部分 入れ歯 洗浄 剤。 入れ歯(義歯)を快適に使用するための管理方法

入れ歯が黒ずむ理由と対処法とは?|入れ歯の豆知識

部分 入れ歯 洗浄 剤

入れ歯のお悩みとして黒ずんでしまうことがあります。 そして原因によって対処法も違うので、入れ歯が黒ずむ理由を対処法についてご紹介します。 【金属部分が酸化した場合】 部分入れ歯は歯を支えるために、金属のばねがついています。 その部分が黒ずむ理由としては、間違った入れ歯洗浄剤が考えられます。 入れ歯洗浄剤には『部分入れ歯用』と『総入れ歯用』があり、相性が合わない入れ歯洗浄剤を使用すると金属が腐食して黒ずんでしまうことがあります。 〈対処法〉 金属のばねがついている入れ歯は必ず『部分入れ歯用』の入れ歯洗浄剤を使用しましょう。 また、ダラダラ食べる習慣や甘い飲み物を頻繁に飲む習慣は口の中を酸性に傾けてしまいます。 口の中が酸性の状態が長く続くと金属が黒くなる原因になることがあります。 そのため、食事は決まった時間に食べる様にして、口の中が酸性に傾いている時間が長くならない様にしましょう。 【黒カビが生えた場合】 入れ歯は使用しないで長く放置していると、入れ歯に黒カビが生えて黒ずむことがあります。 〈対処法〉 黒カビは身体にも良くないので、どうしても使用したい場合には歯科医院で1度お預かりしてカビの除去をします。 ただ、長い期間放置しているので合わない場合もあり、お口に入れるものなので、作りなおすことを選択することも多いです。 【ステイン汚れが原因の場合】 保険の入れ歯は、歯科用プラスチックを使用しているので、お茶やコーヒーなどを飲む頻度が多いとステイン汚れがついて、人工歯の部分や歯ぐきの境目の部分が黒ずむことがあります。 〈対処法〉 口の中の環境や着色の多い飲み物や食べ物を食べる頻度にもよりますが、着色の多い飲食物を摂取した時には、水でうがいすることで着色を抑えることが期待できます。 また、ばねがついていない総入れ歯の場合にはステイン汚れを落とす成分が含まれているものもあるので、入れ歯洗浄剤を変える方法もあります。 また、歯科医院でも着色を磨くことができるので、気になった際には相談してみてくださいね。

次の

入れ歯洗浄剤の種類・費用・選び方

部分 入れ歯 洗浄 剤

口腔内は菌が繁殖しやすく、歯を良く磨き清潔に保っている人でも、1000~2000億個もの菌がいるといわれており、丁寧に入れ歯を磨いても落としきれていない汚れが残っている可能性あるのです。 入れ歯に菌が付着している状態ですと、炎症を起こしてしまったり口臭の原因ともなります。 その他にも、菌が原因として感染性心内膜炎という内臓系の病気を引き起こしてしまう可能性もあるのです。 そのため、1日1回は入れ歯専用の洗浄剤にて1日の汚れを綺麗に洗い流してあげる必要があげることが、健康的にも、入れ歯のお手入れ的にもとても大切なのです。 また、毎日きちんと入れ歯洗浄剤で入れ歯のお手入れを行うことで、デンチャープラーク(入れ歯に付着する歯垢)や歯石の予防にもなり、コーヒーや紅茶等を飲むことで付着するステインの除去も効果的に行えます。 特に、部分入れ歯を使っている方は残っている健全な歯を守るためにも丁寧に洗浄すること心がけましょう。 入れ歯洗浄剤の種類と選び方 様々な入れ歯洗浄剤が販売されていますが、商品によって主成分が異なりますので、自分の目的に1番適した入れ歯洗浄剤を選ぶようにしましょう。 次亜塩素酸系 アルカリ性成分がとても強く、漂白・殺菌効果に優れていいます。 強力な洗浄成分の反面入れ歯の素材を痛めやすいというデメリットもあります。 過酸化物系 入れ歯洗浄剤の中でも最も使われているタイプです。 次亜塩素酸系と比較すると洗浄力は劣りますが、その分毒性も弱まっているので安心して使用できます。 入れ歯に金具などの金属が有る場合、変色する可能性があります。 酵素系 酵素はたんぱく質の分解を促すため、食べカスなどの分解・脱臭といった効果が高い洗浄剤です。 その反面、漂白効果などはあまり期待できません。 生薬 脱臭や除菌効果に優れ安全性が最も高い入れ歯洗浄剤です。 しかし、頑固な汚れを除去することにはあまり向いていない入れ歯洗浄剤です。 これらの入れ歯洗浄剤は口に入れるものへの洗浄剤ですので、基本的には毒性は高くはありませんが、入れ歯を洗浄した後、入れ歯を良く流水で洗わなかったり、気付かずに、入れ歯洗浄剤・入れ歯洗浄液を誤飲してしまった場合しかるべき対処が必要となります。 特に、次亜塩素酸系の場合は漂白効果が高い成分が含まれていますので、誤飲してしまった場合はただちに受診するようにしましょう。 また、他のものを誤飲してしまった場合も、牛乳などを飲み様子を見ることが必要です。 吐き気・腹痛・喉の痛みなどといった症状が見られる場合は病院へ行きましょう。 アルカリ性の入れ歯洗浄剤を誤飲してしまった場合は、アルカリ性に反応する酸性のものは飲んではいけません。 入れ歯洗浄剤の費用 歯ブラシで入れ歯を丁寧に磨いた後、容器に規定の量の水またはぬるま湯を張り洗浄剤を入れ入れ歯を漬け置きします。 寝る前に行い、一晩漬け置きするのが効果的です。 (コップなどを利用して漬け置きをされる方はくれぐれも洗浄液の誤飲に気をつけましょう。 ) 洗浄が終わった入れ歯は、丁寧に水で洗浄液を洗い流してから装着するようにし、1度使った洗浄液は洗浄力が低下していることと、不衛生になってしまうため必ず捨てるようにしましょう。 他にも、入れ歯の洗浄方法として最近では入れ歯洗浄器という超音波による高速振動によって汚れを除去するものも増えてきました。 入れ歯洗浄器と洗浄剤を併用することで、より清潔に入れ歯を保つことが出来ることでしょう。

次の

目的別入れ歯洗浄剤の種類と効果効能のすべて

部分 入れ歯 洗浄 剤

入れ歯の必要性 入れ歯は何らかの原因によって失ってしまった歯および歯茎の回復をもたらしてくれます。 お口の中で安定した入れ歯は見た目的にも機能的にも活躍し精神的安定も測ることができるとされています。 さらに入れ歯によっては、きちんとお口の中で機能することで、自分の歯が動きを抑制し噛み合わせが変化してしまうのを防いでくれますし、顎関節の負荷を軽減し顎関節症予防や治療にも使われます。 お口の機能はただ物を噛んで砕いたり、息をしたりするためだけではありません。 人として、他人と会話したり、食事を楽しんだりとても重要な働きをしてくれます。 そう考えると入れ歯は、人として重要な機能を手助けしてくれるとても重要なパートナーと言っても過言ではないかもしれませんね。 入れ歯の寿命 そんな大切なパートナーともなれば出来れば末長くお付き合いしたいと誰しも思うのではないでしょうか。 しかし入れ歯というものは、材料は何にせよ「物質」なんです。 しかも物凄く過酷な環境で毎日、何回も何回も硬い歯や金属に打ちのめされていると言えます。 イメージできますでしょうか?唾液には様々なものを分解する酵素が含まれています。 酸っぱい酸やアルコールも人によってはお口にされることでしょう。 熱いもの硬いもの冷たいもの刻一刻と変化する環境下で働いているのです。 そんな中で入れ歯は必死で耐えているのです。 もちろん人によって噛む力や使用頻度はまちまちですから、一概にこのくらい持ちますとの明言は難しいですが、1年足らずで壊れてしまう方や10年くらい同じ入れ歯を使用していらっしゃる方など十人十色だと思います。 ただ壊れてしまう理由はきっとありますし、長く使用されている入れ歯の多くは人工歯がすり減り噛み合わせが変わってしまっている、なんてこともしばしば経験します。 やはり定期的な歯科医師の診察は重要だと言えます。 義歯の寿命については、患者様の口腔内は十人十色、誰一人同じ方はいません。 ですので、保険診療の入れ歯がどれくらい持つかは分かりづらい処です。 入れ歯洗浄の必要性 入れ歯を使用している方の中には病院で何らかの治療を受けている方、外来通院で治療を受けている方などが少ないくないと思われます。 入れ歯は「物質です」と先に述べました。 お口の中には背筋が凍るくらいゾッとするほどの雑菌がいます。 しかもお口の中は暖かく、湿潤で、栄養も日に3回与えられます。 細菌や真菌の菌たちには楽園のようなところです。 それでも口の中で過剰にこのような菌が繁殖しないのは唾液の中に免疫細胞や殺菌性の酵素があるからなんですが、人工物には影響しにくいんです。 お風呂場をイメージしてください。 プラスチック製の湯船や床はすぐヌメヌメになったりするでしょう。 入れ歯も同様に歯垢や歯石が付いてしまいやすいんです。 特に唾液が停滞しやすい入れ歯と粘膜の間など、カビの一種のカンジダ菌が繁殖しやすいです。 これらによって義歯性カンジダ症等引き起こす可能性もありますし、その他の菌でも誤嚥性肺炎の原因になったりする可能性がありますので、きちんと入れ歯を清掃し綺麗にしておく必要があるのです。 なぜ入れ歯を洗浄するのか? 入れ歯には多くの細菌が付着しています。 洗浄する事で衛生的に良い、又義歯の材料は樹脂で出来ています。 乾燥すると入れ歯は変形を起こしてしまいます! 口腔内は大変繊細なので、僅かな変形でも痛みの原因になるのです! 入れ歯には耐えず湿度が必要なのだということを覚えておきましょう。 お手入れの頻度 毎食後の洗浄 出来れば食事の後は一旦外し流水で流してください。 この時入れ歯の落下に気をつけて下さい。 またお口もうがいなどして綺麗にしましょう。 就寝前の洗浄 お口から取り出して、入れ歯用の歯磨き粉や義歯ブラシを必ず使用して磨くようにください。 機械的洗浄と言います。 研磨剤の入った一般的な歯磨き粉や普通の歯ブラシで磨くのは入れ歯を痛めてしまいます。 小さな傷が無数にできてしまい、その傷にばい菌たちが入り込んでしまいます。 特にカンジダのような菌はブラシだけの洗浄では落としきれないとされていますので、次に掲げるような化学的な洗浄も有効です。 洗浄剤で洗浄 洗浄剤には幾つかタイプがあります。 次亜塩素酸系…ステインの除去や殺菌に優れます。 過酸化物系……歯石の除去や洗浄効果はいいですが、金属を腐食させてしまうことがあります。 酵素系…………消臭や除菌に優れます。 この他にも様々なものが流通しています。 洗浄剤での洗浄をどの程度の頻度でするのが良いか実は専門家の間でも意見に相違がみられます。 週に1〜2回程度とするものや1日1回の使用を推奨するとするものまで、中には使用を推奨しないとするデータまであります。 入れ歯洗浄材を使わないときには、お水に浸けておくことをオススメします。 頻度の入れ歯洗浄するのはいいと思います。 義歯の乾燥を防ぐことが大切です。 それでも落としきれない汚れを落とすためには どんなにホームケアを丁寧にしていても、茶渋やコーヒー、ワインなどのステインの着色、歯石の沈着などは起こってしまうものです。 このように頑固な着色や歯石はブラシで擦る程度では落とすことはできませんし、むしろ大切な入れ歯を傷だらけにしてしまう危険があります。 こんな時は迷わずかかりつけの歯科医院で綺麗にしてもらいましょう。 歯科医院では専用の義歯洗浄剤や超音波洗浄装置があります。 また歯科医院によってはこれらを未然に防ぐ目的で銀イオンコーティング(自費)を行っている歯科医院もあります。 ですが、こうなる前位に歯科医院での調整やクリーニング受けることが入れ歯を長くしよしていただく秘訣だと思います。 私が行っている研修会の患者様の義歯の寿命は、全てとは言いませんが、数十年単のものがほとんどです! 修理をしながら使う! 一生涯一義歯ではないでしょうか。 まとめ なぜ入れ歯をする必要があるのか、そして入れ歯を長持ちさせるにはどうしたら良いのかをお話してきました。 入れ歯は食べやすくしたり見た目を良くするためだけではなく、顎関節症の予防にもなる!• 入れ歯の寿命は、人それぞれだが10年以上使い続ける人もいる!• 入れ歯は洗浄しないと傷みが早くなる!• 入れ歯洗浄は、毎食後、就寝前に洗浄し、洗浄剤を使って洗浄することもある!• 入れ歯の汚れが酷い時は、歯医者に行ってみてもうと良い これらを参考にしていただき、大切なパートナーである入れ歯と長く付き合っていきましょう。

次の