三浦 春 馬 ドラマ 最終 回。 日本版ドラマ『TWOWEEKS(ツーウィークス)』あらすじと原作!最終回の結末ネタバレも

【最終回】「TWO WEEKS」第10話 三浦春馬は比嘉愛未と娘の稲垣来泉を助けられるか?第9話ネタバレあらすじ

三浦 春 馬 ドラマ 最終 回

もくじ• ドラマ「TWO WEEKS」のあらすじとネタバレ 「三浦春馬」が夏ドラマで主演、フジ得意の韓流ドラマ・リメイクで父親役? — 今日のエンタメニュース Yo80xW3GcM9xuHO 三浦春馬に娘がいた! 主人公の結城大地(三浦春馬)は、前科があって、日陰でひっそり暮らしていました。 ある日、元恋人の青柳すみれ(比嘉愛未)が訪ねてきて、血液検査をしてほしいと言います。 2人は8年前、大学生の時に付き合っていて、すみれは、結城大地(三浦春馬)にフラれた後に妊娠が発覚、出産して、 シングルマザーになっていました。 娘のはな(稲垣来泉)が急性白血病になったことで、父親である結城大地(三浦春馬)に血液検査をしてもらって、骨髄が合えばドナーになって欲しかったのです。 病院でドナー検査をした帰りに娘に会うと、急に父性が沸き上がって、愛しく思えました。 2人の骨髄が合って、2週間後に手術をすることに決まりました。 必ず、娘のために2週間後に手術をすることを約束しますが・・・。 逃亡生活始まる そんな時に、元暴力団で今は実業家の会長、柴崎要(高嶋政伸)の愛人の柏木愛役(立花恵理 )が殺される事件が起きて、結城大地(三浦春馬)が容疑者として指名手配されます。 結城大地(三浦春馬)には、前科があって、前にも会長に濡れ衣を着せられて、逮捕されていました。 結局、結城大地(三浦春馬)は、逮捕されてしまいますが、 2週間後の娘の手術があるので、捕まるわけにはいきません! 護送中に交通事故が起きて、脱走してからの逃亡生活が始まります。 青柳すみれ(比嘉愛未)の今の恋人は有馬海忠 刑事(三浦貴大)で、すみれの娘のはなの父親が結城大地(三浦春馬)と知って葛藤しながら追います。 また、会長の養子で殺し屋の灰谷(磯村勇斗)謎の男も追います。 会長の秘書の間宮裕(久保田悠来)も怪しい! 月島楓(芳根京子)検事は、会長と国会議員の癒着を独自に調べていて、結城大地(三浦春馬)の冤罪を知って、味方になってくれます。 そして、結城大地(三浦春馬)と握手したところを写真に収めて、いざとなったら、「逃走犯と手を組む国会議員」と公表する準備をします! また、 刑事の中にスパイがいたことで、今まで青柳すみれ(比嘉愛未)や結城大地(三浦春馬)が行くところの情報が漏れていたことに気付いて、それを利用しました。 スパイの刑事が会長に嘘の手術の日を伝えます。 しかも、父親だとわかり・・・ナイフを落としました。 柴崎会長(高嶋政伸)は、結城大地(三浦春馬)を殺そうとしますが、 ベッドに寝ていたのは人形でした。 逃げる会長を捕まえて、倉庫に縛り付け、警察が会長を捕まえようとした瞬間、倉庫が爆発します。 え~っ!結城大地(三浦春馬)が犯人になっちゃう? いいえ、会長はライターの火で縄を燃やそうとして、火が薬品に引火して爆発しました。 手術は無事に成功 後日、娘のはなの骨髄移植手術は、無事に成功して、結城大地(三浦春馬)の過去2回の傷害事件の再審の裁判が始まります。 結城大地(三浦春馬)の冤罪が認められて、親子で暮らすのでしょうか。 しかし、すみれ(比嘉愛未)には、有馬刑事(三浦貴大)がいますから、どうなるの? 娘と約束の結末 青柳すみれ(比嘉愛未)は、結城(三浦春馬)と有馬(三浦貴大)どちらも選ばずに、娘と2人で暮らします。 結城大地(三浦春馬)は、「娘の8年間の内の2週間だけが父親だった。 父親らしくなって戻って来る」と言って立ち去ります。 父親らしさって何?そばにいたり、いざとなった時に力を貸してくれるのが父親じゃないの? 最後には、娘が「パパ」と呼ぶ声に振り返る結城大地(三浦春馬)の姿で終わります。 何年後に戻ってきた姿でしょうか? 10月からのこの時間は、ドラマ「まだ結婚できない男」で、続編で13年後も結婚できてない男を阿部寛さんが演じます。 ドラマ・がおもしろそう!.

次の

TWOWEEKS(三浦春馬)を見逃し!第1話~最終回のフル動画を見る方法!

三浦 春 馬 ドラマ 最終 回

三浦春馬さん演じる結城大地は検事。 殺人の濡れ衣を着せられ、逃亡しながらも、娘の命を救うために二週間奔走するという内容で、それでタイトルが「TWO WEEKS」です。 そして、ヒロインに抜擢されたのが若手演技派女優の芳根京子さん。 彼女の演じる月島楓は、大学卒業後すぐに司法試験を合格した秀才の新米検事。 8年前の殺人事件がきっかけで父親を亡くし、その事件の黒幕に復讐するために、独自で捜査を・・・。 しかし、楓の協力者が黒幕に迫っていた矢先、殺害されてしまいます。 その現場に居合わせたのが結城大地で、楓は逃亡した結城の担当検事に名乗り出ます。 三浦さんは今回父親役ですが、事情があって愛していながらも別れた恋人が産んでいた娘の父親であり、その存在を8年間知らなかった・・・という背景。 そして、その娘が白血病である事を告げられ、ドナーに適合した。 しかし、殺人の濡れ衣を着せられ、逃亡生活という窮地の中でどうやって娘の命を救うのか?切なくも、とてもスリリングな、TWO WEEKS手に汗握る展開となりそうです。 芳根さん演じる楓が、真犯人にどう迫るのか?そこが大きなストーリーの見どころとなっていくでしょう。 TWO WEEKS日本版 キャスト 結城大地 — 三浦春馬 有馬海忠- 三浦貴大 柴崎要- 高嶋政伸 久我早穂子- 黒木瞳 月島楓- 芳根京子 青柳すみれ- 比嘉愛未 原作 — 韓国MBC製作『TWO WEEKS』 脚本 — 山浦雅大 主題歌 演出 — 本橋圭太、木内健人 制作著作 — カンテレ みんなの感想 20代女性 カンテレで放送される 三浦春馬さんが主演のドラマ「TWO WEEKS」このドラマは殺人未遂によって服役をしていた過去のある主人公は人生に対して絶望をしているなかで自分には八歳になる娘がいるということをかつて付き合っていた女性に打ち明けられたことで人生が変わっていきます。 娘は白血病を患っていて、ドナーがいないと命が危ないということを知り、これまで全うに生きてこなかった人生、建て直そうと娘の命を救うことを心に決めるという展開ということで、感動的なストーリーなのかと思いきや、殺人の冤罪によって逃げなくては娘を助けることが出来ないというサスペンス的な要素も含んでいます。 30代女性 三浦春馬さんのファンにはたまらないドラマの予感、、 これまで存在を知らなかった娘のために、冤罪を主張するよりも逃げることでドナーとなり娘のことを救う決意し、二週間逃げていくという二週間だけのストーリーはどうなるのかワクワクします。 ドラマTWO WEEKS。 正に二週間のドラマがどのようになるのか、父親というイメージのない三浦春馬さんが愛情溢れる父親役を演じるというのも期待しています。 30代男性 火9ドラマTWO WEEKS三浦春馬さんが父親役というのもなかなか新鮮です。 冤罪によって逃げる主人公が無実を伝えないのは白血病の娘を二週間後の手術のために捕まるわけにはいかないという展開は訳ありで見応えがありそうです。 冤罪を晴らすことが出来るのか、逃げるなかでさまざまな人にサポートしてもらいながら、さまざまな危機を乗り越えることが出来るのではないでしょうか。 20代男性 新ドラマTWO WEEKS娘の命の危機を乗り越えていきながら、サポートしてくれた人との恋愛も育んでいきそうな予感がします。 逃げながらもどうやって冤罪を証明することが出来るのか、真犯人を追うなかでサスペンスアクションも楽しませてくれそうな予感がします。 動画配信サービス 「TWO WEEKS」は視聴できる? 三浦春馬20197月スタート新ドラマ 「TWO WEEKS」日本版を見逃したら 「TWO WEEKS日本版」最新回の見逃し配信なら TVERでおそらく見れるはず 2019夏ドラマ7月スタート.

次の

三浦春馬「TWO WEEKS」最終回7・7%締め

三浦 春 馬 ドラマ 最終 回

もくじ• ドラマ「TWO WEEKS」のあらすじとネタバレ 「三浦春馬」が夏ドラマで主演、フジ得意の韓流ドラマ・リメイクで父親役? — 今日のエンタメニュース Yo80xW3GcM9xuHO 三浦春馬に娘がいた! 主人公の結城大地(三浦春馬)は、前科があって、日陰でひっそり暮らしていました。 ある日、元恋人の青柳すみれ(比嘉愛未)が訪ねてきて、血液検査をしてほしいと言います。 2人は8年前、大学生の時に付き合っていて、すみれは、結城大地(三浦春馬)にフラれた後に妊娠が発覚、出産して、 シングルマザーになっていました。 娘のはな(稲垣来泉)が急性白血病になったことで、父親である結城大地(三浦春馬)に血液検査をしてもらって、骨髄が合えばドナーになって欲しかったのです。 病院でドナー検査をした帰りに娘に会うと、急に父性が沸き上がって、愛しく思えました。 2人の骨髄が合って、2週間後に手術をすることに決まりました。 必ず、娘のために2週間後に手術をすることを約束しますが・・・。 逃亡生活始まる そんな時に、元暴力団で今は実業家の会長、柴崎要(高嶋政伸)の愛人の柏木愛役(立花恵理 )が殺される事件が起きて、結城大地(三浦春馬)が容疑者として指名手配されます。 結城大地(三浦春馬)には、前科があって、前にも会長に濡れ衣を着せられて、逮捕されていました。 結局、結城大地(三浦春馬)は、逮捕されてしまいますが、 2週間後の娘の手術があるので、捕まるわけにはいきません! 護送中に交通事故が起きて、脱走してからの逃亡生活が始まります。 青柳すみれ(比嘉愛未)の今の恋人は有馬海忠 刑事(三浦貴大)で、すみれの娘のはなの父親が結城大地(三浦春馬)と知って葛藤しながら追います。 また、会長の養子で殺し屋の灰谷(磯村勇斗)謎の男も追います。 会長の秘書の間宮裕(久保田悠来)も怪しい! 月島楓(芳根京子)検事は、会長と国会議員の癒着を独自に調べていて、結城大地(三浦春馬)の冤罪を知って、味方になってくれます。 そして、結城大地(三浦春馬)と握手したところを写真に収めて、いざとなったら、「逃走犯と手を組む国会議員」と公表する準備をします! また、 刑事の中にスパイがいたことで、今まで青柳すみれ(比嘉愛未)や結城大地(三浦春馬)が行くところの情報が漏れていたことに気付いて、それを利用しました。 スパイの刑事が会長に嘘の手術の日を伝えます。 しかも、父親だとわかり・・・ナイフを落としました。 柴崎会長(高嶋政伸)は、結城大地(三浦春馬)を殺そうとしますが、 ベッドに寝ていたのは人形でした。 逃げる会長を捕まえて、倉庫に縛り付け、警察が会長を捕まえようとした瞬間、倉庫が爆発します。 え~っ!結城大地(三浦春馬)が犯人になっちゃう? いいえ、会長はライターの火で縄を燃やそうとして、火が薬品に引火して爆発しました。 手術は無事に成功 後日、娘のはなの骨髄移植手術は、無事に成功して、結城大地(三浦春馬)の過去2回の傷害事件の再審の裁判が始まります。 結城大地(三浦春馬)の冤罪が認められて、親子で暮らすのでしょうか。 しかし、すみれ(比嘉愛未)には、有馬刑事(三浦貴大)がいますから、どうなるの? 娘と約束の結末 青柳すみれ(比嘉愛未)は、結城(三浦春馬)と有馬(三浦貴大)どちらも選ばずに、娘と2人で暮らします。 結城大地(三浦春馬)は、「娘の8年間の内の2週間だけが父親だった。 父親らしくなって戻って来る」と言って立ち去ります。 父親らしさって何?そばにいたり、いざとなった時に力を貸してくれるのが父親じゃないの? 最後には、娘が「パパ」と呼ぶ声に振り返る結城大地(三浦春馬)の姿で終わります。 何年後に戻ってきた姿でしょうか? 10月からのこの時間は、ドラマ「まだ結婚できない男」で、続編で13年後も結婚できてない男を阿部寛さんが演じます。 ドラマ・がおもしろそう!.

次の