ス ヴァルト ピレン 250。 ハスクバーナ・ヴィットピレン「エアロ」はまだか?

ハスクバーナのスクランブラー「スヴァルトピレン」に250ccモデルが登場

ス ヴァルト ピレン 250

ニューモデルのスヴァルトピレン250は、ハスクバーナならではのスタイリッシュなデザインの車体に250ccクラスのエンジンを搭載した、スクランブラータイプの軽二輪モデルである。 エンジンは排気量248. 車体には軽量コンパクトなスチール製トレリスフレームを用いており、WP製のサスペンションとの組み合わせにより、レスポンスのいいハンドリングを実現しているという。 また、LED式のヘッドランプ/テールランプや最新のボッシュ製ABSを備えるなど、装備も充実。 ハスクバーナの2020年モデルのラインナップについては、同車の新規採用に加えて既存のモデルもグラフィックやトリム、カラーなどを刷新。 発売時期はスヴァルトピレン701のみが未定で、その他のモデルはいずれも2020年4月の予定となっている。 価格は以下の通り。 スヴァルトピレン250:59万9000円• スヴァルトピレン401:69万5000円• スヴァルトピレン701:127万5000円• ヴィットピレン401:68万円• ヴィットピレン701:125万8000円 (webCG).

次の

ハスクバーナのスクランブラー「スヴァルトピレン」に250ccモデルが登場

ス ヴァルト ピレン 250

メーカー:ハスクバーナ 車種名:VITPILEN 250 排気量:248. 8cc 発売日:2020年2月(インド) 価格:不明 カラー:1色? ヴィットピレン250の発売日はいつ? ヴィットピレン250の発売日ですが、インドで 2020年2月を予定しているようです。 ハスクバーナと言えばKTM、KTMと言えばハスクバーナ。 KTMの小排気量車は インド製ですね。 ということで、ヴィットピレン250もKTM同様にインドの バジャージ・オートで作られるものと思われます。 バジャージ・オートと言えば、現在は KTMの筆頭株主ですよね。 本国インドでは2020年2月14日に発売と報じられていますが、果たして日本で購入出来るかというと…現状は 未定となっています。 ちなみにメーカー公式ホームページを見てみると、 スヴァルトピレン250は存在するものの… ヴィットピレン250はページが無い…。 まぁこれは日本語ページ以外もそうなので、これが理由でヴィットピレン250が日本に入ってこないということではないかと。 250ccという 日本では調度良い排気量だけに、間違いなく日本での販売もあるでしょう! 順当に考えると、インドでの発売開始から多少遅れて… 2020年夏頃の導入ではないでしょうか? 車名 ヴィットピレン250 ヴィットピレン401 デューク250 型式 全長[mm] 全幅[mm] 全高[mm] 1,357 1,357 シート高[mm] 835 830 重量[kg] 148(乾燥) 147(乾燥) エンジン型式 水冷単気筒DOHC 水冷単気筒DOHC 総排気量[cc] 373. 2 248. 0 72. 1 圧縮比 12. 6 12. 5 13. ハスクバーナって あんまり色が無い気がしますね。 ハスクカラーのみ…と言いますか…。 ヴィットピレン250とスヴァルトピレン250を比較! 兄弟車となるヴィットピレン250とスヴァルトピレン250を 比較してみたいと思います。 重ね合わせたのがこちらの画像。 出典: , 大きな違いはやはり ハンドル高さ。 そして タイヤが違いますが、 ホイールも違うってのは面白いですね。 正面からを並べるとこんな感じです。 出典: , ついでと言ってはアレですが、 デューク250とも比較してみましたよ。 一応 フレーム位置合わせになっています。 バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

次の

スヴァルトピレン250(SVARTPILEN)の発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?

ス ヴァルト ピレン 250

とてもシンプルなデザインをしており「オールドルック」とも「近未来的」ともとれるその見た目はまさにネオクラシック。 ピレンファミリーは「ヴィットピレン・スヴァルトピレン」共に最高排気量が692ccであり、その下に400ccクラスの中型が控えています。 シンプルイズベストという言葉がマッチする、このピレンファミリーは 『その美しさ』と 『KTMの傘下であるハスクバーナ』という事で、コアなライダーに注目されています。 そんな注目のあるピレンファミリーの中に250ccクラスが新たに仲間入りを果たす可能性が見えてきました。 クリック出来る目次• 基本的に車検は2年毎に訪れる点検行事であり、400cc以上のバイクは避けては通れません。 しかし、今までの外車メーカーのラインナップときたら大型がかなり多い!250~400ccクラスなんてものは限られたメーカーしかないというのがほとんどでした。 外車には日本メーカーには無い魅力があり、惹かれる人も多いのですが 「大型」 や「車検有り」という壁にぶつかって諦めていた人も結構いますよね。 現段階ではピレンファミリーの250ccクラスが日本に上陸するかまでは、情報はありませんが期待出来ると思います。 ヴィットピレン250、スヴァルトピレン250の現段階での情報 ヴィット&スヴァルト250cc両車種の 登場は確実かも? 追記:スヴァルトピレンの情報としては 【発売日2020年4月予定】で 【価格は59万9,000円】と発表されています! この2つの車両の動画が「ハスクバーナ・モーターサイクルズ・インディア」のYouTubeチャンネルにもアップされているくらいであり、発売情報などが見え始めるのも時間の問題になってくると予想出来ます。 8 373. 5 9. シート高835mmはビットピレン401と同じであり、更に大型である701ともほぼ変わりません。 日本人にはちょっと高めのシート高設定とはなっていますが、流石のハスクバーナと言った所でしょう。 小排気量のライディングスペックに妥協はありませんね! しかし、搭載機能自体はどこまでなのかちょっと分かりません。 (ABSがある事だけ確認済) ヴィットピレン250の見た目 見た目もヴィットピレン401とほとんど変わりがありませんね! マイナーチェンジとして小排気量帯を出すという事でしょうが、ライディングスペックを妥協せずにと考えると見た目やシルエットは似てくるものなのでしょう。 8 373. 5 9. ピレンファミリーは既に401の時点で小排気量の ガチバイクとしてのスペックを確立しており、その スタイリングからスペックに至るまで一流の車種となっているのは間違いありません! スヴァルトピレン250の見た目 スヴァルトピレンも250と401の違いは五とんど見受けられません。 これにより250ccのピレンが気になる!となっているライダーに1つだけ伝える事が出来る部分があります。 ピレンファミリーで2019年12月現在で販売されている車種は401と701です。 上記2モデルが気になっているという人は下記リンクへジャンプ!.

次の