千葉 県 公立 高校 入試 平均 点。 『合格偏差値&内申一覧 』千葉県立高校受験|個太郎塾ー市進の個別指導塾

千葉県の公立高校入試の仕組みを分かりやすく解説します!|栄光ゼミナールの高校受験情報

千葉 県 公立 高校 入試 平均 点

平成31年度千葉県公立高校の入学者選抜の前期選抜および後期選抜の「各教科および5教科の平均点」は次のとおりです。 特別入学者選抜、地域連携アクティブスクール4校を除く。 前期選抜 各教科50分、各100点満点 H31年度 H30年度 国語 54. 2 63. 2 社会 56. 6 52. 9 数学 54. 5 58. 5 理科 60. 6 60. 0 英語 53. 6 59. 7 5教科 279. 6 294. 3 後期選抜 各教科40分、各100点満点 H31年度 H30年度 国語 59. 2 55. 7 社会 65. 8 56. 0 数学 61. 0 62. 0 理科 61. 6 67. 5 英語 61. 9 49. 7 5教科 309. 5 290. 9 前期選抜、後期選抜それぞれに、各教科の出題方針や正答率の概況、結果の説明や各問題の内容・形式・正答率・無答率なども発表されています。 詳しくは、千葉県教育委員会のWebサイトでご確認ください。 入会窓口の電話は、午前中に混み合うことがあります。 ご入会は、24時間お申し込み可能なWebが便利です。 また、入会前の疑問は、Webの「よくある質問」からも確認いただけますので、ぜひ、ご利用ください。 番号はよくお確かめのうえ、おかけください。 一部のIP電話からは042-679-6610へおかけください(ただし通話料金がかかります)。 中高一貫校生の方のお電話でのお問い合わせについて 中高一貫校生専用講座に関する入会お申し込み、お問い合わせは、中高一貫校生講座専用窓口までお電話でお願いいたします(0120-933-599 [受付時間:年末年始を除く9時~21時])。 個人情報の取り扱いについて ご提供いただく個人情報は、お申し込みの商品・サービスの提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。 お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。 また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。 個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口 (0120-924721 通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。 (株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者).

次の

【速報!】令和2年度千葉県公立高等学校入学者選抜の結果について

千葉 県 公立 高校 入試 平均 点

はじめての方へ• 料金について• 先生の紹介• 会員サポート• ジャニアス流・勉強法• 小学生• 中学生• 高校生• 不登校・発達障害• 指導開始までの流れ• みんなの声• お悩み解決• 千葉県の高校入試• ジャニアスについて• メニューを閉じる 2021年(令和3年)春の入試より、 ついに高校入試が「一本化」! 千葉県公立高校の入試制度が変わります! 千葉県にお住まいの中学生の皆さん! 高校入試についてちゃんと考えていますか? 「受験なんてまだ先でしょ?」 「部活を引退してから考えるよ!」 そんな声をよく聞きますが、 「もっと早く受験対策をすればよかった…」と後悔されるご家庭が非常に多いのも事実です。 こんなページも見られています! およそ10年前の2010年までは、千葉県の公立高校入試は 「特色化選抜」という制度が導入されていました。 この頃は「ゆとり教育」の時代。 特色化選抜は平成22年春の入試が最後となり、平成23年より「前期選抜」「後期選抜」の2回の一般入試にその制度が変わりました。 入試制度の歴史と変化 前期選抜+後期選抜【2回型】 千葉県ホームページの「リーフレット」によると、新制度(2021年~)の公立高校入試制度は 「入学者選抜」で、その新制度で行われる検査を 「本検査」といいます。 入学者選抜という名前は旧制度からありましたが「前期選抜・後期選抜」という名前が印象強かったため、聞きなれない方も多いと思います。 ほとんどの一般の中学生が受験する入試を 「 一般入学者選抜」といいます。 海外帰国生や外国人などは 「特別入学者選抜」、地域連携アクティブスクールは 「地域連携アクティブスクールの入学者選抜」、通信制は 「通信制の課程の一期入学者選抜」といいます。 入試制度の「なまえ」はどうでもいいのですが、2020年までは「前期選抜・後期選抜」、2021年からは「本検査」になるということですね。 また、高校や学科によっては毎年変更される場合もありますので、最新の詳細は各高校のHPなどでご確認下さい。 その傾向は毎年ほとんどが同じパターンで、例えば数学は大問1に6問の計算問題が出題されています。 この 6問の計算問題だけで30点もらえるので、絶対に落としてはいけませんね。 受験生は過去問対策が必須です! 何度も過去問を解いて、入試問題の傾向を掴んでください。 さらに 「Vもぎ」や 「Sもぎ」などの 会場模試も何度も受けて試験慣れをしてください! 合否を決める3本柱 調査書の得点 【算出1】の計算方法 (2021年入試より廃止) 2021年からの新制度入試では、旧制度にあった「算出1」の計算方法がなくなります。 「他」というのは調査書内での他各記録(調査書の内申点(成績)以外)のことで、出欠の記録や特別活動の記録、行動の記録などが挙げられます。 「3年間皆勤だった」「部活で優秀な成績を残した」「生徒会に入っていた」「英検3級を取得した」など、内申点(成績)以外の評価も高校によっては大きく評価してもらえますね。 高校によっては「他100点」や「他150点」など、高い加点のケースもあるので、事前によく調べておきましょう。 また、高校や学科によっては毎年変更される場合もありますので、最新の詳細は各高校のHPなどでご確認下さい。 2020年入試の時点では「学校独自問題」は一校も行われておりませんし、「集団討論」は八千代高校の普通科のみ、「その他の検査」は八街高校で「集団適性検査」という検査方法を実施されたのみでした。 ここからは、主に採り入れられている4種類(面接、自己表現、作文・小論文、適性検査)について詳しく見ていきます。 面接には「個人面接」と「集団面接」があり、およそ10分~15分程度で、3段階~5段階で評価され点数化されます。 本番の面接はチョー緊張するので、事前に「どんなことを聞かれるか」「どのように答えるか」をシミュレーションして、練習しておいてください。 面接でよく聞かれること ダントツのNO. ここで「家が近いから」「制服がカワイイから」というような回答はよくありません。 また専門学科を受検した場合は、 その学科についての志願理由を聞かれるケースも多いようです。 「商業科を選んだ理由を教えてください」 「なぜ国際教養科を志願しましたか?」 「総合学科ではどんな事がしたいですか?」 事前に受ける高校の教育方針や校風、学科の特徴や部活など、その高校の特色をよく調べておいて、その特色が自分にとって合っているということを志願理由に挙げるのがいいでしょう。 他にもこんなことを聞かれます! 「あなたの長所・短所は?」 「中学校で頑張ったことは?」 「高校で頑張りたいことは?」 「中学校の思い出は?」 「高校卒業後は進学を考えていますか?」 「部活は何をやっていましたか?」 「自己アピールをして下さい」 「最近の気になるニュースは?」 「得意教科と不得意教科を教えてください」 ちょっとやっかいな質問 「当校の説明会には参加しましたか?」 「高校の見学会には来ましたか?」 このように「説明会」や「高校見学」の参加の有無を聞かれるケースもあります。 参加しなかった受験生は焦りますよね。 参加しなかった場合でも落ち着いて正直に答えてください。 ウソをついてボロが出てしまうほうが印象がわるくなるので「受験勉強のため参加出来ませんでしたが、御校の〇〇な部分が自分に合っていると思い志願しました!」など、前向きに答えるようにしましょう。 内容や配点は高校によって異なりますが、150点~300点といった高配点の高校もあるので「何を自己表現するか」が非常に重要になります。 例えば中学では吹奏楽部でトランペットを吹いていて(結構上手くて)高校でも吹奏楽部に入りたい受験生は、自己表現で「実技」を選びトランペットを吹くと 非常に有利になります。 しかし部活などでのアピールが出来ない受験生の場合、スピーチだけでの高得点は難しく、不利になるケースもあります。 自己表現は要注意! 自己表現が高配点の高校を受験する場合は要注意です! 志望校の高校の定める検査に「自己表現」があるのか、またその配点はどれくらいあるかを事前にしっかり調べておいてください。 5教科の学力検査で高得点を取っても、自己表現で点数がもらえずに不合格になるケースもあるようです。 合否の判定は、 学力検査+調査書+各学校が定める検査の 総合得点で決まります。 例えば偏差値の高い学力重視の高校では「調査書」や「各高校が定める検査」の配点を低くして 学力検査の得点の割合を増やしたり、内申重視の高校は 調査書の配点を高くしたりしています。 部活動が優秀な生徒が欲しい高校や学科では、 学校検査の自己表現や適性検査の配点を高くしています。 八千代東高校は、野球部や吹奏楽部をはじめ、 部活が大変盛んな高校です。 調査書の「他60点」では、生徒会活動や部活実績を評価されますし、自己表現の「120点」も高配点。 自己表現では「口頭スピーチ」か「部活実技」の選択ですが、「部活実技」を選んでアピールできる受験生が有利になりそうです。 つまり、 部活動重視の配点であることがわかりますね。 住んでいる市町村によって学区が決められています。 自分がどこの学区に属しているか、以下の表で把握しておきましょう。 (例)市原市に住んでいる子は「県立八千代高校:普通科」は受けられません。 市原市(第9学区)と八千代高校(第2学区)は隣接していないため。 (例)白井市に住んでいる子は「県立東金高校:普通科」は受けられます。 白井市(第4学区)と東金高校(第6学区)は隣接しているため。 千葉県の学区制度 県立高校(専門学科)の学区制度 <市立千葉高校> 普通科:千葉市内のみ 理数科:県内全域から志願可能 <市立稲毛高校> 普通科:千葉市内のみ 国際教養科:県内全域から志願可能 <市立習志野高校> 普通科:隣接学区まで志願可能 商業科:県内全域から志願可能 <市立船橋高校> 普通科:隣接学区まで志願可能 商業科:県内全域から志願可能 体育科:県内全域から志願可能 <市立松戸高校> 普通科:隣接学区まで志願可能 国際人文科:県内全域から志願可能 市立松戸高校は平成31年入試より普通科の学区制限を「松戸市内のみ」から「隣接学区」に広げました。 その結果志願倍率が急増し「いちまつ改革」と呼ばれました。 公立高校入試のしくみは、都道府県や年度によって大きく変わってきています。 千葉県の高校入試については、 他のどこにも負けないと自負しております。 今なら、千葉県の入試のしくみはもちろんのこと、 1万人以上の勉強嫌いなお子さんを成績アップ・志望校合格に導いた、ジャニアスの指導法を実感できる体験授業を、無料で行っています! すでに、塾や他の家庭教師センターをご検討中の方は、私たちジャニアスとぜひ比べてみて下さい! 明らかな違いが実感できます! もちろん、無理な勧誘は一切ないことをお約束いたします。

次の

解答速報!千葉県公立高校入試後期2020年令和2年度平均点や問題難易度は受験生のコメントから!

千葉 県 公立 高校 入試 平均 点

待ち焦がれていた穏やかな秋 has gone. 寒さに負けそうななまはげおじさんです、こんにちは。 さくら塾のブログへようこそ。 今日は高校入試のお話です。 高校入試といっても、現3年生のじゃないですよ。 そのひとつ下の学年、現2年生から、千葉県公立入試は新制度が始まりますが、それがどのようなものになるか見えてきましたよというお話。 県教委のワーキンググループとして、「千葉県公立高等学校入学者選抜方法等改善協議会」という会議があり、そこで公立入試についての話し合いが行われています。 今年だけ特別設置されたわけではなく、毎年、数回開かれている会議です。 今月18日(月)に今年の第3回協議会が行われ、その資料が公開されました。 リンクを貼っておきますね。 アップされている資料を見ると、令和3年度から始まる新しい公立入試のシステムが見えてきます。 その中でも、『選抜方法』にフォーカスしましょう。 『選抜方法』は大きく変わる? 公開された資料には、『選抜方法』として端的にまとめられています。 幕張総合インシデントの影響もあり、現行の入試制度でも、 選抜資料は数値化して扱うことになっています。 新制度でもこれを踏襲するようです。 ただ気になるのが、「原則として」というフレーズ。 これはダメでしょう。 「場合によっては数値化しなくて構わない」「数値化されていない、受験生にはオープンにしていない、そんな秘密の加点がある」という意味を含んでしまいますから。 間違いなくインシデント発生の元。 「選抜の資料は すべて数値化する」という記述にすべきです。 そして、新制度でも、 選抜・評価方法は、それぞれの高校にゆだねられることにも注目したいです。 これも現行制度の流れをくんでいます。 以上2点が、『選抜方法』についての大きな柱。 どちらも現行制度そのまま、なんですね。 大きな変化はナシということです。 調査書の扱いはどう変わる? 調査書、具体的には『内申点』、その扱いについてはまさに予想どおりでした。 千葉県は、新制度になっても、1年生・2年生・3年生の5段階評定を調査書に明記し、それを選抜に使用します。 広島県は、新制度から内申点を全廃しようとして、結果大混乱になって撤回しました。 千葉県はそんな騒動はまったく気にせず、我が道を行くようです(笑)。 つまり、1年生の1学期の成績から評価対象ということ。 言いかえれば、入学したての1年4月から高校入試が始まっているということです。 3年生の成績だけ記載される東京都や、2・3年生だけの神奈川県、3年生の成績を2倍(または3倍)する埼玉県とは違うのです。 千葉県では、塾は中学校に慣れてから、なんてのんびりしてちゃダメなのです。 県教委のイメージする選抜タイプがコチラ これまで通り、選抜方法については各公立高校に一任されるようですが、県教委としては新制度では次の3つのタイプのいずれかに当てはまるようにしてほしいようです。 これら4校は、新制度でも変わらずでしょう。 注目は、 木更津。 むむむ。 このあたり、県教委はどのように考えてるんだろう。 なまはげイヤーは地獄耳 ちょいと小耳にはさみましたよのコーナーです。 『学校ごとの検査』について。 前期後期制では、「面接」「自己表現」がメインで、上位校の一部のみ「作文」を採用していました。 新制度では、大学入試改革の影響でしょう、 思考力を問うような「学校独自問題」の出題がプッシュされているようです。 『学力検査』の問題が、上位校の受験生にとっては簡単で、得点の差が出にくい現状を踏まえての案でしょう。 今春の前期選抜では県千葉は450点あたりに受験生が密集したようですし。 でもね、いわゆる「学校独自問題」って、高校の先生方の負担が大きいんですよ。 日々の業務に加えて、こっそりと問題作成するわけでしょう? 県千葉も千葉東も木更津も、数年で「学校独自問題」をやめちゃいましたからね。 結局「作文」や「面接」で落ち着きそうな気がします。 『学力検査』について。 上位校とそれ以外とで別問題にすることを検討している、らしい。 たしかに全公立高校に一律に同じ問題を使わせて入試を行うのは、ちょっと無理がありますからね。 私は、問題を複数用意することに賛成です。 今までと同レベルのものと、もうひとつ、難しいもの。 卒業後の難関大学・有名大学への進学を強く意識する高校は難しい入試問題を採用し、それ以外の高校は従来レベルの入試問題を採用する。 こうすることで、特に上位校の入試に特有の、ボーダー付近に受験生が密集しすぎる現状を改善できるはず。 どうやら、県教委の先生方の中に私と同意見の方がいらっしゃるようですが、問題作成の手間が2倍になりますから、これはかなり大変な決断になるはず。 さてどうなるでしょうか。 以上、令和3年度からの公立入試新制度についての特集記事でした。

次の