ハイ イールド 債 etf。 SPDRハイイールド債券ETF【JNK】は高利回り債券のETF

HYG 海外ETF(高配当)の紹介

ハイ イールド 債 etf

2015年4月2日 ハイイールド債市場では、ほとんどの投資家が、足元のエネルギー価格下落により多少なりともダメージを受けた。 中でも、ETF(上場投資信託)に投資することで市場全体をカバーしていた投資家が最も大きな被害を被っている。 これは偶然ではなく、理由がある。 ハイイールド債市場に投資する上でETFが便利な手段であることは間違いない。 1日1回、決められた時間に価格が決定される従来の投資信託とは異なり、ETFは証券取引所でいつでも売買が行える。 では、なぜハイイールド債ETFは原油価格の下落によってかくも大きな打撃を受けたのであろうか? 詳しく見てみよう。 ウェイトの高さが仇に ETFはインデックス(指数)に連動するよう設計されているため、その資産配分はインデックスを反映する。 そして、特にハイイールド債ETFではエネルギー・セクターのウェイトが非常に高い。 これは、近年エネルギー関連企業による資金調達が非常に活発だったためだ。 これらの企業は、採掘技術の進歩や米国とカナダにおけるシェールガスの発見に伴い、投資を拡大している。 しかし、ウェイトの高いセクターが常に良いパフォーマンスを生み出すとは限らない。 2014年にエネルギー価格が低下し始めると、エネルギー銘柄を大量に保有していたハイイールド債ETFは、厳しい状況に置かれた。 インデックスに追随しないアクティブ運用であれば、エネルギー・セクターのウェイトを下げればよかったのだが、ETFの投資家が損失を抑えるには全売却するしかなかった。 もちろん、この局面でエネルギー・セクターのウェイトをインデックスより高くしていたアクティブ運用者もいるかもしれないが、健全なリサーチ体制とリスク管理体制を備えていれば、こうした柔軟性を活かすことができる。 こうした問題はエネルギー・セクターに限ったことではない。 過去の記事(英語:)でも述べたように、2002年には(当時はETFこそ存在しなかったものの)通信セクターで同様の状況が発生した。 直近では、新興国ETFに投資していた場合、南米でも不況が最も深刻なアルゼンチンとベネズエラ、あるいはエネルギー価格下落やウクライナ問題を受けた欧米の経済制裁により大打撃を受けているロシアへの資産配分から逃れることは出来なかっただろう。 質が重要 さらに、ハイイールド債については、特に市場のボラティリティが高い場合、そのウェイトだけでなく、どの証券に投資しているかも非常に重要となってくる。 すべてのエネルギー銘柄が一様のパフォーマンスとなるわけではなく、例えば、石油・ガス開発・生産会社が発行する一部のハイイールド債は、原油価格下落の影響を比較的受けにくい。 アクティブ運用であれば、個別企業の信用力を徹底的に分析することで、相対的に良好なパフォーマンスが期待できる証券を選び出すとともにリスクの高い証券を避けることができる。 これはエネルギー・セクターのみではなく、ハイイールド債市場全体についても同じことが言える。 例えば以前「」で述べたように、すべてのセクターにおいて、脆弱で負債比率が高い企業が発行するCCC格のジャンク債については、注意深い銘柄選択が非常に重要となる。 しかしETFでは、インデックスと同様の資産配分が行われるため、選別的に銘柄選択を行うことができない。 取引コストに注意 コストについても触れる必要があろう。 パッシブ運用によるハイイールド債ETFの人気が高まった理由の1つに、低コストで容易に投資が行える点がある。 一般的に、ETFはアクティブ運用による投資信託より運用手数料が低く、さらにパッシブ運用の投資信託より低い場合もある。 しかし、債券売買の取引コストについても考慮する必要がある。 なぜならこの取引コストはすぐに積み上がる可能性があるからだ。 通常、取引コストは市場でストレスが発生している場合に上昇するものであり、その理由は単に取引量が増えるからではない。 市場のボラティリティが上昇すると、買い手が望む買値と売り手が望む売値の差(売買スプレッド)が拡大する傾向にあるため、取引関連のコストがかさむことによってリターンが低下する可能性があるのだ。 また、ETFの取引が活発になると、ETFの市場価格が純資産額に対して割高もしくは割安な水準に乖離することもある。 したがって、タイミングが悪い売買を行わざるを得なかった場合、さらにコストが膨らみ、リターンにも悪影響が及ぶ。 また、取引量は市場でストレスが発生している時に増加する傾向がある。 アクティブ運用で柔軟な投資 先に述べたように、ハイイールド債ETFでは特定のセクターのウェイトを下げるなど資産配分を調整することができないため、市場が混乱すると売却を強いられる可能性がある。 一方でアクティブ運用では、柔軟に信用力の高い銘柄を選択、あるいは特に市場の変動が激しい状況では取引を控えることによって、コストを抑えることができる。 ここ数カ月間の市場のボラティリティは、2015年末まで続くことが予想される。 しかし、注意深く銘柄選択と分散投資を行えば、ボラティリティは必ずしも問題とはならない。 インデックスに連動するハイイールド債ETFは短期的な取引には便利かもしれないが、我々は長期的な資産運用の観点から、アクティブ運用の方が市場が変動する時により優れた防衛策を提供し得ると考えている。 当資料は、アライアンス・バーンスタイン・エル・ピーのCONTEXTブログを日本語訳したものです。 オリジナルの英語版はこちら。 本文中の見解はリサーチ、投資助言、売買推奨ではなく、必ずしもアライアンス・バーンスタイン(以下、「AB」)のポートフォリオ運用チームの見解とは限りません。 本文中で言及した資産クラスの過去のパフォーマンスは将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。 当資料は、2015年2月3日現在の情報を基にアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーが作成したものをアライアンス・バーンスタイン株式会社が翻訳した資料であり、いかなる場合も当資料に記載されている情報は、投資助言としてみなされません。 当資料は信用できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。 また当資料の記載内容、データ等は作成時点のものであり、今後予告なしに変更することがあります。 上記の個別の銘柄・企業については、あくまで説明のための例示であり、いかなる個別銘柄の売買等を推奨するものではありません。 当資料で使用している指数等に係る著作権等の知的財産権、その他一切の権利は、当該指数等の開発元または公表元に帰属します。 アライアンス・バーンスタインおよびABはアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーとその傘下の関連会社を含みます。 アライアンス・バーンスタイン株式会社は、ABの日本拠点です。 当資料についてのご意見、コメント、お問い合わせ等はまでお寄せください。 当資料についてのご意見、コメント、お問い合せ等はまでお寄せください。 アライアンス・バーンスタイン株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号 【加入協会】一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会 当資料についての重要情報 当資料は、投資判断のご参考となる情報提供を目的としており勧誘を目的としたものではありません。 特定の投資信託の取得をご希望の場合には、販売会社において投資信託説明書(交付目論見書)をお渡ししますので、必ず詳細をご確認のうえ、投資に関する最終決定はご自身で判断なさるようお願いします。 以下の内容は、投資信託をお申込みされる際に、投資家の皆様に、ご確認いただきたい事項としてお知らせするものです。 投資信託のリスクについて アライアンス・バーンスタイン株式会社の設定・運用する投資信託は、株式・債券等の値動きのある金融商品等に投資します(外貨建資産には為替変動リスクもあります。 )ので、基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。 したがって、元金が保証されているものではありません。 投資信託の運用による損益は、全て投資者の皆様に帰属します。 投資信託は預貯金と異なります。 リスクの要因については、各投資信託が投資する金融商品等により異なりますので、お申込みにあたっては、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等をご覧ください。 3%(税抜3. 0%)です。 5%です。 068%(税抜1. 880%)です。 その他費用:上記以外に保有期間に応じてご負担いただく費用があります。 投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等でご確認ください。 上記に記載しているリスクや費用項目につきましては、一般的な投資信託を想定しております。 費用の料率につきましては、アライアンス・バーンスタイン株式会社が運用する全ての投資信託のうち、徴収するそれぞれの費用における最高の料率を記載しております。 ご注意 アライアンス・バーンスタイン株式会社の運用戦略や商品は、値動きのある金融商品等を投資対象として運用を行いますので、運用ポートフォリオの運用実績は、組入れられた金融商品等の値動きの変化による影響を受けます。 また、金融商品取引業者等と取引を行うため、その業務または財産の状況の変化による影響も受けます。 デリバティブ取引を行う場合は、これらの影響により保証金を超過する損失が発生する可能性があります。 資産の価値の減少を含むリスクはお客様に帰属します。 したがって、元金および利回りのいずれも保証されているものではありません。 運用戦略や商品によって投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なります。 また、ご投資に伴う運用報酬や保有期間中に間接的にご負担いただく費用、その他費用等及びその合計額も異なりますので、その金額をあらかじめ表示することができません。 上記の個別の銘柄・企業については、あくまで説明のための例示であり、いかなる個別銘柄の売買等を推奨するものではありません。

次の

SJNK 海外ETF(高配当)の紹介

ハイ イールド 債 etf

年 1年 3年 年率 トータルリターン -0. 58 9. 05 カテゴリー 24. 90 17. 32 -8. 08 0. 11 カテゴリー -0. 33 -0. 02 -- カテゴリー 16. 01 -- カテゴリー -0.

次の

ハイ・イールド債ファンドに潜むリスク [投資信託] All About

ハイ イールド 債 etf

米国ハイ・イールド債は新型コロナウイルスの感染拡大による経済の停滞を懸念して急落した株式市場と、原油価格の急落を受け、今年3月に大幅に下落していた。 米FRBによる買い支え宣言と株価の戻りによって、一時の安値からは回復しているものの、依然として年初から価格水準が10%以上下落している。 運用会社の最新レポートをもとに、米国ハイ・イールド債の投資価値について考えてみたい。 モーニングスターカテゴリーで「国際債券・ハイイールド債」(DC・SMA・ETF除く)に分類される銘柄数は3月末現在で312銘柄になる(為替ヘッジ有とヘッジ無の合算)。 投信市場では比較的大きなカテゴリーになる。 残高では「フィデリティ・USハイ・イールドF」(フィデリティ)が5071億円でトップだ。 米国ハイ・イールド債市場は3月に月間で10%を超える急落となり、しかも、米国債との利回り差(スプレッド)が一時10%を超えるほどに大きく開いた。 スプレッドは4月に入っても8%台で推移している状態だ。 19年のスプレッドは4%前後の水準だったことを考えると、依然として相当スプレッドが開いた状態(国債に対して相対評価が低い状態)にある。 3月のハイ・イールド債の下げは、債券の中でもより大きく下落したことを示している。 4月17日付けで「投資妙味が高まった米国ハイ・イールド債市場」と題したレポートを発表した野村アセットマネジメントによると、直近高値からの下落率であるドローダウンで、今回の米国ハイ・イールド債の下げは、「2008年のリーマン・ショックに次ぐ2番目の下落幅」と解説。 2015年から16年に起こった原油相場暴落時の下落よりも大きな下落になったと、今回のコロナショックによるハイ・イールド債の下げの大きさを強調している。 ただ、この大きな下落は4月9日に米FRB(連邦準備制度理事会)が発表したハイ・イールド債券の買取りを含む市場の下支え策によって、大きく変わりつつある。 FRBは、「3月22日時点で投資適格級、かつ、それ以降に格下げされたBB格級までの債券(フォーリン・エンジェル<堕天使>)を買い取り」、かつ、「投資適格社債、ハイ・イールド社債に投資する上場投資信託(ETF)の買い取り」を表明している。 4月14日にスペシャル・レポートを出したフィデリティ投信のポートフォリオマネージャーのハーリー・ランク氏は、「FRBが投資適格債券だけでなくフォーリン・エンジェルの買い取りも実施することは、米国ハイ・イールド債券にとっては非常にポジティブです。 また、買い取り対象のETF内ではB格以下の債券も買うことができるため、恩恵を受けるのはBB格だけではありません」と、今回のFRBの方針を評価。 「1年から1年半程度の期間で考えれば現在は投資に適したタイミングである」と投資チャンスが巡ってきたとしている。 ハーリー・ランク氏の指摘は、現在8%台に上昇している米国ハイ・イールド債と米国債とのスプレッドは、「既にデフォルト率(債務不履行)上昇のピーク水準を相当に織り込んでいると考えられる」とし、足元の経済環境を前提とするとデフォルト率の上昇が今後見込まれるものの、「デフォルト率がピークを迎えた時点では既にスプレッドは大きく縮小(価格は上昇)しており、デフォルト率のピークを待ってから投資をすると、大きな収益機会を逃がすことになる」と伝えている。 また、野村アセットマネジメントは、リーマン・ショックなどの過去の大きな下落局面にあって米国ハイ・イールド債券がいち早く回復に転じたことに注目。 「FRBのゼロ金利政策に伴う低金利という投資環境の中で、米国ハイ・イールド債は高い金利収入がリターンの根幹になっていることに一因があったといえる」としている。 そして、現在のスプレッドが8%台であることについて、「スプレッドが800bp(8%)以上の時に(ハイ・イールド債に)投資を開始した場合は、投資期間3年、5年ともにリターンがマイナスとなることはなく、良好なリターンが獲得できた」と長期投資を考えた場合に現在が好機といえる水準にあるとしている。 新型コロナウイルスの猛威は依然として収まったとはいえず、これから発表される企業業績等は、コロナショックが企業業績に与えた影響を反映して厳しい内容になるものが多いと考えられる。 マイナスの材料は、予めわかっていても、それが発表されると市場に動揺を与えることがある。 まして、現在のように悪材料の元である新型コロナウイルスの感染拡大が続いている場合は、さらなる悪化を見通すきっかけになりかねない。 したがって、今後の株式市場やハイ・イールド債市場等がスムーズな回復を続けるとは言い難い。 ただ、フィデリティのハーリー・ランク氏は、今回の市場にあっても通信企業のスプリントや在宅長期化の恩恵を受けるネットフリックスの社債などは、急落前の価格を4月13日時点で既に回復していることを紹介。 今回、大幅に下落したエネルギーセクターの中でも、原油価格下落の影響が受けづらい企業群があることを指摘している。 市場インデックスの動きは、新型コロナウイルスの情報に一喜一憂する場面が続きそうだが、個々の株価や債券価格では市場インデックスの動きだけでは分からない変化が始まっているようだ。 各社が出す臨時レポートなどもチェックして市場の変化を理解するように努めたい。 (グラフは、「フィデリティ・USハイ・イールドF」とNYダウ、WTI原油先物の価格推移。 20年4月16日現在の過去1年間).

次の