消費 税 10 パーセント 定期 代。 迫る消費税増税!給与担当者は「通勤手当」に注意するべし!

【鉄道・バス運賃】2019年10月消費税増税に伴う値上げについての情報をまとめました!

消費 税 10 パーセント 定期 代

通勤手当は賃金に含まれます。 「通勤手当は非課税」ということをよく聞く方もいるかと思います。 いったい何が非課税なのでしょうか? 一般的には、 通勤手当は所得税の計算上では非課税、ということを意味します。 では、通勤手当における消費税の取り扱いはどうなるのでしょうか。 消費税は原則的に課税対象 通勤手当の性格は従業員が会社に通勤するのに必要な交通費の実質的な補填です。 交通機関の運賃には消費税が含まれます。 その実費を負担することになるので、消費税法上では課税になります。 そのため、経理処理を行う際には、通勤手当は全額課税仕入れに含めて処理するようにします。 通勤手当の支給のときに• 借方 旅費交通費 貸方 現金預金 3万円 という処理の場合は、旅費交通費3万円は消費税の課税対象として、「税込3万円」と考えます。 仮に、会社が税抜経理方式を採用している場合は、「旅費交通費3万円」というのは• 「 借方 旅費交通費 27. 273円」と「 借方 仮払消費税 2,727円」 に分かれることになります。 所得税は原則的に非課税対象 通勤手当には、非課税限度額というものがあります。 この限度額を超えての支給は、その超える部分に対して所得税等がかかってきます。 本来、通勤手当は会社としても全額を損金化できますし、従業員個人としても所得税等がかからないお金になるので、得です。 そのため、課税対象となると会社としても無駄な支出が増えるし、個人としても年末調整の際に追加納付が発生します。 このような損を発生させないためにも、通勤手当における所得税の非課税限度額について、しっかり見ていきましょう。 電車・バス通勤の場合の通勤手当の上限は月10万円 電車通勤やバス通勤の場合は、通勤手当が1ヶ月あたり10万円以下の場合は非課税になり、所得税はかかりません。 月額10万円を超える分については所得税はかかります。 新幹線は対象外ですが、グリーン車の料金には所得税はかかります。 よって、グリーン車を利用せず、通勤手当が月額10万円以下であった場合は、所得税はかからず通勤手当の全額は非課税になります。 また、タクシーや運転手付きの通勤には通勤手当は認められません。 運転手を会社で雇っている場合は、そのものに対する給与等は経費 損金 になります。 マイカー通勤と自動車通勤の場合の手当について マイカー通勤や自転車通勤の場合は、片道の距離によって非課税枠が決まり、通勤手当の支給額が非課税枠を超える場合は、非課税枠を超えた分のみ所得税がかかります。 金額をまとめました。 高速道路や有料道路を通行する場合、それが最も合理的な通勤経路であると判断される場合は、高速料金や有料道路の通行料金も通勤手当に含めることができます。 ガソリン代と高速料金や有料道路の通行料金を足した金額が非課税限度額を超えない場合は、所得税はかかりません。 電車通勤やバス通勤をする場合は、定期券を購入するのが一般的ですが、通勤定期券と消費税の関係はどのようになっているのでしょうか。 ここでは、通勤定期券を自分で購入するときの消費税と、通勤定期券が会社から支給されるときの消費税について考えてみます。 通勤定期券を自分で購入するときの消費税 通勤手当が別途支給されず、通勤に必要な交通費が賃金に含まれている場合は、定期代の全額について所得税がかかります。 この場合、消費税は課税の対象にはならず、給与と同じ方法で経理処理を行います。 通勤定期券を支給されるときの消費税 通勤手当が支給されている場合は、会社から通勤定期券を支給されているのと同じであるため、通勤するのに必要な交通費の実質的な補てんになります。 この場合、消費税の取り扱いでは課税取引に該当するため、経理処理をする際には全額課税仕入れに含めて処理するようにします。 消費税値上げ前に購入した定期券の消費税 消費税が増税されると運賃も値上げになりますので、増税前に定期券を購入しておくことが望ましいです。 増税が行われる前の月の月末に6ヶ月定期を購入するのが最も有利であり、有効期限内であれば増税前の運賃で通勤することが可能になります。 ただし、増税直前の月末は駆け込み需要が殺到し、定期券販売を行っている窓口は大混雑しますので、なるべく早めに6ヶ月定期を購入するようにします。 通勤手当の消費税の処理方法は、増税前も増税後も同じであり、課税仕入として処理することになります。

次の

【通勤手当と消費税の関係】消費税変更の時の対応方法などをご紹介

消費 税 10 パーセント 定期 代

一定の要件を満たす取引については、消費税率を 8%のまま据え置く 一定の要件を満たす旅客運賃等についても、この経過措置が適用されることになります。 しかし、一口に旅客運賃等と言っても、その範囲は意外に広くなっています。 そこで、まずは対象となる範囲を確認しておきます。 旅客運賃等に係る経過措置の範囲は、次の表のとおりです。 旅客運賃等に係る消費税の経過措置の内容は、次のとおりです。 平成26年(2014年)4月1日から平成31年(2019年)9月30日までの間に乗車券等を購入し(料金を支払い)、平成31年(2019年)10月1日以降に乗車(利用)するものには、8%の消費税率を適用する。 この内容をまとめると、下の表のようになります。 【消費税8%の旅客運賃等】 適用要件(期間) 適用要件(手段) 平成26年(2014年)4月1日から 平成31年(2019年)9月30日まで 料金を支払って乗車券やチケットを購入 平成31年(2019年)10月1日以降 上記の乗車券やチケットを使用 【乗車券やチケットに含まれるもの】 乗車券やチケットに含まれるもの 乗車券、定期券、回数券、乗船券、航空券、チケット、入場券、指定券、利用券及びこれらに係る前売り券等 これらのチケット等を、消費税増税後の平成31年(2019年)10月1日以降に使用する場合であっても、平成31年(2019年)9月30日までに購入する場合は、消費税8%で購入できます。 【定期券などの通勤手当を利用した節税方法をまとめた記事】 旅客運賃等に係る消費税の経過措置の注意点 旅客運賃等に係る経過措置の適用に関して、いくつかの注意点があるため、その注意点について解説します。 ICカードをチャージする場合 イコカやスイカなどのICカードは、上記の乗車券やチケット類には含まれません。 従って、平成31年(2019年)9月30日までにチャージ(入金)したICカードを、平成31年(2019年)10月1日以降に利用した場合は、通常通り10%の消費税が課税されます。 セミナーや講演会の場合 セミナーや講演会については、旅客運賃等の範囲には含まれないと考えられるため、経過措置の適用は無いものと思われます。 (消費税10%のまま) ただし、内容によっては旅客運賃等に含まれる場合もありますので、主催者等に確認してください。 平成31年(2019年)10月1日を跨ぐ場合 乗車券等によっては、平成31年(2019年)の9月30日から10月1日までの日付を跨いで使用されるものがあるかもしれません。 例えば3ヶ月の定期券であれば、平成31年(2019年)9月1日~11月30日までの3ヶ月という場合もあります。 その場合であっても、平成31年(2019年)9月30日までに購入した乗車券等であれば8%の税率が適用されます。 等の年間指定席も同様の考え方になります。 尚、交通費等を精算する会社側も、8%と10%を分ける必要はありません。 クレジットカードによる購入の場合 クレジットカードを利用したチケット等の購入であっても、購入日が平成31年(2019年)9月30日以前であれば8%の税率が適用されます。 この場合は、そのチケット等の購入日で判断するため、クレジットカード料金の引き落とし日は関係ありません。 【クレジットカードを利用した源泉所得税のデメリットを解説】 乗車券等が発行されない場合 乗車券等が発行されない、いわゆるチケットレスサービスによる乗車等を購入した場合には、次のように取り扱います。 旅客運賃等に係る経過措置が適用されるかどうかの判定に当たっては、乗車券等が発行されているか どうかを問いません。 従って、乗車券等が発行されない場合であっても、その運賃等を平成26年(2014年)4月1日から平成31年(2019年)9月30日までの間に支払っている場合には、経過措置が適用されます プラン変更による追加料金が発生した場合 経過措置の要件を満たしている旅客運賃等について、平成31年(2019年)10月1日の増税後に、アップグレードの申し出を行い、追加で料金を支払った場合には、その追加料金については経過措置の適用はどうなるのでしょうか? アップグレードしたことにより追加で支払う料金については、経過措置の適用はありません。 なぜなら、平成26年(2014年)4月1日から平成31年(2019年)9月30日までの間に支払った料金ではないため、経過措置の適用要件を満たさないからです。 尚、上記のケースにおいて、逆にダウングレードを申し出たことにより、既に支払った料金の返還を受ける場合には、その返還される料金は経過措置を適用した金額(8%)になります。 ディナーショーの場合 経過措置の要件を満たしているディナーショーの料金は、経過措置の対象となります。 ディナーショーの料金は、「映画、演劇、演芸、音楽、スポーツ又は見せ物を不特定かつ多数の者に見せ、又は聴かせる場所への入場料金」に該当することから、旅客運賃等に係る経過措置が適用されます。 尚、ディナークルーズと称し、クルーザーで遊覧航行しながら飲食を提供する場合があります。 このサービスは飲食の提供を主目的とするものであり、遊覧航行は飲食を提供する場所に付加価値を与えるものとして捉えます。 従って、例えそのディナークルーズの内容に船舶への乗船が含まれているとしても、その料金は「船舶に係る旅客運賃」に該当しないため、経過措置は適用されません。 以上で、旅客運賃等に係る消費税の経過措置の解説を終わります。 消費税増税後に実施される主な経過措置 最後に、今回の消費税の増税に伴って実施される、主な経過措置を紹介します。 消費税増税後に実施される経過措置は、旅客運賃や電気料金等に関するものだけではありません。 1、旅客運賃等 平成31年(2019年)10月1日以後に行う旅客運送の対価や映画・演劇を催す場所、競馬場、競輪場、美術館、遊園地等への入場料金等のうち、平成26年4月1日から平成31年(2019年)9月30日までの間に領収しているもの 今回の記事の内容は、この旅客運賃等に係る経過措置になります。 2、 継続供給契約に基づき、平成31年(2019年)10月1日前から継続して供給している電気、ガス、水道、電話、灯油に係る料金等で、平成31年(2019年)10月1日から平成31年(2019年)10月31日までの間に料金の支払いを受ける権利が確定するもの 3、 平成25年10月1日から平成31年(2019年)3月31日までの間に締結した工事(製造を含みます。 )に係る請負契約(一定の要件に該当する測量、設計及びソフトウエアの開発等に係る請負契約を含みます。 )に基づき、平成31年(2019年)10月1日以後に課税資産の譲渡等を行う場合における、当該課税資産の譲渡等 4、 平成25年10月1日から平成31年(2019年)3月31日までの間に締結した資産の貸付けに係る契約に基づき、平成31年(2019年)10月1日前から同日以後引き続き貸付けを行っている場合(一定の要件に該当するものに限ります。 )における、平成31年(2019年)10月1日以後に行う当該資産の貸付け 5、 平成25年10月1日から平成31年(2019年)3月31日までの間に締結した役務の提供に係る契約で当該契約の性質上役務の提供の時期をあらかじめ定めることができないもので、当該役務の提供に先立って対価の全部又は一部が分割で支払われる契約(割賦販売法に規定する前払式特定取引に係る契約のうち、指定役務の提供 * に係るものをいいます。 )に基づき、平成31年(2019年)10月1日以後に当該役務の提供を行う場合において、当該契約の内容が一定の要件に該当する役務の提供 *「指定役務の提供」とは、冠婚葬祭のための施設の提供その他の便益の提供に係る役務の提供をいいます。 9、 平成25年10月1日から平成31年(2019年)3月31日までの間に締結した有料老人ホームに係る終身入居契約(入居期間中の介護料金が入居一時金として支払われるなど一定の要件を満たすものに限ります。 )に基づき、平成31年(2019年)10月1日前から同日以後引き続き介護に係る役務の提供を行っている場合における、平成31年(2019年)10月1日以後に行われる当該入居一時金に対応する役務の提供 10、 家電リサイクル法に規定する製造業者等が、同法に規定する特定家庭用機器廃棄物の再商品化等に係る対価を平成31年(2019年)10月1日前に領収している場合(同法の規定に基づき小売業者が領収している場合も含みます。 )で、当該対価の領収に係る再商品化等が平成31年(2019年)10月1日以後に行われるもの (出典 国税庁 タックスアンサー 社会保障と税の一体改革関係) 以上10項目が、消費税の増税に伴って実施される経過措置です。 これらの10項目について、記載されている要件を満たせば、8%の税率が適用されます。 尚、上記以外の例外的な経過措置として「リース取引に係る経過措置」があります。 リース取引に係る経過措置については、こちらの記事で詳しく解説しています。 また、消費税の増税に関して、下記の記事でもまとめています。

次の

【消費税】新聞は軽減税率の対象?電子版・書籍・雑誌など

消費 税 10 パーセント 定期 代

スポンサーリンク 子供がいる身としてはどうなるのか気になるところ。 結論から言いますと 基本的に習い事には消費税がかかります! スイミングでも学習塾でもバレエ教室でも それはどこも同じです。 ただし課税売上が1000万円以下の場合は 消費税の納税義務が免除されますので 個人で小規模で経営されている場合は 消費税がかからない場合も。 ちなみに幼稚園・小学校・中学校・高校・大学など 学校法人である場合は入学金や授業料などに 消費税がかかることはありません。 そのため学校法人である予備校も消費税がかからないです。 個人的に軽減税率にしてほしかったもの 正直ややこしいので消費税なくしてほしいところですが、 いろいろあってきっと難しいのだと思います。 軽減税率に新聞が入っていますが… 新聞最近読んでいる人ものすごく減っている気がします。 これ有り難がっているのって新聞社の方だけなのでは?と かなり疑問です。 それよりもこういったものに軽減税率適用してほしかったなぁと思います。 オムツ オムツなし育児法とかもあるにはありますが、 基本赤ちゃんの必需品です。 紙だろうが布だろうがそれは変わらないかと思います。 歯ブラシや洗剤など日用品 身の回りを清潔に整えるってとても大事なことだと思うので 食料品と変わらないくらい必需品かと。 もちろん高級なものもあるのは事実ですが それは食料品も同じこと。 決してぜいたく品と言われるような価格 じゃないものの方が多いはずなので軽減税率にしてほしかったです。 生理用品 体の生理現象なのでどうしようもない。 これこそ本当に必需品です。 最近は気分を上げさせてくれる かわいい柄のものも増えてはいますが、 正直使わなくて済むなら使いたくないものです。 そういったものに増税ってなんか悲しいです。 増税前にかけこみ!でもちょっと待って! 増税前に買いだめしておこう!と考える方もいるかと思いますが 少し思いとどまりましょう。 食料品を買いだめ! 食料品はこれまでと同じ消費税率は8%。 なので食料品に関してはわざわざ増税前に買いだめは必要ありません。 キャッシュレス・ポイント還元事業の対象になるもの 期間限定(2019年10月~2020年6月末)ではありますが キャッシュレス・ポイント還元事業に加盟店登録されているお店で クレジットカードや電子マネー、スマホ決済などで支払いをすると ポイント還元されるというものです。 それによって増税分以上のポイント還元がある場合もあるので 慌てて9月中に買う必要ないです。 実際にキャッシュレス・ポイント還元事業加盟店の リストを見てみましたが 意外にたくさんのお店が登録されていました。 膨大すぎて見てると目がチカチカするほど(笑)。 おわりに まもなく消費税10%がスタートします。 景気がどのように左右されるかはまだまだわかりませんが 制度をうまくつかって賢くお金を使いたいですね。 とりあえずは食料品は軽減税率8%なので 買いだめはしなくて大丈夫です!.

次の