ジャネット モンゴメリー。 海外ドラマ「ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ」公式サイト

ジャネット・モンゴメリー:「THIS IS US 36歳、これから」オリビア役、「ブラックスワン」マデリーン役など

ジャネット モンゴメリー

男に犯され続けたは男は己を被害者と認めたくなく無いがために自己正当化をしてゲイになって行く事がとても多い。 そんな生い立ちを抱える様子をオーランドブルームが見事に演じている。 特に女とセックスする時は絶対にバックからでしか出来ず何を観せられても興奮出来ずお尻の穴でオナニーをせざるを得ないシーンなどは彼の苦しみが感じられてとても良かった。 それを分かった上で…この男の人間性が弱過ぎて腹が立ってきます。 子供の頃レイプされたことを自分で大層な事に仕立て上げすぎている事が鼻について100パーセント味方になってあげられない笑 己の問題を肥大化させ過ぎている為、今この瞬間あの神父の被害に遭ってる子が居るかもしれないというところまで全く考えが及ばない頭の弱い身勝手な男の話に感じられてきます。 それにしても展開がだらだらし過ぎでイライラしてきます。 退屈…という表現がピッタリ。 当然あの神父は自分の姪っ子にだって手を出してるわけで、だからこそ姪っ子はあれだけ可愛い子を使ってるわけであって・・・だからこそ最後の姪っ子のあの顔なわけですね。 それが分からないとこの映画は殆ど理解できていないのと一緒だろうと思います。 己が焼かれる姿を姪に見せる事で少しでも「神はいる」と思わせるのが優しさなんでしょうが… 子供を犯して平気で生きてきた奴がこんな他人の事を考えて綺麗な最期を迎えるわけがない笑 死ぬまで平気で私は何もやってないって言いますよ。 そこが一番不満でしたね。 ブルーカラーを演じるにはオーランドブルームの顔立ちは綺麗すぎる これは本当に不幸な事でもっと歳を重ねて顔が崩れてきてからが彼の真骨頂な気がします。 ピアースブロスナンの苦労を思えば彼もきっとあと20年したらすごくいい俳優になっている…はずです。 誰より破壊がうまい解体作業員のマルキー。 子供の頃はよく女の子に間違われました。 しかし今は恋人エマや親友にまで暴力を振るいます。 2年間服役した過去もあります。 母親は「こんな子に育てた覚えはない」と言いエマにも理由はわかりません。 マルキーはひとりになると自分を性的に犯し虐待します。 マルキーにはまだ幼い少年だった12歳の時に教会で性的虐待を受けた過去がありました。 その司祭が30年ぶりで地元に帰還します。 マルキーは復讐のためハンマーを手に教会へ向かいます… 原題「ROMANS」 使徒パウロの手による書簡ローマ人への手紙です。 12章19節・20節 復讐は私のすること あなたの敵が飢えていたなら食べさせよ そうすれば燃える炭火を彼の頭に積める 映画の重要なテーマとなっています。 マルキーと同じような過去を持つ男は「相談すれば楽になる」と言います。 暗闇では己の手も信じられない。 神は見捨ててない。 君自身が見捨てたのでは? 自動販売機の前にいた少年は神!? ここからネタバレしてます マルキーは司祭ジムと握手し和解します。 しかしその後ジムはあのようなことを… 姪の心にも傷を残します。 ジムも長年にわたり苦しんでいたのか? こうなることをマルキーは望んでいたのか? もし来世があるなら幸せになってほしい。 映画には数多くの「復讐」ものがありますが「許す」ことを選択するものは珍しいですね。

次の

ジャネット・モンゴメリー:「THIS IS US 36歳、これから」オリビア役、「ブラックスワン」マデリーン役など

ジャネット モンゴメリー

サンドリーヌ・ホルト Sandrine Holt というと、知られているのはやっぱり「24」のエヴリン・マーティン役でしょうか。 スーツが似合う知的な女性だけど、戦闘的な鋭利な雰囲気を出せるひと。 お父さんが中国、お母さんがフランスのひとだそうで、アジア系キャラとしての出演も多いんですね。 「メンタリスト」シーズン2・第14話「ギャングの血」ではチョウの恋人のエリースを演じていました。 おしとやかな美しい女性で、こういう役でも魅力的でした。 途中で変な去りかたをしていましたけど、また色々な作品で活躍してくれることと思います。 「ダニーのサクセスセラピー」では最後の3話ぐらいに、インディアというそのままの役名で出演。 TK というモテモテのアメフト選手の恋人役で、かわいさと品のよさを披露していました。 「シカゴP. 」のシーズン2ではお金持ちの奥さんレイラ・ロズリンを演じて、ボディガードのアントニオに興味を持っている様子を見せたりして。 ここではゴージャスな雰囲気でしたけど、やっぱりすぐ分かるインディア・ド・ボーフォードです。 「NCIS:LA」シーズン8の第9話と16話には、G・カレンの妹、アレクサンドラ・レイノルズという落ち着きのある女性を演じでいました。 アレクサンドラなんだけど、本当のファーストネームはニキータという。 カレンの妹だけあって、いろいろ複雑なようでした。 「NYボンビーガール」シーズン6・第10話には Winona という役で出演したそうで。 ウィノナと読んでいいんでしょうか。 日本の FOX は、もう放送しないんでしょうかね。 演じていたのはマーネット・パターソン Marnette Patterson。 ケイリー・クオコが演じるビリーという見習い魔女がいて、クリスティはビリーのお姉さん。 子供のころに誘拐されて監禁されていたという設定でした。 ビリーに助けられたあともクリスティは複雑な立場で、最後はちょっとかわいそうな感じで終わったのが印象に残っています。 マーネット・パターソンは子供のころから女優活動をしていたらしくて、「スーパーナチュラル」シーズン1・第5話「鏡の中の真実」にエピソードのヒロインであるチャーリー役で出演しています。 最近までよく出ていたレズビアンのハッカー女性とは別のチャーリーですね。 「チャームド」以降もちょこちょこと作品に出ているようで、「メジャークライム」シーズン4・第13話「リアリティ番組の表と裏」にはドナ・コクランという気の荒い奥さん役で出演。 キレイなひとなのに、ダンナとガンガン言い争う姿が豪快でした。 「チャームド」での印象もあって、このひとには長く活躍してほしいなと思っています。 HOUSE ドクター・ハウス」 シーズン6 第10話「医師ウィルソン」アシュレイ役 リンク: 「Major Crimes 〜重大犯罪課」シーズン3・第4話「消せない傷」という回にローラ・デイという女性キャラが出てきました。 レイプ被害者の役だったんですけど、このひとが輝いているというか、存在感があるというか、とても印象に残る女性でした。 演じたのはニッキー・デローチ Nikki Deloach。 アメリカの女優の中では特別キレイではないかもしれませんけど、ひきつけるものがあって、演技力もすごいんだろうなと思わせるひとです。 「ザ・プレイヤー 究極のゲーム」第4話にモニカ・カペッロ役で出演すると知って、ついでなのでこのドラマの最初から見ることにしました。 おかげで、9話で打ち切りになって何も解明されないブツ切りな最後を見ることができました。 2011年からは「オークワード 不器用ジェナのはみだし青春日記」にレイシー・ハミルトン役で計83話出演したそうで。 レイプ被害者役からコメディまでこなすニッキー・デローチ、今後も色々な役で活躍してくれると思います。 JFK にはジュディス・キャンベルという愛人がいたそうで、そのジュディスを演じたのがエレナ・サティン Elena Satine。 キレイで優雅で、さすが大統領の愛人と思わせる演技を見せていました。 「24:レガシー」第9話「8:00 P. 」では名前もなく「ナセリの部下」みたいな役で。 出演してる時間も短かったんですけど、それでもかっこいい演技でインパクトを残していました。 日本の FOX で2017年12月から放送される「The Gifted」にはドリーマーという役で出演しているようで。 ちょっとネットで動画を見たら顔がややふっくらした感じもするんですけど、楽しみにしたいと思います。 演じたのはケイティ・サリフ Katie Sarife。 ケイティー・サライフという表記もあるようです。 奇妙な事件におびえる様子や、勇気を出して怪物とたたかう姿など、若いひとですけどしっかりした演技を見せてくれました。 ライリーやマヤたちの同級生なんですけど、ちょっと大人びたというか、醒めた女の子の役で安定感を発揮していました。 Twisted Sisters という映画では Maria という役で、4人の主役のひとりのようで。 ここで共演のシエラ・マコーミックは「スーパーナチュラル」のリリス役でインパクトを残した女の子なんですね。 興味深い組み合わせです。 その代わりアレックスとシェルビーは、ともに美しい女性でありながら、ちがった個性で分かりやすいですね。 シェルビーを演じているのは、ジョアンナ・ブラッディ Johanna Braddy。 結婚・離婚後、いまはフレディ・ストローマと交際中とか婚約中とかのようですけど、これほどの女性なら共演者もほうっておかないと思います。 ジョアンナ・ブラッディを初めて見たのは「ダニーのサクセスセラピー」シーズン3・第2話「愛を求めて」のシンディ役でした。 子供のときに「ボタンちゃん」という愛称でスターだったけど落ちぶれてる設定のシンディ。 再起をかけてドラマでヌードになるはずが、豪快に台無しにしちゃったのが印象に残っています。 WEB作品「ビデオゲーム・ハイスクール」ではジェニー・マトリックス役で。 ネットで無料で見られて、ジョアンナ・ブラッディはここでもすごくかわいいです。 リンク: (ジョアンナ・ブラッディは第2話から出演) ジョアンナ・ブラッディさんのその他の主な出演作品: 映画 「小悪魔はなぜモテる?! その上でさらに、圧倒的に美しい女優さんがいたりします。 鼻を整形したことを公表しているようですけど、そりゃそうだろうと言うか、何もしなかったらあんなにキレイにはなれないように思います。 「フロム・ダスク・ティル・ドーン ザ・シリーズ」での幻想的な演技も、あの美しさがあってこそ。 このドラマのあとも映画を中心にいろいろ仕事が決まっているようで、制作側のひとたちからも必要とされているようです。 私生活ではカルビン・ハリスと交際しているそうで。 整形を告白しちゃうのも余裕なぐらい、すべてがうまくいってるみたいですね。 ナゼこのようなひとがリグスビーとくっつくのか不思議に思ってしまうほど。 演じたアマンダ・リゲッティ Amanda Righetti は、さぞかし人気も評価も高めたかと思います。 アマンダ・リゲッティは「メンタリスト」に出演していた時期に「シカゴファイア」シーズン2・第20話と「シカゴP. 」シーズン1・第12話のクロスオーバーに出ているんですね。 ホリー・シーランという小児科の先生の役で。 知的で上品な女性がテロ事件で悲しい思いをしながらも、やさしい心を大切にする姿を演じていました。 ヴァンペルトで見せていたものはアマンダ・リゲッティのほんの一面でしかなかったのかもと思わせるものがありました。 最近のアマンダ・リゲッティは Colony というドラマに Madeline という役で出演していて。 戦闘系のハードなドラマで大人の女性の雰囲気を出しているようで、グッとくるものがあります。

次の

ニュー・アムステルダム第4話のネタバレ感想|混乱する病院【ドラマ】

ジャネット モンゴメリー

サンドリーヌ・ホルト Sandrine Holt というと、知られているのはやっぱり「24」のエヴリン・マーティン役でしょうか。 スーツが似合う知的な女性だけど、戦闘的な鋭利な雰囲気を出せるひと。 お父さんが中国、お母さんがフランスのひとだそうで、アジア系キャラとしての出演も多いんですね。 「メンタリスト」シーズン2・第14話「ギャングの血」ではチョウの恋人のエリースを演じていました。 おしとやかな美しい女性で、こういう役でも魅力的でした。 途中で変な去りかたをしていましたけど、また色々な作品で活躍してくれることと思います。 「ダニーのサクセスセラピー」では最後の3話ぐらいに、インディアというそのままの役名で出演。 TK というモテモテのアメフト選手の恋人役で、かわいさと品のよさを披露していました。 「シカゴP. 」のシーズン2ではお金持ちの奥さんレイラ・ロズリンを演じて、ボディガードのアントニオに興味を持っている様子を見せたりして。 ここではゴージャスな雰囲気でしたけど、やっぱりすぐ分かるインディア・ド・ボーフォードです。 「NCIS:LA」シーズン8の第9話と16話には、G・カレンの妹、アレクサンドラ・レイノルズという落ち着きのある女性を演じでいました。 アレクサンドラなんだけど、本当のファーストネームはニキータという。 カレンの妹だけあって、いろいろ複雑なようでした。 「NYボンビーガール」シーズン6・第10話には Winona という役で出演したそうで。 ウィノナと読んでいいんでしょうか。 日本の FOX は、もう放送しないんでしょうかね。 演じていたのはマーネット・パターソン Marnette Patterson。 ケイリー・クオコが演じるビリーという見習い魔女がいて、クリスティはビリーのお姉さん。 子供のころに誘拐されて監禁されていたという設定でした。 ビリーに助けられたあともクリスティは複雑な立場で、最後はちょっとかわいそうな感じで終わったのが印象に残っています。 マーネット・パターソンは子供のころから女優活動をしていたらしくて、「スーパーナチュラル」シーズン1・第5話「鏡の中の真実」にエピソードのヒロインであるチャーリー役で出演しています。 最近までよく出ていたレズビアンのハッカー女性とは別のチャーリーですね。 「チャームド」以降もちょこちょこと作品に出ているようで、「メジャークライム」シーズン4・第13話「リアリティ番組の表と裏」にはドナ・コクランという気の荒い奥さん役で出演。 キレイなひとなのに、ダンナとガンガン言い争う姿が豪快でした。 「チャームド」での印象もあって、このひとには長く活躍してほしいなと思っています。 HOUSE ドクター・ハウス」 シーズン6 第10話「医師ウィルソン」アシュレイ役 リンク: 「Major Crimes 〜重大犯罪課」シーズン3・第4話「消せない傷」という回にローラ・デイという女性キャラが出てきました。 レイプ被害者の役だったんですけど、このひとが輝いているというか、存在感があるというか、とても印象に残る女性でした。 演じたのはニッキー・デローチ Nikki Deloach。 アメリカの女優の中では特別キレイではないかもしれませんけど、ひきつけるものがあって、演技力もすごいんだろうなと思わせるひとです。 「ザ・プレイヤー 究極のゲーム」第4話にモニカ・カペッロ役で出演すると知って、ついでなのでこのドラマの最初から見ることにしました。 おかげで、9話で打ち切りになって何も解明されないブツ切りな最後を見ることができました。 2011年からは「オークワード 不器用ジェナのはみだし青春日記」にレイシー・ハミルトン役で計83話出演したそうで。 レイプ被害者役からコメディまでこなすニッキー・デローチ、今後も色々な役で活躍してくれると思います。 JFK にはジュディス・キャンベルという愛人がいたそうで、そのジュディスを演じたのがエレナ・サティン Elena Satine。 キレイで優雅で、さすが大統領の愛人と思わせる演技を見せていました。 「24:レガシー」第9話「8:00 P. 」では名前もなく「ナセリの部下」みたいな役で。 出演してる時間も短かったんですけど、それでもかっこいい演技でインパクトを残していました。 日本の FOX で2017年12月から放送される「The Gifted」にはドリーマーという役で出演しているようで。 ちょっとネットで動画を見たら顔がややふっくらした感じもするんですけど、楽しみにしたいと思います。 演じたのはケイティ・サリフ Katie Sarife。 ケイティー・サライフという表記もあるようです。 奇妙な事件におびえる様子や、勇気を出して怪物とたたかう姿など、若いひとですけどしっかりした演技を見せてくれました。 ライリーやマヤたちの同級生なんですけど、ちょっと大人びたというか、醒めた女の子の役で安定感を発揮していました。 Twisted Sisters という映画では Maria という役で、4人の主役のひとりのようで。 ここで共演のシエラ・マコーミックは「スーパーナチュラル」のリリス役でインパクトを残した女の子なんですね。 興味深い組み合わせです。 その代わりアレックスとシェルビーは、ともに美しい女性でありながら、ちがった個性で分かりやすいですね。 シェルビーを演じているのは、ジョアンナ・ブラッディ Johanna Braddy。 結婚・離婚後、いまはフレディ・ストローマと交際中とか婚約中とかのようですけど、これほどの女性なら共演者もほうっておかないと思います。 ジョアンナ・ブラッディを初めて見たのは「ダニーのサクセスセラピー」シーズン3・第2話「愛を求めて」のシンディ役でした。 子供のときに「ボタンちゃん」という愛称でスターだったけど落ちぶれてる設定のシンディ。 再起をかけてドラマでヌードになるはずが、豪快に台無しにしちゃったのが印象に残っています。 WEB作品「ビデオゲーム・ハイスクール」ではジェニー・マトリックス役で。 ネットで無料で見られて、ジョアンナ・ブラッディはここでもすごくかわいいです。 リンク: (ジョアンナ・ブラッディは第2話から出演) ジョアンナ・ブラッディさんのその他の主な出演作品: 映画 「小悪魔はなぜモテる?! その上でさらに、圧倒的に美しい女優さんがいたりします。 鼻を整形したことを公表しているようですけど、そりゃそうだろうと言うか、何もしなかったらあんなにキレイにはなれないように思います。 「フロム・ダスク・ティル・ドーン ザ・シリーズ」での幻想的な演技も、あの美しさがあってこそ。 このドラマのあとも映画を中心にいろいろ仕事が決まっているようで、制作側のひとたちからも必要とされているようです。 私生活ではカルビン・ハリスと交際しているそうで。 整形を告白しちゃうのも余裕なぐらい、すべてがうまくいってるみたいですね。 ナゼこのようなひとがリグスビーとくっつくのか不思議に思ってしまうほど。 演じたアマンダ・リゲッティ Amanda Righetti は、さぞかし人気も評価も高めたかと思います。 アマンダ・リゲッティは「メンタリスト」に出演していた時期に「シカゴファイア」シーズン2・第20話と「シカゴP. 」シーズン1・第12話のクロスオーバーに出ているんですね。 ホリー・シーランという小児科の先生の役で。 知的で上品な女性がテロ事件で悲しい思いをしながらも、やさしい心を大切にする姿を演じていました。 ヴァンペルトで見せていたものはアマンダ・リゲッティのほんの一面でしかなかったのかもと思わせるものがありました。 最近のアマンダ・リゲッティは Colony というドラマに Madeline という役で出演していて。 戦闘系のハードなドラマで大人の女性の雰囲気を出しているようで、グッとくるものがあります。

次の