お伺いさせていただきたく存じます。。 「伺わせていただきます」は間違い?正しい敬語と英語表現

【OB訪問等で使える就活メール例文集】お礼、面接日程変更/辞退、説明会キャンセルの連絡など|就活サイト【ONE CAREER】

お伺いさせていただきたく存じます。

参加させていただきますは正しい敬語? 参加させていただきますはさせていただくという謙譲語のある正しい表現 参加させていただきますはさせていただくという謙譲語を使った正しい表現です。 させていただくという表現は、かしこまった態度の言動をとる際や相手に許しを得てから行うことなどに対して使う謙譲語の表現です。 また参加させていただきますという表現には丁寧語と呼ばれる「ます」が謙譲語表現である「させていただく」の後ろにくっついた言葉遣いです。 これらのことから参加させていただきますという表現は「させていただく」という謙譲語と、「ます」という丁寧語が使われた正しい敬語表現であることがわかります。 参加させていただきますは参加するという表現の二重敬語ではない 参加させていただきますは参加するという表現の二重敬語ではありません。 参加させていただきますという表現には謙譲語の「いただく」と丁寧語の「ます」が使われているため二重敬語であり、正しくない敬語表現であると思っている人が少なくないと言われています。 しかし二重敬語とは1つの表現の中に同じ分類の敬語が使われている表現のことを意味することから、謙譲語と丁寧語という別の分類を使用している参加させていただきますは二重敬語ではありません。 そのため正しい敬語表現ですので自信を持って使ってください。 ちなみに他の表現の中には二重敬語であっても多くの人が使っているなどの理由で慣習的に敬語と見なされるケースがあります。 そのため二重敬語だからといって間違っている、使ってはいけないといったことにはつながらないこともあります。 二重敬語については以下のサイトで詳しく解説されていたので参考になさってください。 是非参加させていただきますの「是非」という言葉には心からの思いを強調するといった意味合いがあります。 そのため参加させていただきますという表現には心から強く望んで参加させていただくという意味合いになります。 参加させていただきたく存じますという表現は参加するという言葉に「思う」という言葉の謙譲語表現「存じます」と丁寧語の「ます」がくっついた言葉です。 存じますという表現は謙譲語であり、相手に対して敬意を表すために自分がへりくだった表現をする言い回しであることから、相手が思うことに対して使うと間違った使い方になるので注意が必要です。 そのため存じますという表現は自分や自分が所属する組織などが思うことに対して使うようにしてください。 存じますについてのさらに詳しい内容は以下の記事でお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 存じますの意味・類語・メールでの使い方・正しくない表現などを詳しくお伝えしています。 喜んで参加させていただきますは参加するという言葉に相手の提案や誘いなどを進んで快く受け入れるといった意味合いの「喜んで」使われた表現です。 「喜ぶ」という言葉には、嬉しいと感じる気持ちや楽しいという感情が含まれていることから、相手からいただいた話を嬉しく感じて承諾するといった意味合いがあります。 ちなみに喜ぶという言葉は状況に応じてニュアンスが変わります。 喜ぶという言葉の意味は以下のサイトで詳しく紹介されていたので参考になさってください。 謹んで参加させていただきますは参加するという言の相手に敬意やかしこまった様子を表す「謹んで」が含まれており「謙虚な気持ちで参加する」「控えめな態度で参加する」といった意味合いで使われます。 謹んでという表現にはこのような意味合いがあることから、謹んで参加させていただきますという言葉には、謙虚な気持ちで参加させていただきますといった意味合いが込められます。 参加いたしますという表現は、参加するという言葉に「いたします」という謙譲語をつけた表現です。 参加させていただきますという表現ばかりをつかっていると語彙力がない人だと思われてしまうこともあると言われていることから、相手や状況を見ながら使い分ける人が多いと言われています。 伺いますはシンプルで短い言い回しであることから、相手に敬意を表す際には物足りないと感じる人も多いようですが、正しい敬語表現です。 伺いますという表現は「伺う」という謙譲語に丁寧語の「ます」をつけた敬語表現です。 伺いますと似た表現に、お伺いいたしますという表現がありますが、お伺いいたしますは二重敬語となることから不適切な敬語表現だと言われています。 また伺いますという言葉には訪問するという意味合いや質問する、聞くといった意味合いが含まれる言葉であることから、話し手の意図やその時の状況から言葉の意味を読み取らなければいけないと言われています。 以下の記事では伺うという表現について詳しく紹介しているので参考になさってください。 出欠確認メールを送る側の立場になって考えると、出欠の可否がわかりやすく書かれている方が親切なメールの返信の仕方であることがわかります。 大勢の参加者がいる会議の場合には出欠確認メールを送るだけでも数十人以上となることは珍しくありません。 こういった出欠確認メールを1つ1つチェックしていかなければならないことを考えると、長々としたメールを作ってわかりにくいところに出欠の可否を書いてしまうことは相手に迷惑となってしまいます。 そのため出欠確認メールへの返信の仕方として押さえておくべきこととして、出欠の可否をわかりやすく簡潔に書くということが挙げられます。 出欠確認メールを送る側の立場になって考えると、大勢の人にメールを送る可能性もあることから簡潔に出欠の可否を書く必要があります。 だからと言って「参加します」とだけ送り返すようでは社会人としての資質を疑われてしまいます。 相手の名前や挨拶などをしっかりと書いたうえでわかりやすいところに出欠の可否を簡潔に記すような工夫をしましょう。 ちなみに以下の記事では、会社説明会の予約やキャンセルメールの例文について詳しく紹介しているのでぜひ合わせてご覧ください。 会社説明会に参加した後のお礼のメールや会社説明会についてのメールの返信の書き方などを例文を交えて詳しくお伝えしています。 是非・喜んで参加させていただきますを適切に使いこなしましょう 是非参加させていただきます・喜んで参加させていただきますという表現はビジネスシーンで使われることが多く様々な言い換え表現を合わせて押さえておくと日々の仕事に役立つと言われています。 参加させていただきますを二重敬語であると思っている人もいますが、正しい敬語表現ですので自信を持って使ってください。 しっかりとした敬語表現ができる人は周囲の人から信頼されやすく評価されやすいと言われています。 基本的なことから少しずつ押さえていくためにも、今回の是非参加させていただきます・喜んで参加させていただきますという敬語表現を適切に使いこなしましょう。 最後にこれから社会人になる方や転職活動をされている方に人気のIT業界に関する記事を紹介します。 IT業界は人手不足であると言われており、未経験者や転職者にとって働きやすい業界であるという声が多くあります。 以下の記事ではそんなIT業界の志望動機の書き方などについてお伝えしているので、お役立てください。

次の

「させていただきたく存じます」意味と使い方・敬語|メール

お伺いさせていただきたく存じます。

「お伺い」の意味 「お伺い」の意味は「聞く」「訪れる」 「お伺い」は「おうかがい」と読み、「聞く」「尋ねる」「確認する」「訪れる」「探る」という様々な意味が含まれています。 例えば道を尋ねる時、質問する時、取引先の会社を訪問する時などのシーンで「お伺い」という言葉が使われます。 状況によって「お伺い」の意味が変わってくるので、判断して使いましょう。 例えば、「質問したい事があるので、明日そちらの会社へ行きますね」という文章に「お伺い」を使うと「お伺いしたいことがございますので、明日貴社へ伺います」となりますが、一つの文章のなかに「お伺い」が二つも存在し分かりにくい文章になってしまいます。 言い回しを変えて「ご確認したいことがございますので、明日貴社へ伺います」という文章にした方が伝わりやすいでしょう。 このように場面によっては「お伺い」以外の言葉を使った方が適切な時もあります。 「お伺い」の類語 「お伺い」の類語は「お尋ね」「参る」 相手に道を聞くときや、質問をするときに「お尋ね」という言葉を使いますが、「お尋ね」は「お伺い」の類語に該当します。 「尋ねる」を謙譲語にした言葉の一つが「お伺い」となり、他にも「聞く」の謙譲語である「お聞きする」や「行く・来る」の謙譲語である「参る」などが「お伺い」の類語となります。 「お伺い」の正しい敬語表現 「お伺い」の敬語は「伺います」 「お伺い」を上司など目上の人に対して使う場合は「伺います」となります。 目上の相手からイベントや何かの集まりに呼んでもらえた際は「伺います」だけでは素っ気ないため「是非」や「必ず」「喜んで」などを付けると良いでしょう。 「お伺いします」は二重敬語だが使える 「お伺い」の敬語表現としてよく耳にする「お伺いします」という言葉ですが、「お伺いします」とは二重敬語に該当します。 「聞く」「尋ねる」「訪れる」の謙譲語である「伺う」に「お~します」という敬語表現が重なっているため二重敬語となります。 二重敬語は原則としては使用することは適切ではないとされているのですが、文化庁が公開する「」の中で、「お伺いする」は習慣として定着していると記載されています。 そのためビジネス上では、「お伺いします」と使っても問題はないと考えてよいでしょう。 「お伺いいたします」「お伺いさせていただきます」は不適切 「お伺いいたします」や「お伺いさせていただきます」は、「お伺いします」をさらに丁寧に表現した言葉です。 一見すると、丁寧に聞こえて問題ないように感じられますが「お~します」という敬語表現に「する」の謙譲語である「いたす」が加わった二重敬語です。 「お伺いします」は敬語表現として一般化しているため使われることが多いのですが、「お伺いいたします」や「お伺いさせていただきます」は過度な敬語表現になるため控えましょう。 「お伺い」の使い方 メールでも「お伺い」は使える 対話だけでなくビジネスメールや手紙などの書面でも「お伺い」を使うことは可能です。 「お伺い」という言葉自体には「聞く」や「訪れる」という複数の意味が含まれているため、前後の文章で何を伝えたいのかを的確にしましょう。 例えば、相手の会社に訪れることをメールで伝える際「お世話になっております。 明日14時に貴社へ伺いますので、よろしくお願い致します」と使えます。 例文での「お伺い」は「訪れる」の意味を持っています。 「お伺いを立てる」は確認の際に使う 「お伺いを立てる」とは上司など目上の人に対して、問題等がないか確認することを意味します。 例えば「新規プロジェクトの起案書は修正点がなかったのか、お伺いを立てておいてください」と使いうことで、「確認しておいてください」というよりも丁寧な言い回しになります。 「伺いたく存じます」を使った表現 「伺いたく存じます」とは「伺いたいと思っている」という意味です。 例えば、メールで取引先の担当者に質問をする場合「明日の会議について下記の三点を伺いたく存じます」となります。 「お伺い」を使う際の注意点 自分に対し動作がある時しか使えない 「伺う」とは謙譲語の一つですので、相手に対して自分の動作をへりくだって表現する際のみ使うことが可能です。 例えば、お客様に注文を聞く際「お伺いします」と使うことは、自分が「聞く」側となるため問題なく使えます。 しかし、お客様が料理に関して質問をしてきた際、「申し訳ございません。 料理長を連れて参りますので、伺ってください」と使うことはできません。 相手が「聞く」動作をするときは尊敬語の「お聞きください」が適切です。 まとめ 「お伺い」は「聞く」「尋ねる」「訪れる」など様々な意味を持つ便利な言葉です。 様々な意味を持つ言葉だからこそ、前後の文脈を意識することや言葉を言い換えるなどして、「お伺い」が何を意味しているのかはっきりさせましょう。 敬語表現については、二重敬語にならないよう意識して使ってください。

次の

「お伺いさせていただきます」の使い方・間違いなのか|シーン別

お伺いさせていただきたく存じます。

「伺わせていただきます」は誤用 「伺わせていただきます」は二重敬語のため避けるべし 「伺う」は、「聞く」「伝え聞く」「尋ねる」「訪問する」「行く」の謙譲語です。 「伺わせていただきます」とすると、「訪問する・行く」の謙譲語になります。 謙譲語は、自分の動作をへりくだって表現するので目上の相手に敬意を示します。 「訪問する」ときの「伺う」は、自分から目上の相手に出向くことを表します。 この場合は、自分の都合で相手が時間を割いてくれていることに対しての敬意を示していることになります。 「伺わせていただきます」は、 「伺う」=「訪問する」の謙譲語 「させて」=敬語ではない「する」の使役形 「いただく」=「もらう」の謙譲語 「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「〜させていただく」という表現は、相手の許可を受けて行う場合、それを行うことによって相手から恩恵がある場合に使用します。 「伺わせていただきます」には謙譲語が二つ含まれているので、 二重敬語となります。 二重敬語は回りくどい印象を与えてしまうため、なるべく使用は避けた方が良いでしょう。 「伺います」が正しい敬語 「伺います」は、 「伺う」=「訪問する」の謙譲語 「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「伺います」だけだと丁寧さに欠けるのではと思うかもしれませんが、 「伺います」は謙譲語+丁寧語のため、非常に丁寧な表現になります。 訪問することを何て言えば良いのか迷った場合は、シンプルに「伺います」と使うことが無難になります。 例えば、「伺います」は取引先などを訪問する際のメールで多用されます。 訪問するときに、「〜行きます」というよりも「〜伺います」といった方が丁寧です。 また「伺います」は、「よろこんで伺います」「ぜひ伺います」といったように、「伺います」の前に 「ぜひ」「かならず」「よろこんで」を付けることによって、柔らかい印象を与えることができます。 例文 ・今日ですか?よろこんで伺います。 「伺わせていただきます」以外の間違った敬語 「伺わさせていただきます」も二重敬語 「伺わさせていただきます」は、 「伺う」=「訪問する」の謙譲語 「させて」=敬語ではない「する」の使役形 「いただく」=「もらう」の謙譲語 「ます」=丁寧語 で成り立っています。 助動詞の「させる」は「いただく」を一緒に使用することで「〜させていただく」という謙虚な姿勢を表現することができます。 「伺わさせていただきます」は、謙譲語が二つ含まれているので二重敬語になります。 「伺わさせていただきます」は二重敬語でありながら、 サ入れ言葉にもなります。 サ入れ言葉とは、本来「せる」を付けなければいけない動詞に「させる」を付けてしまう誤った表現のことを言います。 五段活用の動詞には、助動詞の「させる」ではなく「せる」を付けることが原則になります。 「伺わせていただきたく存じます」も誤用 「伺わせて頂きたく存じます」は、 「伺う」=「訪問する」の謙譲語 「させて」=敬語ではない「する」の使役形 「いただく」=「もらう」の謙譲語 「存じる」=「思う」の謙譲語 「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「伺わせていただきたく存じます」には、謙譲語が三つ含まれているので 二重敬語になります。 二重敬語でもあり、少々くどい表現でもあるので「伺わせていただきたく存じます」はなるべく使用を避けた方が良いでしょう。 「伺わせていただきます」の正しい敬語表現 「伺ってもよろしいでしょうか」は面接時など質問するときに使う 「行く」の謙譲語として「伺う」を使うときは、自分から目上の相手に出向くことを表しています。 目上の相手に「行ってもいいか」と質問するときは、「伺ってもよろしいでしょうか?」と聞くようにしましょう。 例えば、面接の時に「面接日時は来週も水曜日の午後か木曜日の午後」と言われた場合に「それでは水曜日の14時に伺ってもよろしいでしょうか?」など使います。 「お伺いしてもよろしいでしょうか?」は二重敬語になりますので、注意しましょう。 「伺いたく存じます」はビジネスメールなどで願望を伝えるときに使う 目上の相手に「そちらへ行きたい」といったことを伝える際に「伺いたく存じます」と使います。 「お伺いたく存じます」は二重敬語となるので注意しましょう。 例文 ・明日の打ち合わせではこちらの商品について、伺いたく存じます。 ・部長、先日出席できなかった会議につてい、伺いたく存じます。 「伺うことができません」は「行けない」ということ 目上の相手に、行けないことを伝える場合は「伺うことができません」と使いましょう。 また「お伺いできません」は二重敬語になるため避けるべきですが、よく使われています。 例文 ・申し訳ございません、あいにく明日は予定があり、伺うことができません。 ・大変申し訳ございませんが、予定していた15日の会議ですが出張となり伺うことができなくなりました。 14日もしくは16日であればどの時間帯でも伺えます。 ご都合はいかがですか? 「お伺いします」も本来二重敬語だが、定着している 「お伺いいたします」は、 「お」=謙譲語 「伺う」=「訪問する」の謙譲語 「ます」=丁寧語 で成り立っています。 そのため「お伺いします」は厳密には 二重敬語になります。 本来は誤用になりますが、「お伺いします」は慣習的に多く使われています。 そのため「お伺いします」は使用しても問題ではありません。 ただ相手によっては失礼な印象を与えてしまう可能性もあるので、注意して使用するようにしましょう。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の