お盆休み 銀行。 お盆は祝日と平日どっち?銀行や市役所のお盆についても解説します|終活ねっとのお坊さん

お盆休みに銀行の窓口は営業してる?2018営業時間と主要ATM手数料

お盆休み 銀行

お盆休みは実家に帰省したり、旅行に行ったりなど、お金を使うことが多くなります。 お盆休みに入る前に、銀行でお金を下ろすのをうっかり忘れて焦ったことはありませんか? また、お盆休みの最中にお財布の中身が足りなくなってしまうこともあると思います。 そんな時、お盆休みだけど銀行は営業しているのかな?ATMで出金できるのかなって心配になります。 また、お盆休み中は出来ない手続きがなにかあるかもしれません。 結論から言うとお盆休み中であっても平日であれば、ちゃんと銀行は通常通りに営業しています。 詳しくは、本文でお話しましょう。 一例として、主要銀行のひとつであるUFJ銀行のお盆期間中の営業日、ATMの利用可能時間、手数料などについて、調べてみたいと思います。 またお盆休み中の外出のとき、近くにUFJ銀行がない場合、どうしたらよいかについてもご紹介しますね。 Contents• UFJ銀行をはじめとする金融機関のお盆休みはどうなってるの? 実は 銀行の休みは、銀行法という法律で定められています。 どのような内容かというと、 銀行の休日は土日祝日と12月31日から1月3日とするというものです。 一般的にお盆の期間は8月13日から16日を指し、その期間に祝日はありません。 ですので、お盆休み中であっても土日祝日以外であれば、通常に営業されています。 また、通常通りの営業となるので、窓口の開いている時間、ATMの利用時間、手数料もいつもと同じです。 もちろん各種手続きも、お盆休みの期間だからといってできないものはありません。 なので、お盆休み前にお金をおろしておくのをうっかり忘れても、お盆休み中にお財布がさびしくなっても、あわてなくても大丈夫ですよ! スポンサードリンク 2018年お盆休み中のUFJ銀行の営業日を知っておこう! まず、8月のカレンダーを見てみましょう。 一般的にお盆とされる13日から16日あたりを見てみますと、11日、12日が通常でも休みの土日で、13日から16日は平日となっています。 お盆休み前にお金を用意するなら、10日の金曜日あたりがいいですね。 2018年の今年は、お盆の間はすべて営業日になっていますので、全くあわてる必要はなさそうです。 窓口の営業時間は9時から15時といつもどおりです。 ATMの利用可能時間も通常となんら変わりはないので、いつもどおりに利用できますね。 もちろん手数料も、通常どおりです。 UFJ銀行のATMの利用可能時間と手数料は、でご確認くださいね。 スポンサードリンク ATMでお金をおろしたいときにUFJ銀行が近くになかったら? お盆は帰省や旅行などでお金を使うことが多く、不慣れな土地でお財布がさびしくなることがあると思います。 近くにUFJ銀行があればいいのですが、見当たらない場合もあります。 そんなとき、どうしよう?とあわてなくても大丈夫ですよ。 コンビニのATMで出金することができます。 今は、どこに行ってもたいていの場所にコンビニはあるので安心ですね。 しかし、2点注意しておいてくださいね。 1つ目は、コンビニは24時間営業でも、ATMは24時間使えない場合があります。 2つ目に、銀行のATMでは手数料が無料である昼間でも、コンビニのATMは手数料がかかります。 ここさえ注意しておけば、コンビニのATMはとても便利です。 参考に、UFJ銀行の店舗とATMの検索ができるサイトと、UFJ銀行の提携先コンビニATMと手数料の照会ができるサイトを紹介しておきますね。 UFJ銀行のお盆休みはどうなる?【まとめ】 ここでは、お盆休み中は銀行の営業はどうなっているのか調べてみました。 銀行にはお盆休みというものは無く、通常通りに営業されているのですね。 出金だけでなく、送金、振込みなどの手続きも通常どおりです。 また、コンビニATMと提携しているので、手数料を気にしなければとても便利です。 お盆の間、銀行は通常通りに営業していても、一般的にはお盆休み中の会社が多いので、窓口の混雑はないのではないでしょうか? 窓口での相談など先延ばしにしていたものがあれば、お盆休み中はいい機会かもしれません。 開放的な気分になる夏のお盆休み、いつでも出金できるといえども、無駄遣いには注意ですね! 楽しいお盆休みをお過ごしくださいね。

次の

お盆休み2019期間いつからいつまで?役所・銀行・病院・郵便局│海外通販のトリセツ

お盆休み 銀行

スポンサードリンク お盆休みに銀行窓口は営業してる? 今年2019年のゴールデンウィークは 最大10連休というお休みがありましたが、 お盆はゴールデンウィーク以来の まとまったお休みですね。 ですが、お盆休みというのは ゴールデンウイークのように、 祝日があるわけではありません。 基本的に、お盆期間というと 8月13日(火)から8月16日(金)までの4日間です。 このお盆期間に会社側が お盆休みを設けることが多く、 有給休暇を組み合わせて 長期休暇を取る人も増えてきました。 お休みに向けていろいろ計画を立てる時、 まず気になるのは お金ですよね。 お盆の期間中に 銀行の窓口業務は行われているのか、 振込はできるのか お金はおろせるのか 気になるところです。 また、平日に働いている人は、 お盆休みを利用して 普段は仕事で行けない銀行窓口で 用事を済ませたい場合もあるかと思います。 実は お盆期間とはいえ、銀行は通常通りの営業になります。 これは大きな銀行だけでなく、 信用金庫・農協・労金・都銀や地銀なども同じです。 なぜかというと、 国の法律で銀行の休みが決まっているからです。 銀行法では、銀行の休日は土曜日、日曜日、祝日、年末年始の12月31日~1月3日と定められています。 山の日とお盆休み 2016年から 8月11日が「 山の日」という祝日になりました。 山の日はお盆期間(8月13日~8月16日) と近い日付なので、注意が必要です。 2019年の山の日は8月11日が日曜日。 日曜日に祝日があたると 翌日の月曜日が振替休日になるので、 8月12日(月)は銀行がお休みになります。 8月13日(火)から8月16日(金)は営業していますが、 週のあたまの8月12日(月)がお休みとなるので注意が必要です。 お盆休みの銀行振り込みはどうなるの? 銀行にはお盆休みはないので、 振り込み送金も普段と同じように出来ます。 ゆうちょ銀行では、 ゆうちょ口座同士でお金を送る事を 「 振替」と呼び、 現金を添えて、 窓口かATMからお金を送る事を 「 払い込み」といいますが、 言い方が違うだけで 他の銀行と同じように 振替も払い込みも通常通りできます。 銀行からの振込は、 基本的に平日の営業時間内に手続きを済ませれば、他行の口座宛でもその日の内に振込が行われ、当日振込となります。 銀行窓口から振り込んだ場合、 振込をする銀行にもよりますが、 当日扱いになるのは、おおむね 午後3時までです。 それ以降は、翌日扱いの振り込みになるので注意してくださいね。 通販サイトなどで買い物をして 決済を振り込みにするときは、 先方の通販サイトがお盆期間を 休みにするのかどうかでも 変わってくるので気をつけたいところです。 送金はインターネットバンキングも便利 銀行からの送金は、窓口や ATMまで出向いていかなくても ネットバンキングを利用する方法もあります。 口座にお金が入っていれば、 パソコンやスマホ、ケータイから 送金手続きができるのでとても便利です。 現状、ネットバンキングの場合、 モアタイムと呼ばれる振込の24時間365日化が進んでいます。 住信SBIネット銀行・楽天銀行・ゆうちょ銀行など、 同一銀行間であれば24時間365日、 リアルタイムのタイミングで 反映される銀行も少なくありません。 三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行など メガバンクを含む他行でも広がっています。 わたしは、送金はもっぱら、 ネットバンキングを利用しています。 窓口に並ぶ必要がない上、 夜中でも使えるので、 自分の都合に合わせて利用することができます。 ネット銀行もたくさんあるので、 自分に合う銀行があれば、 口座を開設しておくのも便利ですよ。 銀行の営業時間とATM手数料は? 連休になると思わぬことに出費して、 あっという間に予算が狂ってしまうことがあります。 お盆期間中、お金が必要なときには ATMが便利です。 銀行のATMは24時間体制で 稼働している場合がほとんどなので、 土日祝日も営業しています。 ただし、深夜の時間帯は、 銀行によってはメンテナンスのために 取引停止している場合もあります。 また、銀行によっては 硬貨は使えないなど、 ATMで出来ることが違うので、 注意しましょう。 便利なATMですが、やはり気になるのは 手数料ですよね。 自分の現金を引き出すのに、 108円、216円の手数料は痛手です。 というより馬鹿らしいですよね。 主な銀行の営業時間と ATMの引き出し手数料をお伝えします。 スポンサードリンク 手数料などは変更されることもあるので、 各銀行のホームページものせておきます。 参考にしてくださいね。 三菱UFJ銀行 三菱UFJ銀行の平日の窓口営業時間は、 午前9時~午後3時です。 店舗によっては土曜日に、 住宅ローンや資産運用の相談を 受け付けているところもあります。 8:45~21:00は手数料が無料、それ以外は手数料が108円必要• スーパー普通預金を利用していれば、24時間無料• 三菱UFJ信託銀行では平日8:00~21:00の引き出し手数料が無料、預け入れは平日7:00~21:00無料• 中京銀行、徳島銀行、香川銀行、大正銀行、イオン銀行では平日8:45~18:00の引き出し・預け入れ手数料が無料• 平日の夜間や土日祝日も営業している 「休日営業店舗」もあり、 店舗によって営業時間は少し異なります。 三井住友銀行普通預金の通帳持参で終日預け入れが無料• キャッシュカードで引き出しは8:45~18:00の間は無料、それ以外は108円の手数料が必要• みずほ銀行にも休日営業店舗がありますが、 取り扱っているのは、ローンの相談だけです。 午前10時~午後5時まで営業していて、 事前に予約をする必要があります。 平日の引き出しは8:45~18:00が無料、8:00~8:45と18:00~23:0は108円、それ以外は216円の手数料が必要• イオン銀行のATMは8:45~18:00が無料、8:00~8:45と18:00~23:00は108円、それ以外は216円の手数料で利用可能• ゆうちょ銀行のATMは0:05~8:45の間は216円、8:45~18:00は108円、18:00~23:55は216円の手数料で利用可能• エキナカATM「VIEW ALTTE」と、スルガ銀行ATMは、引き出しが8:00~8:45間は216円、8:45~18:00は108円、18:00~23:00は216円の手数料で利用可能• 午後7時まで営業している店舗もありますが 相談業務のみになります。 相談業務のみ土日祝日に受け付けている店舗もあります。 営業時間は午前10時~午後6時までです。 りそな銀行のキャッシュカードで、りそな・埼玉りそな・ 関西みらい(旧近畿大阪)銀行は平日8:45~18:00は無料、それ以外は108円の手数料が必要• 土曜・日曜・祝日は終日108円• ほとんどの郵便局では、 午前9時~午後5時までです。 規模の大きい郵便局だと終日営業していたり、 土日祝日も営業していることもあります。 ですが、 受け付けているのは郵便物のみです。 貯金窓口を利用する場合は 平日の午前9時~午後4時までのところがメインで、 中には午後5時まで受け付けているところもあります。 簡易郵便局では、 貯金窓口の営業時間が午後3時まで となっているところもあります。 ATMからの払い戻し(引き出し)手数料は終日無料• 払い戻し(引き出し)は終日利用可• 24時間利用できるATMでは一部取扱できない時間あり• わざわざ銀行に行かなくても、 コンビニにATMがあるので、 「現金の引き出しにはコンビニのATMを利用する」 という人も増えてきました。 コンビニは全国各地にありますし 24時間営業の店舗も多いので便利ですよね。 ですが、 コンビニが24時間営業だからといって ATMが24時間営業とは限りません。 深夜から早朝にかけては、 取引を停止している場合もあるので 注意が必要です。 コンビニのATMは基本的に手数料が必要になります。 銀行によって提携しているコンビニが違うので、 利用する銀行によっては ATMの手数料がかからないところもあります。 ホームページなどで確認するのが一番確かですが、 コンビニのATMにキャッシュカードを入れると案内が出るので、 ATMの画面上で入出金の時間や手数料を確認することができます。 お盆休みに銀行の窓口は営業してる?2019営業時間と主要ATM手数料 まとめ 銀行にお盆休みというものはなく、 カレンダー通りに営業しています。 お盆の期間でも平日は通常営業、 土日祝日がお休みです。 銀行の窓口に用事があっても ふだんの平日は仕事があるので なかなか銀行に行けない、 といった場合は お盆休みを利用して銀行に行けますね。 銀行の営業時間外の現金の入出金は ATMを利用するのが便利です。 急に現金が必要になったときは、 コンビニのATMを利用することもできます。 ATMで現金を引き出す場合、 銀行ごとに1回あたりの 引き出し限度額が設定されているので 注意が必要です。 銀行やATMを上手に利用して、 楽しいお盆休みにしてくださいね。

次の

お盆の銀行窓口2020!営業時間とATM手数料についても詳しく!!

お盆休み 銀行

ですが、お盆休みはゴールデンウイークのように、祝日があるわけではありません。 基本的に、お盆期間というのは、8月13日(月)から8月16日(木)までの4日間です。 このお盆期間に有給をあてて、長期の夏休みにする人も増えてきました。 人によっては、平日は普段仕事があるので銀行に行けなくて、この機会に銀行で用事を済ませたい場合もあるかと思います。 お盆に銀行の窓口業務は行われているのか、振込はできるのか、お金はおろせるのか、気になるところです。 実は お盆期間とはいえ、銀行は通常通りの営業になります。 これは大きな銀行だけでなく、信用金庫・農協・労金・都銀や地銀なども同じです。 どうしてかというと、法律で銀行の休みが決まっているからです。 銀行法では、銀行の休日は土曜日、日曜日、祝日、年末年始の12月31日~1月3日と定められています。 なので、お盆期間中が平日なら、銀行は通常営業となります。 個人的には土日にこそ営業していてほしいと思う銀行ですが、休日が法律で定められているので、法改正が行われない限りは無理なんですね。 2016年から8月11日が「 山の日」という祝日になったことで、お盆休みにどのように影響してくるのか、ひとつのポイントになりますが、2018年の山の日は8月11日が土曜日。 祝日が土曜日にあたると、土曜日が休日の銀行には関係ありません。 銀行印の変更や住宅ローンの相談など、普段仕事などで銀行に行くことが出来ない場合は、お盆休みを利用するのもいいかもしれないですね。 お盆休みの銀行振り込みはどうなるの? 銀行にはお盆休みはないので、振り込み送金も普段と同じように出来ます。 ゆうちょ銀行では、ゆうちょ口座同士でお金を送る事を「 振替」と呼び、現金を添えて、窓口かATMからお金を送る事を「 払い込み」といいますが、振替も払い込みも通常通りできます。 振込先の銀行にもよりますが、当日扱いになるのは、おおむね15:00までです。 それ以降は、翌日扱いの振り込みになるので注意してくださいね。 銀行からの送金は、わざわざ出かけなくても ネットバンキングを利用する方法もあります。 口座にお金が入っていれば、パソコンやスマホ、ケータイから送金手続きができるのでとても便利です。 現状、ネットバンキングの場合、土日に振り込んだ場合は、月曜日になるところが殆どです。 通販サイトなどで買い物をして振り込みをするときは、先方の通販サイトがお盆休み中かどうかでも変わってくるので注意が必要ですね。 わたしは、送金はもっぱら、ネットバンキングを利用しています。 窓口に並ぶ必要がない上、夜中でも使えるので、自分の都合に合わせて利用することができます。 ネット銀行もたくさんあるので、自分に合う銀行があれば、口座を開設しておくのも便利ですよ。 スポンサードリンク 銀行の営業時間とATM手数料は? お盆期間中、お金が必要なときには ATMが便利です。 銀行のATMは24時間体制で稼働している場合がほとんどなので、土日祝日も営業しています。 深夜の時間帯は、銀行によってはメンテナンスのために取引停止している場合もあります。 銀行によっては硬貨は使えないなど、ATMで出来ることが違うので、注意しましょう。 便利なATMですが、やはり気になるのは 手数料ですよね。 自分の現金を引き出すのに、108円、216円の手数料は痛手です。 主な銀行の営業時間とATMの引き出し手数料をお伝えします。 手数料などは変更されることもあるので、ホームページものせておきますので参考にしてくださいね。 三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ銀行の平日の窓口営業時間は、午前9時~午後3時です。 土曜日に、住宅ローンや資産運用の相談を受け付けている店舗もあります。 8:45~21:00は手数料が無料、それ以外は手数料が108円必要• スーパー預金を利用していれば、24時間無料• JAバンク、イオン銀行、三菱UFJ信託銀行、大正銀行では平日8:45~18:00は無料• 平日の夜間や土日祝日も営業している「休日営業店舗」もあり、営業時間は少し異なります。 三井住友銀行普通預金の通帳持参で終日預け入れが無料• キャッシュカードで引き出しは8:45~18:00の間は無料、それ以外は108円の手数料が必要• みずほ銀行にも休日営業店舗がありますが、取り扱っているのは、ローンの相談だけです。 午前10時~午後5時まで営業していて、事前に予約をする必要があります。 平日の引き出しは8:45~18:00が無料、8:00~8:45と18:00~23:0は108円、それ以外は216円• ゆうちょ銀行のATMは0:05~8:45の間は216円、8:45~18:00は108円、18:00~23:55は216円の手数料で利用可能• エキナカATM「VIEW ALTTE」と、スルガ銀行ATMは、引き出しが8:00~8:45間は216円、8:45~18:00は108円、18:00~23:00は216円の手数料で利用可能• 相談業務のみになりますが、午後7時まで営業している店舗もあります。 土日祝日に相談業務のみ受け付けている店舗もあり、営業時間は午前10時~午後6時までです。 りそな銀行のキャッシュカードで、りそな・埼玉りそな・近畿大阪銀行は平日8:45~18:00は無料、それ以外は108円• 土曜・日曜・祝日は終日108円• ほとんどの郵便局では、午前9時~午後5時までです。 規模の大きい郵便局だと終日営業していたり、土日祝日も営業していることもあります。 ですが、受け付けているのは郵便物のみです。 貯金窓口を利用する場合は平日の午前9時~午後4時までのところがメインで、中には午後5時まで受け付けているところもあります。 簡易郵便局では、貯金窓口の営業時間が午後3時までとなっているところもあります。 ATMからの引き出し手数料は終日無料• 引き出しは終日利用可• 祝日は預け入れが9:00~17:00で利用可• 今は現金の引き出しにコンビニのATMを利用する人も増えてきました。 コンビニは24時間営業の店舗も多く、全国各地にあります。 基本的には手数料が必要にはなりますが、銀行によっては手数料がかからないところもあるので、コンビニのATMを使うという人も多いです。 ですが、 コンビニが24時間営業だからと言ってATMが24時間営業とは限りません。 深夜から早朝にかけては、取引を停止している場合もありますし、銀行によって提携しているコンビニが違いますので、各銀行をチェックしてくださいね。 ホームページなどで確認するのが一番確かですが、コンビニのATMにキャッシュカードを入れると案内が出ますので、そこで入出金の時間や手数料を確認することができます。 お盆休みに銀行の窓口は営業してる?2018営業時間と主要ATM手数料まとめ 銀行にお盆休みというものはありません。 銀行はカレンダー通りに業務しているので、平日は営業しており、土日祝日は休みです。 窓口に用事がある場合は、この時期を選ぶのも一案ですね。 銀行の営業時間外の現金の入出金は、ATMを利用すると預け入れと出金が可能です。 急に現金が必要になったときは、コンビニのATMを利用することもできます。 銀行やATMを上手に利用して、楽しいお盆休みにしてくださいね。

次の