年金 制度 いつから。 2020年通常国会に提出された年金制度改正法案の概要|お役立ち情報

年金について<公的年金は、いつからいくらもらえるの?>

年金 制度 いつから

繰り上げ受給、繰り下げ受給の採算分岐点はここだ '17年の男性の平均寿命81. 09歳、女性は87. 26歳。 いずれも過去最高を記録した。 「寿命が延びているのに比例して、老後の医療費、介護費は増えている。 しかし自分の寿命は短いと思って、より早く年金をもらおうとしてしまう人も多い。 がんや脳梗塞といった大病にかかるとわかっていれば、早くもらうに越したことはありません。 だが、より考慮せねばならないのは、病気よりも長生きへの対応なのです」(FPアソシエイツ&コンサルティング代表・神戸孝氏) 長生きのリスクに対応するため、老夫婦の「老老年金」においては、年金の受給開始時期はもっとも重要な問題だ。 しかし、複雑につぎはぎされた年金制度から、夫婦の最適な年金受給の仕方を読み解くのは至難の業だ。 本誌は年金のプロの分析を加え、賢い年金のもらい方を導き出した。 平均的な夫婦(夫は元サラリーマン、妻は専業主婦)の最適な年金受給開始年齢である。 年金の繰り上げ、繰り下げについて簡単におさらいしておこう。 老齢基礎年金は65歳からの受給が原則だが、60歳~64歳でも繰り上げ受給が可能だ。 しかし年金額は最大30%減額(60歳)される。 一方で、66歳~70歳で受給を開始する繰り下げ受給を選べば、年金額は最大42%加算(70歳)される。 だが、繰り下げれば、年金の損益分岐点も後にずれる。 分岐点が来る前に亡くなれば、払い損も生じてしまうわけだ。 長生きリスクを考慮しながら、最も合理的な受給開始年齢をはじき出すとどうなるか。 オフィス・リベルタス代表の大江英樹氏が言う。 「60歳からの繰り上げ受給と65歳からの受給を比べた場合、 後者の受給総額が前者を上回るのは、77歳からです。 同様に、 65歳からの受給と70歳からの繰り下げ受給では、82歳が分岐点になる。 長生きリスクを考えれば、できるかぎり繰り下げて受給額を増やしたほうが合理的です」 繰り上げ受給は差し迫った事情がない限り、損な年金のもらい方だという。 そこには「働き方」の変化も考慮するべきというのは、社会保険労務士の大神令子氏だ。 「継続雇用制度の義務化で、いまや65歳まで働くことは常識になってきました。 その期間は年金を受給しないほうがいい。 65歳までは、それ以降と比べると、稼げば稼ぐほど『在職老齢年金制度』により年金が減らされる額が大きくなるからです。 また 年金を繰り上げ受給してしまうと、65歳までしか受けられない障害年金がもらえなくなってしまう。 障害年金は、働いているときこそ必要になるものです」.

次の

日本の年金制度はある時を境に積立方式から賦課方式に変わったというのは...

年金 制度 いつから

年金について<公的年金は、いつからいくらもらえるの?> 受給できる年金は? 老後に受給できる年金は、加入していた年金制度によって異なります。 国民年金のみに加入していた人は老齢基礎年金を、 厚生年金・共済年金に加入していた人は老齢基礎年金と老齢厚生年金または退職共済年金を受け取ることができます。 (参考:)• もらえる金額は? 老齢基礎年金、老齢厚生年金の受給額を計算するには、加入月数や給与・賞与などの報酬の平均額にあたる平均標準報酬額などが必要です。 しかし、これらをきちんと把握するのは難しいので、実際には日本年金機構より毎年誕生月に送付される「ねんきん定期便」で確認すると良いでしょう。 ただし、「ねんきん定期便」に出ているのは、あくまでも今までの実績です。 50歳以上の人は、現在の加入状態が続いた場合の年金の見込み額が記載されています。 50歳未満の人は加入実績だけになっているので、60歳までの加入見込み分も加味した金額を知りたい場合には、日本年金機構のを利用すると良いでしょう。 老齢基礎年金 老齢基礎年金は、いずれかの年金制度の加入期間(免除期間を含む)が合算して10年(120ヵ月)以上になると受給することができます。 年金額は、40年(480ヵ月)加入で満額781,700円(令和2年給付額)です。 満額に満たない場合には加入期間に応じて決まります。 老齢厚生年金 会社員など厚生年金に加入していて、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人が所定の年齢になったときに老齢厚生年金を受給することができます。 年金額は平均標準報酬額から次のように計算します。 <老齢厚生年金の計算方法>• ただし、厚生年金に加入していた人は、 65歳前に特別支給の老齢厚生年金を受け取ることができます。 特別支給の老齢厚生年金は、報酬比例部分と定額部分に分かれており、受給開始の年齢は男女別、生年月日によって表のように決まっています。 昭和36年4月2日以後生まれの男性、昭和41年4月2日以後生まれの女性は、この特別支給の老齢厚生年金はなく、公的年金を受け取れるのは65歳からです。

次の

在職老齢年金が見直されます【2020年の年金制度改革について解説】

年金 制度 いつから

年金制度が始まったころの受給世代は、若いころに年金を積み立てることなくもらえた? Q:年金制度は若い世代が年上の世代を支える仕組みだと思いますが、年金制度が始まったばかりの年上世代は、自身が若いころに年金を積み立てることなく受給できたということでしょうか? A:公的年金制度が、今のように国民すべてが加入する形として確立したのは1961年。 国民年金の場合、当時の受給開始年齢は60歳でした 現在は原則65歳 が、61年時点ですでに50歳以上だった人は、保険料を1円も払わなくても全額税を財源とする「福祉年金」を70歳から受け取れるという形で、年金制度は始まりました。 公的年金制度は、原則25年以上加入して保険料を納めなければ、年金を受け取れない仕組みです。 制度が始まったばかりのころは、特例として最短10年の加入期間で良いという措置も取られていました。 しかし、制度開始時に50歳以上の人は、本人が60歳までの間に保険料をまじめに払ったとしても、最短10年の加入期間を満たすことができず、受給資格を得られません。 国民年金は、国民全員が加入する「国民皆年金制度」という触れ込みで始まったため、これらの人たちにも制度創設時の救済措置として、国が負担して年金を支給することにしました。 1961年に50歳未満だった人には保険料納付を求め、それに応じた年金を支給していました。 厚生年金の場合は、加入期間の短縮などの措置によって、25年に満たない場合も年金が受給できる仕組みを設けましたが、制度発足時点で既に年金受給世代だった人に対する措置は特に講じられていません。 一方、制度発足時に50歳以上で、比較的短い期間しか年金制度に入っていないために60歳になっても保険料を年金として受け取れない人は、脱退手当金を加算して支給する措置を利用することができました。 年金制度をどういう仕組みにするかは、50年前の国会でも大きな論議を呼びました。 年金保険料を払い、それに応じて将来年金を受給する現在の年金制度の仕組みを「社会保険方式」と呼びますが、全国民に対する年金も、50歳以上への「福祉年金」のように税財源で賄う「税方式」の年金にすべきとの意見もあったようです。 しかし、税方式にすると、将来の日本が高齢化した場合に巨額の財源が必要となることが予想されます。 国の財政状況によって毎月の年金額が大きく変動しては、老後の生活をしっかり支える制度にならないと考えられ、社会保険方式が採用されました。 このほか、自営業者の所得把握をどうするのか、女性の年金権をどうするかなど、現在の年金制度改革の議論と同じような論点が、50年以上前から大きな課題として注目されていたようです。 共同通信社会保障室記者.

次の