下 の 血圧 を 下げる。 血圧は自力で下げられる!?女性の更年期と高血圧の関係

下の血圧を下げる方法とは?血管の負担を減らす4つの鍵!

下 の 血圧 を 下げる

加齢とともにジワジワと血圧が上がってくるのは自然なこと。 そのような高血圧の場合は、簡単な運動をすれば下がりますから、薬を飲む必要はありません! ……という記事()を以前に掲載させていただきましたが、今回は女性ならではの高血圧についてお伝えしたいと思います。 伺ったのは(講談社)の著者・加藤雅俊先生です。 痩せている女性ほど高血圧になりやすい! 高血圧というと太った男性のもので、痩せている人は低血圧ぎみ、というイメージを持ってはいませんか? とくに女性は男性よりも痩せている場合が多いので、「高血圧にはならないだろう」と根拠なく思っている人も少なくありません。 が、実は痩せている人ほど高血圧になりやすいのです! なぜなら、筋肉量が少ないからです。 血液は、心臓のポンプ力によって全身に運ばれています。 様々な要因で血液の流れが悪くなれば、当然心臓はより強いポンプ力を必要とするようになり、血圧は高くなっていきます。 ですが血液は、心臓だけの力で全身の隅々まで送り届けられているわけではありません。 心臓から遠い場所になると、当然血流は弱まります。 そこで心臓のポンプの補助係を務めているのが、筋肉です。 足が「第二の心臓」と言われるのはそういうわけなのです。 痩せている人は筋肉量が少ない場合が多いので、心臓を助ける力が弱く、その結果、心臓は非常に強いポンプ力を必要とし、血圧が高くなります。 更年期と高血圧の関係って? 女性の場合、更年期の時期に血圧が高くなるということがありますが、これはホルモンの作用によるものです。 女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、だいたい25〜38日周期で、それぞれのホルモン分泌を繰り返しています。 閉経が近くなる更年期に差しかかると、このうち卵胞ホルモンの分泌が急激に減少します。 すると脳は卵胞ホルモンを分泌させようと、体に一生懸命指令を発します。 その結果、自律神経が乱れ様々な不調が起こる……というのが更年期です。 その更年期の症状として代表的なものに、ホットフラッシュ(のぼせ)があります。 のぼせるということは、体温が上がり血流もアップしていますから、心臓も激しく血液を押し出しているということ。 当然、血圧は高くなります。 そのため更年期の頃は高血圧になりやすいのですが、これはホルモン分泌の乱れによる一時的なもの。 ホルモン分泌の減少に体が慣れてしまえば、ホットフラッシュも治まりますから、血圧も自然と元に戻っていくでしょう。 過度に心配する必要はありませんし、ましてや薬で血圧を下げるなんてもってのほかです! とはいえ、いくら更年期だからといっても、血圧は高くないに越したことはありません。 そこで更年期に効くツボ押しをご紹介しますので、お悩みの方はぜひ試してみてください。 なお、このツボは、激しい怒りを抑えて自律神経を整えるツボでもあるので、イライラしがちの方にもおすすめです。 ツボに親指を当て、人差し指の骨の下に潜り込ませ るように押し上げてグッと圧をかけます。 5秒間、徐々に圧を強くしていくのがポイント。 その後、5秒かけて徐々に力を抜いていきます。 これを左右5回繰り返して。 私の著書(講談社)には、他にも胃腸などの消化器の不調に効くツボ押しや、クヨクヨしたときに効くツボ押しなども紹介していますので、気になる方はご覧ください。 閉経後は筋肉量を増やすためにも降圧体操を! 先ほど更年期による高血圧はあまり気にしなくても良い、と解説したのですが、運動はぜひおこなうようにしてほしいと思います。 というのも閉経後は、筋肉量がガクンと減るからです。 そのため慢性的に血圧が上がりやすい状態になるのです。 また閉経後は卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌も大幅に減ります。 エストロゲンは妊娠のための準備をしてくれるホルモンである以外に、肌や髪にうるおいを与えてくれ、骨も丈夫にしてくれます。 それだけでなく、エストロゲンは血管若返り物質であるNO(一酸化窒素)の分泌を増やしてくれる作用もあるのです。 このことからも、閉経後の女性は血圧が高くなりやすいということが言えるでしょう。 そこでぜひ、以前こちらでご紹介したを毎日おこなっていただき、減ってしまった筋肉量を補ってほしいと思います。 何より、閉経後は「生理」というサインを失うことで、体の不調に気づきにくくなってしまいます。 女性はこれまで、体のどこかに不調があると、生理のリズムや状態が狂うことで「体が休みたがっているよ!」と教えてもらっていました。 閉経というのは、そのサインが消えてしまうということ。 変わりに体調の変化を教えてくれるのが、血圧というわけです。 ぜひ体調管理のためにも、降圧体操をおこないつつ、毎日血圧をチェックしてほしいと思います。 加藤 雅俊(カトウ マサトシ) 薬剤師、体内環境師、薬学予防医療家、ミッツ・エンタープライズ 株 代表取締役社長、JHT日本ホリスティックセラピー協会会長、JHT日本ホリスティックセラピストアカデミー校長。 大学卒業後、ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社に入社。 研究所 現在:中外製薬研究所 にて、血液関連の開発研究に携わる。 プロダクトマネージャー就任後、全国の病院を見て回るなかで、医療現場の問題点に気づく。 「心と体の両方」をみるサロンやセラピスト養成のためのアカデミーを展開。 現在、自ら指導する健康セミナーやストレッチ教室、講演会などを精力的に行いながら、テレビ・雑誌等にも出演。 モデルや女優の体内環境のケア、プロ野球チームやプロアスリートのコンディショニングケアも担当する。 著書に『』 日本文芸社 、『』 アチーブメント出版 など多数。

次の

血圧を下げるツボ【耳・手・足】7個所の押すポイント

下 の 血圧 を 下げる

年齢とともに高くなっていく血圧。 健康診断でひっかかり、病院に行ったところ血圧を下げる薬を処方され、飲み始めたら下がったので一安心……。 とはいえ、「薬をやめたらまた上がるのでは?」という悩みを抱えている人は多いでしょう。 そんな疑問に、「薬はいらない。 血圧は簡単な体操ですぐに下がります!」と答えてくれるのが薬剤師で予防医学の第一人者、加藤雅俊氏。 新刊では、簡単な降圧体操を紹介するとともに、薬を飲み続けることの危険性についても警鐘を鳴らしています。 加藤氏に話を聞きました。 薬で血圧を下げるリスク 現在、推定4300万人いるとされる日本の高血圧患者。 その中の多くの人が「このまま放っておくと動脈硬化が進行しますよ」などと言われ、血圧を下げる薬を飲んでいます。 でも実は、その薬を飲むこと自体が危険なことだとしたら……? そもそも、私たちの血圧はなぜ高くなっていくのでしょう? その原因の大半は、加齢や運動不足により血管が硬くなっていくことにあります。 血管が硬くなれば、血液が流れるときに血管が広がりにくくなりますから、当然、血管壁にかかる圧力が高くなります。 photo by iStock それなのに、病気を探らずに降圧剤を飲んだらどうなるでしょう? 血圧の数値は下がりますが、当然、病気は進行していきます。 よく高血圧を抱えていた人が、突然倒れて亡くなることがあります。 このとき医者は、「高血圧が原因です」と言いますが、それはまったくの反対。 病気があるから高血圧だったのです。 つまり、高血圧は自分の体からの大事なサイン。 降圧剤を飲むことはそのサインを無理矢理消すという行為で、本当はとても怖いことなのです。 また、血圧の薬を飲むことは、体が発しているサインを消してしまう以外にも危険があります。 なぜなら、血圧を下げる薬というのは、同時に、血流を悪くする薬でもあるからです。 血液の運搬量を減らしてしまえば、全身に十分な栄養が行きわたらなくなってしまいます。 ですから、血圧の薬を飲んでいる人は、白内障や緑内障といった目の病気を発症することも多く、また脳への栄養も減ってしまうため、認知症を発症する可能性も高まるのです。 もちろん、血圧の薬を飲んでいる方に、「今すぐ薬をやめてください」と言うつもりはありません。 ただ、加齢や運動不足が原因の高血圧の方は、これからご紹介する体操で血圧を下げ、最終的に薬を卒業していただきたいと思うのです。

次の

血圧で下が高いなら下げる方法5つを試してみて!

下 の 血圧 を 下げる

血圧は心臓から送り出される血液量(拍出量)と末梢血管抵抗の積であらわされます。 拍出される血液量が多いほど、また、末梢血管抵抗が高いほど、高くなります。 血圧には上と下とがあります。 上の血圧は心臓が収縮して、血液を送り出したときの圧なので、収縮期血圧といい、下の血圧は拡張期血圧といいます。 心臓が収縮していないのに、血圧があるのは、収縮期に心臓から送り出された血液はすべてが末梢に送られるのではなく、心臓に近い大動脈にも貯留し、これが拡張期に末梢に送られて血圧を形成するからです。 動脈硬化が進行した状態では、大動脈の伸展性が小さく、ここに貯留される血液量が少なくなるので、収縮期血圧は高く、拡張期血圧は低くなります。 動脈硬化のない若い人の場合には収縮期に大動脈に十分な血液が貯留されて、拡張期に送られる血液量は増えるので、拡張期血圧は維持されます。 以上のことから、拡張期血圧だけが高くなる場合には、血管抵抗が高く、心臓から拍出される血液量が小さくなっている一方で、大動脈はよく拡げられて、拡張期に送られる血液量は減少していない、というような状態なのかも知れない、と考えることになります。 なお、日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインでは、「収縮期高血圧と拡張期高血圧はそれぞれが独立したリスクである」としています。 上の血圧、下の血圧、どちらにしても、高いときにはまずは生活習慣の見直しに注意することが大事でしょう。

次の