くせ毛 メンズ セット。 大学生がしたい髪型メンズ特集!くせ毛の男性必見!

【美容師監修】くせ毛のメンズにおすすめの髪型15選

くせ毛 メンズ セット

こんにちは。 2012年の22歳の時に原宿・表参道エリアで美容室『MAX』を立ち上げ、代表も務める戸来 正博と、スタイリング剤開発をしているMameです。 僕たちは根っからのくせ毛であります。 そしてお店にいらっしゃる お客様からもくせ毛で前髪がうまくセットできないと、ご相談を多くお受けしております。 当店は、お客様のそれぞれの お悩みに特化した完全貸切美容室です。 そのような理由からでしょうか、 通常の髪質(直毛、健康毛)のお客様は一切いらっしゃいません。 また、開店当初(2012年〜2014年)は戸来のLINEと店頭のみでお悩み相談を実施しておりましたが、2015年からは美容院MAMとして役立つ情報を提供するサイトを運営、さらに、2019年からはを開設しました。 ご来店できないお客様のご意見も取り入れてくせ毛のためのスタイリング剤やシャンプーを作らせていただいています。 いつもお客さま、ご相談者さまの貴重なご意見に支えられております。 髪の毛が一本、一本違う方向に向いている。 目立つ。 このような状態ですと自分のセットが下手なのか? そのように落ち込んでしまう方もいらっしゃいます。 前髪はS字にうねっています・・・ そしてこの記事ではくせ毛前髪のうねり、チリチリのお客様を楽にするために作ったスタイリング剤『』についてもご紹介しています! くせ毛の前髪のセット方法は意外にもこれだけ? このような爆発するくせ毛、前髪がうねるというお悩みであれば、 プリュム・デュールをつけるか、その上からヘアアイロンでセットするだけで、個人差はありますが、 ある程度 まっすぐにすることができます。 もちろんストパーみたいにしっかりとしたストレートになはりませんが、 自然にまとめたい方にはおすすめです。 今回商品開発のリーダーが自分の髪質で実証した動画がありますのでよかったら見て下さい。 ドライヤーもヘアアイロンも使わず、くせ毛の前髪を落ち着かせる感じを見ていただけたら嬉しいです。 検証動画の通り、『油分』があれば前髪のくせ毛や剛毛のボサボサを落ち着かせることがわかりました。 もともと、美容院MAXでは、 ヘ アオイルを固形化したワックスを2015年に発売しました。 このワックスはもともと女性用に作られたワックスでしたが、男性のお客様でもご使用になられる方が増えてきました。 そのような理由から、2017年からメンズ向けのプリュムワックスづくりを開始しており、2018 年に試作品が完成し、プリュム・デュールは少数の店頭先行販売で完売しましたが、現在はネット販売を開始しました。 ご来店くださるお客様へ使用させていただいております。 プリュム・デュールはヘアオイルの効果もありつつ、ある程度のセット力もあるのが最大の特徴です。 例えば、ヘアアイロンとの併用で、前髪を自然に流しつつ、セットすることができます。 また、固めず前髪のキープ力があるので、 おでこの細い毛が気になる方にもおすすめです。 前髪がうねる時のイライラから解放されたと喜びのお声をいただきました。 ありがとうございます。 また、くせ毛を伸ばす効果の他に、トップをねじって束間を出したり、前髪を立ち上げたりすることができます。 アイロンを使わない場合でも、動きを出してパーマっぽくセットできますのでそちらもご紹介します。 前髪を下ろす場合 うねりを抑える方法 このくらいだと、寝癖直しでドライヤーをかけつつ、早くて3 分くらいでセットできます。 朝の忙しい時間でも、十分な時間ですよね。 ではどのような感じでセットしたか、画像付きでコツをお教えしますね。 ここでポイントですが、普通のワックスと違って固まりません。 ですから少しずつ、重ねてつけていくのがポイントです。 なじませつつ、少し時間を置くとくせ毛のパサついた部分に染み込んでいく感じがします。 なぜ染み込んでいく感じがするのか? というと、このワックスのオイルは美容液にも使われていますが、アルガンオイルと、ホホバオイルを使っているからです。 保湿効果が高いのでワックスなのにしっとりする、という不思議な感覚があります。 また、 固まらないという利点を使って、ドライヤーで熱を与えてくせ毛を伸ばすこともできます。 ねじったり、立ち上げたりすることができます。 毎回オールバックでスタイリング剤で固めてますが、もうちょっと自然なセットに今後変えていきたいと考えています。 良い解決策があればご教授ください。 メール相談 確かに、くせ毛をどうにか抑えるようと 『固める』というのも効果のある手段です。 ただ、もうちょっと自然なセットにしたい・・・ ということで、プリュム・デュールをご使用いただきました。 とはいえ、何もつけないとこのようにチリついた前髪が目立ちます。 いかがでしょうか。 前髪のうねり、チリ付きをカバーしつつ、セット力もしっかりありますよね。 縮毛矯正のご検討もされていましたが、あえてくせ毛を活かす髪型に。 パサパサしやすいくせ毛は、プリュム・デュールでツヤを与えることでくせ毛がパーマのように見えますね。 くせ毛でさらに剛毛なお客様。 くせ毛の中でもチリチリしやすい髪質でした。 ツーブロックにカット後、ドライヤーとプリュム・デュールでくせ毛をナチュラルにセットしました。 かなりの毛量があって、ボリューム満点の髪質のお客様。 ツーブロックで髪色を明るくすることで視覚的にくせ毛を軽く見せました。 くせ毛前髪セットは乾かし方も大切? 自然にくせ毛をセットするポイントについて使用するワックスに重点を置いて話してきましたが、ドライヤーでの乾かし方も重要なので、そこについても触れていこうと思います。 そもそもくせ毛は根元から曲がって生えています。 kao. html ですから極力物理的に伸ばすために、乾かす時にドライヤーの熱を根元に当てて、 ぐいっと引っ張りながら乾かしましょう。 この頭皮に当てるのがポイントです。 初心者は毛先に当てがちですがそれは間違いです。 毛先に当ててもかみは乾きにくいですし、毛先が傷んで余計くせ毛を悪化させます。 反対方向へも引っ張って乾かしましょう。 後頭部はおろそかになりがちですが、しっかり乾かさないとだらしなく見えてしまいます。 そんな時は首を横に曲げて下からドライヤーの温風を当てましょう! 注意としては、同じ箇所に温風を2秒以上当てないことです。 頭皮と髪の毛を痛めやすいので。 そして、前髪へ温風を当てる際も、最初は分ける方向とは逆から温風を当てて、最後に分けたい方向へセットするのがベストですね。 正しい乾かし方と、くせ毛にあったスタイリング剤(ワックス)を使えば、くせ毛もパーマっぽくオシャレに見せることが可能なのです。 最後はプリュム・デュールでセット。 こんな感じです。 くせ毛前髪をパーマっぽく見せるにはワックスが効果的な理由 ここからは なぜ『オイル』でくせ毛がこんなにまとまるのか? という根拠を書いていきたいと思います。 まずパーマとくせ毛の『見た目』として決定的な違いは髪の毛の表面にあります。 この『見た目』が重要です。 左の画像が天然のくせ毛(天パ)です。 右の画像が直毛にパーマをかけたものです。 天然のくせ毛は表面がザラザラ、でこぼこしています。 一方直毛にパーマをかけたものは表面はツルツルと平らです。 パーマは直毛をカールさせているだけです。 髪の毛内部のタンパク質の結合を一旦切ってくっつけただけなので、痛めること以外は髪の毛表面は特に変化を与えません。 これはカット、つまり美容師のカット腕前ではどうしようもできない問題です。 ここのザラザラ、凸凹のくせ毛にオイルをつけることで程よくコーティングしてくれます。 そうすることで 光の乱反射を防ぎ、くせ毛特有のチリチリ、うねうねした『見た目』をカバーしてくれるのです。 その分かりやすい例をご紹介しましょう。 カットしてプリュム・デュールをつけただけです。 プリュムワックス(女性用)をつけただけで、ストレートに見えるようになりました。 縮毛矯正などは一切かけておりませんが、くせ毛特有のチリチリが収まり、 まっすぐに見えます。 これも髪の毛の表面をコーティングしたからです。 プリュムワックス(女性用)をつけただけです。 パサつきが全くなくなる、と嬉しいお言葉をいただきました(LINEにて)。 またくせ毛である僕たちが重要と考えているのは 『素人でも扱いやすい商品』です。 くせ毛の人は、パーマとは違い、 髪のまとまらなさから、かなりのイライラを抱えやすものです。 それから解放されることは、 心の余裕も生まれるということです。 特に時間のない現代人は朝の髪のセットの時間は短い方がいいですよね。 ですからセットが簡単な、かつベタつかないプリュム・デュールはおすすめです。 くせ毛の表面はザラザラ、でこぼこしていますから、スタイリング剤の油分でコーティングしてあげれば、綺麗に見えます。 トリートメントも髪の毛表面のコーティングがメインです。 しかし、高いお金を出して美容室でトリートメントしても、実際には1回のシャンプーですぐに落ちてしまいます。 美容室が自分で言ってしまうのもなんですが・・・ 実際高いトリートメントはくせ毛にとって実質的な意味はあまりないのです。 ここは多くの人が勘違いしている部分ですね。 だったらスタイリング剤で毎回髪の毛をコーティングする方がくせ毛にとって楽だと考えています。 なぜならくせ毛前髪を綺麗に見せるにはコーティングの他にもある程度のセット力が必要だからです。 これらを考慮し、くせ毛前髪より楽に綺麗に見せるためにどのようにすれば良いか?を考え、2015年にプリュムワックスを開発しました。 そして、メンズに最適な『』を開発に至りました。 ちなみに、プリュムワックスもデュールも、コーティングはシャンプーで取れるので気軽にお使いいただけます。 >>プリュム・デュールが人気メディアでも高評価が出ました。 まとめ いかがでしたか? 今回は、メンズ必見!くせ毛の前髪のセット方法が意外すぎる件について記事を書いてみました。

次の

くせ毛・天然パーマの原因と対策、セット・スタイリング法【メンズヘア総合ナビ】

くせ毛 メンズ セット

くせ毛の種類 剛毛のくせ毛 剛毛は1本1本が硬い性質であるため、直毛傾向が強くスタイリングに時間がかかってしまうこともありますが、 タンパク質の結び付きが強く、キューティクルの状態も正常なので髪質としては良好と言えるでしょう。 剛毛を判断する際には1本の毛を両手で持ってピンと張ります。 そして片方の指を離したとき、水平に近い状態であればあるほど剛毛と判断できます。 軟毛のくせ毛 軟毛は、細くて柔らかい髪質です。 キューティクルに隙間があるため乾燥しがちになり、すぐに切れてしまう、枝毛といった髪トラブルも起きがちです。 一方で髪質が柔らかいため、スタイリングがまとめやすく、様々なアレンジがしやすい、ボリューム感を演出できるといった特徴もあります。 軟毛であるかをチェックするには、1本の毛の両端を持って引っ張ってみてください。 プチッと切れてしまうようであれば剛毛ですが、弾力性があり伸びるのであれば軟毛です。 ヘアワックスを選ぶ際のポイント 目指すヘアスタイルを決める 自分がしたいヘアスタイルを決めること、これがワックスを選ぶポイントになります。 立ち上がりを意識したヘアスタイルでは持続性が決め手になるため、キープ力を重視しましょう。 またウエットな仕上がりにする場合は水分量の多い物が必要になります。 ツヤを演出したい場合は保湿成分が含まれたものがよいですし、ツヤを抑えてナチュラルに仕上げたい場合は、マットなワックスを選ぶことが求められます。 髪質に合ったワックスを選ぶ 髪質によっても選び方が違ってきます。 剛毛の場合はタンパク質の結合がしっかりしており、キューティクルの隙間もほとんどないため、髪に馴染みやすいファイバーやクリームタイプが適しています。 手ぐしでヘアセットできるという特徴もあるため、初心者でも扱えます。 軟毛の場合は、ドライ系やハード系をおすすめします。 いずれも油分量が少なく、軽い仕上がりになります。 ハード系はキープ力が高くなっており、 軟毛を活かしたボリューム感あるヘアアレンジや動きのあるヘアスタイルに適しています。 髪の長さによって変える 髪の長さも重要なポイントです。 髪は長くなるほど、頭部に沿って曲がる性質があるため、立ち上がりにくくなります。 ワックスは多かれ少なかれ油分を含んでいますが、髪の毛が長くなるほどなじませる面積も広くなり、その分重さも増加してしまいます。 立ち上げる仕上がりにしたい、ふわっとした仕上がりにしたい場合は、ショートヘアを主体にすると決めやすいです。 やん割仕上がりにする場合は、スプレーを併用することもポイントになります。 くせ毛に合ったセット方法 ドライヤーを活用する メンズのくせ毛をセットするのには、ドライヤーを活用しましょう。 あらゆる方向に曲がっていたり、うねっているような場合は、ワックスするだけではまとまりません。 全体にまとまりのある形で整え、ヘアスタイルのベースをつくるには、ドライヤーがポイントになります。 まず霧吹きを使って軽く髪を濡らします。 タオルで頭髪をパンパンと軽く叩くようにして、水分を軽くとります。 次に頭皮から20cmほど離して、手ぐしで髪を整えながらドライヤー中に自分がしたい形に変えていきます。 髪を濡らして素早くドライヤーで乾燥させることでクセを修正しやすくなります。 ドライヤーが終わってからワックスを付けてヘアスタイルを調整すると決まりやすくなります。 前上方にセットしていく 前髪が決まらないという方もいるかもしれません。 このような場合もドライヤーがポイントになります。 まず前髪に霧吹きをかけて軽く濡らします。 前髪だけを濡らしてセットすると全体的なまとまりが欠けるため、前髪の周囲も軽く濡らしましょう。 次にクシや指を使って前髪を前上方に伸ばした状態でドライヤーを近づけて乾かしながら、ヘアスタイルを整えていきます。 前髪が乾いたら周囲の濡れた髪もドライヤーを使って乾燥させます。 美容師がおすすめする剛毛のくせ毛におすすめのワックス5選!! アミノ酸系シャンプーに変える くせ毛の悪化は使用しているシャンプーが原因になっているかもしれません。 洗浄力が強すぎると過剰に皮脂が洗い流されてしまい髪が細くなったり柔らかくなることがあります。 シリコン入りシャンプーの場合は、毛穴に詰まることでも髪の成長を阻害してしまいくせ毛の原因になりかねません。 くせ毛におすすめできるのは、アミノ酸の洗浄成分を配合した アミノ酸系シャンプーです。 洗い上がりがマイルドになることや頭皮への刺激が少ないため、シャンプーを原因とするくせ毛を改善・予防してくれるので、くせ毛で悩んでいる方は検討してみてください。 くせ毛の方におすすめのシャンプーをまとめた記事は以下で紹介しています。

次の

ワックスセットの仕方!プロのワックスの塗り方テクニックを学ぼう!

くせ毛 メンズ セット

こんにちは。 2012年の22歳の時に原宿・表参道エリアで美容室『MAX』を立ち上げ、代表も務める戸来 正博と、スタイリング剤開発をしているMameです。 僕たちは根っからのくせ毛であります。 そしてお店にいらっしゃる お客様からもくせ毛で前髪がうまくセットできないと、ご相談を多くお受けしております。 当店は、お客様のそれぞれの お悩みに特化した完全貸切美容室です。 そのような理由からでしょうか、 通常の髪質(直毛、健康毛)のお客様は一切いらっしゃいません。 また、開店当初(2012年〜2014年)は戸来のLINEと店頭のみでお悩み相談を実施しておりましたが、2015年からは美容院MAMとして役立つ情報を提供するサイトを運営、さらに、2019年からはを開設しました。 ご来店できないお客様のご意見も取り入れてくせ毛のためのスタイリング剤やシャンプーを作らせていただいています。 いつもお客さま、ご相談者さまの貴重なご意見に支えられております。 髪の毛が一本、一本違う方向に向いている。 目立つ。 このような状態ですと自分のセットが下手なのか? そのように落ち込んでしまう方もいらっしゃいます。 前髪はS字にうねっています・・・ そしてこの記事ではくせ毛前髪のうねり、チリチリのお客様を楽にするために作ったスタイリング剤『』についてもご紹介しています! くせ毛の前髪のセット方法は意外にもこれだけ? このような爆発するくせ毛、前髪がうねるというお悩みであれば、 プリュム・デュールをつけるか、その上からヘアアイロンでセットするだけで、個人差はありますが、 ある程度 まっすぐにすることができます。 もちろんストパーみたいにしっかりとしたストレートになはりませんが、 自然にまとめたい方にはおすすめです。 今回商品開発のリーダーが自分の髪質で実証した動画がありますのでよかったら見て下さい。 ドライヤーもヘアアイロンも使わず、くせ毛の前髪を落ち着かせる感じを見ていただけたら嬉しいです。 検証動画の通り、『油分』があれば前髪のくせ毛や剛毛のボサボサを落ち着かせることがわかりました。 もともと、美容院MAXでは、 ヘ アオイルを固形化したワックスを2015年に発売しました。 このワックスはもともと女性用に作られたワックスでしたが、男性のお客様でもご使用になられる方が増えてきました。 そのような理由から、2017年からメンズ向けのプリュムワックスづくりを開始しており、2018 年に試作品が完成し、プリュム・デュールは少数の店頭先行販売で完売しましたが、現在はネット販売を開始しました。 ご来店くださるお客様へ使用させていただいております。 プリュム・デュールはヘアオイルの効果もありつつ、ある程度のセット力もあるのが最大の特徴です。 例えば、ヘアアイロンとの併用で、前髪を自然に流しつつ、セットすることができます。 また、固めず前髪のキープ力があるので、 おでこの細い毛が気になる方にもおすすめです。 前髪がうねる時のイライラから解放されたと喜びのお声をいただきました。 ありがとうございます。 また、くせ毛を伸ばす効果の他に、トップをねじって束間を出したり、前髪を立ち上げたりすることができます。 アイロンを使わない場合でも、動きを出してパーマっぽくセットできますのでそちらもご紹介します。 前髪を下ろす場合 うねりを抑える方法 このくらいだと、寝癖直しでドライヤーをかけつつ、早くて3 分くらいでセットできます。 朝の忙しい時間でも、十分な時間ですよね。 ではどのような感じでセットしたか、画像付きでコツをお教えしますね。 ここでポイントですが、普通のワックスと違って固まりません。 ですから少しずつ、重ねてつけていくのがポイントです。 なじませつつ、少し時間を置くとくせ毛のパサついた部分に染み込んでいく感じがします。 なぜ染み込んでいく感じがするのか? というと、このワックスのオイルは美容液にも使われていますが、アルガンオイルと、ホホバオイルを使っているからです。 保湿効果が高いのでワックスなのにしっとりする、という不思議な感覚があります。 また、 固まらないという利点を使って、ドライヤーで熱を与えてくせ毛を伸ばすこともできます。 ねじったり、立ち上げたりすることができます。 毎回オールバックでスタイリング剤で固めてますが、もうちょっと自然なセットに今後変えていきたいと考えています。 良い解決策があればご教授ください。 メール相談 確かに、くせ毛をどうにか抑えるようと 『固める』というのも効果のある手段です。 ただ、もうちょっと自然なセットにしたい・・・ ということで、プリュム・デュールをご使用いただきました。 とはいえ、何もつけないとこのようにチリついた前髪が目立ちます。 いかがでしょうか。 前髪のうねり、チリ付きをカバーしつつ、セット力もしっかりありますよね。 縮毛矯正のご検討もされていましたが、あえてくせ毛を活かす髪型に。 パサパサしやすいくせ毛は、プリュム・デュールでツヤを与えることでくせ毛がパーマのように見えますね。 くせ毛でさらに剛毛なお客様。 くせ毛の中でもチリチリしやすい髪質でした。 ツーブロックにカット後、ドライヤーとプリュム・デュールでくせ毛をナチュラルにセットしました。 かなりの毛量があって、ボリューム満点の髪質のお客様。 ツーブロックで髪色を明るくすることで視覚的にくせ毛を軽く見せました。 くせ毛前髪セットは乾かし方も大切? 自然にくせ毛をセットするポイントについて使用するワックスに重点を置いて話してきましたが、ドライヤーでの乾かし方も重要なので、そこについても触れていこうと思います。 そもそもくせ毛は根元から曲がって生えています。 kao. html ですから極力物理的に伸ばすために、乾かす時にドライヤーの熱を根元に当てて、 ぐいっと引っ張りながら乾かしましょう。 この頭皮に当てるのがポイントです。 初心者は毛先に当てがちですがそれは間違いです。 毛先に当ててもかみは乾きにくいですし、毛先が傷んで余計くせ毛を悪化させます。 反対方向へも引っ張って乾かしましょう。 後頭部はおろそかになりがちですが、しっかり乾かさないとだらしなく見えてしまいます。 そんな時は首を横に曲げて下からドライヤーの温風を当てましょう! 注意としては、同じ箇所に温風を2秒以上当てないことです。 頭皮と髪の毛を痛めやすいので。 そして、前髪へ温風を当てる際も、最初は分ける方向とは逆から温風を当てて、最後に分けたい方向へセットするのがベストですね。 正しい乾かし方と、くせ毛にあったスタイリング剤(ワックス)を使えば、くせ毛もパーマっぽくオシャレに見せることが可能なのです。 最後はプリュム・デュールでセット。 こんな感じです。 くせ毛前髪をパーマっぽく見せるにはワックスが効果的な理由 ここからは なぜ『オイル』でくせ毛がこんなにまとまるのか? という根拠を書いていきたいと思います。 まずパーマとくせ毛の『見た目』として決定的な違いは髪の毛の表面にあります。 この『見た目』が重要です。 左の画像が天然のくせ毛(天パ)です。 右の画像が直毛にパーマをかけたものです。 天然のくせ毛は表面がザラザラ、でこぼこしています。 一方直毛にパーマをかけたものは表面はツルツルと平らです。 パーマは直毛をカールさせているだけです。 髪の毛内部のタンパク質の結合を一旦切ってくっつけただけなので、痛めること以外は髪の毛表面は特に変化を与えません。 これはカット、つまり美容師のカット腕前ではどうしようもできない問題です。 ここのザラザラ、凸凹のくせ毛にオイルをつけることで程よくコーティングしてくれます。 そうすることで 光の乱反射を防ぎ、くせ毛特有のチリチリ、うねうねした『見た目』をカバーしてくれるのです。 その分かりやすい例をご紹介しましょう。 カットしてプリュム・デュールをつけただけです。 プリュムワックス(女性用)をつけただけで、ストレートに見えるようになりました。 縮毛矯正などは一切かけておりませんが、くせ毛特有のチリチリが収まり、 まっすぐに見えます。 これも髪の毛の表面をコーティングしたからです。 プリュムワックス(女性用)をつけただけです。 パサつきが全くなくなる、と嬉しいお言葉をいただきました(LINEにて)。 またくせ毛である僕たちが重要と考えているのは 『素人でも扱いやすい商品』です。 くせ毛の人は、パーマとは違い、 髪のまとまらなさから、かなりのイライラを抱えやすものです。 それから解放されることは、 心の余裕も生まれるということです。 特に時間のない現代人は朝の髪のセットの時間は短い方がいいですよね。 ですからセットが簡単な、かつベタつかないプリュム・デュールはおすすめです。 くせ毛の表面はザラザラ、でこぼこしていますから、スタイリング剤の油分でコーティングしてあげれば、綺麗に見えます。 トリートメントも髪の毛表面のコーティングがメインです。 しかし、高いお金を出して美容室でトリートメントしても、実際には1回のシャンプーですぐに落ちてしまいます。 美容室が自分で言ってしまうのもなんですが・・・ 実際高いトリートメントはくせ毛にとって実質的な意味はあまりないのです。 ここは多くの人が勘違いしている部分ですね。 だったらスタイリング剤で毎回髪の毛をコーティングする方がくせ毛にとって楽だと考えています。 なぜならくせ毛前髪を綺麗に見せるにはコーティングの他にもある程度のセット力が必要だからです。 これらを考慮し、くせ毛前髪より楽に綺麗に見せるためにどのようにすれば良いか?を考え、2015年にプリュムワックスを開発しました。 そして、メンズに最適な『』を開発に至りました。 ちなみに、プリュムワックスもデュールも、コーティングはシャンプーで取れるので気軽にお使いいただけます。 >>プリュム・デュールが人気メディアでも高評価が出ました。 まとめ いかがでしたか? 今回は、メンズ必見!くせ毛の前髪のセット方法が意外すぎる件について記事を書いてみました。

次の