブルが基本職に比べて約1. 2倍となっているので、Lv. 55まで上げるにはかなりの経験値を要します。 そのため、こころをある程度自由にセットできるレベルまで上がったら盗賊に戻ってLv. 30の永続スキル2種を取っておくといいでしょう。 持っている武器で決めるのもあり バトルマスターの得意武器である、、の優秀な武器を複数持っている場合は武闘家もバトルマスターを目指して戦士へと転職するのもアリでしょう。 なお、の場合はバトルマスター・レンジャーともに得意武器となるので、目標はレンジャーのままで問題ありません。 20は先に取っても良い 上級職解放でそのままレンジャーにして問題ありませんが、先に戦士をLv. 最終的にはバトルマスターも経由 戦士の永続スキルはどちらも耐久系と最終的には必須となりますので、バトルマスターの条件も同時に満たすこととなります。 バトルマスターはLv. 仲間の僧侶と入れ替えるように転職することでパーティから回復役を消さずにプレイできます。 緑のこころを装備させればバイシオンを使える回復役としても使えるので、「」がない場合のバイシオン役兼サブヒーラーも務められます。 その後は盗賊と武闘家をレベル50にしてちからの永続スキルを回収を目指します。 僧侶の段階でかいふく魔力のパッシブが手に入るので、周回以外ではなど全体回復も行えるようにしてサポート役にすると良いです。 賢者でも回復役を担うなら盗賊の後に戦士Lv. 20の永続スキルが優秀 Lv. そのため、戦士や魔法使い、僧侶なども上級職前に1度経由しておくといいでしょう。 50にした後にレンジャーを目指すために転職しましょう。 ジバリア型は魔法使いを経由 レンジャーよりもジバリア系呪文の強化倍率が高いため、ジバリアが活躍する敵と対する際には盗賊で戦うこともあるでしょう。 ジバリア型で使う場合は魔法使いを経由してこうげき魔力を増加させると良いでしょう。

次の