女性 ホルモン 食べ物。 若返りの食べ物まとめ!老け顔と肌年齢を改善する食べ物とは

【女性ホルモンって?】普段の食事やトキメキが鍵!ホルモンバランスを整えて不調を解消

女性 ホルモン 食べ物

エストロゲンを減らす食べ物がいくつか存在します。 理由は、それら食べ物がエストロゲンの分泌や変換を阻害するためです。 一例を挙げると、 アロマターゼは男性ホルモン テストステロンを、 女性ホルモン エストロゲンに変換する働きのある酵素です。 そのため、このアロマターゼの活性が阻害されると、 テストステロンがエストロゲンに変換されず、 エストロゲンの産出を減らす原因となります。 更年期障害の原因はエストロゲンの低下のため、 エストロゲンが減ることは、更年期障害の症状を悪化させるものの、 別の味方をすれば、エストロゲン依存性疾患である乳がんや子宮内膜の病気を減らすことにもつながります。 ここでは、エストロゲンを減らしてしまう食べ物について、いくつか紹介しています。 また、エストロゲンを増やす方法については、 をご参照下さい。 緑茶に含まれるカテキンはエストロゲンの減少をもたらすことが分かっています。 アメリカ国立がん研究所によると、181名のアメリカ人、日本人(うち、72名が閉経)に、 緑茶、コーヒー、紅茶、ソーダなど、様々な飲料を与えたところ、 緑茶を飲んだ被験者は、エストロン E1 が20%、エストラジオール E2 が40%、低下していました。 また、2005年に行われたガン研究によると、 普段定期的にお茶を飲む人は、 血中のエストロゲンレベルが13%低かった、と発表しています。 これは、緑茶に含まれるカテキンがエストロゲンの分泌に影響するか、 あるいは、緑茶に含まれるタモキシフェンが抗エストロゲン効果を増強するのでは、と考えられています。 アブラナ科の野菜• ブロッコリー• キャベツ• 芽キャベツ• カリフラワー• チンゲンサイ• など アブラナ科の野菜は2つの意味でエストロゲンレベルを低下させます。 1つは、亜鉛です。 亜鉛の含有量はアブラナ科の野菜によって異なるものの、 亜鉛は、アロマターゼ酵素の活性を阻害することで、テストステロンからエストロゲンへの変換を阻害します。 もう一つは、アブラナ科の野菜には、ジインドリルメタン(DIM)とその前駆体であるインドール-3-カルビノール(I3C)が多く含まれることです。 これら成分は、テストステロンを増やし、エストロゲンを減らすだけでなく、 インドール-3-カルビノール(I3C)は、 エストラジオール E2 をより生理活性の弱いエストリオール E3 に変更することにより、 エストロゲンを減少させます。 ある研究では、インドール-3-カルビノール(I3C)の摂取により、 エストラジオール E2 の体内濃度が半分になった、と発表されています。 柑橘類• みかん• オレンジ• レモン• グレープフルーツ• など 柑橘類は、エストロゲンを解毒するd-リモネンが多く含まれています。 きのこ.

次の

エストロゲンを減らす食べ物

女性 ホルモン 食べ物

女性の美と健康に関わる重要な「女性ホルモン」ですが、正直よく分からないという方も多いのでは? 「女性ホルモンってそもそも何?」「女性ホルモンにはどんな種類があるの?」 「女性ホルモンを増やす方法はあるの?」など、多くの方が思う様々な疑問。 特に40代以降の女性が感じる心身の変化には、この女性ホルモンが大きく関係しています。 ホルモンバランスを整えたり、活性化させたり、あるいは女性ホルモンに似た働きをする成分を摂ることで、女性ホルモンバランスの乱れに対策することができます。 この対策に、女性ホルモンを増やすという事を考えられる方もいらっしゃいますが、実際には女性ホルモンを増やす事はできませんし、過剰な女性ホルモンは健康を損ねることも。 妊娠をつかさどる 黄体ホルモン:プロゲステロン プロゲステロンは受精卵の着床のために子宮内膜を整えたり、基礎体温を上昇させたりする働きがあるなど、妊娠維持に活躍します。 体内に水分を保つ作用もあり、生理前に体に変化が現れるのは、プロゲステロンの働きと言われています。 この2つの女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」は、月経と連動し、 一定の周期でそれぞれの分泌量のバランスを変化させます。 まず生理後はエストロゲンが一気に増加。 ピークを迎えた後、減少しつつある時に排卵が起こります。 一方、排卵前から少しずつ増加していたプロゲステロンは、排卵後エストロゲンと共にさらに増加しますが、生理前にはその両方が減少します。 この周期は約28日というスパンで発生しますが、女性の心身の変化は、この「エストゲン」と「プロゲステロン」の分泌量バランスが変化したときに現れます。 女性が一生のうちに分泌する女性ホルモンの量は、ティースプーン1杯ほど。 そのわずかな量に、女性の美と健康が関与しているのです。 そして結論として言ってしまえば、この女性ホルモンを増やすことはできません。 なぜなら、その分泌量は年齢と共に大きく変化し、そのピークは20代後半から30代前半。 30代後半になるとその分泌量は徐々に低下をはじめ、その後は減少を続けるのみ。 卵巣の中の卵胞が減り、特に閉経前後の45〜55歳には激減していきます。 さらにこの年代は生活環境的にも家庭や仕事で、疲れやストレスがたまりやすく、若い頃のようにムリが効きにくくなるためホルモンバランスが乱れがちです。 女性ホルモンをコントロールする方法! 女性ホルモンの分泌量は年齢と共に減り、50代後半になると、卵巣はわずかな女性ホルモンしか分泌しません。 何らかのタイミングで女性ホルモンが増えることもなく、女性ホルモンは年齢と共に減少を続けるのみです。 一方、この女性ホルモンの減少に対しての様々な対策は可能です。 重要なのは、女性ホルモンを増やすという考えではなく、「女性ホルモンをコントロールする」「女性ホルモンを補う」という考え方を持つこと。 加えてここでは、自分で手軽にできる対策をご紹介します。 バランスの良い食事 そもそも、女性ホルモンを増やすような特別な食事は存在しません。 しかし、バランスの悪い食生活は女性ホルモンにも良くありません。 肉や魚、大豆のたんぱく質、野菜、炭水化物、少量で良質な油をバランスよく摂るよう心がけてください。 特に良いとされるのは、納豆や糠漬けなどの発酵食品、ネギ、ゴボウ、バナナなどのオリゴ糖、食物繊維などを多く摂取して腸内環境を整えること。 食生活を和食中心にしてみることもオススメです。 良質な睡眠 睡眠不足になると、自律神経のバランスが崩れ女性ホルモンにも悪い影響が。 遅くとも12時には寝て7時間の睡眠を確保し、寝る前2時間は食べない、寝る直前のパソコンや携帯電話は控える、寝る前の熱いお風呂は控える、などの睡眠の質を上げる心がけをしてみて下さい。 女性ホルモンを増やすことは叶いませんが、心身からホルモン対策をすることができます。 カラダを積極的に動かす 増やすことができない女性ホルモン。 しかし、カラダを動かし、血行とカラダの代謝を良くすることで、女性ホルモンにも良い影響を与えることができます。 暮らしの中に軽い運動をまめに取り入れていくことが大切です。 とくにヨガやストレッチは、ゆっくりカラダを動かせるうえ、深く呼吸をすることでカラダの緊張がやわらぐため、より効率的。 デスクワークをしている方は、特にこの血行と代謝が悪くなりがちなので、1時間に1回は立ち上がっての背伸びがオススメです。

次の

男が女性ホルモンを増やす10の方法!メリットや危険性も徹底紹介

女性 ホルモン 食べ物

読者のコメント ・女性ホルモンって希少なものですよね、一生でティースプーン一杯とは少なすぎですね。 それをいかに減らさず、卵巣機能の低下を軽減できるかって食事のケアがかなり重要ですよね。 毎日納豆やゴマは食べてますが良質なタンパク質が足りないので工夫してとるようにしたいです!(coolqueenさん) ・女性ホルモン大事です!40才を過ぎて体の不調のいくつかはホルモンバランスの崩れです。 20代のころ、こんな事が起こるとは思っていませんでした。 若い方にも若いからこそ女性ホルモンを大切にしてもらいたいです。 (とんびさん) ・女性ホルモンが減ると腹部などに内臓脂肪がつきやすくなり、太って見えるところに脂肪がつきやすくなるって・・・それは大変だわ!!(vivaさん) ・女性ホルモンというと更年期と思いますが、周りを見ると37. 8歳辺りで悩まされる方も多いです。 (シカシカさん) 読者のコメント ・毎朝、豆乳と甘酒を半分ずつ合わせて飲んでいます。 今のシーズンはホットで。 体がポカポカして良いですよ。 飲み続けている効果として、抜け毛が激減した事と、肌の調子が良くなった事です。 採尿だけでいいのも気軽だし、調べてみようかな。 (純子さん) ・毎日納豆と豆腐を食べています。 エクオールの検査をやったら、どんな結果が出るかやってみたい。 (のあやさん) 読者のコメント ・まだ具体的には感じていないですが、友人の中には、以前に比べて肩凝りがひどく吐き気も伴う人もいて更年期ではないかと言っていました。 症状がさまざまなので、結構不安もあります。 (めさん) ・初潮は学校でも習うのに、更年期や閉経については情報が足りないですね。 人それぞれのふり幅が広いので困ります。 ホルモンバランスって何歳でも重要ですね。 (みゃみゃさん) ・40代前半から豆乳飲料を宅配でとって飲んでいました。 そのせいかわからないけど、更年期障害をほとんどなにも感じず、そろそろ更年期終わりそうです。 (はなくるみさん) ・30代でも更年期あるんですね。 肩こりやイライラがひどかったりトイレが近かったりで色々気になります。 (シノタンさん) 読者のコメント ・アラサーですがまだ20代なので更年期は早いと思ってましたが、当てはまる症状がいくつかありました。 人それぞれだとは思いますが、生活リズムの乱れやストレスが原因なのかな、整えていかないとと思います。 (コスモスさん) ・更年期。 そろそろ準備というか覚悟が必要です。 若いうちから症状はあったので今考えるとプレ更年期だったのかな。 とりあえず予防は継続的に行っていきたいです。 (コキアさん) ・現在、プレ更年期なのか、体調も気分が不安定な時期があります。 色々と手を打っても無理なら、最後は漢方に頼ろうと割り切っています。 (アメリアさん) ・豆乳や豆腐といった大豆製品をとると更年期の問題が軽減されると聞きました。 とりあえず良いと言われることは試してみるといいかも。 (グリケットさん) 読者のコメント ・キクラゲや野菜は気を付けて取っていますが、このように女性ホルモンに関係すると言われると、おー良かったと思いました。 先日は、小粒の黒大豆をご飯と一緒に炊いたらとても甘くて美味しかったのでまたやりたいですね。 (renamamaさん) ・ちょっと疲れた時には黒いものを食べるとよいと聞いていたので、キクラゲよく食べます。 黒ごまなどもいいですよ。 女性ホルモンにも効くのですね。 これからも取り入れていきたいです。 (mamonekoさん) ・クルミをサラダに散らすと、食感のアクセントになって好きです。 黒きくらげやほうれん草など、取り入れやすいところから気をつけてみます!(mocaさん) ・40過ぎたあたりから更年期のような症状が出てきました。 食事、睡眠など気をつけて行こうと思っていたのでとても参考になりました。 (ereさん) 読者のコメント ・ホルモンバランスを崩さないよう日々努力しているつもりですが、最近周りが自宅待機や、時差出勤をしているので自分は違うのにつられてダラダラしてしまう傾向があります。 せめて規則正しく生活を送っていきたいです。 (コキアさん) ・年齢とともに女性ホルモンは低下していきますよね。 それとともに体調の変化を感じます。 特に今は家事の負担が増えたからかイライラしたり疲労感がすごいです。 おだやかな気持ちで過ごしたいです。 (はなはなさん) ・ホルモンバランスって見えるものじゃない分、日々気を付けないと突然カラダに出ますよね。 特に今は自宅時間が多いので、ストレス発散もしにくいからまずいなぁー。 (yupyさん) ・自分では気づかないうちに心身に影響を与えてるってところが、ちょっと怖いですよね。 体を動かしたりマッサージして、少しでもリラックスしたいです。 (chisさん).

次の