卵焼き。 卵焼きが劇的にふわふわになるレシピ! 「こす・強火・3回で焼く」が鉄則

ふわふわ卵焼きの作り方【簡単&甘め】|お料理まとめ

卵焼き

「ひと呼吸おくことで、折り返して密着した部分の卵液が固まります」 さらに手前に半分に折る(写真左)。 「卵焼きを奥に移動させて、2回目の先ほどと同じ量(=卵1個分)の卵液を流し入れます。 このとき卵焼きを少し持ち上げて、下にも卵液を流し入れましょう(写真右)。 あとは同様にして手前に巻いていきます。 3回目の卵液を流し入れて、同様に巻けばOK」 卵焼き器の深さと同じくらいの高さになっていればいいそうです。 「ぬれぶきんかペーパータオルで包み、あればまきすで巻いて、粗熱が取れるまで休ませます。 卵焼きの中が多少、半熟だったとしても余熱で火が入っていきます。 必ず、粗熱がとれてから切り分けましょう」 卵焼きをふわふわに焼く大きなポイントは、丁寧な下ごしらえと強火で一気に焼くことにありました。 「焼き方さえマスターすれば、味つけはお好みでかまいません。 砂糖が多くなれば焦げやすくなるので、より手早く焼きましょう。 また、しょうゆを加えれば、色が濃い卵焼きになります」と鈴木シェフ。 見た目も美しく、ふんわりなめらかな食感の卵焼き。

次の

卵焼きが劇的にふわふわになるレシピ! 「こす・強火・3回で焼く」が鉄則

卵焼き

INDEX• 朝の限られた時間でおかずを決めなければならないお弁当づくり。 そんなとき定番おかずは、やっぱり頼れる存在です。 定番おかずの展開パターンをいくつか持っておくだけで、あなたのお弁当づくりはぐっと楽になります。 本当に役立つ無理のないお弁当づくりテクニックで評判の料理研究家・長谷川りえさんに、卵焼きのバリエーションを12レシピ見せていただきました。 どれも簡単なレシピばかりなので、ぜひご参考に! まずはうずまきの断面が美しい、「巻き巻き」卵焼きから。 【卵焼きアレンジレシピその1】のりを巻いて のりを巻いた卵焼きは、長谷川家のお弁当おかずでは定番中の定番レシピ。 卵を8割方焼いたら、卵焼き用フライパンよりも少し小さめにカットしたのりを卵の全面にのせて巻きます。 「の」の字がかわいく、一番目立つおかずになります。 副菜はきんぴらごぼう、ほうれん草とベーコンのソテー。 【卵焼きアレンジレシピその2】青のりを巻いて 青のりを巻いた卵焼きです。 のり卵焼きと同じ方法で、卵を巻く直前に青のりを全面にふりかけて巻いています。 他のおかずは鶏の照り焼き、青梗菜のソテー。 お次は散らして楽しい「まぜまぜ」卵焼き。 【卵焼きアレンジレシピその3】小ねぎを混ぜて 細かく切った小ねぎを卵液に混ぜて焼きました。 ねぎの風味が食欲をそそり、緑色も映えます。 豆腐と鶏ひき肉の炒り豆腐、たけのこのラー油あえを添えて。 【卵焼きアレンジレシピその4】桜えびを混ぜて 桜えびを卵液にたっぷり混ぜ、きれいな桜色の卵焼きにしました。 牛煮、野菜ときのこの炒めもの、じゃが芋と水菜のサラダと彩りよく詰めて。 【卵焼きアレンジレシピその5】ひじき炒めを混ぜて ごま油としょうゆ、砂糖で炒めたひじきが余っていたので、これを卵液にたっぷり混ぜて卵焼きにしました。 副菜はウインナ、ゆでブロッコリー、焼き明太子。 【卵焼きアレンジレシピその6】グリンピースを混ぜて 冷凍のグリンピースを卵液に混ぜました。 水玉模様がかわいくて、ハンバーグにも負けない存在感。 小さいお子さんにも喜んでもらえそうです。 副菜は新玉ねぎとピーマンのソテー。 真ん中に「大物」を巻いて主役級おかずにしても。 【卵焼きアレンジレシピその7】ちくわを巻いて 卵にちくわをのせて巻いてみたチャレンジングな卵焼き。 麻婆なすとピーマン、ゆでブロッコリーといっしょに。 【卵焼きアレンジレシピその8】魚肉ソーセージを巻いて 魚肉ソーセージをオムレツ風に巻いた卵焼き。 この日は肉や加工肉がなくて苦肉の策で作りましたが、子どもには好まれそうです。 グラタン、レンジで蒸したキャベツを添えて。 【卵焼きアレンジレシピその9】かにかまを巻いて かにかまを巻いた卵焼き。 巻くものが細くて小さい場合は、卵液を薄く広げてくるくるころがしながら巻くほうが、誰でも上手に仕上げることができます。 きんぴらなどを添えて。 【卵焼きアレンジレシピその10】ほうれん草を巻いて ゆでたほうれん草を巻いています。 形が丸いのは、のせたほうれん草の形に合わせてころがしながら巻いたから。 副菜はから揚げ、ウインナとチーズの揚げギョウザ。 そして忘れちゃならない、お弁当のおかずといえば忘れてはならない王道中の王道レシピも。 【卵焼きアレンジレシピその11】だし巻き卵に だしをたっぷり加えた、だし巻き卵はぜいたくな味。 だしを取ったあとの削りがつおは佃煮に。 副菜はウインナとブロッコリーのミートソースあえ、白菜のごま油あえ。 最後は「巻く」のを逆にしてみた変化球! まさに発想の転換です。 【卵焼きアレンジレシピその12】卵焼きのベーコン巻き 卵焼きをベーコンで巻きました。 切る前の卵焼きにベーコンを巻きつけ、フライパンで軽く焼くと、卵にベーコンのうまみが移っておいしい。 副菜は小松菜とちくわの炒めものなど。 余った野菜や、残りもののおかずなど、卵液に具材を混ぜれば、味や彩りに変化が出ます。 8 割ほど焼いた卵にいろいろな具をのせていっしょに巻けば、切り口も楽しい! ぜひ自分なりの「テッパン卵焼き」を見つけてみて。

次の

卵焼きが劇的にふわふわになるレシピ! 「こす・強火・3回で焼く」が鉄則

卵焼き

小さい卵焼きの焼き方 焼き方はと同じです。 卵はボウルや計量カップなどに割り入れ、泡立てないよう箸で溶きほぐし、砂糖と醤油を混ぜ合わせます。 焼き続けるときに油を染み込ませたキッチンペーパーがあると、鍋に少量の油をひくのに便利なので。 卵焼き器にサラダ油少々を加えて中火で熱し、油をなじませたキッチンペーパーがあれば焼く面、側面ともに油をさっと広げます(なければ油を全体に流し広げます)。 巻いたものを奥にすべらせ、手前に油をさっとひきます。 残りの半分の卵液を空いたところに流し入れ、 奥の卵の下に箸を入れて持ち上げ、卵焼きの下にも卵液を流し入れます。 半熟より少し固まってくれば、奥から手前に巻きます。 あとは残った卵液で同じことを繰り返します。 最後に表面を好みの焼き色にまで焼きます。 取り出して食べやすく切って完成です。

次の