年賀状 交換 未使用 いつまで。 年賀状の交換期限っていつまで?料金はかかる?未使用、書き損じの場合まとめ

2020年お年玉年賀はがきの交換期限はいつからいつまで?当選番号チェッカーはある?

年賀状 交換 未使用 いつまで

書き損じた年賀状の交換方法 実際に書き損じてしまった場合、年賀状はどこで交換することが可能なのでしょうか? この問いに対する答えですが、書き損じた年賀状の交換は 「郵便局の窓口」で対応してくれることになっています。 注意 「簡易郵便局」や「ゆうゆう窓口」では、書き損じた年賀状の交換を行なうことはできません。 次になにと交換することが可能なのか、この点が気になっているという人もいるでしょう。 書き間違えてしまった年賀状は「通常切手」や「郵便はがき」のほか「郵便書簡」や「レターパック」と交換することが可能です。 さらに、年賀状の販売期間中に在庫が残っている状態であれば「年賀状」との交換にも対応してくれます。 そのほか「現金と交換するのは無理なの!?」と思っている人もいるのではないでしょうか。 書き損じた年賀状と交換できるものを使う機会がない人や、単純にお金が欲しい人はこのような疑問を感じるのでしょうが、 郵便局で現金に交換することはできません。 ただし、裏ワザ的な方法を使えば現金に交換することが可能です。 少々手間はかかりますが、まず郵便局の窓口で前述したモノと交換したあと「金券ショップ」に売却する方法があります。 書き損じた年賀状の交換手数料と期間はいつまで 書き間違えてしまった年賀状を通常切手、郵便はがき、簡易書簡、レターパックと交換する場合には、 1枚あたり5円の手数料が発生します。 支払いは現金だけでなく切手で行なうことも可能です。 また、交換時には手数料分を差し引く形にすることもできます。 交換は過去に余った年賀状でもOKで、くじで当たり景品を受け取ったあとのものでも交換することが可能です。 服喪の場合 無料交換条件は、郵便局の窓口で服喪であることを伝えたうえで、必要書類に氏名・住所・亡くなった人との続柄などを書くこと、通常はがきや切手との交換になることです。 注意 但し、無料交換が可能なのは年賀はがきの販売期間内であり、 期間外は手数料有料となります。 未使用の年賀はがきも交換の手数料と期間は同じ? 未使用の状態であることが求められているのは、前述した 「誤購入」による年賀はがきの交換です。 交換手数料は書き損じの場合の交換手数料が1枚5円であるのに対し、誤購入の場合は無料になります。 また、誤購入の場合の無料交換は、年賀はがきと交換することも条件のなかに含まれており、 年賀はがきの販売期間中以外は通常の交換と同様に手数料が発生します。 手数料が発生する場合の交換に期限はありませんので、1年前や2年前、3年前の年賀はがきでも交換することが可能です。 さらに未使用の年賀状は、くじに当選し景品を受け取ったあとの状態のものであっても、郵便局の窓口では切手やはがきとの交換に応じてくれます。 おわりに 年賀状は郵便局の窓口や金券ショップに持って行くことにより、モノやお金と交換することが可能です。 また、通常発生する手数料も、条件を満たすことによって無料になります。 書き損じた年賀はがきがある• 間違って欲しいものとは別の種類の年賀はがきを買ってしまった• 身内が亡くなってしまった• 余ってしまい使用しないまま取っておいてある年賀はがきがある という人は、郵便局の窓口や金券ショップで交換をしてみてはいかがでしょうか。

次の

【2019年亥年版】年賀状って交換できるの?余ったはがき、書き損じはがきを無駄にしない方法

年賀状 交換 未使用 いつまで

未使用の年賀状や書き損じたはがきは、「切手」や「普通郵便はがき」と交換することができます。 交換場所は、最寄りの郵便局。 交換の際、 手数料として年賀状1枚につき5円かかります。 この手数料は現金か切手で支払う必要があり、手数料分を年賀状で差し引きすることはできません。 また、書き損じはがきは、販売期間内であれば新しい年賀状と交換できます。 2019年用の年賀状販売期間は、2018年11月1日 木 ~2019年1月11日 金 です。 この期間内であれば、書き損じにより年賀状が足りなくなっても、郵便局に行って手数料を支払えば交換してもらえます。 年賀状の交換自体には、特に期限が設けられておりません。 そのため、家に保管してある数年前の年賀状でも「切手」や「普通郵便はがき」と交換することが可能です。 ただし、過去の年賀状を「今年度分の年賀状」に交換することはできません。 例えば、「2018年用の年賀状を、2019年用の年賀状には換えられない」ということです。 たとえ2019年用の年賀状販売期間であっても古い年賀状とは交換できないため、注意しましょう。 郵便局では使わなくなった年賀状を現金に換えることはできません。 特殊切手にも交換できませんが、郵便書簡(ミニレター)や特定封筒(レターパック)ならば交換可能です。 「どうしても現金に換えてほしい!」という方は、金券ショップで相談してみましょう。 未使用の年賀状や書き損じはがきを、1枚20~40円で買い取ってくれる場合があります。 郵便局では現金に換えてくれませんが、こういった金券ショップでの交換方法があるのも知っておくと便利です。 喪中になってしまった場合でも、年賀状をはがきに交換できる 年賀状販売期間内であれば、喪中により使えなくなった年賀状を「無料」で交換してくれます。 すでに完成した年賀状でも、消印がなければ交換が可能です。 誤って別の種類の年賀はがきを買った場合でも交換できます。 これは、簡易郵便局を除く全国の郵便局で交換が可能です。 窓口の方に喪中である旨を伝えて、備え付けの請求書に「住所・氏名・亡くなられた方との続柄」を記入します。 手続きが終われば、持参した年賀状は「通常切手」「普通郵便はがき」「郵便書簡(ミニレター)」「特定封筒(レターパック)」のいずれかに交換できます。 喪中であっても、特殊切手や来年用の年賀状に換えることはできません。 未使用の年賀状でお年玉が当選したら、交換できるの? 未使用の年賀状や書き損じたはがきでも、お年玉付き年賀はがきが当選すれば賞品と引き換えることができます。 また、賞品引き換え後に「通常切手」「普通郵便はがき」「郵便書簡(ミニレター)」「特定封筒(レターパック)」のいずれかに交換することもできます。 お年玉当選後には、はがきの抽選番号にハンコが押されます。 このハンコは「賞品と引き換えしたことを証明する印」のため、切手や普通郵便はがきに交換しても問題ないのです。 そのため、 未使用の年賀状や書き損じのはがきは「お年玉の抽せん日以降に交換する」ようにしましょう。 2019年の抽せん日は1月20日 日 であり、賞品との引き換え期間は1月21日 月 ~7月22日 月 です。 賞品は、特別な切手シートで当選本数は1万本です。 切手や普通郵便はがきに交換するのは、いつでも可能です。 しかし、その交換した年賀状が「実は当選番号だった」という事態も考えられます。 2019年の賞品の1等は、「現金30万円」か「30万円相当のセレクトギフト」です。 せっかく当選しても当選した年賀はがきが手元になければ悔やまれるため、お年玉の抽せん日まで大切に持っておくといいでしょう。 当選数は総数約24億1,281万枚のうち、2,412枚に1等景品が当たります。 下6桁がそろっていれば1等当選であり、100万本に1本が当たるとされています。 2等の賞品は、ふるさと小包などです。 下4桁がそろっていれば当選であり、1万本に1本の確率です。 3等の賞品は、お年玉切手シート。 下2桁ぞろいで当選し、100本に3本の確率で入っています。 (手数料を支払えば、切手に交換するなどができるそうです。 ) まとめ 使わなくなった年賀状は、「通常切手」「普通郵便はがき」「郵便書簡(ミニレター)」「特定封筒(レターパック)」のいずれかに交換できます。 また、年賀状販売期間であれば、書き損じはがきを新しい年賀状と交換できます。 ただし、交換の際には1枚5円の手数料がかかり、古い年賀状を新しい年賀状に交換することはできません。 喪中であれば年賀状販売期間中に「手数料無料」で交換できますが、来年用の年賀状に引き換えるサービスを行っていません。 交換には何かと条件があるため、注意しましょう。 郵便局では現金に換えることができませんが、金券ショップならば年賀状1枚20円~40円で交換してくれるところがあります。 また、未使用の年賀状や書き損じはがきを、福祉団体に寄付することも可能です。 使わなくなった年賀状には、さまざまな活用方法があります。 余ったから、書き損じたからとごみ箱に捨てず、自分に合った方法で年賀状を活用しましょう。

次の

年賀状の切手は交換できる?手数料はいくら?交換期限はいつまで?

年賀状 交換 未使用 いつまで

【2020年版】書き損じた年賀状はがきは交換できるの?いつまで交換できる?その他の活用法も紹介• こんにちは、インクペディア編集部の高尾です。 いきなりですが、年賀状、皆さん送ってますか? スマートフォンやタブレットが爆発的に普及し、同時にLINEやFacebookなどインターネット上でのコミュニケーションツールが発達したことから、 新年のご挨拶も、ネット上での「ハッピーニューイヤー!」で済ます人が増えているようです。 ですが、年賀状が送られてきた時の、あの「ほっこり感」は、まさしく年賀状ならではですよね。 僕がまだ中学生の頃、片思いの子にほっこり感を与える為、丹精込めた年賀状を送りましたが、普通に返事が来ませんでした。 その時僕は強く反省しました。 「来年から年賀状に範〇勇次郎を使うのはやめよう」と…。 邪ッ!! さて、このように人それぞれ様々なほっこりエピソードがある年賀状ですが、 住所や名前、メッセージなどを書き間違えてしまった経験はありませんか? いわゆる「書き損じはがき」なんて言いますが、これ、そのままゴミ箱行きになっている方も多いのではないでしょうか。 実は書き損じはがきは、捨てずにいろいろと有効活用ができるんですよ! 今回は、書き損じた年賀状はがきが交換できるのか?その他どのように有効活用できるか?をご紹介します! 目次• 書き損じの年賀はがきは交換できる ちょうど年賀状を書いていて、書き損じてしまいドギマギしているあなた、ご安心ください。 ずばり、 書き損じた年賀状は、交換することができます。 ちなみに年賀状はがきだけでなく、通常のはがき、郵便書簡、切手、レターパックなどにも交換することができますよ。 交換場所 最寄りの郵便局で交換することができます。 事前に、郵便局の営業時間を調べた上で、交換しにいきましょう。 交換手数料 書き損じた年賀状はがきを交換する場合、 1枚あたり5円の手数料がかかります。 1枚あたり5円チョコを1個我慢するだけで新しい年賀はがきと交換できちゃうなんて、こんな素晴らしいことはありませんね! 交換期間 書き損じた年賀状を、新品の年賀状と交換できる期間は、 郵便局で年賀状を販売している期間になります。 ちなみに今年、2019年の年賀状販売期間は、 2019 年 11 月 1 日(金)~2020 年 1 月 10 日(金) となっています。 その他知っておきたいこと 気になっている人も多いかもしれませんが、年賀状の払い戻し(返金)について。 書き損じた年賀状は、交換することはできますが、 残念ながら払い戻し(返金)することはできません。 どうしてもお金で戻したい!何がなんでもお金にするんじゃ! という方は、 後述の「金券ショップで現金化も可能」をお読みくださいね。 また、年賀状を交換する際1点注意点が。 はがきの表面(宛名を書く方)の左上に、「68円」と金額が書いている切手のようなものが印刷されていますよね。 これ、「料額印面」といって、切手と同じ効力を持っているのですが、この 料額印面を汚してしまうと、交換ができなくなってしまいます。 ここがはがきの料額印面。 ここを破ってしまったり、プリンターやペンのインクで汚してしまったら・・・ やっちまったな!そいつはアウトだ! 喪中、服喪になってしまった場合 年賀状を出そうと思ったら、親類に不幸があり、年賀状が出せなくなった場合は、郵便局の窓口にてその旨を伝えることで、 既に印刷・書き込み済みのはがきでも、無料で新品のはがきや切手と交換することができます。 手数料はかかりません。 その際、郵便局の窓口にて、請求者の氏名、住所、亡くなられた親類の方との続柄を書面に書く必要があります。 未使用の年賀はがきでお年玉が当選した場合 未使用だったり、書き損じた年賀はがきなど、自分で買った年賀はがきであっても、 お年玉に当選した場合は、通常通り賞品と交換することができます。 ちなみに、2019年のお年玉商品や当選本数、日程などはこちら。 抽選日:2020年1月19日 日 等級 当選番号 賞品 当選本数 特賞 未定 東京2020オリンピックご招待 (開会式又は閉会式ペアチケット) 4本 (開会式・閉会式各2本) 特賞 未定 東京2020オリンピックご招待 (競技観戦ペアチケット) 1,000万本に1本 1等 下6桁 現金30万円又は電子マネー31万円分 100万本に1本 2等 下4桁 ふるさと小包など 1万本に1本 3等 下2桁 お年玉切手シート 100本に3本 今年も昨年に引き続き1等、2等、3等に加えて東京オリンピックへの招待券があったり、1等では現金30万円だけでなく電子マネーならプラス1万円になるのですね。 使わなくなった年賀はがきや書き損じた年賀はがきが当たっていた! なんてことは、人間万事塞翁が馬。 よくあることなのです。 なので、年を越して余った年賀はがきや、書き損じた年賀はがきで、交換しなかったものは、お年玉抽選までは、 大切にとっておきましょう。 その他の活用方法 書き損じはがきは寄付できる 書き損じた年賀状はがきは、 日本ユニセフ協会、公益社団法人日本ユネスコ、その他さまざまなNPO法人などに寄付することができます。 書き損じはがきが、お金や切手に交換され、募金としてや活動の通信費(郵送料)として利用される仕組みができているのです。 交換する必要がないという場合は、寄付を通じて社会貢献するというのも良いですね。 金券ショップなどで現金化も可能 書き損じた年賀はがきは、手数料を払えば交換はできるが、払い戻しはできないとのこと。 どうしてもお金に換えたい!お金が好き!お金、お金!という方には厳しい条件となっています。 ですが、実はハガキは金券ショップで買い取ってもらえるのです。 書き損じたハガキも売れます! 買い取り相場は、買い取る金券ショップにもよりますが、 30円~40円ほどです。 お金が好きとか関係なく、はがきや切手と交換してもあまり使い道がないという方は、金券ショップを活用するのが一番得策だと言えますね。 年賀状、印刷するならチップスで! いかがでしたか?年賀状、書き間違えないに越したことはないですが、もし書き損じてしまった場合でも、 交換したり、寄付したり、換金することができるので、捨てずにとっておきましょう。 そして、年賀状って、とにかくインクを使いまくりますよね。 年賀状シーズンに向けて、あなたもインクの準備をしませんか? 関連記事• こんにちは! 雑誌のように見開きで資料を印刷する為に、両面印刷したら裏面がひっくりかえってしまった!という事がたまに?あると思います。 先日、私もマニュアル作成の為に両面印刷したら逆さまで印刷されてしまい、結構な印刷枚数だったのですが、紙を... 記念の写真を印刷したものや、会社の提出物でもそうですが、自分以外の他の人に渡す印刷物がにじんでいたら、渡すのをためらってしまいませんか?やや、ずぼらなところがあると自覚がある私でさえ、「う~ん」と考えてしまうことがあります。 家でプリンターを使う機会って、実はそんなにないという家庭は多いです。 そんななか、プリンターが大活躍する時期があります。 それが、年賀状の準備に忙しくなる冬ですね。 プリンターは毎年各メーカーから新モデルが誕生していて、特に9月頃に... 「1枚50円の頃の年賀状が懐かしい」と思っていませんか?2020年用の年賀はがきは増税により63円となり、特に大量の年賀状を作成する人にとっては年末の大きな出費にもなり得る年賀状、なんとかコスト控えめに作成したい... ソーシャルメディア 個人情報について お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・お名前・メールアドレスなど)を利用するにあたっては、利用目的の範囲内でのみ利用することとし、その目的の範囲を超えた利用はいたしません。 尚、お客様へ商品やサービスを提供する等の業務遂行上、個人情報の一部を外部の委託先へ提供する場合があります。 その場合、業務委託先が適切に個人情報を取り扱うように管理いたします。 営業時間:10:00~17:00 営業日はカレンダーをご参照ください.

次の