芦田 愛菜 着物。 芦田愛菜 祝辞で着た「100年前の着物」の秘密

芦田愛菜さんと同じ着物を成人式で着たい

芦田 愛菜 着物

美しい着物も目を引いた(写真/JMPA 11月9日に行われた「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」での女優・芦田愛菜の祝辞は、「15歳とは思えない言葉選び」と感嘆の声が上がった。 「謹んで申し上げます。 その内容とともに注目されたのは、彼女の凜としたたたずまい、そして美しい着物姿だった。 写真のように、御祝いの場にふさわしい上品な装いで登場した芦田。 実はこの振り袖は、約100年前に制作されたアンティーク。 着物を提供した老舗呉服店・鈴乃屋の担当者によると、昭和初期に作られたもので、染め・織り・刺繍をふんだんに使用し、刺繍の縁取りや色合いも微妙に変化させるなど手間暇かけて制作されており、100年ほど前から一度も袖を通していない、まさしく「門外不出」の振袖だという。 生成り(きなり)色に、「紗綾型」という文様に菊をあしらった「本紋」(ほんもん)と呼ばれる地紋。 この紗綾型とは、「卍」を斜めにして連続的につなげた文様で、「家の繁栄」や「不断長久」「永遠」「長寿」を意味しており、特に武家に好まれた。 光や見る角度によって陰影がつき、品格ある雰囲気を醸し出す。 前出の担当者によると、「きものの柄である菊の花は、花弁を手刺繍・縁を金駒刺繍(きんこまししゅう)で施し、豪華さを醸し出しています。 また、全体的に匹田絞りと桶絞りでボリューム感を表現、朱色と緑の配色で、品のある色合いの中にも冴える印象を与えるものになっています」という。 帯には格調高い「斜子織」の技法が(写真/JMPA•

次の

芦田愛菜 神田うの 二人の着物姿の比較

芦田 愛菜 着物

国民祭典での芦田愛菜さん その着物自体も100年前の格式高い品だとか… 実はこの振り袖は、約100年前に制作されたアンティーク。 着物を提供した老舗呉服店・鈴乃屋の担当者によると、昭和初期に作られたもので、染め・織り・刺繍をふんだんに使用し、刺繍の縁取りや色合いも微妙に変化させるなど手間暇かけて制作されており、100年ほど前から一度も袖を通していない、まさしく「門外不出」の振袖だという。 NEWSポストセブン 着物の柄は 「紗綾型」という文様 があしらわれており、これは 「家の繁栄」や「不断長久」「永遠」「長寿」を意味 するのだそう。 すごい着物なんですね。 そしてその着物に合わせた帯も 『菱型正倉院文様』(ひしがたしょうそういんもんよう)」を施しており、日本の古典模様としては最古であり、格調高い文様として位置づけられるものだそうです。 天皇陛下の即位をお祝いする祭典にふさわしい、核の高い装いなんですね。 そして、着物に負けないくらい、髪を結い、凛とした表情で祝辞を読み上げる姿は、その美しい着物でより引き立ち、上品な可憐さに目を奪われました。 親戚の子でもみるように、「あの愛菜ちゃんがこんなに立派になって…」と涙がこぼれるようでした。 神田うの お茶会での着物姿 同じ着物姿でもネット上で酷評されている方もいます。 タレントの神田うのさんです。 神田さんは自身のインスタグラムにお茶会に参加した際の着物姿をアップしましたが、そのいでたちが酷評されているのです。 記事によると…、 友人で女優のさんがデザインしたという、紫の生地にワインのボトル柄が描かれた着物を着用していました。 さらに、 大ぶりの目立つ黒いヘッドアクセサリーをつけています。 instagram. 繊細なデザインの物もあるし、抹茶碗1つにしても落とさぬよう姿勢を低くして景色を拝見するほど、会席者は神経を遣うもので、お菓子にも気を配り、色合いや季節感を大切に選びます。 だからこそ、落ちて道具に傷をつけてしまうかもしれない大きなヘッドドレスや長い爪が場にそぐわない、と批判を浴びたのではないでしょうか。 着物も素敵だし、着こなしもおしゃれなんでしょうけど、装いにはTPOを考えるべき、ということなのでしょう。 芦田愛菜 神田うの 着物姿の比較 ネット上では以下のようなコメントがみられました。 「芦田愛菜さんの和服が美しかった事は間違いありません。 華美すぎず、でも若々しさのなかに品もあり。 とてもお似合いでした。 「お嬢さんの上品とはこれですよ!」って見本となる様な和服姿でした。 神田うのさんは、TPOがね。。。 この和服でパーティーに出席と言うのなら、個性的で華やかで良いのでは?と思いますが、茶会に参加ですよね?金箔の茶室でやるのですか?って聞きたくなる格好ですね。 茶会の席でご一緒したら、ビックリしてしまいそうです。 」 「どのような場でも自分らしくあるのは、彼女のような仕事なら大切な事でしょう。 でも、お嬢さんをお連れで行くなら、その場にふさわしい装いがどのようなものか、どのような意味合いの場なのか等をともに学び教えてあげる良いチャンスだったのに。 子供と行動を共にする時でさえ自分を中心にしている事があからさまになってしまいましたね。 習ってもいない子供が、学生主催とはいえ茶会に同席できるなんて非日常の体験でしょうに。 お子さんはあなたの人生の付属品では無いと申し上げたい。 」 とまぁ、こんな感じです。 同じ着物といっても、着るシチュエーションも違えば、年齢も違う。 ひとくくりに比較はできませんが、お祝いの場にふさわしい格式高い着物で凛としたたたずまいを見せた芦田さんと、おしゃれだけどお茶会という場にそぐわないいでたちで不評を買った神田さん。 対照的な二人の装いです。

次の

芦田愛菜|祝辞での着物の値段・ブランドは?祝辞にも賛辞の声!|トニーのお部屋

芦田 愛菜 着物

皇后・雅子さまの涙を誘った嵐のパフォーマンスはもとより、「御祝いの言葉」を読んだ芦田愛菜も多いに話題をさらった。 昭和初期に製作されたというアンティークの振り袖を身にまとい、3万人の観衆が見守るステージに立ち、「謹んで申し上げます。 天皇陛下御即位にあたり、心よりお祝いを申し上げます」。 よく通る声で切り出すと、「古くから日本に伝わる文化を大切にしつつ、あたらしい日本へと躍進していく、そんな時代になっていくことを、切に願っております」などと約2分半、よどみなく読み上げた。 その凛(りん)とした振る舞いに観衆はもちろん、中継を視聴した国民から、「さすが芦田プロ!」との声が上がった。 「芦田プロ」は、子役とは思えない演技の達者ぶりにつけられた芦田の異名だが、まさに面目躍如といったところだろう。 「芦田は、令和を迎えた5月1日のNHK特番にもゲスト出演しています。 知性と清潔感を持ち合わせた、新時代を象徴する若い世代の代表という意味では、代えがたい存在でした」(芸能プロ関係者) 世紀の大舞台で、天才子役として名をはせた貫禄を見せつけた格好となったが、一部では「愛菜ちゃんは今後どうなってしまうのか」という、心配に近い声が上がっている。 芦田は、2010年の日本テレビ『Mother』で当時6歳にして驚愕(きょうがく)の演技力でブレイク。 2011年のフジテレビ『マルモのおきて』では、鈴木福とのコンビで高視聴率を獲得。 福君と歌った主題歌『マル・マル・モリ・モリ! 』は、オリコンチャートで週間2位まで上りつめる大ヒットになり、この年のNHK紅白歌合戦にも出場。 さらに2013年にはハリウッド映画『パシフィック・リム』で世界デビューまでしてしまった。 子役としてなしうるすべての快挙を達成してしまった芦田が、次に挑んだのが、なんと中学受験だった。 6年生の夏前からすべての仕事を休み、受験勉強に専念。 1日12時間の猛勉強の末に、見事に桜を咲かせた。 「女子の御三家といわれる最難関校のひとつに合格しました。 しかし、この学校は芸能活動を禁止していることもあり、 進学したのは最高峰私大の付属といわれています。 募集人数が少ないため、女子では首都圏最高の偏差値を誇る学校です。 エスカレーターで大学まで進学できるため、芸能活動にも支障がないと判断したのでしょう」(スポーツ紙芸能担当記者) 所属事務所は当初、中学受験合格などの情報を明かすことに消極的だったという。 しかし、一部スポーツ新聞がすっぱ抜き表ざたになったことで一気に方針転換。 通っていた塾のCMに出演したのをはじめ、知性を全面に押し出した芸能活動を開始することになる。 その結果、女優以外のオファーが殺到。 今年7月には読書歴を明かした著書『まなの本棚』を出版。 テレビでは、日本テレビ『24時間テレビ』のサポーターを務め、現在レギュラー出演するテレビ朝日『サンドウィッチマンと芦田愛菜の博士ちゃん』も授業をモチーフにした知的バラエティーだ。 芦田愛菜、現在女優業より声優中心の状況 知性派タレントとしての地位を確立した一方で、女優業は、というと、中学進学後、滞っている。 演技に取り組んだのは昨年、NHKBSプレミアムで放送された「花へんろ 特別編」くらい。 それ以外では、NHK連続テレビ小説『まんぷく』のナレーションや映画『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』(2018年)や映画『海獣の子供』(2019年)での声優など、声の仕事が中心というのが現状だ。 「知名度や演技力が抜群なのはわかっているのですが、天才子役で、勉強もできて……というイメージが固定されすぎて、正直、普通の中学生の役はキャスティングしづらいですよね」(芸能プロ関係者) それに加えて、今回の『国民祭典』での完璧なパフォーマンス。 前述の関係者は 「そうなると、なおさら役が限定されてしまう。 高校生にもなれば、ラブストーリーが中心になってくるはずですが、愛菜ちゃんに恋する女子高生を演じさせられるか……」と首をひねっていた。 「御祝いの言葉」では「私も大好きな読書を通じ、知識を得ること、そしてその知識を踏まえて、行動に移す、その事が大切であるのではないかと考えるようになりました。 陛下の御心を受け、どんなことでも思い立ったことは迷わず実行できるようになりたい、そう思っております」と誓った芦田。 今後、どんな活動をしていくのか。 興味は尽きないが。

次の