アンタッチャブル 天才。 アンタッチャブル柴田の天才的にすごい動物知識、衝撃のBEST7紹介!

アンタッチャブル復活のきっかけ|今後のライブやチケット情報!

アンタッチャブル 天才

2019年7月24日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0 ZERO 』 毎週水 27:00-28:30 にて、テレビ東京のプロデューサー佐久間宣行が、アンタッチャブル・柴田英嗣が相方・ザキヤマという「ボケの天才」に出会ったがため、「ツッコミへ転身」していたと明かしていた。 佐久間宣行:最近さ、『青春高校』でよく、 アンタッチャブル 柴田と仕事すんじゃん。 オークラ:うん。 佐久間宣行:で、柴田と飯塚さんが並ぶと、柴田すげぇボケんのね。 オークラ:はい、はい。 佐久間宣行:で、シバッチョすげぇボケるから、「本当、ボケんの好きだなぁ」って言ったら、「そうだよ、佐久間さん。 俺はね、本当はボケやりたかったんだけどね、天才に会っちゃったからしょうがなくツッコミやってんだよ」って 笑 オークラ:はっはっはっ 笑 佐久間宣行:ってよく言うの 笑 オークラ:はい 笑 佐久間宣行:「天才に会っちゃったからさぁ、何やっても敵わねぇからツッコミやってんだよ」って、言ってた 笑 オークラ:いや、凄いですよザキヤマ、本当に。 佐久間宣行:凄いねぇ。 アンタッチャブル、面白いもんね。 オークラ:面白い、本当に。 佐久間宣行:本当に。 オークラ:大好きですよ。 佐久間宣行:うん。

次の

「アンタッチャブル」の意味とカタカナ語の由来

アンタッチャブル 天才

今は事実上の解散をしてしまったお笑いコンビ「アンタッチャブル」。 僕はお笑いが好きで数十年、お笑いを観てきているので、コラムで少し生意気ではあるが、お笑いの関して自分なりに考察してみたい。 お笑い芸人やお笑い通の人が(自分もそうだと信じているんだが。 )、そんなお笑いをやってもない奴が、お笑いについて語るなと言われそうだが、それは違う。 素人であっても一定の知識やもしくはリスペクトがあれば、誰だって発言してもいい。 言論の自由は許されているのだ。 だが、プロの芸人も名もない奴の評論は腐すが、ここは、僕のブログなので自分で言いたいことを書く。 まず、そのことについて前書きとして断っておく。 ただ、お笑いって非常に繊細なモノであり、趣味趣向で片付けられてしまいがちなので、プロやお笑い通の人の言い分は多いに理解できる。 というよりも、お笑いというのアートなどの表現方法と同類なものだと自分は考えているので、そこには確かな新たな技術や表現の方法がある。 このような観点からお笑いを観ることによって、よりお笑いというモノの深い部分に触れることができ、よりお笑いの可能性や凄さを実感できると僕は考えている。 これを読んでいる人もそういった観点のお笑いの世界の面白さは知って欲しく、執筆を進める。 少々前置きが長くなってしまって申し訳ない。 早速、ここでお笑いコンビアンタッチャブルの漫才の凄さについて述べていきたい。 アンタッチャブルの漫才の凄さは間にある アンタッチャブルの漫才は上記で述べたように、月並みの表現で申し訳ないが凄い漫才である。 まず何が凄いのかというと、圧倒的な笑いの爆発力である。 アンタッチャブルの漫才は、他のお笑いコンビの漫才にはない絶対的なパワーがある。 要約すると、めちゃくちゃウケるということだ。 笑いというのは、実際にやってみないとわからないと言われるのは、笑いをとることができるか、できないかに執着しているので、このような論が生じる。 テレビ、舞台、私生活の会話でもいいが、笑いを簡単にとれる人ととれない人がいる。 これは、その人が面白いことを言っているからと内容で判断していると思っている人が世間には多いように感じるが、これは違う。 とくに私生活の会話においては内容ではない。 では、何かということだが、この笑いを執るということに関してはなかなか説明が難しいが、よく言われるのが「間」である。 基本的にこの間によって笑いがとれる人ととれない人の違いがある。 この間の習得は非常に難しく、これは教えることができない。 この間の凄さが、アンタッチャブルの漫才にはあり、そのアンタッチャブルの漫才でしか味わいことができない間が心地よく笑いを誘引してくれる。 この「間」に関しては、生のライブなどに行けば一発でわかるし、生のライブでしかこのような間を味わうことができないので、ぜひお笑いが好きなら、生のライブに足を運んでほしい。 アンタッチャブルの間についての話に戻すが、アンタッチャブルは2人ともその笑いをとる間の感覚に優れており、コンビでの間も他のコンビにはない間を持っている。 この間の能力はコンビでもガッチリ合っており、天才的としかいいようがない。 現に彼らは無名時代の舞台で既にウケがすごかったと東京03の飯塚もバラエティ番組で語っている。 アンタッチャブルの漫才は笑いへの執着心の高さにも凄さがある そして、アンタッチャブルの漫才の凄さは間だけではない、笑いへの執着心も一線で活躍する芸人のなかでも高い点にある。 とくにザキヤマの笑いへの執着心は異常なまでに高い。 その高い笑いへの執着心がアンタッチャブルの漫才では存分に活かされているのである。 どういった点に活かされているのかだが、それは笑いをとるパターンの多さと手数にあるだろう。 アンタッチャブルの漫才は手数も多いが、それだけではなくパターンも多い。 恐らく2人ともかなりのお笑いマニアであり、努力家だ。 本人は努力だと思っていないだろうが、かなりの数のお笑いを観ているはずだ。 そのことで笑いをとる手段であるパターンの量が非常に多い。 ザキヤマのボケはパターンが多いのである。 そのことで観客側にボケを連想させず、笑いをとる能力を活かして爆発的な笑いを立て続けに誘発しているのである。 また、その能力は相方である柴田にも向いていく。 実はザキヤマは要所ごとで本気で柴田から笑いをとろうとアドリブを入れているのである。 こうすることで本来は、予定調和の漫才のネタがその瞬間はすべてアドリブなのではないかというくらい予測ができない漫才に昇華され、ザキヤマの一言一言にイラつく柴田に観客は翻弄され笑わされている。 これは柴田もアドリブで何を言うかはわからないが、そのことで笑いに繋がることはもちろんわかっているだろう。 それほどまでに笑いに対して執着を見せるザキヤマと、またそれを許す柴田の笑いへの執着心の高さもアンタッチャブルの漫才の凄さをより高めている。 最後に… ほかの人に言わせれば、アンタッチャブルの漫才の凄さは他にも沢山あるだろうが、ここではこの辺にしておくほうがわかりやすい。 お笑いというものを当ブログで述べたような観点で観ると、また違った笑いの世界が見えてくる。 このようなことを思考しながらお笑いを観るのは野暮だと言う人もいるだろうが、また、そこにはそこの面白さがあり、より深い(自分ではそう思うだけななのであしからず)ドープなお笑いの世界が広がっていくだろう。

次の

アンタッチャブル復活で芸人の反応まとめ!ツイッターでお笑い・タレントの声!

アンタッチャブル 天才

「アンタッチャブル」という言葉の意味を説明します。 「アンタッチャブル」の語源 「アンタッチャブル」は " untouchable" という英語をカタカナで表記した言葉です。 "untouchable" の意味 それでは、その "untouchable" はどんな意味なのでしょうか? 基本的な意味 "untouchable" の基本的な意味は「 触れられない」です。 "untouchable" は "un" と "touch" と "able" の3つに分解できます。 基本から派生した意味 "untouchable" は「触れられない」以外にも色々な意味で使われます。 まず、次の2つは「触れられない」とほぼ同じ意味です:• 触れてはならない• 手が届かない "untouchable" はさらに、次の意味でも使われます:• 議論してはならない、触れてはならない(話題など)• (権力が強いなどの理由で)批判・避難・攻撃などを免れている、批判・避難・攻撃などの対象とならない• (主に有害な)作用や影響を免れている(例. bacteria that are untouchable by an antibiotic 抗生物質が効かない(抗生物質の作用を免れる)細菌)• いじってはならない、変更してはならない(例えば聖典の文面)• 誰にも手に届かない水準にある、並ぶ者がいない、比肩する者がいない(例. an untouchable player 並ぶ者がいない天才プレイヤー)• 手を触れたくない(関わりたくない)ほどに忌まわしい、あるいは汚らわしい• ダリット (*)の、ダリットに関わる• (野球用語)1本もヒットを許さないピッチャー。 相手チームから見てアンタッチャブル (*) ダリットはインドの身分制度「カースト」における賤民。 以前はダリットのことを「不可触民」と呼んでいた。 この「不可触民」は "untouchable" を日本語にしたものだろう。 現在ではインドでもパキスタンでも「不可触民(untouchable)」という呼び方は禁止されている。 以上は全て 形容詞としての意味ですが、"untouchable" は名詞としても使われます。 名詞としての "untouchable" には次のような意味があります:• 不可触民(上述のダリット)• 社会や特定の層に無視されたり忌み嫌われたりする者• 不可侵である、あるいは批判できないとみなされる存在• 逮捕や起訴を避けるのに長けている犯罪者• 買収に屈しない捜査官 「アンタッチャブル」の意味 「アンタッチャブル」というカタカナ語が生まれる きっかけとなったのは恐らく、" The Untouchables" というタイトルの映画あるいはドラマです。 この "The Untouchables" は、1920~30年代に米国のシカゴで悪名をはせたギャング「アル・カポネ」を取り締まった 特別捜査チームの愛称です。 したがって、この "The Untouchables" の意味は上に列挙した "Untouchable" の意味のうち「 買収に屈しない捜査官」です。 名詞です。 "The Untouchables" は複数形を示す "-s" が語尾に付いているので、「買収に屈しない捜査官たち」要は「 買収に屈しない捜査チーム」という意味になります。 "The Untouchables" の由来 この特別捜査チームを率いていたのはエリオット・ネスという捜査官で、チームの誰一人としてアル・カポネの組織による 脅迫や賄賂(ワイロ)に動じませんでした。 そこで、Chicago Daily News という新聞紙の記者が同紙の紙面において、特別捜査チームを指して " untouchables" という言葉を使い始めました。 そこからは特別捜査チームは "The Untouchables" と呼ばれるようになりました。 Wikipedia(英語版)によると、この記者はインドの 不可触民の話を読んで "untouchables" という語を特別捜査チームのニックネームに使用することを思いついたそうです。 1957年に発表された エリオット・ネスの自叙伝が "The Untouchables" というタイトルで、この自叙伝に基づき作成されたドラマや映画も同じく "The Untouchables" というタイトルです。 よくある誤解 "untouchable" に「逮捕や起訴を避けるのに長けている犯罪者」という意味もあるせいか、"The Untouchables" が アル・カポネなどのギャングを意味するのだと誤解する人が後を絶ちませんが、"The Untouchables" は上述のように エリオット・ネス率いる特別捜査チームのほうを指しています。 その他の "Untouchable" エリオット・ネスの "The Untouchables" とは無関係なところでも、"The Untouchables" や "Untouchables" あるいは "Untouchable" の名を冠するバンドや歌謡曲、ドラマ、映画が多数あります。 日本でも「アンタッチャブル」という名前のお笑いコンビが存在するほか、2009年にテレビ朝日系列で「アンタッチャブル」というドラマが放映されました。 どちらの「アンタッチャブル」も「触れられない、触れてはならない」という意味が込められているのでしょう。 2009年ドラマ「アンタッチャブル」のキャッチコピーは「世の中には、触れてはいけない闇がある」と「その闇は、触れてはならない」というものでした。

次の