1 時間 歩く カロリー。 1時間のウォーキングで消費されるカロリーは?

【体重別】1時間歩く・走る・自転車に乗ると何キロカロリー消費できるのか【METs一覧】

1 時間 歩く カロリー

ジョギングやランニングより手軽なウォーキングは、多くのダイエッターが実践するダイエット方法です。 しかし、毎日ウォーキングを行っている方のなかでもウォーキンの消費カロリーを理解している方は多くはないはずです。 そこで今回は、ウォーキングの消費カロリーの計算方法をご紹介します。 ウォーキングにおける消費カロリーは、歩数や距離でどう変わるのでしょうか?• 歩く距離、速度によってどう変わっていくのか ウォーキングの消費カロリーは、歩く距離や速さによって変わります。 また、距離で見ていくと 体重55kgの人の場合は、 1,000m 1km で43kcal程度 3,000m 3km で130kcal程度 5,000m 5km で217kcal程度 消費することができると推測されます。 ウォーキングの効果 ウォーキングの代表的な効果として、 ・ダイエットに役立つ ・運動不足解消 ・生活習慣病の予防 ・血行促進 ・ストレス解消 などが挙げられます。 また、ウォーキングの特徴としては、 ・体への負担が少ない ・老若男女問わず行うことができる ・お金がかからない ・場所を選ばない ・特別な技術は不要 といったことが挙げられます。 ジョギング、散歩との消費カロリーの違い ジョギング ジョギングは、ウォーキングより運動量が多いため、当然消費カロリーも多くなります。 ただし、ゆっくりなスピード 6. ちなみに、ジョギングの消費カロリーについては、より簡易的な計算方法があります。 散歩の場合は、ウォーキングよりも時間も短くなることが多いと思うので、消費カロリーからというと梨1個分が豆乳コップ1杯分程度です。 効果が出やすいウォーキングの方法.

次の

1時間ウォーキングの効果とは?|歩数・歩行距離・消費カロリーまとめ

1 時間 歩く カロリー

3kg)• 5Kg) 体重や、走り方で消費カロリーはだいぶ変わってきますが、 だいたい以上のようになります。 より分かりやすいように以下のような計算機を作ってみました。 消費カロリー: Kcal 落ちる体脂肪の目安: g 1ヶ月毎日続けた時に落ちる体脂肪: Kg ちなみに、今回は「時間ごと」の消費カロリーですが、「距離ごと」の消費カロリーについてもまとめています。 簡単な計算方法もまとめているので、ぜひこちらも合わせてご覧ください。 ウォーキングは痩せるのに非効率? ウォーキングの消費カロリーを見ていきましたが、 これは他の運動と比べてどの程度なのでしょうか? 各運動の1時間の消費カロリーを大まかにまとめました。 ランニングの半分程度しかカロリーは消費しないのです。 このように単純に消費カロリーだけを比較すると、 ウォーキングはダイエットとしてはあまり効率的とは言えません。 ただ、「ウォーキングがダイエットは向いていないのか」というと、 決してそんなことはないのです。 ウォーキングには他の運動にはないメリットがあります。 他の運動と比較した時のウォーキングのメリット ウォーキングは消費カロリーが低く、あまり効率的ではないということを説明しましたが、 ここではウォーキングならではのメリットについて説明します。 ウォーキングの代表的なメリットは以下の3点です。 【ウォーキングのメリット1】 負担が少ないので誰でも取り組みやすい 運動の中で最も負担が少ないのがウォーキングの一番の利点です。 負担が少ないため人を選びません。 運動でダイエットをしたいけど、 「運動に慣れていない」「 身体的な病気、持病を抱えている」「 高齢者」 などの理由から運動が始められない人にとってウォーキングは最適です。 怪我のリスクも少ないですし、 誰でも簡単に行えるというのはウォーキングならではの大きなメリットです。 【ウォーキングのメリット2】 最低限の道具ですぐに始められる 痩せるために運動を始めようと思っても、 運動は準備が必要ですし始めるためのハードルが高いため即行動に移せる人は中々いません。 しかし、ウォーキングの場合はその限りではないのです。 負担が少ないということに加え、 軽いウォーキングならウェアやシューズなどの準備は必ずしも必要ではありません。 また、例えウォーキングの消費カロリーが低いとしても、 ウォーキングが習慣化すれば次第に体力がついてきます。 そしたら徐々に負荷をかけていけば消費カロリーも増えるので、 とりあえずウォーキングから始めてみることをおすすめします。 【ウォーキングのメリット3】 生活の中に取り入れやすい ウォーキングは、わざわざ時間を作って行わなくても、 通勤や通学、買い物など、日常生活の中で移動のついでに行える運動です。 運動のために時間を作るのはハードルが高いですが、 通勤のついでに歩くというように考えると運動も長続きするものです。 現在、公共交通機関や自転車を利用しているのなら、 それを一部徒歩に変えるだけで運動の機会が得られます。 ウォーキングのあらゆる効果 ウォーキングはダイエットの目的として実践する人が多いかもしれませんが、 直接的なダイエット効果(カロリー消費)以外にも様々な効果があります。 ウォーキングなどの運動を取り入れると以上のようなリスクが少なくなり、 健康的に見栄えの良い体に近づくことが出来ます。 【ウォーキングの効果2】 空腹の抑制 運動をすることで、アドレナリンが分泌されます。 さらに有酸素運動は、脂肪が分解されてエネルギーとなり、 一時的に血糖値が上昇するので空腹が紛れるのです。 このことから、 食事前に軽く運動をすると、食事の量を抑えることができます。 ちなみに、『食欲を抑える方法』についてはこちらも参考になると思います。 【ウォーキングの効果3】 ストレス解消 有酸素運動がストレスケアに有効とされており、 激しい運動ほどその効果は高いということが分かっています。 運動不足に伴うストレスは 『生活習慣病』の原因にもなるので、 その予防にもつながるのです。 【ウォーキングの効果4】 勉学、仕事の能率UP ストレス解消の影響もあると思いますが、 運動の後は学業・仕事などに対しやる気が増して、 集中力がアップします。 会社の社員に運動を義務付けた時、 その後の仕事の能率がアップしたという実験データもあります。 仕事や勉強の前に運動をするのは、 能率をアップさせるのに効果的な方法なのです。 【ウォーキングの効果5】 心肺機能向上 有酸素運動は心肺を使うので、 心肺機能を鍛えることができます。 心肺機能の向上に伴い、 体が疲れにくくなったり、体が軽く感じたりして、日々の生活が快適に送れるのです。 普段の階段の登り降りが楽になったり、 これは特に実感しやすい効果です。 【ウォーキングの効果6】 むくみ解消、美肌効果 有酸素運動は汗をかくことで、 デトックス効果、すなわち毒素を体外に排出する効果が期待できます。 ウォーキングで痩せる3つのポイント 最後にウォーキングで痩せるためのポイントをお教えします。 ポイントは主に3つ。 【ウォーキングで痩せるためのポイント1】 生活の中で取り入れる ウォーキングに限らず、 ダイエットのための運動というのは続かないものです。 その理由として 「わざわざ運動のために時間を割かないといけない」というのが、 その一つとして挙げられます。 しかし、ウォーキングの場合、• エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使う(厳密にはウォーキングではないですが)• いつも自転車で行っていたスーパーに歩いて行く• 通勤、通学の手段を徒歩にする などすることで、わざわざ時間を割かずに、 自然と生活の中にウォーキングを取り入れることが出来ます。 そのため、継続が比較的楽になります。 当たり前のことですが、 運動をしたからといって、その分食事をすれば太ってしまうこともあります。 ウォーキングはただでさえ他の運動よりも消費カロリーが少ないので、 より気をつけなくてはなりません。 消費カロリーを測定すると、 「自分が苦労して消費したカロリーをムダにしないようにしよう!」という意識が働き、 自然と食事も節制するようになります。 それだけではなく、『消費カロリー』という具体的な数字を用いることで、 「次は〇〇Kcal消費しよう!」という風に自分の中で目標が作りやすくなるものです。 今では簡単に消費カロリーが測れるようになったので、 これについては是非やりましょう。 ウォーキングの消費カロリーを測る方法はこちら。 【ウォーキングで痩せるためのポイント3】 短時間でも毎日行う 10分でも5分でも構いません。 ウォーキングは短時間でも良いので、毎日行うのが大事です。 もしかしたら、 『有酸素運動派20分以上しないと効果がない』 ということを聞いたことがあるかもしれません。 そのせいであまり時間が取れない場合、 「今日はあまり時間がないから歩いても意味がないなぁ」 と意識的に歩く習慣から遠ざかってしまっている人を多く見かけます。 しかし、有酸素運動が20分以上しないといけないというのは、 まったくのでたらめなんです。 確かに運動の始めは脂肪ではなく血糖がエネルギーとして使われやすいのですが、 それはウォーキング中に脂肪が燃えるか、他の活動時に燃えるかの違いでしかありません。 カロリーに関しても長時間運動するほうが効率的に消費するというわけではなく、 大部分はどれだけの距離を歩いたかということが関係しますからね。 なので、 時間があまり取れない日でも積極的にウォーキングをしましょう。 そして、できれば1日の習慣にするために 毎日行うのが理想です。 ちなみに、この他にもウォーキングで痩せるためのポイントについて改めてまとめました。 ウォーキングを始める際はぜひこちらもご覧ください。 ウォーキングはいつするべきか?(朝or夜) ウォーキングの効果や消費カロリー、痩せるためのポイントについて見ていきました。 ウォーキングは消費カロリー自体は少ないですが、 負担が少ない分、始めやすく継続しやすいというメリットがある運動です。 さて次に、ウォーキングをするなら朝と夜どちらがいいのか? 一見どちらでも良いと思うかもしれませんが、 それぞれには異なる効果、メリット・デメリットが存在し、人それぞれ適した時間帯があります。 一概にどちらが良いということでもなく、 ウォーキングの目的やそれぞれの生活習慣や性格によって変わってくるので。 では次に、 朝と夜のウォーキングの違い・人によって適した時間帯を説明します。

次の

1日1時間のウォーキングは効果ありますか?

1 時間 歩く カロリー

基礎代謝を上げることで脂肪が燃焼しやすくなり、ウォーキングをしていない時間も消費カロリーが増えることになるので、 太りにくくなります。 お腹周りや背中の筋肉も引き締めることができますよ。 下半身の筋肉強化 足腰を鍛えることは、とても大事です。 早歩きは、自然に足腰の筋肉を強化できます。 普通に歩く時には、おもに太ももやふくらはぎの筋肉を少し使うだけです。 でも、正しい姿勢で早歩きをすれば、太ももやふくらはぎだけでなく、脛やお尻、お腹、背中、足の指の筋肉まで、大きく使うことができます。 筋肉を強化すれば、姿勢がよくなり、 猫背解消にも役立ちますよ。 早歩きの健康効果は? ストレス解消 早歩きは、ストレスの解消になります。 早歩きは歩くことに集中するので、余計なことを考えないという利点があります。 また、歩くことで血流も良くなりますから、ドーパミンが分泌され、ストレスの解消につながります。 血流の改善効果は、脳活性化も促します。 認知機能の向上が見込めます。 整腸作用や止血作用・血管の収縮作用のほかにも、体内時計の調整などの健康効果が得られます。 また、セロトニンは 精神的な安定をもたらしてくれるので、心のバランスを良い状態に保つことができます。 健康増進 早歩きは 健康寿命を伸ばす効果が期待されています。 健康寿命というのは、文字通り 「健康」に過ごせる寿命のことです。 自力で歩けないなど介護が必要になると、長生きしていてもこの健康寿命には含まれません。 早歩きが健康寿命につながるのは、ダイエット効果と筋肉強化に加えて、全身の血流をよくするからです。 また、心拍数が適度に上がるため、心肺機能も高まり 血管の老化も防ぎます。 心臓病や癌や糖尿病などの予防につながると言われています。 がんや心血管疾患のリスクが減少 前述したように、早歩きの効果で、 前立腺がんや乳がん、大腸がんでの死亡リスクが低下するという事例が存在します。 また、毎日約15分ほど早歩きをする習慣を持つ人は、心血管疾患での死亡リスクも低下するとの報告もあります。 骨の質が良くなる 早歩きをすると骨に適度な刺激が生じるので、骨にカルシウムが沈着しやすくなります。 骨を作る細胞が活発になるので、より強く健康的な骨になっていきますよ。 Sponsored Link 早歩きの消費カロリーは?速度や時間、距離は? 「歩く」時の消費カロリーは、1時間で約150~350kcalです。 200 kcalの差があるのは、消費カロリーが、歩く速さや時間、体重などで変わるからです。 消費カロリーは、体重が重いほど大きくなります。 そして、歩く速さが早いほど、また歩く時間が長いほど、消費カロリーは増えます。 つまり、 同じ時間歩くのなら、早く歩いた方が痩せやすいということになります。 早歩き10,000歩の消費カロリーは? 身長155cm50kgの場合は約300カロリー、身長170cm60kgの場合は約350カロリーが消費されます。 普通に歩いた場合のカロリーと比べると、倍のカロリーを消費することになります。 歩く早さは? 普通に歩く場合のスピードは、およそ時速4kmです。 それに比べ、 早歩きはおよそ時速5. 6kmと言われています。 早歩き中に足やすねが痛くなる原因は? 足やすねが痛くなる原因は? 足やすねが痛くなるのは、姿勢が崩れていたり、歩き方に無理がある場合が多いです。 頑張りすぎている場合は速度や距離を少なくしましょう。 また、大きな歩幅は体に衝撃を与えやすいので、足が痛くなってしまった場合は、歩幅を狭くし、ひざを曲げてから足を地面に下ろすと傷みが軽減します。 普段運動不足の人がいきなり大股で早歩きをすると、ケガの原因になります。 最初は歩幅やスピードは自分のできる範囲で行い、無理をせず、徐々に理想的な歩幅とスピードにしていきましょう。 靴はクッション性のあるウォーキングシューズがおすすめ 足が痛くなる原因の1つに靴もあります。 底の薄い靴や硬い靴は、確実に足やヒザを痛めます。 底が厚くクッション性があり、柔らかく丈夫な靴を履くようにしましょう。 100均に売っている靴底に敷くパッドを入れると、さらにクッション性が増して、足への負担が軽減されますよ。 早歩きとランニングはどっちがおすすめ? ジョギング ジョギングは、ウォーキングに比べて消費カロリーが大きくなります。 普通に歩くのに比べて、消費カロリーは約2倍です。 短時間でエネルギーを消費したい場合や、体力に自信がある人は、ジョギングの方がいいでしょう。 ただ、歩くのに比べて、ジョギングは足首やヒザに大きく負担がかかりハードですから、運動が苦手な人や脚をいためている人には向きません。 ウォーキング 先ほど説明したように、歩く時間が長いほど、消費カロリーは増えます。 ジョギングと比べて、ウォーキングは体に負担がかかりにくいため、長い時間歩くことができます。 また、運動するとき、体は糖質と脂肪両方を使っていますが、長時間続けると脂肪がより多く利用されます。 ですから、 長く続けられるウォーキングは脂肪燃焼に効果的です。 歩く速さが早いほど消費カロリーは増えるというところに目を付けた運動です。 ウォーキングの手軽さと、ジョギングに近い消費カロリーが得られます。 早歩きダイエットは、「歩く速さが早いほど消費カロリーは増える」というところに目を付けたダイエット法です。 ですから、ある程度の早さをキープすることがポイントとなります。 ただ、ダイエットに最適とされる時速6kmから9kmは、初心者にはかなりキツイスピードです。 最初は無理をせず、徐々にスピードを上げるようにしましょう。 ダイエット効果にくわえて健康効果も期待できる良いこと尽くめの早歩き。 まずは1日15分から、はじめてみませんか。

次の