プロテイン と は。 プロテイン系ダイエットの効果とは?本当に・いつから痩せるのか [ダイエット食品・サプリ] All About

プロテイン初心者でも飲みやすい人気プロテイン【迷ったらこれ!】おすすめ7選

プロテイン と は

プロテインとは何か? 「もっとも重要」なプロテイン。 「プロテイン」とは、「たんぱく質」を英語訳したものだ。 プロテインと聞くと、日本では、たんぱく質を摂取するサプリメントとして認識されていることが多い。 プロテインの語源は、古代ギリシャのことばで、「プロテイオス」ということば。 意味は「 もっとも重要なもの」という意味だ。 その重要度を表すかのように、人間のカラダは、水とプロテイン(たんぱく質)の塊といっても過言ではない。 筋肉はもちろん、内臓、骨、血液、髪の毛、皮膚、爪に至るまでたんぱく質からできている。 たんぱく質が不足するとヒトのカラダは、様々な部分が機能不全に陥ってしまう。 そうならないためにも、人間にとって「もっとも重要な栄養素」である「 たんぱく質」を適切に摂取するようにしたい。 どれくらいたんぱく質が必要なのか? たんぱく質の必要量について、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、成人だと体重1kgあたり1gが、健康的な生活を送る上で最低限必要な量とされる。 つまり、特に運動をしていない一般人であれば、体重1㎏あたり1gでこと足りる。 しかしながら、これはあくまでも特に運動していない一般人の話。 筋肉をつけたい、カッコいいカラダになりたい、競技パフォーマンスを上げたいという人間特有の欲求を達成したい場合は、1gだと少し物足りない。 日ごろから運動し、競技パフォーマンスを向上させたいアスリートや、アスリートでなくとも、筋肉をつけたい、カッコいいカラダを作りたいという人は、たんぱく質を多めに摂るコトをオススメする。 目安として、男女とも、 体重1㎏あたり2g程度摂取すると良いだろう。 プロテインパウダーの種類は? カラダ作りにプロテインパウダーが有用なことは理解いただけたと思うが、一口にプロテインパウダーといってもいくつか種類がある。 代表的なものには、その特長は以下を見てほしい。 ホエイ プロテイン 牛乳から精製されるプロテインパウダー。 吸収がはやく、筋肉の合成に有効な必須アミノ酸、BCAAが豊富 ソイ(大豆) プロテイン その名のとおり、大豆を原料としたプロテインパウダー 吸収は比較的ゆっくり。 代謝をサポートし、アルギニンが豊富 カゼイン プロテイン ホエイと同じく、牛乳から作られるプロテインパウダー ゆっくり吸収され、アスリートに有効なアミノ酸、グルタミンが豊富 この中でも、 ホエイプロテインは吸収がはやく、体内で利用される量も多いことからカラダ作り非常に有用に働く。 今やプロテインパウダーというとホエイを指すといってもよいくらいだ。 また、大豆やカゼインもそれぞれメリットはあるが、カラダをつくるということを考えると、ホエイプロテインと書かれているものを選べば、大きな間違いはないだろう。 トレーニング後30分以内 (ゴールデンタイム) まず筋肉が一番発達しやすいのは、トレーニング直後の「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間に摂ること。 このタイミングはトレーニングによって刺激された筋肉が、修復しようとして栄養を取りこみやすくなっているタイミング。 血液中にたんぱく質が豊富に存在していれば、身体作りを効率よく行えるというわけだ。 トレーニング直後に消化吸収の早いプロテインパウダーを摂取すれば「ゴールデンタイム」を逃さない。 このときには、吸収のはやい「ホエイプロテイン」が適している。 就寝前 また、就寝前のプロテイン摂取も、ホルモンの分泌と就寝中は栄養補給ができないことを考えるとよいタイミングである。 この時には、ゆっくり吸収されるカゼインがよい。 間食 あとは、一般に食事と食事の間や、食事とトレーニング直後のプロテインとの間に時間が空いてしまうときには、筋肉の分解を防ぐために間食としてトレーニング開始1時間前ごろにプロテインを追加すると良いだろう。 プロテインはどうやって選ぶのか? プロテインを選ぶうえで、注目したいポイントを教えよう。 内容成分と量の組み合わせ 望む結果を得るためには、栄養成分もそれなりの量を摂る必要がある。 たんぱく質も同様だ。 まずは1食あたり、たんぱく質が十分に摂れるものを選びたい。 また、栄養素には組み合わせて摂ることで、相乗的に働くものもあるので、補助成分も注目してほしい。 安全性 口に入れるものであるために、まずは安全なことが前提。 品質管理がしっかりとなされている国内工場で生産されたものがオススメ。 また、アスリートは、ドーピング違反に対するリスクも知っておく必要がある。 アンチドーピング等、安全性が確認できるものを選ぼう。 コストパフォーマンス プロテインは、継続してこそのもの。 あまりに価格が高くても継続できなければ意味がない。 継続できる価格のモノを選ぼう。 飲みやすさ 自分の好みの味のほうが継続もしやすく、様々なフレーバーがあるほうが飽きずに継続できるだろう。

次の

プロテインはタイミングが命。筋トレ効果を上げる飲み方とは?

プロテイン と は

私たち人間の体の大部分は、このたんぱく質と水分によってできているといっても過言ではなく、筋肉はもちろん、骨や内臓、血液、髪の毛、皮膚、爪など、体を構成する多くの部位がたんぱく質からできています。 しかし、スポーツや筋トレなど運動習慣のある方は、体を動かさない方よりもたんぱく質の損失量が多くなるため、より多くのたんぱく質が必要となるのです。 そこで活躍するのがプロテイン。 そもそもプロテインとは、英語で「たんぱく質」を意味する言葉ですが、現在は「プロテインパウダー」として広く認識されています。 プロテインパウダーは、水や牛乳などで溶いて飲むのが一般的です。 人間の体にとって重要な栄養素であるたんぱく質を、効率的に摂取できる物として広く用いられています。 1日に必要なたんぱく質の量ですが、体を動かす習慣がそこまでない方と、アスリートや筋肉をつけたい方とでは、大きく変わってきます。 まず、一般的な日本人が1日に必要なたんぱく質は、「摂取エネルギーの13~20%」が理想的といわれています。 推奨量としては、成人男性で1日60g、成人女性は1日50gほど。 また、「体重1kgに対してたんぱく質1g」という見方もあります。 一方、日常的に運動する方や筋肉をつけたい方、ボディメイクをしたい方の場合は、こうした一般的な量よりも多めにたんぱく質をとることが推奨されています。 目安としては、男女ともに「体重1kgに対してたんぱく質2g」程度。 例えば、体重50kgの方が筋肉をつけたい場合は、1日100gほどのたんぱく質が必要となります。 筋肉をつけたいからといって、「体重1kgに対して2g」のたんぱく質を食事だけでとるのは、意外とたいへんなもの。 たんぱく質の量を優先して食事メニューを決めると、余計な脂質やカロリーを摂取してしまうことにもなりがちです。 そこで活用したいのがプロテインです。 脂質やカロリーをできるだけ抑え、食事だけでは摂取しきれないたんぱく質をプロテインで補うことが、筋肉量を増やしたりボディメイクしたりする際の基本となっています。 また、筋肉をつけるだけでなく、体をしぼりたいという場合にも、プロテインは活用されています。 減量のための食事メニューでは、どうしてもたんぱく質が不足しがちとなるため、必要な筋肉も失ってしまうリスクがあります。 脂肪を落としつつ、できるだけ筋肉量や代謝をキープするためにも、プロテインによるたんぱく質の摂取は有効なのです。 まず、プロテインを飲むベストなタイミングは、筋トレと合わせて飲む方が多いことからもわかるように、「運動後30分以内」とされています。 これは、筋肉を構成するたんぱく質の合成が、運動を終えてから数時間のうちに最も活発に行われるため。 運動終了後は、できるだけ早めにたんぱく質を摂取することが効果的です。 運動後に摂取するたんぱく質の量は、「20~30g(体重1kgに対して0. 25~0. 4g)」が推奨されています。 1日分のたんぱく質の必要量を、一度にこのタイミングで摂取してしまわないようにしましょう。

次の

プロテインを飲むと太るのか?適切な飲み方とは

プロテイン と は

プロテインの基本編• 選び方&飲み方編• 栄養学と資料編• プロテインと雑学編• 選び方&飲み方編2• 栄養学と資料編2• プロテインメーカーに質問!• プロテインと雑学編2• 栄養学と資料編3• 選び方&飲み方編3• 栄養学と資料編4• 栄養学と資料編5• 選び方&飲み方編4• 選び方&飲み方編5• リンク集• 過去の日誌一覧• プロテインレポート(一覧)• プロテインレポート2• 栄養学と資料編6• プロテインレポート3• 更新履歴•

次の