西 いなば 気楽 里。 道の駅『西いなば気楽里(きらり)』が6月30日にオープン!|鳥取市

Yaboo’sIndex

西 いなば 気楽 里

道の駅「西いなば気楽里(きらり)」が、令和元年6月30日(日)にオープンいたしました。 この道の駅は、5月12日に供用開始となった山陰道鳥取西道路「鳥取西IC~青谷IC」の整備開通を見据え、鳥取市西地域の振興とまちづくりの拠点づくり、全市的な観光振興や交流人口の増加につながる道の駅として、平成28年度から鳥取西道路浜村鹿野温泉ICの隣地に整備を進めてきたものです。 周辺環境と一体化する明るく開放的な建物• 新鮮な地元農産物や海産物等の直売、加工• 地域の温泉を活用した足湯 【事業概要】• 整備年度 平成28年度~令和元年度 (完成時期 令和元年6月)• 総事業費 約18億1千万円• 所在地 鳥取市鹿野町岡木280-3 山陰道鳥取西道路 浜村鹿野温泉IC付近• 整備面積 19,062m2(うち駅舎部分1,622. 85m2)•

次の

道の駅 西いなば気楽里が2019年6月30日(日)にオープン!鹿野の特産品や足湯も楽しめる施設が誕生

西 いなば 気楽 里

施設 [ ] 施設は鳥取県(駐車場(一部を除く)・トイレ・情報休憩コーナー)および鳥取市(駐車場の一部(普通車:50台)・その他の施設)が所有し、鳥取西いなばまちづくり株式会社がとして運営管理を行っている。 158台(用:1台あり)• 普通車:119台• RVパーク:3台• 大型車:22台• 二輪車:15台• 身障者用:3台• 37器• 男:大 5器・小 15器• 女:15器• 身障者用:2器• 情報休憩コーナー• パウダールーム• 体験加工室・地域交流室• (10:00 - 14:00・16:00 - 21:00)• 物産コーナー(9:00 - 19:00)• 農畜産・海産加工室• (9:00 - 19:00)• 飲食コーナー(9:00 - 19:00)• (24時間営業)• (0:05 - 23:55)• 備蓄倉庫• 当初予定されていたは用地が確保されているものの、開業時点では設置されていない。 周辺 [ ]• E9 ( ) 脚注 [ ] []• 国土交通省道路局 2019年3月19日. 2019年7月1日閲覧。 山陰中央新報 2019年7月1日. 2019年7月1日閲覧。 「」『毎日新聞』、2019年7月1日。 2019年7月3日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

「JP3SML/4 SSB 7MH鳥取県鳥取市JCC3401 ZA1478 道の駅 神話の里白うさぎRS

西 いなば 気楽 里

「道の駅 西いなば 気楽里」は、鳥取県の白兎海岸に近くて新しい高規格な道の駅 2019年6月にオープンしたばかりの 「道の駅 西いなば 気楽里(きらり)」は、主要幹線とは離れた鳥取県道32号沿いの田園地帯にある。 下道からアクセスすると「なぜここに?」と思うわけだが、実は同時期に開通した山陰道と鳥取道を直結する鳥取西道路の「サービスエリア的な役割」を果たすべく、「浜村鹿野温泉インター」近くのこの地が選ばれた経緯を持つ。 「道の駅 西いなば 気楽里」の車中泊環境 納税者・道路利用者の観点から客観的な意見を述べるなら、 「道の駅 西いなば 気楽里(きらり)」は不必要な道の駅だ。 理由のひとつは、近くて有名な鳥取砂丘までは約22キロ・クルマで30分、また三朝温泉も約30キロ・クルマで30分と、いかにも中途半端な場所にあること。 もうひとつは、わずか10キロほどの海沿いに 「道の駅 神話の里 白うさぎ」、また高速道路上でいえば、25キロほどのところに 「道の駅 清流茶屋かわはら」があるからだ。 この両者には、かろうじて共存の道が見えなくはないが、 「道の駅 西いなば 気楽里」はそのいずれともバッティングし、ただでさえ少ない利用者の「食い合い」を招く。 ただ、そんなことは作る前から行政も分かっていた。 ゆえに 「道の駅 西いなば 気楽里」には、それゆえの対策が施されている。 それを理解したうえでこの3つの道の駅を使い分けると、鳥取の旅にまた新たな面白みが加わると思う。 「道の駅 西いなば 気楽里」の施設 「道の駅 西いなば 気楽里」は、旅行者や観光客よりも、鳥取市民を意識した施設で、それを如実に現しているのがこれだ。 そう考えると、「井戸端会議」が十分開ける大きな足湯にも納得が行く。 いくらお買い得と云われても、旅人に鮮魚は「宝の持ち腐れ」(笑)。 いっぽう、コンビニ、インフォメーション、休憩スペースといった旅行者向けのサービスにも抜かりはない。 驚いたことに、計画段階ではRVパークの導入まで検討されていたという。 レストランのお勧めは「酒ノ津の塩サバ定食」だ。 「道の駅 西いなば 気楽里」に近い「酒ノ津」には、開いたサバを冷水に一晩漬けて血を抜き、臭みが無くなったところで一本一本に甘塩を手で振る「酒ノ津仕立て」と呼ばれる伝統加工法がある。 実は筆者には「酒ノ津」出身の知人がいて、以前からこのサバの味をよく知っているのだが、そのジューシーな油のノリにはきっと感動を覚えるだろう。 筆者の中では、「酒ノ津のサバ」は「羅臼のホッケ」よりも上に位置づけられている。 結論として 「道の駅 西いなば 気楽里」での車中泊は、観光や移動時の利便性よりも、時間に余裕があって「車中泊時の快適性」を大事にしたい旅人に適している。 いうまでもなく、トイレはどこよりもキレイだ(笑)。 「 道の駅 西いなば 気楽里 」の車中泊好適度!チェック.

次の