ウイイレ 2020 監督 一覧。 【ウイイレアプリ2020】おすすめ監督と人選紹介 クロップ(ゲールノート・ツァイツラー)

ウイイレ2020最強のフォーメーションと監督

ウイイレ 2020 監督 一覧

ウイイレアプリ攻略サイト「ボランチ」 です。 ウイイレアプリ2020で強いチームを作るためには、自分にあった監督を選ぶことが非常に重要です。 実際のプロのサッカーでは、自分で監督を選ぶことはできませんが、ウイイレアプリ2020では数多くの監督の中から、自分のプレースタイルにあった監督を選ぶことができます。 最強のスカッド作りのためには、どんな監督がいるのか?を理解することが重要ですので、この記事では 各監督の「マネジメント」「オフェンシブ戦術・フォーメーション」「ディフェンシブ戦術・フォーメーション」などをまとめています。 これに加えて、Twitterでコアなウイイレユーザーに対して「監督の評価」を4点満点でつけてもらいました。 監督を獲得したり、育てる前に、ユーザーのみんなの使用感や評価がひと目で分かるようになっています。 この記事の目次を読みたい方へ• 最強監督一覧!マネジメントの高い順 現在監督のページを随時作成中ですので、これがすべての監督ではありませんが、 高マネジメントで人気のある監督はすでに網羅しています。 監督名 フォーメーション マネジメント 4-1-2-3 920 4-3-3 910 4-2-2-2 900 4-2-3-1 890 4-2-3-1 880 4-3-1-2 870 3-2-2-3 870 4-3-3 860 4-3-3 860 4-2-3-1 860 3-3-2-2 860 4-3-1-2 850 4-3-3 850 4-3-3 850 4-3-3 850 4-2-3-1 850 4-2-2-2 840 3-2-2-3 840 4-3-1-2 840 3-2-3-2 830 4-2-3-1 830 4-3-3 830 4-3-3 830 4-2-3-1 830 4-3-2-1 830 4-2-3-1 830 4-2-3-1 830 4-2-2-2 820 4-3-3 820 5-3-1-1 820 4-3-3 820 5-2-2-1 820 4-3-2-1 820 3-2-3-2 820 4-3-3 820 3-2-4-1 810 4-2-3-1 810 4-2-2-2 810 4-2-3-1 810 4-3-2-1 810 3-2-4-1 810 4-3-2-1 810 4-2-3-1 800 4-2-2-2 800 4-2-3-1 800 4-2-2-2 790 4-2-2-2 780 4-3-2-1 780 4-1-3-2 770 4-2-2-2 770 5-3-2 760 4-3-3 740 4-3-2-1 740 4-1-3-2 740 4-2-3-1 730 4-2-1-3 720 5-2-3 720 4-2-4 720 4-3-3 710 5-3-2 700 3-3-2-2 690 4-2-3-1 680 4-2-3-1 680 4-3-1-2 630 4-2-2-2 600 最強監督ランキングTOP25!ユーザー投票で決定! 監督をフォーメーション別で見る 下記画像をタップ・クリックすると、フォーメーションごとのカテゴリを確認できます。 監督リストの更新時間について 【PICK UP】今週の最新記事一覧• 【ウイイレアプリ2020】おすすめ記事•

次の

【ウイイレ2020】最強監督の戦術はこんなタイプ!解説とオススメ監督の一覧【中央突破】

ウイイレ 2020 監督 一覧

ヨアヒムレーヴ (写真はウィキペディアより) ドイツ国籍、1960年生まれ ヨアヒムレーヴ監督は現在 ドイツ代表の監督を務めています。 2014 FIFAワールドカップ では監督として、ドイツ代表を優勝に導きました。 フォーメーションは3-2-2-3 ウイイレ2019では4-2-3-1のフォーメーションで人気だったレーヴ監督ですが、 今作(ウイイレ2020)では まさかの3バックで登場しました。 3-2-2-3というフォーメーションで、中盤4人は中央にCMF2人、サイドハーフが1人ずつサイドに配置されています。 さらに3トップは中央にCF、サイドに1人ずつSTが配置されているため、 バランスを重視したウイイレ2019のレーブと比べると かなり攻撃的になっています。 守備に力を入れたい方にはお勧めできないフォーメーションですが、 攻撃はかなりしやすいので、良いと感じた点を書いていきます。 特に、セカンドトップとサイドハーフ(RMF、LMF)が関わるサイド攻撃は強力。 ドリブルで切り込んだり、横パスで相手を揺さぶったりと攻撃の幅も広いです。 中央にヘディングが得意な選手を配置することで、クロスからの得点も期待できますね。 サイドからの攻撃では サイドバックのような役割でセカンドトップを支援してくれるだけでなく、 パスを回しづらい時には 中央に寄ってくることもありボールを繋ぎやすくしてくれるのです。 サイドハーフのおかげで攻撃はかなりしやすいです。 CMF、3バックを中心とした守備陣は中央に強いです。 自分の好きな選手をマネジメント能力を気にせずにつかえるかと思います。 欠点は? これは3バックなのでしょうがない部分ではあるのですが、サイド攻撃に弱いです。 特にサイドハーフが攻撃参加しているときにボールを失うと、 そのままサイドからカウンターを受けて失点ということもあります。 ある程度 人数が固まっているときの守備は安定しているため、 まずは相手の攻撃を遅らせる守備が必要になります。 おすすめの起用法 欠点でも書いた通り、サイドからの攻撃に弱い監督です。 サイドハーフは守備対応で特にスタミナを消費しやすいので、 スタミナのある選手(またはサイドバックが適正ポジションでサイドハーフでもプレーできる選手)がおすすめです。 また、CMFもサイドハーフが対応出来なかった分の守備を担当することがあります。 中盤にボール奪取を得意とする選手を配置することで、守備が安定するので CMFのプレースタイルは「 ボックストゥボックス」、「 ハードプレス」などがおすすめです。 レーヴの使い方 ここからは簡単な使い方を見ていきます 攻撃 攻撃に人数をかけれるフォーメーションで、3トップを中心として攻めやすいです。 攻撃エリアはサイドがほとんどですが、CMFもいるので中央でも問題なくボールを回せます。 守備 カウンターを受けてしまうこともあるのでサイドから突破されないことが大切になります。 そのため、サイドハーフはあまり攻撃に専念させないようにしましょう。 サイドハーフが守備参加してくれるとゴール前に人数をかけられ、カウンターでの失点は無くなります。 また、3トップは基本はゴール前まで戻ってこないので、ボールを奪った後にロングパスを送ることでカウンターに繋がることもあります。 こんな配置もできる ここからは配置例を紹介していきます このフォーメーションですが 下の写真のように、 ウイングとサイドハーフを同時に配置することもできます。 この配置をすることでさらに サイドに特化した攻撃ができるようになりますね。 このフォーメーションで何試合かしてみたのですが、ウイングが高い位置をとってくれるので攻撃がめちゃめちゃしやすいです。 レーヴを使うならセカンドトップをウイングにする配置方法も試してみてください。 最後に いかがだったでしょうか。 今回はウイイレ2020でのヨアヒムレーヴ監督を紹介させていただきました。 かなり攻めやすい監督なのでウイイレ2020で なかなか点が取れない方におすすめです。 最後までお読みいただきありがとうございました!•

次の

ウイイレ2020|強固3バック!おすすめのコンセプトアレンジ【ウイングバックがポイント!】

ウイイレ 2020 監督 一覧

ご覧いただきありがとうございます。 つきご()ともうします。 ウイニングイレブンでは、 監督選びは、プレーヤースキルと同じくらいに、とても重要です。 とはいえ、数多ある監督の中で、自分にあった監督と出会うのは至難の業。 そこで、今作の仕様にあった強い監督をまとめたので、ご紹介させていただきます。 とりあえずは、今回紹介させてもらう監督を数人でも保有していれば、myClubは戦っていけます。 獲得必至!強いオススメ監督をまとめて紹介!【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 4-3-2-1 ヨアン グリモー(ジネディーヌ・ジダン) 1トップのジダン監督です。 とにかく、中盤での守備が強い! 中盤でボール奪取してのショートカウンターがさらに強い。 サポート距離4と、カウンター戦術があいまって、1トップながら攻撃力も抜群です。 OMFには、プレースタイル2列目からの飛び出しの選手を一人は配置したほうが、攻撃の手詰まり感を解消できる。 注意事項として、CMF、DMFの選手器用には、極力パス能力の高い選手を配置すること。 選手間の距離が近い戦術なので、ショートパスがずれてしまうと、致命的なカウンターを受けることになる。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-3-1-2 フェルナンド・サントス 前作でも大人気、今作でも、人気の高い監督です。 今作強いといわれる、4-3-1-2のダイアモンド型のフォーメーションです。 とにかく、攻撃がしやすい。 ボールを味方が持つと、みんなが前に向かって走ってくれます。 サポート距離も長いので、長めのボールを配給することになり 少ない手数で大きなチャンスを作り出すことができます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-2-2ー2 クリストバルブエナ(シメオネ) 相変わらず守備が安定する監督というのが特徴です。 2トップでサイドハーフとダブルボランチの配置ができる監督です。 3トップ布陣の相手に対して、固い守備のできる監督です。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 ストーレ・ソルバッケン との大きな違いは、ポジショニングが流動的になっていること。 とくに、CMF、DMFの選手のプレースタイルの組み合わせによっては、かなりチームとしての個性に違いが出ます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-3-3 ゲールノート・ツァイツラー(ユルゲン・クロップ) 今作で、かなり人気の高い監督です。 前線のST3枚をCFに変更できます。 いわゆる3CFの配置ができる監督です。 ディフェンスラインも高めなので、事故失点を軽減させる効果も期待できます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 バロータ かなり、大人気監督のに似ているコンセプト。 守備コンセプトが、とても強いです。 やはり大きな特徴は、 可変フォーメーションが使えることです。 可変フォーメーションで、2OMFが配置できます。 オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術のコンセプトは同じで、ポジション配置が若干異なるだけですので、オフェンシブ戦術を使用してもらえればいいです。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 セシリオトゥナル(フレン・ロペテギ) オフェンシブ戦術がオススメです。 守備的に配置するなら、真ん中のCMF1枚をDMFに変更します。 プレースタイルがアンカーの選手を配置すると守備の安定をはかれます。 トゥナルの強さは、サイド攻撃のショートカウンター。 ほどよい選手同士の距離感で、選手のもつ固有の動きを最大限に活かしつつ、攻撃を作り出すことができます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-1-2-3 ルイス・アルベルト・ロマン(ジョゼップ・グアルディオラ) この監督のフォーメーションの場合、2OMFが、しっかり後ろから攻撃のサポートをすることで、攻撃の切れ間を埋めてくれることができます。 サポート距離が6と、距離感もちょうどよく、パスを繋いで連動した攻めができます。 ほぼ、5人で連動的に攻めるのは圧巻です。 ドンドン、ガンガンで攻めたいタイプの方にオススメです。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-2-1-3 ピーチェ ブール(エリック テン ハーグ) 3トップで1人のOMFの配置ができる監督です。 DMFを2枚置けるところが強い! ただし、攻撃の手詰まり感を解消するためにも、一人は「プレーメーカー」か「ボックストゥボックス」または「ハードプレス」を置いたほうがいい。 3バックの相手に対して、かなり有効な攻撃のできる監督です。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 3-2-2-3 城福 浩 3トップで3バックの監督です。 オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術にかわりありません。 日本人監督では、攻撃力は最強です。 やはり、3CFができる監督は攻撃がとてもしやすい。 なおかつ、サイドハーフを配置できるので、攻撃の手詰まり感がほとんどありません。 ただ、守備は難しい。 きをつけることは、相手のハイプレスからのサイドアタック。 こういった攻撃に対してはかなり警戒しておかなければ、おおきなピンチを迎えます。 サイドハーフの選手を守備の上手い選手にして、下がり目のポジションにして5バックのような陣形にするのもオススメ。 もともと攻撃力が高いし、ハイプレスをかけるタイプの監督ではないので、中盤の選手を守備的に配置してしまえば、実は守備も堅い。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 ヨアヒム・レーヴ 3トップで3バックの監督です。 ハミロ・アメリカーノ監督やと同じようなシステムですが、その中でもヨアヒム・レーヴ監督は、 とても攻撃的なスタイルです。 コンセプト的には、ハイプレス気味になっています。 当然、守備操作が難しい監督ではあります。 ただし、 サイド攻撃の火力は抜群です。 前線の両サイド2枚がチャンスメイクをして、 サイドハーフが中に切り込んでフィニッシュまで持ち込むという形をとっていけば、サイド攻撃の受けに弱い相手にとっては、殴り合いの試合で負けることはありません。 と、いっていいほどの攻撃力です。 ただ、前述の通り、守備が難しい監督であることは間違いない。 守備スタイルは、相手の攻撃を待ち構えるスタイルだと抑えきれないので、やはり ハイプレスによって高い位置で相手のボールを奪うイメージで守備にまわる必要があります。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 3-2-3-2 ジャン・ピエーロ・ガスペリーニ 中央攻めに対して、非常に相性のいいのが3バックです。 しかも、リトリートアグレッシブで硬い守備ができる監督。 当然ながら、3バックなので、相手のサイド攻撃には気を配る必要がありますが、それ以外の攻撃への守備対応が、とても優秀。 3人のセンターバックと、2人の守備的中盤の選手で、縦パスを受けた相手選手を挟み込むように対応できる。 中央攻めへの対応力はとても高いです。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 まとめ プレイヤーの操作スキルに大きな差はないとおもっている 冒頭にも記載しましたが、 監督・戦術を選んでいくということの重要性は、プレイヤースキルと同じくらい大切なことだと考えております。 サッカーというスポーツにおいて 戦術面において相性があるからです。 ウイニングイレブン2020でのmyClubでの対人戦では、よほどのことがない限り、選手個人の能力値というのは大きく差がありません。 また同じレート帯では、 プレイヤーの操作スキルも大きな差があるとはおもっていません。 となると、やはり 作戦・戦術的に相性として優位に立てたほうが、アドバンテージが取れると考えています。 柔軟に対応できるように 「 どのような戦術やコンセプトの相手と対戦することになっても、相性が良くなるよう対応できる」 という考え方ベースにスカッドを組んでいくことが必要になります。 これは、実際に相対してから判断するのが確実です。 おおまかにいえば ディフェンスラインの裏に大きく蹴られるのが苦手。 ゴール前でこねられるのが苦手。 中央から攻められるのが苦手。 サイドから攻められるのが苦手。 など人それぞれなので、いろんな攻撃や守備の選択肢を増やせるように 自分や保有選手にあったスカッドを組んでいくことが重要です。

次の