会社説明会 お礼 メール。 会社説明会 お礼 メール 必要に関する企業情報|マイナビ2022

お礼状をメールで送る際のマナーを徹底解説~説明会・面接・内定・インターンシップの例文~

会社説明会 お礼 メール

アンケート回答者のうち、 お礼メールを「送ったことがある」という先輩は47. 5%で、およそ半数にのぼりました。 一方、「送ったことはない」という先輩は42. 1%、「覚えていない」という先輩も10. 4%いました。 お礼メールを送った理由は「お礼を伝えたい」「印象アップしたい」 お礼メールを送ったことがあると答えた人には、その理由を尋ねてみました。 多く見られたのは、 会社説明会での対応へのお礼を伝えたいという理由でした。 丁寧に対応してくれたから(社会人/男性)• 説明会で時間を取って説明してくれたことへの礼儀として、必要なことだと思ったから(社会人/女性)• 説明の最後に店舗見学に連れていってくださったから(社会人/女性) このほか、お礼を伝えながら印象アップを図りたいという気持ちがあった人もいました。 志望度が高いことをアピールしたいから(社会人/女性)• 感謝の気持ちを伝えた方がより好印象だから(社会人/男性)• 名前を覚えてもらいたかったから(学生/男性) 中には「学校からの指導があったから」(社会人/女性)というケースもあり、お礼メールを送るようアドバイスを受けていた人もいたようです。 会社説明会に参加した学生からのお礼メールを受け取ったことがある人事は6割以上。 印象的だったメールは? 企業で新卒の採用選考を経験したことのある人事担当者181人に、会社説明会の参加者からお礼のメールを受け取ったことはありますか?と尋ねてみました。 「ない」という回答は28. 2%で、「覚えていない/わからない」は5. 0%でした。 会社説明会後、お礼メールを受け取ったことがあるという人が多数派を占めています。 続いて、お礼メールを受け取ったことがあるという人事担当者に、受け取って印象に残ったメールについて具体的に回答してもらいました。 説明会で伝えた内容についての質問メールが送られてきたことで、次年度の説明会では、学生目線のより良い内容に変えることができた(食品業界/40代女性)• 説明を聞いたことでますます入職したくなったと前向きな言葉をもらえた(教育業界/40代男性)• 説明がわかりやすく、入社したい気持ちが高まった、というメール(銀行業界/40代女性) 説明会の内容へのフィードバックや入社意欲の高まりが感じられるメールは、人事担当者の印象に残ったようです。 一方、「儀礼的なものが多い」「形式的なものがほとんど」「こういうメールを送りなさい…と誰かに言われたような文章だった」といった回答も。 せっかくお礼メールを送るなら、きちんと相手に気持ちが届くメールを送りたいもの。 次に、マナー講師の峯陽子先生に聞いた、メールを送る際のポイントと例文を紹介するので、参考にしてみてください。 お礼の気持ちが伝わるメールを送るための3つのポイント 会社説明会参加後のお礼メールは、必ず送らなければならないというものではありません。 もし「ぜひお礼を伝えたい」と感じ、お礼メールを送るのであれば、その気持ちがきちんと伝わるメールになるようにしたいものです。 ここでは、メールを送る際に気をつけたい3つのポイントを紹介します。 【ポイント1】お礼メールは参加後早めに送ろう 会社説明会からできるだけ時間を置かず、その日のうちか翌日をめどにメールを送りましょう。 誰かにお礼を伝える際は時間があくほどお礼の意味が薄くなってしまうため、会社説明会のケースに限らず、お礼メールは早めに送信するようにしましょう。 【ポイント2】「会社説明会に参加して参考になった点」や「会社説明会でよかったところ」を書こう メールを送る際は、会社説明会の具体的な感想を書き添えるとよいでしょう。 形式的なお礼の文言だけでは、「ぜひお礼を伝えたい」と感じた思いは伝わりにくいもの。 参加した学生からの感想は、企業の担当者が今後も会社説明会を開催していく上で参考にもなるでしょう。 【ポイント3】お礼メールの文面は簡潔にしよう 長文のメールは何を伝えたいのかわかりにくくなりがちなもの。 また、人事担当者はたくさんの学生からメールを受け取っている可能性が高いため、メール文が長いと読むのに時間がかかってしまい、相手の負担になってしまうことも考えられます。 伝えたい内容を絞り、短くまとめるよう心がけましょう。 このたびは貴社の会社説明会に参加させていただき、 ありがとうございました。 説明会では、貴社のものづくりについて詳しくお話しいただき、 仕事内容への理解を深めることができました。 また、社風についての質問にも 職場の様子をイメージできるようなお話を聞かせていただき、 貴社に入社したいという思いがより強くなりました。 丁寧にご対応いただいたことへのお礼を、ひと言お伝えしたいと思い メールを送らせていただきました。 引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

次の

会社説明会のお礼メールは必要なのか・例文・返信・いつ|箇所別

会社説明会 お礼 メール

通常、就活の選考の流れとしては説明会参加の後にエントリーシートやSPI、GABCAB、玉手箱などの就職試験があり、その後グループディスカッション、面接という流れになっています。 説明会は選考に関わる最初の部分で、面接やその後の就活に役立つ重要情報が詰まっていることが特徴となっています。 しかし、印象には確実に残るため、できることはすべてやりたいと考えるのであれば、行うことをおすすめします。 面接のお礼や内定式のお礼メールなどと同じく、会社説明会にもお礼メールを送って人事の印象に残る学生になりましょう。 ・人事が力を入れているイベントに対して感謝を伝える 会社説明会は人事担当者が仕立てから考えて、「どのようなコンテンツにするか」と毎回頭を悩ませて作り上げたものです。 頑張ってもフィードバックが形式的なものしかないため、「この説明で言いたいことが伝わったのだろうか」「何か改善点などがあれば知りたい」と思っていることが少なくありません。 よい学生を採用するために頑張っている人事に説明会に対して参加できて光栄だったという感謝をまずは伝えましょう。 ・説明会で良かった点を具体的に入れる 選考にはあまり影響しないといわれてはいるのですが、あなたが具体的に褒めつつお礼を表現したメールを送れば「律儀な学生だ」と思ってもらえます。 このメール一通で人事に好印象を与えることができるのです。 またあなたの連絡先をメーラーに保管することができるので、企業担当者が何かであなたにメールを送る際も非常に便利になります。 基本的にお礼メールなどの連絡事項は当日中に送るのが常識です。 レスが早い人という印象をつけておくと印象がさらによくなります。 人事担当者もまさか会社説明会の内容に対してお礼が来るとは思っていませんし、当日中にどのようなフィードバックをもらえるとも思っていません。 できる限り具体的に何がよかったのかということを、具体的にしてまとめ先方にお伝えするのがおすすめです。 会社説明会のお礼メールで注意すべき点 会社説明会のお礼メールを送るときに注意すべき点は、全部で6つあります。 ぜひ忘れずに内容をチェックして対応してみてください。 ・メールアドレスのアドレス名を就活用に変更または大学のメールアドレスを使用する メールアドレス就活用のアドレスに変更することを忘れないでください。 情報解禁したばかりで、まだビジネスメールを送っていない方も多いはず。 就活用のシンプルなアルファベットのフルネームと数字を入れたメールアドレスなどにして、相手方に失礼のないように注意しましょう。 ・ビジネスメールの書き方について学んでおく ビジネスメールはこれまであなたが使ってきたメールの形式とはまったく異なります。 形式を知らずに書いてしまうと知らない間に失礼なことをしてしまう可能性もありますので、メールを送る前にビジネスメールの書き方の勉強をしておいてください ・件名には自分の名前もプラスする メールが届いたときに一覧で見えるのは、件名とメールアドレスやメールが届いた日時だけです。 件名に何を書くかによってメール本文を開かなくても内容がある程度わかるようにしておきましょう。 社会人はこれを見てメールを後で対応すべきか今見るべきか、ということを判断しています。 その判断に必要な件名は誰からのものかということと一緒にわかるように大学名と自分の名前をプラスしておきましょう。 ・相手の所属名などは略さない ビジネスメールでは最初に相手の会社名・部署名・課名・役職名・お名前をすべて入れるのですが、これらが打ち間違いを起こしているケースが多くなっています。 間違いがないかどうか確認をしておいてください。 送る前にも再度確認をし、2重にチェックを行いましょう。 ・今日の会社説明会に参加したことを入れておく 本日の説明会に参加させていただいたと伝えることで、今日の説明会に対して今日のうちに反応してくれたということで喜んでくれる可能性が上がります。 説明会が終わって疲れているところに。 このようなメールが届くわけですから、非常に好印象を与えることができますよ。 ・必ず具体的な内容を加える 企業の人事担当者は毎日山のように事務処理的な文面のメールや気持ちのこもっていない形式ばった手紙を受け取っています。 そのことを考えて、ぜひ具体的な内容を加えて送るようにしましょう。 本当にあなたが心を動かされた仕掛けの部分や、これが非常に勉強になったという説明内容、今後さらにその会社への入社意欲が高まったなどのエピソードなどを加えて送るようにしてください。 実際説明会では今まで知らなかったことをたくさん仕入れる機会もありますし、質問をしてそれに応えていただいたことに感謝を伝えるのもよいでしょう。 本日はご多用中に大変貴重な機会をいただき、誠にありがとうございました。 私も顧客の立場になって考える視点を持ち、貴社で顧客の課題解決のために働きたいという思いを強くいたしました。 今回いただいた資料を熟読しまして貴社への企業理解を深めたいと思っております。 ご多忙の中、最後までメールをご覧いただきましたこと重ねて感謝申し上げます。 ぜひ今後とも宜しくお願いいたします。 末筆ながら、貴社の益々のご発展と皆様のご健勝をお祈りしております。 これでかなり意欲が高い人材であることがわかりますね。 まとめ 選考の最初に行われる会社説明会からお礼メールを送り、企業によい印象を残す際に必要になる、お礼メールの書き方とマナーをご紹介しました。 なかなか接点を持ちづらい人事担当者ですから、接点を持てたタイミングで感想や感謝を伝え、あなたに対するイメージも構築していくのもよいでしょう。 地道な就活の中でもスピーディな対応と具体的な内容を伝えることで、人事の印象に残る学生になっていきましょう。 執筆:高下真美 新卒でインターンシップ紹介、人材派遣・人材紹介のベンチャー企業に入社。 ベンチャー企業から大手IT・流通・情報・サービスなど多岐に渡る業種で営業・コーディネーターを担当。 その後、大手採用コンサルティング系企業で8年の勤務を経て、夫の転勤を機に退職。 現在は人材系コラムの記事執筆など、フリーライターとして活動中。

次の

【例文あり】会社説明会や面接のお礼メールは送るべき?人事が本音を暴露します。 | キャリンク

会社説明会 お礼 メール

志望度の高い、人事の方に顔を覚えてもらえているという認識のある企業の説明会なら、電話をかけて席の確保を交渉します。 メールもしくは電話をして見る• 参加したい意を伝え別日程がないか聞いてみる• 立ち見• 「志望度の高い、人事の方に顔を覚えてもらえているという認識のある企業の説明会なら、電話をかけて席の確保を交渉します。 」「参加したい意を伝え別日程がないか聞いてみる」など、積極的に働きかけようとする就活生の意欲がうかがえます。 このように、会社説明会がすでに満席で参加したくてもできないということもあるでしょう。 本記事では、会社説明会がすでに満席の場合、どうしたらいいのかその対策について紹介します。 それが第一志望の企業だった場合、他の就活生より出遅れてしまった感は拭えません。 しかし、だからといって会社説明会をあきらめてしまうのはもったいないといえるでしょう。 会社説明会に予約できない時でも、どうしてもその企業の会社説明会に行きたい場合は、満員・満席でも企業の採用担当宛てに電話で問い合わせをしてみましょう。 電話問い合わせで積極性をアピール 会社説明会が予約画面上で満席でも、実際は会社説明会当日に空き席が用意できる場合があります。 採用担当者にとって「突然電話が来た・・・」のようなイレギュラーな対応が負担になるからと、しり込みしてしまう必要はありません。 企業側としても、より優秀で積極的な人材をあつめるために会社説明会を開きます。 であるならば、「この就活生は積極的だ」と感じさせるような行動を起こすのもアピールのひとつなのです。 欠員のため参加人数に余裕があるケースも インターネット上の予約管理画面がいっぱいだったとしても、まずは、電話などの何かしらの行動を起こす積極性が重要となってきます。 その上で、満員・満席だったとしても、実際に会社説明会に参加する、就活生が必ずくるとは限りません。 企業側としても、『欠席がある前提』や『増員の予定がある前提』などを加味した、会社説明会の募集をかけています。 予約画面上で満員・満席だったとしても、まずはあきらめず、電納屋メールでアクションを起こす気概で、就活に臨むようにしましょう。 知っての通り、会社説明会には定員が設けられています。 人気の企業はすぐに満員・満席になってしまう場合もあります。 満席になる前、予約をするのが一番ですが、気づいた時には、既に予約できなくなっていたり、翌日には満席に変わってたという例もあるようです。 電話するのはちょっと抵抗が・・・というのであれば、証拠としても残るメールでの会社説明会の参加お願いをするのも有効的な手段といえるでしょう。 メールに「どうしても参加したい」旨を記載する 会社説明会の予約システム上ですでに満員・満席になっているのであれば、いくら空きを待っていても無意味です。 先に述べたように、満席だからとあきらめず『採用担当宛て』に直接メールを送ってみましょう。 席をお作り頂けませんでしょうか? という意欲的な意志をメールにのせて伝えるのです。 このお願いメールがあるかないかで、会社説明会に行けるか行けないかが決まるかもしれません。 多少の恥は捨てて、諦めずに少しだけ足掻いてみましょう。 こういった意欲的メール一本で、おおよその企業は1席くらいなら空けてくれます。 ぶしつけなメールで恐れ入ります。 つきましては、大変不躾なお願いで恐縮ですが、一席だけ空けて頂き説明会に参加させていただけませんでしょうか。 より深く貴社について学び、今後の選考に活かしてまいりたいと考えております。 ご多忙なところお手数をお掛けいたしますが、ご検討のほど何卒宜しくお願いいたします。 jp 住所:xxx県xxx市xxx 電話番号:000-0000-0000 人事は黙って切り捨てる!あなたのマナーは大丈夫? 就活では会社説明会に申し込む時以外にも、細かいマナーが沢山あります。 マナー違反をすると、 指摘されることもなく、黙って落とされてしまうでしょう。 そこで活用したいのが、「」です。 マナー力診断を使えば、 24の質問に回答するだけで、「身だしなみ」「電話・メール」「履歴書の書き方・送り方」など、 自分の弱点をグラフで見える化できます。 ぜひ活用して、就活の不安を無くしましょう。 もちろん、最終手段ではありますが、参加の確実性はなく、門前払いされてしまう可能性だって、ゼロではありません。 しかし、逆に言えば、参加できる可能性がまったくのゼロではない、という点にも着目すべきです。 先でも触れているように、説明会当日にキャンセルをしている就活生だっているかもしれません。 飛び入り参加でもあり、かつ「図々しいやつ」というレッテルを張られてしまうリスクもありますが、何もしないよりは、少しでも内定につながる行動を起こしておくべきなのです。 就活では企業側も意欲的な人材を求めている 会社説明会を開催する企業側も、意欲的に働きたい学生、自社の仕事に興味のある学生を求めています。 そういう視点から見てみると、当日になって予約できないにも関わらず果敢にアタックしてくる学生の存在は、とても意欲的に感じるものです。 そう考えたら、満席でも可能性は充分にあるのです。 会社説明会に「予約できない」ままで終わらせない 会社説明会に予約できないと言ってそのまま諦めてしまったら、就活成功の道は閉ざされてしまうのを覚えておきましょう。 会社説明会に「予約できない」自分のままで終われば、その後の人生で後悔してしまいます。 どうしても第一志望の企業に行きたいのであれば、会社説明会の枠を自分で【作る】くらいの積極性を持ちましょう。 意欲的な人材を切り捨ててしまうほど、企業的にもったいないことはないでしょう。 説明会が満員・満席でも電話やメールで『粘る』姿勢が大事! 本ページでは、会社説明会が満員・満席で予約が取れない場合の就活対策についてご紹介しました。 インターネット上で『予約満席』となっていたからといって、諦めていませんでしたか。 そもそも企業側としても『優秀な人材との出会い』を求めて会社説明会を開催しています。 そういった企業の意図をくみ取るのであれば、ここで紹介してきた【電話をかける】【メールでアピール】【直接会場へ行く】などの、意欲的な人材を放ってはおかないでしょう。 どうしても志望したい企業であるのなら、そのくらいの心意気があって然るべきです。 諦めずに粘る気持ちが、就活の成功へ導いてくれるのでしょう。

次の