めげる 方言。 【もはや宇宙語】たぶん岡山県だけでしか通用しない強烈な方言

【女子必見】山口の方言(山口弁)を徹底解説!かわいい方言も紹介!

めげる 方言

Contents• 播州弁とは 兵庫県南西部の「播磨地方」で話される方言のこと。 関西弁の中でも最もあつかましく、「 日本一押しが強い方言」とも言われているみた いです。 わかりやすいのは京都、あれは僕からするともはやビジネス関西弁笑 汚い 当人達は何も思っていませんが、世間からの評価は厳しいようです。 そして予測候補に、 プラスなイメージの言葉が全くないのもすごい。 ・あっかいやー 駄目って事ですね。 「そんなもんあっかいやー」(そんなんアカンやろ)みたいな使い方が一般的です。 『あっかい』単体でダメという意味らしいですが、『あっかい』だけで使ってる人は聴 いたことがないですね。 ・べっちょない 「 大丈夫だ、問題ない」的な意味です。 これは一言で使える播州弁なので、使いやすいですね。 ただし最近の若い子は、使ってない気がしますね。 ちなみに、「かまへん」も同じような意味です。 ・ごーわく 腹が立つという意味です。 決して郷 ひろみ は湧きません。 Go!Go!Go~!!) 「 あいつほんまごーわくわ!!」みたいな感じで使われます。 これも最近の若い子は、どんどん使わなくなっている気がします。 ・なんどいやー 「何だよ」「何やねん」的な意味合いです。 これ使う時はだいたい 喧嘩一歩手前の時か、煽ってる時ですね(笑) 何か不満な事を言われた時に、「なんどいや?」って使い方が主な使い方です。 「お前なんどその態度?」の「なんど」ってのも「なんどいや」の意味。 でもツッコミのような感じで「なんどいやwww」って使う事もあるので、播州弁が怖いというイメージに拍車をかけていそうな言葉です(笑) ・めげる 壊れるという意味。 「お前頭めげとんちゃうんけーwww」みたいな感じです。 ほとんど聞かないかなこれは。 ・ごっつい 「 めっちゃ」、「 とても」みたいな意味です。 「めっさ」や「ごっさ」も同じ意味の播州弁だけど、僕が一番使うのは 「ばり」って表 現。 「ばり多い!」とか「ばり女好きやん」とか。 特に強調する時は、「 ばぁ~~~~~りヤバイな!!」みたいに「ば り」を伸ばします(笑) ・~け? 疑問文の最後に付く言葉です。 「お母さん今日鹿狩りに行くんけ?」「兄ちゃん毛抜けとんけ?」みたいな何にでも使 える万能播州弁。 ただこれを他の県の人が聞いて「怒ってるんかと思った。 」と言われた事もあります。 初めて聞くとビックリするかもしれませんね。 ただただ汚い言葉ですね。 若い人はほとんど使ってないと思われる。 ・えぐい これは播州弁なのか正直よく分からない(笑) えげつない的な意味ですね、ヤバイと同意味で使ってる時もある。 でも最近は使わないかなぁ。 この名称しか知らないから多分(笑) にしても美味しいよね~これ。 最後に クセが強い方言なだけあって、関東の人が播州弁を聞くと「 怖い」とか「 喧嘩し てるのかと思った」とかっていう話をよく聞きます(笑) 正直何回か言われた事はありますが、決して怒ってる訳ではないんです! 言葉のクセが強いだけなんです!!笑 逆に播州の人が聞く標準語って、違和感半端無いんですよね。 「 ~だと思ったんだよ」なんて実際に聞くと、も~めっちゃ胡散臭い(笑) 「ドラマじゃないんだから~」ってなると思う。 そんな端から見れば汚い播州弁ですが、播州弁を使う人にも優しい人は勿論います(笑) 言葉は確かに汚いかもしれませんが、キレてる訳じゃないので冷静に対処してあげて ね。 以上、播州弁のご紹介でした!.

次の

【もはや宇宙語】たぶん岡山県だけでしか通用しない強烈な方言

めげる 方言

方言の中でも、広島弁は比較的有名なものです。 すべてを知っているわけではなくても、何となく「あ、これは広島弁だな」と分かる人も多いのではないでしょうか。 今回は広島弁の基本や定番の方言について紹介します。 広島弁とは こちらでは、広島弁について集めてみました。 最近は広島弁がテレビで取り上げられることもあるので、全国で広島弁に興味を持っている人も少なくないようです・ 広島県で使われる方言 広島弁は名前の通り、広島県で使われる言葉です。 しかし、広島市を中心とする安芸の言葉、福山市を中心とする備後の2つの方言があります。 ちなみに一般的に広島弁と言われるのは安芸の方です。 広島弁のルーツは都言葉 広島弁のルーツは都言葉と言われています。 そのため、都言葉との類似点が多く見られるのです。 もちろん方言ですから多少のイントネーションやアクセントは異なります。 山口弁や石見弁と共通点の多い方言 広島弁は山口弁や石見弁との共通点が多い方言としても有名です。 現在の広島弁になるまでに、山口弁や石見弁との強いかかわりがあったのではないかと言われています。 広島弁の基本 こちらでは、広島弁の基本について集めてみました。 イントネーションやアクセントだけではなく、広島弁ならではのこと調べてみました。 広島弁のイントネーション 広島弁のイントネーションとして、標準語では下がっていく部分も広島弁ではそのまま伸ばすという特徴があるようです。 例えば「ありがとう」の場合、下がっていくのに対して広島弁は「ありがとー」とそのまま伸ばします。 広島弁のアクセント 広島弁は中輪東京式アクセントであり、単語のアクセントは近畿方言と異なって共通語に近いものがあるようです。 「アイ」のような母音が連なる言葉は「アー」と省略されやすい 母音が連なる言葉の場合、省略するのは広島弁の特徴でしょう。 例えば「アイ」の場合は「アー」と伸ばされます。 その結果、意外と分かりづらい言葉になっているものものあるようです。 格助詞の「は」や「を」は前の言葉の母音とくっつきやすい 広島弁は格助詞の「は」や「を」は前の言葉の母音とくっつきやすい特徴を持っています。 例えば「ここは」の場合は「こかあ」となるのです。 断定するときは語尾に「じゃ」がつきやすい 広島弁の特徴として、何かを断定する時には語尾に「じゃ」がつきやすいようです。 そのため、少々乱暴に聞こえる部分もあります。 定番の広島弁20選 こちらでは、広島弁で定番の言葉を集めてみました。 定番広島弁1:じゃけえ 広島弁でもっとも有名と言っても過言ではないのが「じゃけえ」です。 広島弁と言えばこの言葉を想像する人が多いと思われます。 【広島弁】じゃけえ 【標準語】だから• 「じゃけえ言うたろうが」(だから言っただろうが) 定番広島弁2:たいぎい 「たいぎい」は「面倒くさい」という意味ですが、由来などが分からない方言になっていますね。 【広島弁】たいぎい 【標準語】面倒くさい• 「彼はたいぎい」(彼は面倒くさい人だ) 定番広島弁3:しわい 「しわい」も聞いたことがあるのではないでしょうか。 比較的使用頻度が高い方言として有名です。 ただ、九州など西日本方面ではあまり聞かない言葉なので、東日本メインで使われているのかもしれません。 【広島弁】しわい 【標準語】しんどい• 「この細かい作業しわい」(この細かい作業はしんどい) 定番広島弁4:ぶち 「ぶち」は他の地域でも使われている言葉なので、その地域に住んでいる人には分かりやすい方言かもしれませんね。 【広島弁】ぶち 【標準語】メチャクチャ• 「ぶち強いわ」(メチャクチャ強いわ) 定番広島弁5:みやすい 「みやすい」と聞くと、聞き馴染みがある言葉だと感じる人が多いはずです。 しかし、それは「文字が見やすい」などの意味ではないでしょうか。 広島弁の「みやすい」は「簡単」という意味です。 言葉自体は知っていても「簡単」という意味で使っている地域は限定されます。 【広島弁】みやすい 【標準語】簡単• 「今日のテストはみやすかった」(今日のテストは簡単だった) 定番広島弁6:てご 「てご」は「手伝い」を意味します。 地域によっては「ててご」「てご」は「父親」を指すことがあるようですね。 そのため、父親を指す意味で使っている地域の人は「手伝い」という意味で違和感を覚える人も多いかもしれません。 【広島弁】てご 【標準語】手伝い• 「ちーとくらいてごぉしてくれてもええじゃろ」(少しくらい手伝ってくれてもいいだろう) 定番広島弁7:たちまち 「たちまち」という言葉も全国的に使われています。 しかし、それは「非常に短い時間で」という意味で使っている人が多いのではないでしょうか。 例えば「たちまち品切れになった」などでは聞き覚えがある人もいるでしょう。 しかし、広島弁の「たちまち」は別な意味を持っているのです。 【広島弁】たちまち 【標準語】とりあえず• 「たちまちそれでええわ」(とりあえずそれでいいです) 定番広島弁8:もろーて 「もろーて」は「頂いて」という意味です。 九州の方でも「もろて」や「もろーて」は使われている言葉なので、西日本方面では聞き覚えがある人もいるかもしれませんね。 【広島弁】もろーて 【標準語】頂いて• しかし、広島弁では別の意味を指すようです。 【広島弁】わかた 【標準語】家• 「わかたにきんさい」(家に来なさい) 定番広島弁10:ぶちまわす 「ぶちまわす」は言葉の雰囲気からみて、あまり穏やかではない意味を持っていそうですよね。 実際穏やかではない意味を持っているので、日常的に使いたくないものですね。 【広島弁】ぶちまわす 【標準語】ボコボコにする• 「あんたぁ、ぶちまわすぞ」(おまえ、ボコボコにするぞ) 定番広島弁11:やおい 「やおい」と聞いても、さっぱり何のことか分からない人も珍しくありません。 広島弁としての意味は「柔らかい」という意味ですが、一部地域では「安易」という意味もあるようです。 【広島弁】やおい 【標準語】柔らかい• 「このお肉やおいね」(このお肉柔らかいね) 定番広島弁12:こーへぇげに 「こーへぇげに」は「生意気」を指します。 あまり使用頻度は高くありませんが、広島弁の定番と言われている方言です。 【広島弁】こーへぇげに 【標準語】生意気• 「あんた、こーへぇげにやな」(あんた、生意気だね) 定番広島弁13:こすい 「こすい」は広島弁ですが、意外と全国的に使われている言葉と言えます。 地域関係なく「こすい奴だ」なんて使うこともあるんじゃないでしょうか。 正確な意味は知らなくても、何となくの意味で使っている人も珍しくないようです。 【広島弁】こすい 【標準語】せこい• 「こすい真似すんな」(せこいことしないで) 定番広島弁14:わや 「わや」も他の地域で使われている方言です。 日常生活の中で使っている人も多いので、広島弁という認識がないまま使っている人も多いでしょう。 【広島弁】わや 【標準語】ぐちゃぐちゃ• 「服がまじわやになっとるわ!」(本当に服がぐちゃぐちゃになっている!) 定番広島弁15:こがな 「こがな」は方言ですが、意外と知っている人も多いのではないでしょうか。 広島弁だけではなく、他の地域の方言としても使われていることがあるからです。 地方になればなるほど、意味が分かる人も多いのではないかと思われます。 【広島弁】こがな 【標準語】こんな• 「こがなええもんもろーてありがとう」(こんなにいいものを頂いてありがとうございます) 定番広島弁16:たいがたい 「たいがたい」は「ありがたい」を意味します。 意味を聞けば何となく分かる人もいるかもしれませんね。 方言には意味を聞いてもまったくわからないもの、意味を聞けばなんとなく伝わるもの、このふたつにわけr 【広島弁】たいがたい 【標準語】ありがたい• 「たいがたいこっちゃ」(ありがたいことです) 定番広島弁17:たいがいにせーよ 「たいがいにせーよ」は「いい加減にしなさいよ」という意味ですが、全国的に使っている人が多いので広島弁という印象が薄い方言でもあります。 意外と今回初めて広島弁であることを知った人もいるのではないでしょうか。 【広島弁】たいがいにせーよ 【標準語】いい加減にしなさいよ• 「あんたぁ、たいがいにせーよ」(あんた。 いい加減にしなさいよ) 定番広島弁18:がめる 「がめる」も知ってる人が多い言葉ではないでしょうか。 あまり頻繁に使う言葉ではありませんが、テレビなどで使われることも多いので印象に残っている人が多いようです。 【広島弁】がめる 【標準語】盗む• 「ひとのもんがめるな!」(人のものを盗むな!) 定番広島弁19:ほいなら 「ほいなら」も意味を知っている人が多い広島弁のひとつです。 【広島弁】ほいなら 【標準語】そうしたら• 「ほいならやめんさい」(それならやめなさい) 定番広島弁20:あがにー 「あがにー」は「そんなこと」という意味ですが、こちらは分かりにくい広島弁として有名ですね。 【広島弁】あがにー 【標準語】そんなこと• 「あがーなことばーっかりゆーとると嫌われるでぇ」(そんなことばかり言ってると嫌われるよ) 最近はあまり使われなくなった広島弁 こちらはあまり使われなくなった広島弁を集めました。 こちらの言葉は、年配の方が使うことが多く、若い世代はあまり使わない傾向があります。 ほんじゃあ 「ほんじゃあ」は意外と使われている印象が強い方言なのですが、広島弁としては使用頻度がどんどん減っていっているようです。 逆に他の地域で「ほんじゃ、一緒に飯食いに行こう」など使用されている傾向があります。 【広島弁】ほんじゃあ 【標準語】それじゃあ• 「ほんじゃあさいなら」(それじゃあさようなら) いたしい 「いたしい」は「難しい」を意味します。 しかし、これを初見で正解する人はいないのではないかと思うほど、共通する言葉が見当たりませんね。 最初に「いたしい」をみると「しなさい」や「痛々しい」を連想する人がいるようです。 【広島弁】いたしい 【標準語】難しい• 「いたしいこと言いんさるのぉ」(難しいことを言いますね) めげる 「めげる」は「落ち込む」という意味で使われていることもありますが、広島弁では「壊れる」が正解のようです。 どちらかと言えば「落ち込む」の意味の方が知名度としては高いかもしれません。 そのため、広島に行った時に観光者が「めげる」を聞くと、落ち込むと勘違いする場合があります。 【広島弁】めげる 【標準語】壊れる• 「人形がめげてしもうた」(人形が壊れてしまった) おごーさん 「奥さん」を意味する「おごーさん」も今は年配の方が言うくらいになってしまいました。 語源としては「奥さん」がなまって「おごーさん」になったのかもしれませんね。 方言は語源がはっきりしているものもあれば、いつの間にかみんなが話すようになったという語源不明のものもあるようです。 【広島弁】おごーさん 【標準語】奥さん• 「お前のおごーさん美人だなぁ」(あなたの奥さん美人だよね) さげる 「さげる」と聞いて、まずどんな意味を想像しますか? 持っているものを下げるという意味を考えるのではないでしょうか。 しかし、広島弁の「さげる」は「持ち上げる」という意味です。 言葉と意味が真逆なんですね。 しかし、本来の「下げる」という意味の方が大きいため、広島弁でもあまり印象が強くないイメージがあります。 【広島弁】さげる 【標準語】持ち上げる• 「そっちのはしをさげてくれやぁ」(そちら側を支えもってくれ) えっと 「えっと」は口ごもる時に使われがちな言葉ですが、広島弁では「多く」を意味します。 紛らわしい言葉ほど、使われなくなっていくイメージがあります。 広島弁を使う人と使わない人が話していると「えっと」を言うことで、会話が得意ではないという勘違いを起こされる場合もあるようです。 【広島弁】えっと 【標準語】多く• 「そがいにえっとかわぁでもええじゃろう」(そんなに多く買わなくても良いでしょう) まとめ 方言にありがちなのですが、広島弁の中でも分かりやすいもの、分かりにくいものがあります。 ただ広島弁自体がどちらかと言えばメジャーな方言です。 全部を知っている人は少ないでしょうが、ある程度聞けば「あ、これ広島弁だ」と気づく人も多いのではないでしょうか。

次の

島根県の方言とは?島根弁の特徴まとめ

めげる 方言

[使い方の一例]• 「ごじゃ」という言葉をイメージすると、「ご破算(ごはさん)」に一番近いと思います。 つまりは「今まで進めてきたことや状態をすっかり元に戻すこと。 白紙の状態にもどすこと。 」です。 一方で「わや」のイメージは「観念」に近いと思います。 つまりは「あきらめて、状況を受け入れること。 覚悟すること。 」と、がっくりとため息が出そうなときの言葉です。 使う人の心持としてはこんな感じです。 「わや」は諦めの状態・がっくりしている。 「ごじゃ」は元に戻す気持ちがある。 まだ元気。 それを踏まえてもう少し例を見てみます。 『はあ~。 なんで部屋をわやにするの。 部屋をわやにしたら駄目よ。 『おいおい。 部屋をごじゃにしたら駄目やで。 』 どちらも同じように感じますか。 前者の「わや」は親が子供に対して諦めの気持ち・いらだちの気持ちで使っています。 一方で後者の「ごじゃ」は部屋がまだ綺麗な時に注意のために優しく使うこともできますし、部屋が散らかっているときに、綺麗に片付けなさいよという気持ちで使うことができます。 「わや」と「ごじゃ」は感覚的な使い分けなので、使用している香川県人でも上手く説明しにくいです。 めげる(めぐ):壊す・壊れる時に使う。 人に対してはほぼ使わない 「めげる」は「わや」や「ごじゃ」と違い、動詞としてそのまま使います。 めげるは「めぐ」が基本形で、そこから「めげる」や「めがす」、「めいで」などと変化します。 意味は「壊す」です。 茶碗がめげた(めいだ)。 茶碗をめぐ(めがす)。 茶碗をめいどく。 こんな風に使い分けます。 例えば、小さな子供におもちゃを買うたら『めいだらもう買わへんで』とも使えますね。 似たような言葉に「いわす」・「へしゃぐ」・「つぶれる」があります。 「いわす」は主に人に対して使い、『腰をいわして重いもんがもてへん』といったように、体の調子が悪い状態を表すときに使用します。 壊すというよりも、いためるニュアンスで使います。 「へしゃぐ」は物が本来の厚みよりも薄く潰れる時に使います。 いわゆるぺちゃんこの状態ですね。 「ひしゃぐ(ひしゃげる)」ともいいます。 また物が折れ曲がった時にも使います。 「つぶれる」は複数の意味があって、『うどん屋がつぶれた』という風に、いわゆる倒産・廃業の意味でも使用します。 ただしこの場合は建物の形が残っていても使います。 商売・機能しなくなった建物で使うことで、例えば住職不在の寺を『お寺がつぶれた』と言います。 建物そのものが壊され無くなった場合は、『うどん屋が無くなった』と使います。 また、へしゃぐのように物が押しつぶされる時にも使います。 他にも物が故障している・壊れているといった、道具の調子が悪くて本来の機能が満足でない時にも使います。 じょんならん:使えない状態。 どうにもならない状態 「じょんならん」は言葉が長いのか、そんなに使用頻度が多くないように感じます。 どうにもこうにもいかへん時に使われます。 お手上げ状態ですね。 物や人、どちらに対しても使えますが、人に対して使用する時は相手の気分を害する可能性が高いです。 目上の人が目下の人に対して注意する時に使いますかね。 ただしこんな時には使えます。 『手がかじかんで、指がじょんならんなあ~』と、誰であっても同じようでありどうにもならない状態だと笑いながら使えます。 ちなみに上で紹介した「わや」とも比べておきます。 どちらもお手上げな状態を表します。 Sponsored Links さいごに。 方言は感覚で話すもの。 難しく考えなくてOK 今回似たような意味の方言の微妙なニュアンスの違い、使用例を紹介しました。 今回の説明を聞いて、そうだそうだと頷く香川県民もいれば、ちょっと違うと納得しない人もいるでしょう。 あえて文章で違いを説明するとこのような感じになりました。 方言は生活の中で自然と身に付いた独自のコミュニケーションなので、使い方も感じ方も同じ香川県民でも違うでしょう。 それで言えば私は丸亀に住んでいますが、高松にお参りに行きますと、『いね・いんまい』と言われます。 最初の頃は失礼なことをしたかなあと心配したのですが、その人にとっては普通のお見送りの言葉だったようです。 他にも祖母がよく使う言葉に「ひしてがい」があります。 意味は分かるのですが、自分が使わないので調子が悪いと頭にはてなマークが出てきます。 この「ひしてがい」は病院や薬局でよく使われるかな。 『ひしてがいのお薬』、『ひしてがいに行く』と。 「ひしてがい」は讃岐弁の「ひして」と「がいな」とは意味が違います。 香川県は日本で一番狭い県ですが、方言の微妙な違いもたくさんあります。 大雑把に言えば、土器川を境に東西の方言が変わります。 それは高松藩と丸亀藩の領地が土器川で分かれていてからだとも言われています。 また香川県の方言は京都の古語に近いとも言われています。 都からの流罪の地だったからね。

次の