リヴァイ 生き て た。 無限のリヴァイアス

リヴァイ兵長は死亡した?115話で死んだとされたが生きてることが判明

リヴァイ 生き て た

本名:ハンジ・ゾエ 役職:調査兵団分隊長(エルヴィンの死後、調査兵団団長に就任 印象:中性的な容姿、巨人マニア、コミュニケーション能力が高い、頭が良い ハンジは大柄のメガネをかけた、中性的な顔つきの女性です。 しかし、リヴァイ兵長やエルヴィン団長からは女性として扱われていません。 また、巨人に対してとても研究熱心で、兵団内には巨人に関する知識で右にいる者はいないでしょう。 その根底には巨人の謎を解き明かし、人類を救いたいという強い思いがあります。 リヴァイ兵長とは対照的にとても明るく、ムードメーカー的な存在です。 また、エルヴィンに次期団長に任命され、一緒に作戦を練るなど、頭脳明晰でかなりの切れ者です。 リヴァイとハンジの信頼関係がすごい そんな、一見正反対のリヴァイとハンジはどんな関係なのでしょう? リヴァイ兵長とハンジは、巨人との様々な死闘をくぐり抜けてきました。 また、その巨人との度重なる戦いで、ともに多くの仲間を失いなっています。 何度も仲間を失いながら過酷な戦いを生き抜き、調査兵団の中心となって支え続けている、とても付き合いの長い2人です。 そんなリヴァイとハンジのやり取りで、私が好きなシーンを4つ紹介したいと思います。 仲が良すぎて距離が近い2人• ハンジに対して、他の人とは違う親しみを感じているリヴァイ兵長。 辛いことでも二人で協力し、支えあっている2人• リヴァイ兵長の言葉の真意を理解できるハンジ。 リヴァイとハンジの信頼関係:奇行種はお前だと冗談を言い合う 【アニメ 進撃の巨人Season1 #9「左腕の行方~トロスト区攻防戦5~」】 調査兵団が碧外調査に向かう時。 ハンジは奇行種に会いたいとテンションが高く、それに対し リヴァイ兵長はハンジが奇行種だと嫌味を言います。 その嫌味に気付かないハンジ。 すると、リヴァイ兵長はハンジの頭を鷲掴みにし、自分の方を向かせて「ここだ」と言います。 なんなんほんまに萌える。 それだけにリヴァイ兵長とハンジ、二人の親密さが伝わるシーンですね。 リヴァイとハンジの信頼関係:ハンジに対して、他の人とは違う親しみを感じているリヴァイ兵長 【アニメ 進撃の巨人Season1 #15「特別作戦班~反撃前夜2~」】 エレンが巨人化できるとわかり、人類にとって脅威なのか味方なのかわからず調査兵団預かりとなった日の夕食後。 リヴァイ兵長はエレンにこのように言います。 「あいつ(ハンジ)は黙ってないだろうな…ヘタにいじくりまわされて死ぬなよ…」 これはエレンが巨人化すると知った ハンジが、興奮しすぎて何をするか分からないという、エレンに対する脅しです。 リヴァイ兵長のちょっとした悪戯だったと思いますが、 「あいつ」呼びにハンジに対する親しみを感じます。 そしてハンジの行動を容易に想像でき、諦めながらも受け入れているリヴァイ兵長は素敵ですね。 リヴァイとハンジの信頼関係:辛いことでも二人で協力し、支えあっている2人 【アニメ 進撃の巨人Season3 #40「昔話」】 「私も辛いけど頑張って拷問を続けるy「レイス家が本当の王だ」 は、はやい……!! — 真辮 まあむ 929maamu サネスたちへの拷問はリヴァイ兵長とハンジの2人で行いました。 リヴァイ兵長とハンジは2人とも、部下の手は汚させたくないと思っていて、上官である自分たちで責任を持つという気持ちの現れだと思います。 ここは、拷問という残酷なシーンでありますが、お互いの気持ちや立場を理解し合い、共に支え合う姿に心打たれました。 リヴァイとハンジの信頼関係:リヴァイ兵長の言葉の真意を理解できるハンジ。 【原作53話】 硬質化実験がうまくいかず謝るエレンに対し、リヴァイ兵長はこう伝えます。 「がっかりだ。 お陰で空気がドブのように臭い。 クソな状況だ」 「不足を確認し嘆くのは大切な儀式」 「俺は壁の外に出て初めて、壁の中の空気は臭い事と、本当の自由を知った」 その言葉をハンジは 「私たちは今回エレンが硬質化できないと知ることに成功した。 これからも頑張ろうぜってリヴァイは言いたい」 とフォローしました。 リヴァイ兵長のこんなに伝わらない言葉から、リヴァイ兵長の真意を読み取れるのはハンジだけです。 諫山創『進撃の巨人』 ある点に於いて頭おかしいけどまともなところもあって人のフォローもできるハンジさん素敵。 リヴァイ兵長も礼を言うレベル。 このシーンは特に好きです。 リヴァイ兵長が持っている巨人化の注射を打ち、大型巨人のベルトルトを食べれば生き残る可能性はありました。 しかし、同時にアルミンもベルトルトとの戦いで大火傷の重症でした。 注射薬は1人分しか無いため、エルヴィンかアルミン、どちらを助けるかの判断はリヴァイ兵長に委ねられます。 最終的にリヴァイ兵長は、エルヴィンを休ませることを決めます。 そしてアルミンに注射を打って助けた為、エルヴィンはそのまま息を引き取りました。 死を待つエルヴィンに対し、リヴァイ兵長は獣の巨人を倒すのは先になると報告。 ハンジから「もう死んだ」と伝えられると、リヴァイ兵長は「そうか…」とだけ返しました。 最後にリヴァイやハンジが見送ってくれた、、嬉しかっただろうな あとはみんなに任せよ。 — 快怜 rei reinanoda616 リヴァイ兵長とハンジと共に、同じ戦いを生き抜いてきたエルヴィン。 その中で、エルヴィンの様々な決断を理解し受け止め、時には辛い作戦も実行してきた、リヴァイ兵長とハンジ。 その最後が、たったこれだけの短すぎる会話でした。 しかし、多くを語らなくても通じ合える、リヴァイ兵長とハンジにしか分からない想いが、そこにはあったと思います。 >> >> そして、ハンジが左目を負傷した後も、リヴァイ兵長はハンジの左側を歩くようになりました。 ここからも、長年の信頼関係が見て取れます。 >> リヴァイとハンジの信頼関係まとめ リヴァイ兵長とハンジの2人は性格もまったく正反対で、調査兵団での立場や求められる役割は異なります。 しかし、2人がとても親密である事は、多くの描写から伝わってきました。 そこには、今まで一緒に過ごしてきた月日の長さや、決して楽しいだけではない様々な思い出が、数多くあったのではないかと思います。 そして、その2人と共に調査兵団を引っ張ってきたエルヴィンの死は、今後の調査兵団にどのような影響を与えるのでしょうか。 願わくば、エレンたち幼馴染の3人も、リヴァイ兵長とハンジ、エルヴィンの3人のように、支え合い、励ましあいながら、まっすぐ進んでいって欲しいです。 >> >> >> >> >>.

次の

リヴァイとは (リヴァイとは) [単語記事]

リヴァイ 生き て た

分類:ヴァイア艦(外洋型航宙可潜艦) 全長:996m VG:アインヴァルト 武装:2門のバルジキャノン(本体と分離可能) スフィクス:ネーヤ 数千年後に起こると予測される第2のゲドゥルト・フェノメーンの際、ヴァイアの力を用いた航宙艦によって、人類を太陽系外へ脱出させようという計画(ヴァイア・プロジェクト)の元、建造された最初のヴァイア艦。 月面にて発見された、巨大な人型ヴァイアが使用されているが、建設当時、スフィクスとなるヴァイアだけは発見されなかった。 そして西暦2213年、リヴァイアスは1度だけ起動し、暴走を始めた。 その際、起動保安庁の議員らによって捕獲作業が行われるが、作戦の失敗により、多くの命が犠牲となった。 そこにはコンラッドの娘、アンジェの姿もあった。 その後はヴァイア・プロジェクトの穏健派、下村によって、リヴァイアスはリーベ・デルタの奥へと隠された。 その意図は「大勢の人が存在する施設に置くことにより、リヴァイアスのリンク率が少しでも上がれば」という考えによるものだった。 それから12年の歳月が流れ、昴治たちがリーベ・デルタに来ていたとき、あの悲劇は引き起こされた。 軌道保安庁・急進派の手引きにより、リーベ・デルタはゲドゥルトの海へと沈下し、圧潰の危機にさらされる。 居合わせた487名の訓練生は「死にたくない」と強く願った。 その直後、リヴァイアスは眠りから覚めるように、突如起動を始め、急浮上を開始する。 スフィクスであるネーヤが、強い叫びに同調した瞬間だった。 そして、リヴァイアスは少年少女たちを乗せ、広大な宇宙を航行することになる。 リフト艦があるのは、最初に建造されたリヴァイアスのみ。 ヴァイタル・ガーダーを操縦する際、リフト艦のメリットがあまり見つからないことから「設計ミス」との指摘も多い。 だが、実際には大型脱出艦として使用されており、第25話でも訓練生たちを乗せて脱出に使用する等、有効に活用されている。 本体の両脇に重力制御を応用し、威力を倍増させたリニアレール式のバルジキャノン(主砲)を2門搭載している。 これにより超距離射撃等も可能。 分離させることも可能で、その際にはVGアインヴァルトの武器となる。 「ブラティカ」とはリヴァイアス本体のことであり、リフト艦が分離した状態のみを指す。 コンラッドはそう呼ぶことが多かった。 少女型のスフィクス・ネーヤは、12年前の事故の際、犠牲となったコンラッドの娘・アンジェに、霧状のスフィクスが取りついたもの。 ネーヤは例外的に感情の芽生えたスフィクスである。 分類:ヴァイタル・ガーダー 全長:200m 所属艦:黒のリヴァイアス 武装:バルジキャノン2門(リヴァイアスより分離) 黒のリヴァイアスに搭載されている全長200mの人型ヴァイタル・ガーダー。 月面上に打ち上げられていた人型のヴァイアの塊に、外部装甲と、可動のための拘束ベルト、各センサーを取り付け作られたもの。 リフト艦より「パペット・ワイヤー」と呼ばれる伝達システムを用いての遠隔操縦となる。 ちなみに、最初に建造されたリヴァイアスのVGアインヴァルトのみ、リフト艦という操縦艦が存在する。 重力制御以外の特殊能力は確認されていないが、人型である故、汎用性が高く、あらゆる状況に対応出来る。 頭部には、センサー、ライト、イオンワイパー、航行灯が集合している。 手部は、重力波を形成し、重力を操ることが可能で、指の中がスラスター。 脚部は足の裏にあたる部位がスラスターで、6つの集合体となっており、これは機動性を重視しているためである。 バルジキャノンは、リヴァイアスの両脇にある全長約250m主砲ブロックを分離させたものを、アームソケットと結合させ、携帯兵器として使用する。 遠距離射撃等に最適で、これにより攻撃範囲が格段と上がる。 尚、2門使用する際は「ツインバルジ」と呼ぶ。 また、VGアインヴァルトよりも全長が長い。 重力制御を応用して威力を倍増させ、リニアレールガンを応用した機構を採用している。 遠距離攻撃に適した構造。 元々、寿命が来た砲身の交換作業を省くため、主砲ブロックそのものを使い捨てるという発想から分離式となった。 VG連結時は、弾の初速が144%上がるが、砲身自体の寿命は短くなる。 尚、砲身寿命は、通常使用時だと約30発程度。 VG連結時では約12発が目処である。

次の

【朗報】進撃の巨人のリヴァイ兵長、生きてる!!!!!!

リヴァイ 生き て た

分類:ヴァイア艦(外洋型航宙可潜艦) 全長:996m VG:アインヴァルト 武装:2門のバルジキャノン(本体と分離可能) スフィクス:ネーヤ 数千年後に起こると予測される第2のゲドゥルト・フェノメーンの際、ヴァイアの力を用いた航宙艦によって、人類を太陽系外へ脱出させようという計画(ヴァイア・プロジェクト)の元、建造された最初のヴァイア艦。 月面にて発見された、巨大な人型ヴァイアが使用されているが、建設当時、スフィクスとなるヴァイアだけは発見されなかった。 そして西暦2213年、リヴァイアスは1度だけ起動し、暴走を始めた。 その際、起動保安庁の議員らによって捕獲作業が行われるが、作戦の失敗により、多くの命が犠牲となった。 そこにはコンラッドの娘、アンジェの姿もあった。 その後はヴァイア・プロジェクトの穏健派、下村によって、リヴァイアスはリーベ・デルタの奥へと隠された。 その意図は「大勢の人が存在する施設に置くことにより、リヴァイアスのリンク率が少しでも上がれば」という考えによるものだった。 それから12年の歳月が流れ、昴治たちがリーベ・デルタに来ていたとき、あの悲劇は引き起こされた。 軌道保安庁・急進派の手引きにより、リーベ・デルタはゲドゥルトの海へと沈下し、圧潰の危機にさらされる。 居合わせた487名の訓練生は「死にたくない」と強く願った。 その直後、リヴァイアスは眠りから覚めるように、突如起動を始め、急浮上を開始する。 スフィクスであるネーヤが、強い叫びに同調した瞬間だった。 そして、リヴァイアスは少年少女たちを乗せ、広大な宇宙を航行することになる。 リフト艦があるのは、最初に建造されたリヴァイアスのみ。 ヴァイタル・ガーダーを操縦する際、リフト艦のメリットがあまり見つからないことから「設計ミス」との指摘も多い。 だが、実際には大型脱出艦として使用されており、第25話でも訓練生たちを乗せて脱出に使用する等、有効に活用されている。 本体の両脇に重力制御を応用し、威力を倍増させたリニアレール式のバルジキャノン(主砲)を2門搭載している。 これにより超距離射撃等も可能。 分離させることも可能で、その際にはVGアインヴァルトの武器となる。 「ブラティカ」とはリヴァイアス本体のことであり、リフト艦が分離した状態のみを指す。 コンラッドはそう呼ぶことが多かった。 少女型のスフィクス・ネーヤは、12年前の事故の際、犠牲となったコンラッドの娘・アンジェに、霧状のスフィクスが取りついたもの。 ネーヤは例外的に感情の芽生えたスフィクスである。 分類:ヴァイタル・ガーダー 全長:200m 所属艦:黒のリヴァイアス 武装:バルジキャノン2門(リヴァイアスより分離) 黒のリヴァイアスに搭載されている全長200mの人型ヴァイタル・ガーダー。 月面上に打ち上げられていた人型のヴァイアの塊に、外部装甲と、可動のための拘束ベルト、各センサーを取り付け作られたもの。 リフト艦より「パペット・ワイヤー」と呼ばれる伝達システムを用いての遠隔操縦となる。 ちなみに、最初に建造されたリヴァイアスのVGアインヴァルトのみ、リフト艦という操縦艦が存在する。 重力制御以外の特殊能力は確認されていないが、人型である故、汎用性が高く、あらゆる状況に対応出来る。 頭部には、センサー、ライト、イオンワイパー、航行灯が集合している。 手部は、重力波を形成し、重力を操ることが可能で、指の中がスラスター。 脚部は足の裏にあたる部位がスラスターで、6つの集合体となっており、これは機動性を重視しているためである。 バルジキャノンは、リヴァイアスの両脇にある全長約250m主砲ブロックを分離させたものを、アームソケットと結合させ、携帯兵器として使用する。 遠距離射撃等に最適で、これにより攻撃範囲が格段と上がる。 尚、2門使用する際は「ツインバルジ」と呼ぶ。 また、VGアインヴァルトよりも全長が長い。 重力制御を応用して威力を倍増させ、リニアレールガンを応用した機構を採用している。 遠距離攻撃に適した構造。 元々、寿命が来た砲身の交換作業を省くため、主砲ブロックそのものを使い捨てるという発想から分離式となった。 VG連結時は、弾の初速が144%上がるが、砲身自体の寿命は短くなる。 尚、砲身寿命は、通常使用時だと約30発程度。 VG連結時では約12発が目処である。

次の