ホロ ライブ ランキング。 ホロライブプロダクション公式サイト

現在ホロライブの登録者数のトップである白上フブキさんはなんで一日で1...

ホロ ライブ ランキング

『ノンストップ・ストーリー』」実施!超満員の豊洲PITで示した「ノンストップ・ストーリー」というメッセージを紐解く! 2020年1月24日 金 、豊洲PITでVTuber事務所「ホロライブプロダクション」内VTuberグループ「ホロライブ」が初のグループ全体ライブ「hololive 1st Fes. 『ノンストップ・ストーリー』」を開催した。 今回のライブでは総勢23名が舞台へと上がった。 VTuberシーンにおける事務所全体イベントとしては、過去最多のタレント出演数だ。 今では個性的なメンバーが数多く所属するホロライブだが、所属タレントのときのそらが活動を始めた2017年では、ときのそら、裏方の友人A、マスコットキャラクターあん肝のわずか3名でのスタートだったという事実を覚えているだろうか。 ときのそら活動当初はVTuber四天王という偉大な存在の影に隠れてしまい、ある意味なかなか陽を浴びることが難しい時代でもあった。 そんな中、ときのそらは器用とはいえないものの愛くるしい振る舞いと正統派アイドルらしいひたむきな歌とダンスを武器に徐々に人気を獲得していく。 そんな彼女の元に魅力的なメンバーが続々と吸い寄せられ、シーンを引っ張るグループとして成長していった。 今回のライブは、何をしたか、ということよりも、そもそも実現できたこと自体に大きな意味を持つライブだろう。 これから23名のホロライブメンバーが超満員の豊洲PITで示した「ノンストップ・ストーリー」というメッセージを紐解いていこうと思う。 ホロライブ23名:『Shiny Smily Story』 目の前に現れたのは総勢23名のメンバーが並ぶ絶景だった。 ホロライブ初の全体曲『Shiny Smily Story』のイントロが流れるのと同時に、豊洲PITがペンライトの光に包まれる。 彼女たちから見える景色も、また絶景だったに違いない。 23名、時代を象徴するようなアイドルの立ち振る舞いに、会場からは全力のコールが鳴り響いた。 今回のライブでは、彼女の潜在的なアイドル要素が全面に押し出されたパフォーマンスを披露し、筆者はある種のギャップと安定感を感じた。 兎田ぺこら:『fancy baby doll』 続いて登場したのは、3期生として2019年7月より活動を開始した兎田ぺこら。 「世界一可愛いよ!」のコールが豊洲の会場に鳴り響いた。 持ち前の明るさで会場を煽りながら、堂々たるパフォーマンスは圧倒的だった。 全力でパフォーマンスをする姿に、会場も全力のコールで応える光景は、まさにアイドルそのものだった。 癒月ちょこ:『おじゃま虫』 1期生、3期生と続いたら、今度は2期生のターン。 2期生としてデビューした癒月ちょこのパフォーマンスは、持ち前のセクシーさを発揮しながらも、可愛いらしさが見え隠れするような立ち振る舞い。 活動当初から活発な配信活動と大人っぽさを武器に、ホロライブを支えてきた彼女のパフォーマンスには絶対的な安心感を感じた。 ロボ子さん:『はなびら』 ときのそらと共に長年ホロライブを支えてきたロボ子さんのパフォーマンスは、これまでのアップテンポなアイドル的な流れをガラッと変えるものだった。 ピアノの前奏から、ロボ子さんの儚い歌声が会場に鳴り響く。 会場の空気をバラードソングが包みこむ……これこそがロボ子さんの真骨頂であり、これでなくてはダメなのだ。 会場は幸福感に満ち溢れていた。 大神ミオ『夜もすがら君想ふ』 「サイリウム綺麗!!」とイントロと同時に大舞台を縦横無尽に走り回ったのは、ホロライブゲーマーズの大神ミオだ。 ポップロックなナンバーに手拍子が鳴り響くと、細かい煽りを入れながら力強い歌声が会場を駆け抜けた。 白上フブキと一緒にホロライブゲーマーズを引っ張ってきた彼女だが、歌に対する情熱も高い。 そんな思いが詰め込まれたパフォーマンスだった。 絶妙なアイドルらしい選曲と、愛くるしいパフォーマンスからは、普段の『ポンコツ』さを感じさせない、100%のアイドルの姿がそこにあった。 ステージ上を全力で移動する姿は、どこか余裕を感じさせつつも、彼女らしいがむしゃらさも感じられて、会場は終始掛け声と全力のコールが鳴り響いていた。 MCに登場したのは、ときのそらとロボ子さん。 ホロライブを長年引っ張ってきた2人のMCはかなり感慨深い。 お決まりのコールアンドレスポンスと、ネット配信を見ているファンに向けて感謝の気持ちを伝えていた。 戌神ころね:『こちら、幸福安心委員会です。 』 ソロパート2部の始まりは、戌神ころねがこれまでのアイドル的なイメージを打ち破るパフォーマンスでスタート。 見た目とは裏腹に独特な世界観をもつ戌神ころねだからこその選曲だろう。 この大舞台でこの選曲、それであってぴょんぴょんと飛び上がり可愛いらしさも全力に感じ取れるパフォーマンスはさすがとしか言いようがない。 潤羽るしあ:『13』 3期生から潤羽るしあが登場。 人前に出ることが苦手なイメージなんて1ミリも感じさせない堂々たるパフォーマンスは圧巻だった。 戌神ころねに続いて、独特な世界観が会場を包むと、潤羽るしあの儚い歌声が妙にマッチした世界観で思わず聞き惚れてしまう。 自身に合った世界観を上手く演出していた。 星街すいせい:『天球、彗星は夜を跨いで』 登場と同時に大歓声が上がった。 この日初の3D披露となった星街すいせいの姿に、もはや3Dというコンテンツの領域を超えた感動が突き刺さる。 彼女ほどこのライブに大きなバックボーンを持ち合わせているメンバーはいないだろう。 個人勢からホロライブ所属となった彼女は、持ち前の歌唱力を披露。 活動初期から活動を見守ってきたファンには感慨深い光景だったに違いない。 赤井はあと:『私、アイドル宣言』 「みんなー!いっくわよー!」の掛け声から再びアイドルらしい雰囲気が会場を包んだ。 赤井はあとも1期生として長年ホロライブを支えてきた一人だ。 知的で生意気な後輩キャラが特徴的な彼女が、持ち前の元気良さで、全力のパフォーマンスを披露してくれた。 猫又おかゆ:『惑星ループ』 ホロライブゲーマーズから猫又おかゆが登場。 自由気ままの範疇を超えた、自由すぎる立ち振る舞いに、グループ内をかき回す愛されキャラである彼女も、ライブではしっかりと歌い上げ会場を盛り上げていた。 くるくる回るペンライトと、ノリノリに会場を煽りながら、最後には「さらばー!」とまさに猫又おかゆらしく風のように去っていく姿が印象的だった。 大空スバル:『金曜日のおはよう』 普段はツッコミ役でありいじられ役であり、地獄の企画で目立つことが多い大空スバルだが、アイドルになりたいという側面が全力で押し出されたパフォーマンスを披露してくれた。 持ち前の元気の良さと掛け声で会場を盛り上げていく。 「まだまだ盛り上がっていくぞー!」とこの日は完全にアイドルの大空スバルを見ることができた。 2部終わりのMCパートには、白上フブキ、大神ミオ、夏色まつり、宝鐘マリンの4人が登場した。 3期生の宝鐘マリンはこのタイミング3D初披露、トーク内ではちゃんとソロパートで3D初披露となった星街すいせいにも触れたり、各メンバーのパフォーマンスの裏で泣いていたなど、裏話を中心にトークが展開された。 最後は宝鐘マリンの「出航〜!」でMCパートが終了した。 AZKi:『without U』 イノナカミュージック所属として、音楽活動をメインに活動を行ってきたAZKiが登場。 活動におけるアンセム曲の1つとしてファンからは熱い支持を得ている楽曲ではあるが、この日のAZKiは、ホロライブの一員として、グループのピースの1つとしてライブを盛り上げていた。 赤いペンライトが会場を覆い尽くし、「君がいるから」の歌い出しからシンガロングが起こっている様子が印象的だった。 百鬼あやめ『千本桜』 「今日は全力で楽しんでいってくれな〜!」そういって『千本桜』を歌い上げたのはホロライブ2期生の百鬼あやめだ。 ゲーム実況をメインに、歌動画も投稿を行ってきた百鬼あやめは、鋭く大人っぽい歌声が魅力的だ。 今回のライブでもかっこいい歌声が際立つパフォーマンスで会場を盛り上げていた。 AZKiの時同様、赤いペンライトを左右に振って会場全体の一体感が感じ取れた。 宝鐘マリン『Lost my music』 MCパートでも登場した宝鐘マリンといえば、独特のワードセンスとノリで3期生のやべーやつと言われることが多いが、独自の感性を活かした活動とポテンシャルの高さが特徴的だ。 この大舞台でも堂々のパフォーマンスを披露。 彼女の歌は、とにかく声が通るのだ。 3000人のキャパを誇る豊洲PITの中心で元気一杯の歌声が響きまくった。 アキ・ローゼンタール『シャ・ル・イース』 アキロゼは、故郷エルフの国の伝承歌 オリジナル曲 である『シャ・ル・イース』を披露。 神秘的なまさに伝承歌らしい楽曲は、アキロゼでしか表現できないパフォーマンス。 踊ることが好きな彼女の少しコンテンポラリーな動きでステージ上を揺れ動く姿が印象的で、生で聴く透き通る歌声に感動してしまった。 白銀ノエル『太陽系デスコ』 ファンからは団長と呼ばれ親しまれている彼女は、昔ときのそらが歌ってみたを投稿し、絶大な支持を集めた『太陽系デスコ』を披露。 彼女自身思い入れ深い楽曲だったそうで、元気溢れるパフォーマンスで会場に活気を注入するかのような歌声が響き渡っていた。 小さい頃から歌うことが苦手と語っていた白銀ノエルだが、そんなことは一切感じさせない堂々たるパフォーマンスだった。 白上フブキ『Say! ファンファーレ! 』 2019年7月に単独イベントを開催し、名実ともにホロライブを引っ張る存在として活躍する白上フブキがソロパート3部のトリとして登場した。 『Say! ファンファーレ! 』はアップテンポなノリと、ファンとの掛け声が気持ちいい楽曲である。 彼女の最大の武器でもある、全力で楽しむ姿勢がこの日のライブでも存分に見て取ることができた最高のパフォーマンスを披露した。 兎田ぺこらとさくらみこがMCパートに登場。 会場の熱気に驚きつつも、ファンの体調を心配しつつ、軽快なトークが展開された。 コールアンドレスポンスで会場の一体感を感じ、途中機材トラブルによるアクシデントに見舞われるが、お決まりの「YAGOO! コール」が巻き起こった。 半ば強引にファンが場をつなぐ光景は、以前白上フブキの単独ライブでも起きた現象だった。 まさにデジャブ。 紫咲シオン『Booo!』 ソロパートも終盤戦、紫咲シオンは、聴いているだけで歌うことが好きなんだなと感じさせる元気一杯のパフォーマンスが印象的だった。 「そろそろ疲れてきたんじゃないのー?」と、紫咲シオンらしい立ち振る舞いで、可憐な歌声が会場を包む。 まだまだ終わらせないライブへの思いをぶつけるようなパフォーマンスにさらに会場はヒートアップしていた。 不知火フレア:『天ノ弱』 この日3D初披露となった不知火フレアが登場。 もともと、歌唱力の高い彼女に3Dの体が備わったことにより、パフォーマンスに拍車がかかっていたことは一目瞭然だった。 軽快なロックナンバーをここまでかっこよく歌えるのは、グループ内では彼女の他いないだろう。 圧倒的個性とポテンシャルが輝くパフォーマンスは圧巻だった。 そんな彼女はパフォーマンス力も格段と高く、欲しいところに絶妙に煽りを入れていくスタイルで会場を盛り上げた。 夜空メル『ヒバナ』 夜空メルのパフォーマンスといえば、『ホロライブ オン ステージ -でいどり~む-』の記憶が新しい。 でいどり〜むの時は、可愛いらしいライブが印象的だったが、今回のライブでは違った。 かっこよさが際立つ選曲と勢いのある歌声で会場を沸かせた。 全力で歌い上げ、ファンを喜ばそうとする姿勢がガンガンに伝わるパフォーマンスが非常に印象深く、今回のライブでもそれが全面に伝わった。 ときのそら:『フレーフレーLOVE』 23名による盛大なソロパートの最後を締めくくるのは、ときのそらの他いないだろう。 初のソロライブで初披露した『フレーフレーLOVE』に磨きがかかったパフォーマンスと、アイドルらしい立ち振る舞いはさすがとしか言いようがない。 観客全体がペンライトを全力で振っている光景が印象的で、2019年に行われたソロライブ同様、ペンライトの真っ青な海のような光景が広がっていた。 MCパートに、大空スバルと百鬼あやめが登場。 お馴染みあやスバらしい仲の良さが際立つマシンガントークで、会場に活気をもたらしつつ、あっという間にMCパートが終了した。 メンバー同士のユニゾンだけではなく、この日3Dで初披露となる新衣装でのパフォーマンスも目玉だろう。 新衣装はこの日のライブの象徴でもあり、ホロライブメンバーがチームとして一体感を強くさせる要素、そして共に止まることのないこれからの躍進を象徴したアイテムと言っても過言ではない。 会場全体でのシンガロング、ペンライトも飛びっきり揺れ動いて、ソロも良かったが、この日だけのメンバーで歌われる楽曲の希少性がとにかく感慨深い。 ホロライブ1期生:『夢見る空へ』 この日、初めて発表されたホロライブの新たな全体楽曲『夢見る空へ』。 楽曲自体は、エモーショナルな雰囲気のTHEアイドルソング。 ホロライブを初期から支えてきた1期生によるお披露目ということもあって、色々と感慨深く、この日しか見れない最高のステージングはまさに絶景だった。 ホロライブ2期生:『五等分の気持ち』 ショートムービー『ホロぐら』の伏線を回収する形で、「五等分の花嫁」のオープニング曲である『五等分の気持ち』を2期生が披露した。 今までの活動の脈略を意識した選曲は、多くのコンテンツを生み出してきたホロライブならではの選曲。 本人たちもこういった場で伏線を回収できるとは夢にも思わなかっただろう。 ホロライブゲーマーズ:『新宝島』 ホロライブゲーマーズによる『新宝島』が披露された。 白上フブキが以前、3Dになって『新宝島』を踊ろうと色んなメンバーに呼びかけ、マイクラ内でもステージを作るなど色々と文脈のある選曲だ。 楽曲の素晴らしさと意外性、サビではファンも全力で一緒に声を張り上げて歌っている光景が印象的だった。 ホロライブ3期生:『CONNECTING』 デビューしてまだ日も浅い3期生ではあるが、個性的で個々のポテンシャルは非常に高い。 この日も多くの先輩たちに囲まれて、大舞台に上がった5人だが、この日披露した『CONNECTING』は、最高のシンクロとユニゾンを見せてくれた。 それぞれ自分たちの特色を発揮させながらパートを繋いでいく姿が印象的だった。 ときのそら・白上フブキ・湊あくあ:『気まぐれメルシィ』 ホロライブ創立からチームを引っ張り続けてきたときのそらと肩を並べ、白上フブキと湊あくあが同じ舞台に舞い降りた。 軽快なリズムで可愛らしい振り付けが印象的で、それぞれのソロパートもしっかり歌いこなしていた。 存在感が大きい3人だが、お互い打ち消し合うこともなく、この日じゃないと見れないようなユニゾンにまさにドリームユニットとして圧倒的なパフォーマンスを見ることができた。 ユニットパートが終了すると、劇場版ホロぐら『穢土転生』が上映され、それぞれが夢を語るパートが披露された。 23名同じ夢を語ることはなく、それぞれが何かしらの夢を持っていることが再認識することができた。 お互いの夢を叶えるために掲げられた言葉こそが『ノンストップ・ストーリー』であって、夢を叶えるためにはチームが走り続けなくてはいけないという意味合いが強いように感じた。 「最高の時間 最高の仲間と」という冒頭の歌詞がとにかく刺さる。 「一緒に行くよどこまでも」「開け夢の扉よ」といった、よりチームの団結力やこれからの躍進を感じさせるメッセージ性が強い楽曲だ。 大舞台に23名のメンバーが立つ姿はやはり絶景だった。 ライブ最後の曲というのは、最高に盛り上がるのと同時に、ライブが終わってしまう寂しさに襲われるが、この日不思議と寂しさを感じなかったのは、ホロライブはこれからも走り続けてくれるという安心感と、前を見続けている彼女たちの姿にこれほどにない充実感で胸がいっぱいになっていたからではなかろうか。 これから始まる夢への道しるべが見えた最高のライブだった。 2020年2月10日 月 まで何度でも視聴可。

次の

VTuber事務所「ホロライブ」、Live2Dモデルアップデートのお知らせ(2020年6月22日)|BIGLOBEニュース

ホロ ライブ ランキング

そんなカテゴリ。 VirtualYouTuber(VTuber)界隈も、激動の2019年を経て、色々と勢力図が塗り替えられている。 かつての四天王(キズナアイ、ミライアカリ、輝夜月、電脳少女シロ)やゲーム部プロジェクトは実質的なトップ オブ トップの座から滑り落ち、『にじさんじ』が暫定的な天下を取ったかに思われた。 GoogleのYouTubeアドセンス• 企業案件による報酬• 生放送による投げ銭• YouTubeチャンネルメンバーシップ• グッズ販売• 会員制(外部)ビジネス アドセンスに関してはブログと同じだ。 実はアカウントも共通になる。 収益化の審査はブログよりもずっと厳しい印象だ。 チャンネル登録者数1000人と年間4000時間以上の再生となっている。 ブログは単純にコンテンツの質のみをAIが判断するのだが、YouTuberはそうはいかない。 宣伝方法がない無名の新人には高いハードルだと思う。 でも、これをクリアできない程度では、YouTubeで稼ぐなんて夢のまた夢だ。 2番目の企業案件による報酬は、YouTubeアドセンスの収益化基準よりハードルは上がる。 登録者数1000人以下のチャンネルに企業が宣伝を依頼するとは思えない。 ジャンルによっては登録数1万人以下のマイナーチャンネルでも「安かったり」「現物支給のみ」だったりするが、依頼は来る模様。 場合によっては、1000人超えギリギリでも(当たり前だが良い条件は皆無で、時に詐欺めいた案件すら)あるらしい。 VTuberだとコラボ企画がメインなイメージである。 利用条件は登録者数3万人以上なので、一般人にとってはハードルが高い。 バッジや絵文字といった特典を支援者にサービスできる。 詳細はGoogleのヘルプを読めば分かる。 割と手抜きでスマン。 この辺は当記事における主旨ではないので割愛だ。 5番目のグッズ販売と6番目の外部ビジネスは読んで字のごとし。 イベントやったりオフ会や販売会やったりと、まあ、大雑把にそんな感じだ。 ハイ、前置きは終わり。 いわゆるスパチャ。 YouTuberが一般にも周知されている現在、投げ銭について知らない者は少数だと思う。 面倒なので説明は引用で済ませよう。 Super Chat と Super Stickers は、YouTube パートナー プログラムを通じてチャンネルで収益を得られる手段です。 この機能を有効にすると、視聴者が購入してチャット メッセージを目立たせることができます。 また、場合によってはチャット フィード上部に固定することもできます。 引用:YouTubeヘルプ 要するに生配信をやる際、視聴者(ファン)が配信者に投げ銭できる機能だ。 投げ銭する事によりユーザーは「自分は太客だ」と同じファン達へアピるのと同時に、自己満足という得難い利益をゲット可能というシステムである。 人生とは自己満足なり。 ユーザーローカルが提供するWEBサービス トップページは次のようになっている。 リンク: ライブ配信の予定表のほか、VTuberの「よく配信している時間帯・曜日」等のデータも提供している。 注目の新人VTuberや、VTuber界全体の最新の動きもリアルタイムに近い感覚で確認できたりするので、ファンにとっては非常にありがたいページだ。 まあ、ゲーム部プロジェクトは16位なのだが。 残りの3名もにじさんじだ。 でも、最高位で7位だったりする。 先に挙げた『VTuber十傑』でいうと宝鐘マリンが第八席、湊あくあが第七席、アンジュ・カトリーナが第四席だ。 2位と差がエグイ。 この堂々たる記録を叩き出したのは、現在、人気急上昇中のVTuber、桐生ココである。 『VTuber十傑』では第十席に名を連ねている(現時点ではまだまだ)新人だ。 ……はずなのだが、自身では所属について「指定ぼうりょく団ほろらいぶ」「闇組織」などとしている。 異世界出身のため母国語は日本語ではないが、高いレベルで日本語をマスターしており放送なども日本語主体で行われる。 漢字はまだ少し苦手な様子。 また「ケジメ」「みかじめ」等をはじめとした特定の業界の専門用語に明るい。 引用:ニコニコ大百科(仮) 引用先の一部の単語がGoogleさんのプライバシーポリシーに引っかからないか不安になるなぁ(汗、というブッ飛んだキャラ設定である。 チャンネル登録者数は現在で約25万人。 それでスパチャが1000万円超えだから、アクティブユーザー率が凄い。 作られた登録者数ではなく人気は本物という証左だ。 みんなと25万人達成を迎えらえて、わたしはとても幸せです! みんなが大好きだー! これからもとまらない会長!🐉 とまらない桐生ココ!🐉 とまらないホロライブ! 頑張るので是非応援してください!😍 えっ?歌? なんのことです? — 桐生ココ🐉 ホロライブ4期生 kiryucoco 開設日が2019年12月04日だから、かなり順調に伸びている。 それ以上に、十傑入りしているだけあり、その実力が高く評価されているのだ。 僕も以前はワナビだったが、管理人さんには是非ともプロ作家デビューしてもらいたいものだ。 その記事は以下である。 もちろんこのスピード出世は、ホロライブという「箱」、言い換えれば3期生以前の先輩VTuber達が築き上げてきた土台あってのもので、すべてが個人の力というわけではありません。 しかし同時に、ココさんがココさんでなかったら、この速さで10万人に達成することもまずなかったでしょう。 現状はマグレでも運でもなかった。 しかも美人というね。 ググれば簡単に判明する「公然の秘密」に等しいからご尊顔を埋め込もう。 🐉 はじめまして!桐生ココです。 ホロライブ仲間に入門です! 人間の言葉と、日本語、今は勉強をしていますから、あふれるこの気持ちを助けてくださいね。 本職はドラゴン🐉カタギ よろしくお願いしました🤲 — 桐生ココ🐉 ホロライブ4期生 kiryucoco 文句なしの美人、紛れもなく美女である。 このレベルならば、そりゃ隠さないだろう。 ルックスが売りになる顔面偏差値だ。 それはともかくとして、リンクした記事からその実力とセンスを抜粋。 これまで、日本語が普通にできて英語も得意なVTuberというのはそこそこいましたが、日本語が片言で英語が堪能というVTuberはほとんどいませんでした。 代表的なところでは、「クレア英会話」のクレア先生とかでしょうか。 なので、これは大きな特徴となり得るものです。 特に「流暢な英語と、つっかえ気味の日本語の暴言」という組み合わせは唯一無二。 誰の頭にも強く残るインパクトを引き起こすことに成功しています。 VTuberには多様な個性があり、ソロには向いているけれどもコラボだとそれがイマイチ発揮されないとか、あるいはその逆が、少なからず見られます。 しかしココさんの場合、もちろん相手の受容あってのことですが、ソロで魅せるものとコラボで魅せるものが、まったく同一なんですよね。 これはとてもツブシの効く性質で、これからも彼女は自分の能力をフルに活かして、縦横無尽に活動していくのでしょう。 ココさんの大きな魅力の一つとなっているのが、断続的に見せるワードセンスです。 ココさんの発するそれらのパワーワードは、片言キャラである彼女の口から出ている、という事実によって、その威力が倍化しているということです。 彼女はソロのゲーム実況においても、コラボ配信においても常に片言なわけですが、注意深く観察してみると、その片言の「度合い」に強弱、あるいは緩急のようなものが見て取れるんですよね。 こういった人気ライバーを輩出できる当たり、事務所(運営)が自爆しない限り、ホロライブの天下は続きそうだなと感じた。 にじさんじはどこまでホロライブに追いすがれるか。 むろんホロライブ形式(を模倣)で猛追する運営(ライバル)が現れないとも限らないが。 序者必衰である。 当記事を書いていて、バーチャルYouTuberとは違うが初音ミクさんは未だに第一線なのだから、本当に凄いコンテンツなんだと改めて尊敬してしまった。 他のボーカロイドは見事に消えてしまったのに、彼女だけ別格だもんなぁ(しみじみ.

次の

現在ホロライブの登録者数のトップである白上フブキさんはなんで一日で1...

ホロ ライブ ランキング

カバー株式会社(以下「当方」といいます。 )は、会員にご登録頂いた個人情報について、その重要性を認識した上で本ポリシーにしたがって適切に管理いたします。 個人情報の範囲 hololiveでは、次の各号に該当する情報のうち、利用者個人を識別することができる情報を個人情報として扱います。 1)hololiveの会員登録のための画面や商品の購入を申し込むための画面、その他の画面等に利用者が記入し、当方に提供された情報 2)その他hololiveに関して、当方が利用者から提供を受けた情報 hololiveでは、事前に利用者に通知した上で当方が収集業務を委託する会社(当方と守秘義務を締結します)を除き、当方以外の第三者が個人情報を収集することはありません。 hololiveのリンク先など、当方以外の第三者が個人情報を収集するウェブサイトでは、本プライバシーポリシーは適用されず、当方では一切の義務や責任を負いかねます。 それぞれのウェブサイトのプライバシーポリシーなどをご確認くださいますようお願いします。 なお、hololiveにおいて公開される情報は、利用者個人が識別されない範囲に限っております。 情報の収集 ・hololiveでは、hololiveをご利用いただくのに必要な情報のほか、利用者の皆様によりhololiveを楽しく、便利に使って頂けるよう活用する目的で個人情報を収集させていただくことがあります。 ・hololiveでは、キャラクターのなりきり機能のために、Appleが提供するTrueDepth API等を利用して顔の表情データを取得しますが、キャラクターへのなりきり以外の目的では使用せず、取得したデータを保存したり、第三者に共有することはありません。 ・hololiveや提携企業が提供する懸賞やその他のアンケートを目的としたページまたはイベントで、個人情報をお聞きすることがあります。 ・会員がhololiveにログインした場合、当該会員がどのようにサービスを利用しているのかが当方にわかるようになります。 ・利用者がhololiveのサービスのページを閲覧したり利用したりする際に、IPアドレスやクッキー情報などを自動的に取得します。 情報の利用と開示 当方は、hololiveを通じて収集した個人情報を以下の目的のために利用します。 ・利用者ひとり一人の利用状況や趣味嗜好に適合したサービスや広告を提供、表示するため。 ・利用者の興味を知り新規サービスを開発するため。 ・プレゼント企画で当選した場合に、その商品を配送するため。 ・サイト運営上必要な告知を利用者に対して行うため ・統計分析の為 なお、統計分析の結果については第三者に広く公開することがありますが、個々の個人情報が統計分析の結果に含まれることはありません。 当方が利用者の個人情報を第三者に開示することはありません。 但し以下の場合を除きます。 利用者本人の同意がある場合 2. 利用者に製品やサービスを提供する目的で、当方からの委託を受けて業務を行う会社(当方と守秘義務契約を締結します)が情報を必要とする場合(運送業者へのお届け先情報などの開示等を指します。 これらの会社が、当該業務に必要な範囲を超えて情報を利用することはできません。 ) 3. 裁判所、弁護士会及び警察等の公的機関から、法律に基づく正式な照会を受けた場合 4. 当方の権利、財産やサービス等を保護するために必要と認められる場合 5. 人の生命、身体および財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合 また、提携企業がイベントなどでhololiveを通じて利用者の情報を収集・利用する場合には、都度その旨を利用者に明示し、本人の同意を得た上でhololiveから提携企業に情報を提供します。 クッキーについて hololiveの一部では、利用者がより満足いただけるサイトに改良/変更等するために、クッキー(Cookie)を利用しています。 クッキーとは、ウェブの閲覧等をした際に、ブラウザとサーバの間で送受信される小さなファイルです。 利用者が、ご利用のパソコンでクッキーを受け取る設定にしている場合に、お使いのパソコンの所定の場所に保存されます。 クッキーを使用することで、hololiveのサーバは特定のコンピュータがhololive内のどのページを訪れたか等(以下「クッキー情報」といいます。 )を記録することが可能となります。 ただし、利用者が、利用者自身の個人情報をhololive内に入力されない限り、利用者個人を識別することはできませんのでご安心ください。 また、利用者がご自身でクッキーの受取を拒否する、或いは、クッキーを受け取った場合に警告を表示させるようブラウザの設定を変更することができます(詳しくはご使用のブラウザの説明をご参照下さい)。 ただし、クッキーの受取を拒否された場合、hololiveのサービスの一部がご利用できなくなる場合もございます。 hololiveでは、クッキーを以下の目的で使用します。 ・不正な利用を確認するために使用することがあります。 ・よりカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、会員を確認しhololive内の登録情報にアクセスするためにクッキーを使用します(会員が登録またはログインするときに設定されます。 ) ・効果的に広告を表示するために使用することがあります。 ・利用者数を計り、統計分析を行うために使用することがあります。 アクセスログについて 当方は、利用者の皆様がhololiveのウェブページにアクセスした際に、その情報を当方サーバにアクセスログという形で記録し一定期間保存しています。 アクセスログに記録される内容は、アクセスされた日時、IPアドレス、使用しているブラウザの種類、クッキー情報などです。 これらは当方のサーバの運用情報としてサーバの利便性の向上、サーバ管理、不正な利用に対する調査の目的で利用いたします。 登録情報に関するお問い合わせ窓口 会員登録の際などにご登録いただいた個人情報は、hololive内の所定のページにて、ご自身で随時ご変更いただけます。 なお、なんらかの理由によりご自身で変更がうまくいかない場合や、ご自身の個人情報に関しては、当方へお問い合わせください。 改訂 当方は各規約、ガイドライン及び約款(以下「規約等」といいます。 )を会員に対しての予告なしに改訂できるものとします。 また改訂された規約等は、改訂以前、以後に関わらず全ての会員に対して適用されるものとします。 改訂された規約等については、サイト上あるいは電子メールで告知されるものとします。

次の