バッタ大量発生日本に来る。 東アフリカのバッタ大量発生 日本に来る可能性はあるのか?

新型コロナより危険!バッタ大量発生は中国だけじゃなく日本も危険!?

バッタ大量発生日本に来る

バッタが機体の吸気口に入り、機器を損傷させる可能性もあるため、いかなるバッタの群れでも回避するよう同省は航空会社に呼び掛けている。 過去30年近くで最悪とされる「蝗害(こうがい)」はすでに、農作物に甚大な被害を与えている。 インドでは新型コロナウイルス対策のため全土で1か月にわたり封鎖措置が実施され、その影響で苦しむ農家に追い打ちをかけている。 来月には「アフリカの角(Horn of Africa)」と呼ばれるアフリカ北東部地域からさらなるバッタの群れがインドへ飛来すると予想されるため、専門家らは被害がさらに深刻化すると警告している。 (引用:) ただでさえ世界中がコロナウイルスで大変な時に、バッタの大群が襲ってきたら本当にパニックになってしまいます。 スポンサーリンク バッタ大量発生の現在地はどこ? 発生はアフリカのケニアやエチオピアでした。 ここから2月にはアフリカを飛び出し、パキスタンとインドに到達しています。 そして4月にはパキスタンの農業地帯を壊滅させたのです。 その後、 パキスタンから東へ移動中のようです。 このままいくと6月ごろに中国地帯に来るだろうと言われています。 さらに4月には、アフリカでは第2波は発生し被害は増え続けています。 2020年4月29日には仏国際放送局RFIが 第1波と比べておよそ20倍になっていると発表しました。 今は、パキスタンから東へ移動しているところのようです。 バッタの大群は日本に来る? 今は日本に来ていませんが、今後どのようになっていくのでしょうか。 日本に来る? 縦が60キロ以上で横が40キロ以上 1日で約300万食を食べてしまう というバッタの大群恐ろしいですよね。 しかし 日本に来る可能性は低いそうです! バッタが日本に来れない理由は? 気候の問題 今回大量発生しているバッタは、砂漠気候の地域に生息しているバッタです。 サハラ砂漠やアラビア砂漠などのインド北部で育っているので、日本の気候とは違うとのこと。 日本は湿度も温度も違うので、仮に来たとしても生きられないのではと言われています。 13年ほど前の2007年にも関西国際空港で大量のバッタが発生したことがありましたが、その際もカビで終息しています。 なので、湿度なのどに弱いのではと言われているようですね。 距離の問題 今、大量発生しているバッタが日本にくるまでには距離がありすぎるそうです。 中国から日本までは、だいたい890キロほどです。 バッタは1日に100キロ〜200キロ移動できるそうなので、すぐ来れていまう気になりますよね。 しかし、 普段こんなに長距離移動する環境ではないため、200キロを1週間飛び続けるというのは、考えにくいそうです。 海を渡って日本があると認識できない 鳥や魚は地磁気センサーを脳にもっているといわれています。 なので、方位や緯度などだいたい分かって飛んでいる(泳いでいる)そうです。 しかし、バッタにはないです。 しかも「危険を犯してまで、海を渡り、あるのか分からない大陸を求めるのか」と言われると現実的ではないと言われています。 スポンサーリンク バッタの大群の日本影響は? 日本に来る可能性が低いとしても、日本に何か影響はあるのでしょうか。 このニュースがいちばん怖い バッタの大群 旅客機の運航に影響及ぼすとインド当局が警鐘 — かずのーと newKPnote 砂漠化や黄砂の影響 今でも問題になっていますが。 バッタの大群が通ることによってどんどん砂漠化が進み日本に黄砂が来ますし、温暖化も進みそうです。 日本への影響というより地球への影響ですね。 豆やコーンや肥料などの値上がり 今被害が出ているケニアやエチオピアでは豆やコーンや穀物を多く作っています。 なので、コーンや豆・穀物の値段が上がりますね。 これらは肥料にもなっているようなので、肥料の値段も高くなると必然的に家畜類全般の値段も上がる可能性があります。 今のところこの影響が考えられます。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

アフリカのバッタが日本に来る可能性は?影響など調査!

バッタ大量発生日本に来る

はじめに 最近、ニュースではの話ばかりで面白くないと思っていたら、2月後半に面白い話がニュースになり始めましたよね!! そうあなたもご存じでしょう 『大量発生したバッタが中国に向かっている』と言うニュースです。 などの情報によると 『既にに到達』とか 確証の無い情報もいっぱい出てきていたり、 『人為的に起こされたものだと』都市伝説を作り始める人までいて凄いことになってますよねwww その様な情報はさておいてそこそこ信頼出来る情報を頼りに少し バッタさん()について調べたので皆さんに共有して行こうと思います。 この蝗害は凄まじく問題を抱え3度もの 印パ戦争を戦っている インドと 、両者がにらみ合うインド側の最前線と言ってもよいで食料がバッタに食い尽くされ インド軍が撤退したとされているくらいです。 『もしかして、さんは平和のなのかも・・・!!』 と私はおもったのですが、そんなことはありませんでした。 寧ろ悪魔です。 考えることは全て実現させるみたいな中国ドリームの国ですからね!! アさん攻撃 『中国VSバッタさん』戦争開幕です。 そこで、まずジャブとして出て来たニュースが・・・!! 『アさん軍10万羽投入』のニュースでした。 これは中国にが入って来る前にに アさんを10万羽ほど送り込んで美味しく食してもらおうということらしいです。 なんでもアさん 1日にバッタ200匹くらい食べれちゃうみたいなんですねよ。 ただはとても不味いうえに相変異後は噂では更に不味いらいしのでアさんも食べてくれないかもしれませんが・・・ そもそも、このにアさんを派遣する計画は アさんに必要な水がには余りないので難しいらしいです。 本当に派遣されるのか注目して行きたいものです。 ドローン攻撃 私個人の見解ですが、この 『中国VSバッタさん』で注目して貰いたいのが、中国の ドローン技術です。 中国ドローンメーカーXAG社とドイツ農薬メーイエル社が開発している農薬散布ドローンは非常に高い害虫駆除率を誇っており、これら 自立型ドローンによる への殺虫剤の散布は非常に有効なのではないかと私は思っています。 ドローンの良いところは量産することで 大量導入が容易なことであり、特に中国なら数十万のドローンによる攻撃とか普通にやりそうなので個人的には凄く注目しています。 は美味しくない 日本人の多くの人が イナゴが大量発生していると 勘違いをしているらしいんですが、今回の 大量発生はバッタの大量発生であり、 イナゴの大量発生ではありません。 実際のバッタの種類もという種類になります。 そもそも論、イナゴはイナゴ科でありバッタ科ではないみたいです。 因みに田舎とかの道の駅でよく見かけるイナゴの佃煮ってあるじゃないですか、あれ美味しくて私は好きなんですけど同じように 『バッタが作物を食い荒らすなら人間様はバッタを食えばいいじゃんか』と安易に私は思ったのですが、イナゴは甘みがあって美味しいみたいですが、姿は似てるくせに バッタは苦くて素人が食えるものでは無いみたいです。 しかも、イナゴに比べて硬いらしく口の中での食感が悪いとか・・・!! 更に残念なことに今回の は相変異しているので 不味さに拍車がかかっているらしいです。 因みに脱線してしまいますが、美味しい虫と言えばあれ『の幼虫』は超うまいですよね。 焼いても揚げても生でもうまい!!もし食べたことが無い方で気になる人は珍味を出す居酒屋とかでたまにあるので是非食べてみてください。 何故群れだした このたちは元々は群れたりしないで個々で生活をしているバッタなのですが、何故、今回のように急に群れて増殖し始めたのでしょうか。 その理由は 相変異によるものです。 バッタなどは大雨や嵐などいろいろな環境理由等で一定の地域に生存する個体数の 密度が変化して密集してしまうことなどにより 相変異して飛蝗(蝗害)をするようになるみたいです。 この相変異のプロセスは諸説あり、 『食べ物がなくなるので新天地に移動するため変異する』とか 『共食いが始まりそれから逃げるために変異する』とか調べたらいろいろ出て来ました。 何が事実かは良く分かりませんが、一説によるとバッタ事態を何かに常に触れる環境で育てるだけでも相変異みたいになるとかって情報もありましたのでその辺のプロセスはまだ研究途中ってことなのでしょうか!? もし、詳しい情報を持っている方がいましたら 情報提供宜しくお願いしますwww 何にしても、この相変異により今回のは 体の色をドス黒くして翅を伸ばして何千億にも膨れ上がって暴走していることは確かなので恐ろしいです。 日本はカビに守られる 今回のバッタの大量発生は日本には影響はないのでしょうか!? 実は 日本でもバッタの大量発生は過去に何度か起きていますが、ビックリするほど拡大はしていないようです。 その理由は 『カビ』が日本を守っているからなのです。 エントモフトラ属と言うカビの一種がバッタの天敵らしく日本ではこのカビの影響やバッタを捕食するなどの 昆虫・両生類・鳥類などが多いため大量に発生しにくいと言われています。 それに加えて、日本は島国であり陸続きのインドや中国と違い 海が緩衝地帯として存在するため、流石に相変異したでも 海は越えるてこれないだろうということです。 油断するな台湾も日本も危険!? 『海に囲まれた日本は安心・・・!!』と先ほど私は述べましたが、実は島国である台湾や日本も の襲来する可能性は存在するのです。 それが 1928年に発生したでのバッタの大量発生です。 このバッタの大量発生はフィリピンで発生したらしいのですが、なんと数百キロもの海を渡り台湾・・にまでやって来て猛威を振るったとか・・・!! どうやって、海を渡ったのか等も不明見たいですが事実だとすると今回のバッタさんたちも日本に『こんちはおっすオラバッタ』みたいなノリでやって来るかもしれません。 おわりに それにしても、バッタさん達に本気で言いたいのは、 『今じゃないだろ!!』 この一言に限りますね。 ただでさえカに貿易戦争吹っ掛けられて新型コロナちゃんに侵されてボロボロの中国に今攻撃したりしたら、経済が崩壊してしまうよ・・・!! そんなことになったら、煽りを受けるのはまた我らが日本ですから・・・!! 今年のは間違いなくマイナス成長で決まりですね・・・!! ・・・ということで今回は気になる『バッタの大量発生』について情報共有をさせて頂きました。 また、よろしくお願いいたします。 良ければご覧ください。 コメントやチャンネル登録は大歓迎です。

次の

バッタの大量発生2020年 日本は大丈夫?

バッタ大量発生日本に来る

イナゴによる蝗害で、すでに食糧危機が懸念( けねん )されるが、さらに心配になるのが、もしかして日本にも飛んでくるのでは?という一抹( いちまつ )の不安である。 If you are a farmer or work here in agribusiness, here is what you can do to protect 👇 — FAO FAO バッタは中国を横断後に日本に来るの? サバクトビバッタが日本へ飛来する前に、中国大陸を横断する必要がある。 このサイクロンはアラビア半島南部の広大なルブアルハリ砂漠に雨を降らせ、砂丘の間に多くの一時的な湖を出現させた。 こうした場所でサバクトビバッタがさかんに繁殖して最初の大発生が起きたと見られる。 同年10月にはアラビア海中部でサイクロン「 ルバン 」が発生して西に進み、同じ地域のイエメンとオマーンの国境付近に雨を降らせた。 サバクトビバッタの寿命は約3カ月で、その間に繁殖する。 繁殖の条件がよければ、次の世代のバッタは20倍にも増える。 つまり、サバクトビバッタは短期間のうちに急激に増加するのだ。 2018年の2つのサイクロンによって、わずか9カ月の間に大発生が3度起こり、アラビア半島に生息するバッタはざっと8000倍に増えた。 増えすぎたバッタの群れは移動を始めた。 2019年の夏までに、それは紅海とアデン湾を飛び越えてエチオピアとソマリアに渡り、その後、もう一度繁殖したとクレスマン氏は言う。 カテゴリー• 171• 1 最新投稿5記事 アーカイブ•

次の