カンパネラとは。 【東京駅のお土産】東京カンパネラ公式サイト

「カンパネラ」とは?「ラ・カンパネラ」も含めて意味をご紹介

カンパネラとは

「カンパネラ」の意味はイタリア語で「 鐘」のこと。 綴りはcampanellaです。 日本語ではカンパネラになりますが、イタリア語でcampanellaを発音すると「カンパネッラ」になります。 また、イタリア語では鐘の大きさで単語が違います。 「カンパネラ」は小さな鐘のことで、大きな鐘のことは「カンパーナ campana 」と言います。 同じ鐘でも大きさによって「カンパネラ」と「カンパーナ」で使い分けられるのは興味深いですね。 ちなみに、「カンパネラ」はイタリア語では一般的な言葉で、人の名前などにも使われることがあるそうですよ。 「カンパネラ」を英語にすると「bell」になります。 「bell」は日本語でも使うので、なじみ深いですね。 「水曜日のカンパネラ」は日本語にすると「水曜日の鐘」です。

次の

カンパネラRIVER SONG

カンパネラとは

2014年7月からスタートし、「お酒とコミュニケーション」をテーマにコンテンツを提供してまいりました、アサヒビールと日経BPによる共同運営サイト「カンパネラ」。 この6月末に、更新終了となります。 5年間の軌跡を、日経BPの2人の編集長が振り返ります。 過去のカンパネラの読みどころ、カンパネラ編集長のコメントをお楽しみください。 2014年7月にアサヒビールと日経BPによる共同運営サイト・カンパネラがスタートしました。 「お酒とコミュニケーション」をキーワードに、ビジネスパーソンにお酒の楽しみ方やオン/オフの過ごし方を提案するという、類を見ないWebメディアとして始まりました。 ちょうどこの年は連続テレビ小説「マッサン」(NHKドラマ)が9月から放映開始した年でもありました。 お酒という話題でも印象深い年。 立ち上げ時の意図や工夫は? 編集長A(カンパネラ2014年7月~2017年2月までを担当):当時アサヒビールさんとしては、「お酒にまつわる良き文化を喚起し浸透させたい」という思いを持っていました。 しかしアサヒビールさん自身が自社のWebサイトでお酒のことを語っても、世間からは「結局宣伝でしょ」と受けとめられてしまう。 伝統ある酒類メーカーとして、お酒にまつわる良き文化を広く知らせたいという思いがあった。 立ち上げ当時のカンパネラトップページ。 2014年7月から2017年3月まで、このデザインでした 一方、私が当時ビジネスメディアの作り手として問題意識を持っていたのは、「ビジネスパーソンのコミュニケーション」というテーマでした。 特にシニアのビジネスパーソンは飲み会を活用しています。 仲間はもちろん、飲み会で初めて会った人ともコミュニケーションを深めて、そうして仕事をうまく進めている。 実際、パフォーマンスの高い会社では「飲みニケーション」が活発だったりするんです。 そんな折に、アサヒビールさんからご相談を受けました。 アサヒビールさんが持っている思いと私たちの問題意識をリンクさせ、解決策として提示したのが、この共同運営型のメディアであるカンパネラだったんです。 あと、アサヒビールさんとしては、従来型のマスマーケティングとは異なった形で消費者とコミュニケーションを取りたいという意図もありました。 Webメディアであればこれまでにないアプローチで読者の動向を探ることができますし。 とにかく毎月毎週、人が集まる場所、楽しい場所のことばかりを考えていました。 人が集まる楽しい場所を取り上げて、そこに「楽しい場をもっと楽しくするツールであるお酒」を提示すれば、お酒を飲まない人もお酒に興味を持ってくれるのではないかという考え方です。 でも結果として興味深いコラムがそろった感じがあります。 編集長A:そうですね。 振り返ってみると、「」とか、「」とか、「」とか。 いずれも、明に暗にとお酒の楽しみ方やお酒がある場の面白さを少しずつ絡めました。 旅行の話題もひとひねりしました。 JR九州の豪華列車「ななつ星」を支えた職人の記事「」や、映画ロード・オブ・ザ・リングの撮影舞台を取り上げた記事「」は、結構話題になりました。 長く続くことになる名物コラムも生まれました。 たとえば、「」、「 」「」「」などです。 こんな感じで変わった趣向のコラムをいっぱい立ち上げて記事を送り出してきましたけれども、裏側では、コンサルタントもチームに入れて、読者の動向分析を繰り返し実行していました。 ちゃんと読者の定性的・定量的な反応を分析して、それをコンテンツに反映させようと。 当然、SNSの反応も参考にしました。 マッサンを取り上げたマンガ連載「」は、ツイッターでの反応が良かったですね。 私(聞き手)は、カンパネラとは全く関係のない場所で、ある企業のマーケティング担当者の人から「うちも、あのカンパネラみたいなものをやってみたいんですけど」という話を聞いたことがあります。 いわば発展期が2015年から2016年までの2年間。 食・お酒・農による町おこし、知る人ぞ知る地方の酒場とそこに隠れたストーリー、お酒と食事を美味しく演出する家電、ビジネスパーソンに向けたアウトドアのカジュアルな楽しみ方など、さらに話題を広げた時期でした。 中でもこの時期スタートした「」は、スキージャンプ女子日本代表コーチの山田いずみさんなど各界のキーパーソンにご登場いただき、良く読まれたコラムでした。 また、「」「」「」といった記事が、SNSでたくさんシェアされました。 この時期で思い出深かったことは何かありますか?.

次の

ラ・カンパネッラ

カンパネラとは

「カンパネラ」の意味はイタリア語で「 鐘」のこと。 綴りはcampanellaです。 日本語ではカンパネラになりますが、イタリア語でcampanellaを発音すると「カンパネッラ」になります。 また、イタリア語では鐘の大きさで単語が違います。 「カンパネラ」は小さな鐘のことで、大きな鐘のことは「カンパーナ campana 」と言います。 同じ鐘でも大きさによって「カンパネラ」と「カンパーナ」で使い分けられるのは興味深いですね。 ちなみに、「カンパネラ」はイタリア語では一般的な言葉で、人の名前などにも使われることがあるそうですよ。 「カンパネラ」を英語にすると「bell」になります。 「bell」は日本語でも使うので、なじみ深いですね。 「水曜日のカンパネラ」は日本語にすると「水曜日の鐘」です。

次の