髪型 2019 秋。 【2020春夏】今週の髪型ランキング1位のヘアスタイルは?ヘアカタログBeauty navi

【2019最新】秋のトレンドヘアスタイル20選|人気の髪型と最旬ヘアカラーをチェック!

髪型 2019 秋

2019秋のトレンドヘアスタイルは? 【2019最新】秋のトレンドヘアスタイル20選|人気の髪型と最旬ヘアカラーをチェック! C メイクイット季節の移り変わりとともに変化していくヘアスタイルのトレンド。 2019秋のトレンドを紐解くキーワードは、ずばり 透明感・柔らかさです! ここ数年流行し続けている シースルーバングや グレージュカラーは、この秋も引き続きトレンドとなる予感。 顔周りのカットやカラーリングに 透け感を取り入れることで、ぐっと旬のヘアスタイルに近づけますよ。 2019秋トレンド間違いなしのおすすめヘアスタイルを、ショートからロングまで長さ別にご紹介します! ボブ・ショート編 |質感重視の柔らかボブ秋冬ヘアスタイルといえば重ためな髪型が連想されますが、あえて軽さを出して柔らかい質感にこだわったボブが今っぽい! シースルーバングで抜け感を演出。 スタイリングは外ハネにして、大人可愛く仕上げるのがポイントです。 透けるようなベージュカラーで、透明感をたっぷり引き出しましょう。 ラフに外ハネさせたボブをゆるく耳掛けして、スタイリングで柔らかさを演出。 毛先に動きをつけることで、軽やかな印象のヘアスタイルに仕上がります。 作り込みすぎず、ナチュラルに垂らした眉上のシースルーバングがお洒落!大人の余裕を覗かせて。 |秋も切りっぱなしに夢中秋もまだまだ切りっぱなしボブの人気は継続しそう。 外ハネさせた切りっぱなしボブは、こなれ感抜群のヘアスタイルです! ブリーチなしで仕上げたミルクティーグレージュが、透明感をぐっと引き出します。 ベージュを多めに入れることで、どこか甘く柔らかいムードに! レイヤーボブの髪型カタログ30選|ショート~ミディアム、ひし形、オルチャン風など C メイクイット |ハンサムとフェミニンの両立秋のショートヘアは大人っぽくハンサムな印象の中に、女性らしさも感じるようなヘアスタイルがトレンド。 顔周りの髪は長めにとることで、ボーイッシュすぎず柔らかさのあるスタイルに見せることができますよ。 小顔見せも叶うのが嬉しい! ふわふわと動きのあるシルエットでトレンド感たっぷりに。 空気を含んだようなスタイリングで浮遊感を出し、フェミニンムードを高めましょう。 この秋は、甘すぎず程よく個性もアピールできるようなショートヘアで周りと差をつけてみて。 ミディアム編 |重さと軽さのさじ加減が鍵2019秋のミディアムヘアは、表面にレイヤーを入れることで重さを残しつつも軽さを出すスタイルがトレンド。 レイヤーを入れることで、さりげない小顔見せも叶えられますよ。 ミディアムヘアは長さのバランスが重要。 肩につくくらいの長さから鎖骨下辺りの長さがおすすめです。 重すぎず軽すぎずの絶妙ポイントをおさえたヘアスタイルで、季節感も可愛らしさもゲットして! 外ハネはボブやショートのイメージが強いですが、ミディアムヘアにも外ハネブームが来る予感!毛先をハネさせることでスタイルに軽やかさをプラスして。 トップをふんわり立たせて立体感をもたせることで、柔らかく大人可愛いヘアスタイルに仕上がりますよ。 外ハネの作り方と長さ別スタイル20選|簡単な毛先アレンジでお洒落に! C メイクイット |シルエットでトレンドを先取り曲線を描くようなくびれシルエットと、シースルーバングで柔らかさを引き出せば、温かみのある優しい印象の愛されミディに! 表面を巻いて少し動かすことで、全体をウェービーにしなくても軽やかな動きがついたヘアスタイルになりますよ。 鎖骨下のセミディに、くびれシルエットと外ハネを合わせたヘアスタイル。 透明感たっぷりの暗髪カラーは、この秋ぜひとも真似したい旬の髪色です! 前髪をシースルーにすれば、ダークトーンでも簡単に爽やかさをプラスできますよ。 顔周りの髪を軽くすることで、絶妙なバランスのとれたミディアムヘアに。 前髪も毛先もラフにスタイリングして抜け感を演出して。 ミルキーなベージュカラーは、トレンド感も全方位モテも叶う好印象カラー。 夏に派手カラーを楽しんだ方は、秋はミルキーベージュでガラッとイメチェンしてみるのもいいかも! ミディアムヘアアレンジ7選|一手間加えて可愛いをアップデート C メイクイット セミロング・ロング編 |バックは重たさを残して2019秋も、ロングヘアはまだ重ためのスタイルがトレンドになる予感。 バックは重さをそのままに、軽さを出すなら顔周りのレイヤーや前髪で調節すると今っぽいスタイルになりますよ。 まろやかなミルクティーカラーのさらさらロングヘアは、後ろからも可愛らしさを放ちます! シースルーバングで軽さを出した暗髪セミロング。 カラーリングと髪型の絶妙なバランスのおかげで、暗髪でも重たさを感じさせないヘアスタイルに! 透明感たっぷりの暗髪ロングならシーンを選ばず、全方位から好印象をゲットできること間違いなし。 カラー初心者さんや学生さんにもおすすめですよ。 高校生の髪型でおすすめはコレ!校則OKで可愛くなれるJKヘアスタイルまとめ C メイクイット ふんわりとしたAラインシルエットのロングヘアは、フォルムからフェミニンな柔らかさを演出できるヘアスタイル。 束感をつけたぱっつん前髪で、まとまり感も軽さも演出してトレンドを取り入れましょう。 糖度高めのシュガーカラーで、庇護欲をくすぐるあざと可愛い女の子に! |ふわふわウェーブで動きをつけて顔周りも大胆にウェーブをつけたふわふわロングヘアは、まるで小動物のような可愛らしさ!動きをつけることで重さを感じさせないヘアスタイルに仕上げて。 くすませすぎず透明感たっぷりに仕上げたマロンベージュは、染めるだけでぐっとトレンド感溢れるスタイルに!シーズンムードも高まります。 ブリーチ1~2回で挑戦できますよ。 全体的にゆるくウェーブをつけて、思わず触れたくなるような柔らかさを出したロングヘア。 軽めに作った前髪はセンターパートのように分けることで、簡単に垢抜けられますよ。 トップを少しふんわり立たせて立体感をつければ、こなれ感も演出できます! 2019秋におさえたいヘアカラー |柔らかベージュは外せないなじみやすく優しい印象になるベージュは、秋冬にぴったりのヘアカラー。 ヘアスタイルに迷っても、クリーミーなベージュカラーなら簡単に柔らかさを引き出せるのでおすすめ。 系統を問わず取り入れやすい髪色です。 この秋はやや明るめのカラーに注目したい!ブリーチを2回したクリームベージュで、お洒落指数をぐっとアップさせて。 |透明感たっぷりのグレージュ今や透明感の代名詞とも言えるグレージュも外せません。 まだまだトレンドカラーの座を譲らない予感。 秋に向けてトーンは落としたいけれど透明感を損ないたくない…という方に、グレージュはまさにぴったりなカラーです! ダークグレージュなら、一時的に髪色を暗くしていずれまた明るくしたい!という方にもおすすめですよ。 |ブーム秒読み!ラベージュじわじわと注目度を高めているヘアカラーがラベージュ。 ラベンダーとグレージュを合わせたカラーで、NEXTブーム間違いなしの髪色です! 光に当たると感じる、寒色系ならではの絶妙な色味がお洒落。 ブリーチなしでも可愛く仕上がります。 |暖色ならピンクブラウン暖色系のヘアカラーなら、ピンクを取り入れた柔らかさのあるブラウンがおすすめ。 一見ナチュラルなブラウンのようで、光に当たるとほんのりピンクを感じる…そんなヘアカラーが秋のトレンド! ニュアンスをつけたような柔らかい外ハネで大人っぽさを演出して。 こちらの髪色もブリーチなしで仕上げたヘアカラー。 ベリー系のピンクカラーに、ぷつんと切ったシースルーバングで可愛らしさを追求して! ニュアンスをつけるようにゆるく巻いて、スタイル全体に曲線的な動きをつけるのがポイントです。 【2019最新版】おすすめヘアカラー10選|ピーチピンクやシャンパンベージュが人気 C メイクイット 秋のトレンドを取り入れたヘアスタイルに! 秋のヘアスタイル、どれにする? C メイクイット2019秋トレンド間違いなしのおすすめヘアスタイルをご紹介しましたが、いかがでしたか?この秋はカラーリングやカットで、透明感と柔らかさをたっぷり引き出してみて。 秋のトレンドをおさえたヘアスタイルで、周りと差をつけちゃいましょう!(MAKE IT編集部) 【2019】トレンド前髪6選|人気のシースルーバングやぱっつん前髪で可愛く垢抜ける! C メイクイット 【Not Sponsored 記事】• michill ミチル 2020-06-14 16:45• HAIR 2020-06-14 08:00• anna 2020-06-14 06:04• モデルプレス 2020-06-13 10:00• HAIR 2020-06-12 23:45• CBK カブキ 2020-06-12 23:31• michill ミチル 2020-06-12 20:15• anna 2020-06-12 20:04• HAIR 2020-06-12 18:30• michill ミチル 2020-06-12 14:50• michill ミチル 2020-06-12 12:59• HAIR 2020-06-12 12:15• michill ミチル 2020-06-12 08:00• VOGUE 2020-06-12 08:00• HAIR 2020-06-11 23:45• liBae 2020-06-11 22:15• lamire〈ラミレ〉 2020-06-11 22:00• HAIR 2020-06-11 20:15• HAIR 2020-06-11 18:36• michill ミチル 2020-06-11 18:02.

次の

【2020年夏】秋の髪型・ヘアアレンジ|人気順|ホットペッパービューティー ヘアスタイル・ヘアカタログ

髪型 2019 秋

秋に人気のあるレディースのミディアムの髪型をご紹介! こちらではロングヘアとショートヘアの両方の魅力を併せ持つ レディースのミディアムの髪型をご紹介していきたいと思います。 過ごしやすい季節である 秋に人気のある ミディアムの髪型をご紹介しておりますので、 是非、参考にしてみてくださいね。 c-pon. ショートボブの髪型よりも 顔全体を可愛く囲むヘアスタイルなので、 レディースらしい魅力だけでなく、 小顔効果もあって一石二鳥なのが人気のポイントです。 ミディアムのヘアのボリュームが多い方ならば、 暗いブラウン系のヘアカラーと合わせると 秋にぴったりの落ち着きのある雰囲気も演出できるのが魅力的です。 hotp. 上記のミディアムの髪型は 柔らかな印象だけでなく、 クールな雰囲気も感じることができるのが素敵ですよね。 またヘアアレンジの仕方を アシンメトリーにすることで、 見る角度によって印象が変わる 髪型にすることができるのも、 人気のポイントです。 耳を出すことでとても 華やかな印象を 与える髪型にもなっておりますので、 秋の季節に 結婚式に参加される方にも持ってこいな髪型ともなっております。 hotp. 上記のミディアムの髪型は ゆるめにかけられたパーマによって、 秋の木漏れ日のような ふわふわとした印象となっているのが、 とても素敵ですよね。 実はこのミディアムの髪型は、 カットの仕方により、 お風呂上りに髪を乾かすだけで維持できるという、 手間のかからない髪型でもあるんです。 おしゃれで可愛いのに 手間もかからないので、 忙しいレディースの方には、ぴったりなミディアムの髪型となっております。 beauty-box. jpg 秋だけでなく 冬に向けてもぴったりな髪型に、 悩んでいるレディースの方からは ウェーブスタイルの髪型が人気です。 暑い夏ならば、ミディアムのヘアはできるだけさっぱりと まとめておきたいというレディースの方も多いと思いますが、 爽やかな秋以降の季節には、 こうした ボリューミーな髪型も存分に楽しめますよね。 多彩なウェーブをもったこのミディアムの髪型は あなたの動きに合わせて いろんな表情を見せてくれるでしょう。 cloudinary. 上記のミディアムの髪型は、 自然な髪のまとまりが 大人の落ち着きを演出しながら、 ふんわりとカールされたヘアが 女の子らしい活発な印象を 与えてくれておりますよね。 最近のレディースのヘアトレンドは、 ボブスタイルが優勢ですが、 秋のファッションに 二面性のある髪型を合わせれば、 周りと一味違うスタイルとなり、 あなたの魅力を 一層引き出してくれるかもしれませんね。 beauty-box. jpg 秋にぴったりの暗めのヘアカラーがよく似合うことで、 レディースの方に人気を集めているミディアムの髪型が、 上記の ラフウェーブです。 上記のミディアムの髪型は、 髪の流れをまとめすぎず、 自然にながれるようなヘアスタイルが特徴的ですよね。 秋といえば、イメージカラーは ブラウンやブラックといった 暗めで落ち着いた色が好まれるトレンドがありますが、 この髪型は、それらの ヘアカラーに合わせると、 存在感のある美しい印象となる人気の髪型です。 seesaa. 上記のミディアムの髪型は、 さらりと流れる髪の流れに、 毛先がくるりと巻いてあるのが可愛らしく、 とても フェミニンな印象を受けますよね。 ヘアカラーは 黒でも、もちろん合いますが、 ベージュ色のような落ち着きながらも 明るめの色を合わせることにより、 秋らしい 爽やかな印象になるのが人気のポイントです。 秋には 大人しめ印象と 可愛らしい印象を与えたいという レディースの方に人気なのは 上記の髪飾りです。 上記の髪飾りは、 リーフをかたどった シンプルで繊細なデザインが、 レディースらしい 可愛らしさを表現しており、とてもおしゃれですよね。 カラーラインナップも、 ゴールドと シルバーの二色から選ぶことができるので、 自分のイメージに合わせた コーディネートができるのも人気の理由です。 この記事を読まれた方からは、 こちらの記事も 人気です。 <関連記事> ・ ・ ・ いかがでしたでしょうか。 お気に入りの 秋のミディアムの髪型と、 髪飾りは見つかりましたでしょうか。 最近の秋という季節は、 あっという間に冬に様変わりしてしまうほどに 早足で駆けていってしまうようになってきたかもしれませんね。 それでも、爽やかな 秋晴れと 美しい紅葉といった 美しいだけでなく過ごしやすい気候には、ちがいないので、 自分にぴったりの髪型で、この秋を楽しんでみませんか? 以上今回は『秋のミディアムの髪型!レディースから人気な髪型をご紹介!』の記事でした。

次の

秋のミディアムの髪型!レディースから人気な髪型をご紹介!

髪型 2019 秋

2019年トレンドは!?流行りの女性髪型・ヘアスタイルはコレ! 美的. biteki. 丸みがあるシルエットで、女性らしさも演出できます。 ・ストレートアイロンでさらりと仕上げているので、ナチュラルでヘルシーなイメージでありつつ、シースルーバングがポイントとなってトレンド感もバッチリ。 スタイリングは、セミウェットな質感で束感を出しつつ、スタイリッシュに仕上げます。 ・シャープなシルエットなので、丸顔をカバーして小顔効果もアリ。 耳にかけなければ、フェースラインをカバーすることもできます。 ショートより長く、でもボブより短くしたい・・・そんなわがままを叶えてくれるデザインです。 \How to ベース&カラー/ ・襟足ギリギリの長さでカットしたボブに、表面のみレイヤーを入れたスタイル。 サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。 前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく。 ・サイドとの繋がりはやや長さを残し、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。 カラーは8レベルのフォギーベージュのベースに、表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなり立体感をプラス。 \How to スタイリング/ ・前髪の分け目がつかないように乾かしたら、ストレートアイロンを使い丸みが出るようにさらっと通すだけの簡単スタイリング。 硬毛の場合は、カールアイロンを低めの温度で使って軽くニュアンスをつけても。 ・スタイリング剤は、オイルとシアバターを混ぜてから、全体に馴染ませたらフィニッシュ。 襟足は浮かないようにしっかり押さえることも忘れずに。 小顔効果で今シーズン人気のひし形ショート。 小顔だけでなく、気になる頭の形もしっかりカバーしてくれるこちらのデザインは、長めの前髪で品があり、絶妙な女性らしさを演出。 また、ストレートアイロンで毛先をワンカールすれば華やかで、きちんと感のある印象に。 カールアイロンで仕上げればぐっとエレガントにも。 ショートでもトップの長さを残しているので、髪が広がりやすい人にもオススメです。 \How to ベース&カラー/ ・前髪は目と鼻の間くらいの長さで、サイドに流せるようにカット。 サイドはアゴラインに合わせた前下がりでカットして、バックは延長線上に繋げます。 ・トップには、ボリュームが出るようにレイヤーを入れ、中間はグラデーションで重みを出します。 襟足はすっきりまとまるようにカットします。 カラーは、8レベルのブルーアッシュ。 退色してもキレイな色味が持続し、赤みを抑えてツヤと透明感をプラスします。 \How to スタイリング/ ・ひし形シルエットをイメージしながら全体的を乾かします。 乾いたらストレートアイロン、もしくは、32mmのアイロンで表面を全体的にワンカール。 ・スタイリングは、軽いセット力のあるオーガニックワックスを全体的に馴染ませたら、ボリュームを出したいトップと顔周りにスプレーを。 ふわりと動きのあるひし形シルエットが、1日中キープできます。 ひし形シルエットの美人ショートは、髪の広がり&ハチ張りをカバー 定番カジュアルショートは透け前髪で今っぽく \ヘアスタイルのポイント/ ・透け感のある前髪が今年っぽい!キュートなナチュラルショート!丸みのあるシルエットで、可愛い&カジュアルなショートヘア。 ナチュラルショートでありながら、透け感のある前髪がポイントとなって、今っぽくおしゃれ感を演出。 スタイリングが苦手という人でも、ストレートアイロンをサラッと通すだけで、簡単にスタイルが決まります。 ・頭のカーブを生かしたデザインで、丸みのあるフォルムが、女性らしく柔らかな印象を与えてくれます。 また、表面の長さを残しているので、程よくエアリーな束感に。 短くしたいけどスタイリングに時間をかけたくない人や、頭の形をカバーしたい人にオススメです。 \How to ベース&カラー/ ・サイドの長さがあごのラインとなるよう前下がりでカット。 動きを出すために表面の長さは残しつつ、トップからレイヤーとグラデーションで繋ぎます。 前髪は、眉下くらいでカット。 8レベルのスモーキーマットアッシュは、寒色系でしっかり赤みを抑えながら柔らかいイメージに。 \How to スタイリング/ ・髪を乾かしたらストレートアイロンを使い、サラッと滑らせながらワンカールに巻くだけでの簡単スタイリング。 ヘアオイルを全体的に馴染ませ、トップと顔周りにはスプレーを。 ・最後に表面の毛束感をプラスしたら完成です。 トレンドのウェットな質感を取り入れ、ツヤ感のある仕上がりに。 髪が広がりやすい人にもオススメなスタイルです。 人気のマッシュショート。 丸みがありかわいいスタイルですが、大人っぽくモードなイメージにしたいなら、こちらがおすすめ。 マニッシュでありながら、女性らしさを感じるポイントは、重さを残しつつ丸みを意識したシルエットにあり。 また、サイドの髪を耳にかけてすっきりとタイトにまとめても。 ・前髪を重めラインでカットしサイドに流すことで、大人っぽい雰囲気をまとうことができます。 カジュアルでも、ボーイッシュでもない、大人女性がモードっぽさを楽しめるショートヘア。 乾かすだけの手軽なスタイリングも嬉しいポイントです。 \How to ベース&カラー/ ・前髪は目の上ギリギの長さにカットして、サイドバング、顔まわり、サイドを前上がりでつなげたマッシュスタイル。 襟足は短めにカットし、レイヤーを入れてキュッとタイトなシルエットに。 ・耳上はグラデーションでカットし、前髪からサイドにかけて重みを残します。 カラーは、6トーンのフォギーベージュ。 赤みを抑え、髪に柔らかい質感と透明感を与えるカラー。 \How to スタイリング/ ・仕上がりのシルエットをイメージしながら、分け目が割れないよう乾かします。 トップの髪は根元からしっかり立ち上げ、つむじからの自然な毛流れに逆らって乾かせば、ふんわりキレイなフォルムに。 ・ツヤ感と束感が重要なので、スタイリング剤は、ミルクタイプのワックスやソフトワックスなどを選び、シルエットと質感を整えたら完成。 時短を叶えるデザインなので、忙しい人はもちろん、品のあるショートヘアにチャレンジしたい人にも注目のスタイルです。 ショートであっても女性らしく、大人っぽい雰囲気を目指すならマッシュショートがおすすめ。 襟足は、首の長さや生えぐせなどを考慮しながらタイトにカットすることで、首をスッキリ長く見せて小顔効果もアリ。 ・柔らかなスタイルのポイントは、毛先をレザー(カミソリ)でカットし先細りにすることで軽やかな質感に。 また、レイヤーをトップに入れることで動き+後頭部がふんわりボリュームアップし、頭の形もキレイに。 \How to ベース&カラー/ ・長めの前髪からサイドにかけて、顔まわりをマッシュラインでカット。 輪郭は隠さず、思い切ってラインを出した方が丸顔をカバーできます。 トップにはレイヤーを入れて、襟足はタイトに。 ・レザー(カミソリ)でカットすることで、毛先がソフトな質感に。 カラーは、9トーンのフォギーベージュ。 ややくすみのあるベージュブラウンで、赤みを消しつつ、透明感のあるカラーです。 \How to スタイリング/ ・スタイリングで動きを出しやすくするため、前髪は左右に振りながら乾かします。 その後、26mmのアイロンで毛先をワンカール。 さらに、トップの髪は中間をくるっと巻いてラフな動きをプラス。 ・スタイリング剤は、ヘアバターとオイルをMIXして、髪の内側に空気を含ませるよう手ぐしでなじませ、襟足をキュッと整えて完成。 カジュアルでも、モードでも、どんなファッションにもマッチする人気のマッシュショート。 メリハリのある女性らしいスタイルなので、ぜひチャレンジしてみて。 髪を伸ばしたいけれど、肩に当たるのが悩み……という人にオススメしたいのが外ハネヘア。 髪のハネを活かしたスタイルですが、ショートの外ハネというと、カジュアルやクールな印象を与えがち。 ・でも、抜け感のある前髪を作ることで、今っぽく女性らしさをプラスできます。 ポイントとなる前髪は、眉毛ギリギリのラインでカットし、隙間を作って軽さを出すことで、抜け感が出て大人の女性にもフィットするスタイルに。 また、毛先のくびれ感が、メリハリのある柔らかい雰囲気を与えてくれます。 簡単スタイリングで、時短でも柔らかな束感を再現できる!イメージチェンジをしたい人にもぴったりです。 \How to ベース&カラー/ ・前下がりボブのベースでカット。 トップにレイヤーを入れているので、ボリュームや動きが思いのままに。 ペタっとしやすい髪質の人には特におすすめのスタイルです。 ショートでありながら女性らしいソフトな表情を作り、面長の骨格をカバーする効果も。 ・前髪は、流しやすくするため斜めにカットした後、内側を毛量調整するのが抜け感と束感を再現するポイント。 カラーは、9レベルのシアーベージュ。 グレーがかった色味で、柔らかさを引き立て、透明感のある春らしいカラーです。 \How to スタイリング/ ・26mmのアイロンで外ハネに。 この時、巻き過ぎに注意して。 ふわっとゆるめに巻き、髪の毛に熱が残っているうちにしっかりほぐせばせば、ソフトな質感になります。 表面は毛束をとって、リバースやフォワードにMIXに巻いてニュアンスを。 ・顔まわりは、リバースに巻くと小顔効果あり。 スタイリング剤は、シアバター系のしっとりタイプを全体に揉み込んで、束感とシルエットを整えて完成。 ボリュームが出にくい人は、ドライ系ワックスでも。 ファッションに敏感で、常にトレンドを取り入れたいおしゃれ女子にオススメのニュアンスショート。 ・前髪の分け目は、センターパートでふんわり根元を立ち上げるのが、動きを作るコツ。 細目のハイライトを効かせているので、立体感も演出してくれます。 また、襟足をすっきりさせることで後頭部がふんわり、気になる頭の形もカバーしてメリハリある美シルエットに。 ・また、毛量の多さを活かせるスタイルなので、ロングだと重く見えたり、スタイリングがしっくりこない人にもぴったり。 今っぽいおしゃれ感を楽しみたい人にぜひチャレンジして欲しいスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・マニッシュな印象のサイドグラデーションは、耳に少しかかるくらいの長さでカット。 間引きセニング&スライドカットをmixさせながら毛量調整することで、ニュアンスのある束感を作ります。 さらに、トップにはレイヤーを入れ、動きを出しやすくします。 ・カラーは、ブリーチで細かいハイライトを入れた後、スタイリッシュな寒色であるオリーブアッシュ(10レベル)をオン。 ハイライトによりメリハリのある立体感と、髪が動いた時の透け感を演出します。 \How to スタイリング/ ・トップは根元をふんわり立ち上げ、センターパートの分け目をくっきり見せないように乾かすのがポイント。 はっきりとした分け目は古いイメージとなりがちで、ペタッとするとメンズっぽくもなるのでご注意を。 襟足は、浮かないように上から押さえ込みながら風を当てます。 ・19mmの細めのアイロンで、外ハネをメインにランダムに巻いて動きを出します。 バーム系ワックスを毛先中心になじませるように塗布すると、艶のある束感に。 ドライ系ワックスだと子供っぽくなりやすいので、ウェットな質感を作るタイプを選んで。 ・ハイライトとアイロンテクニックの両方でニュアンスを作り、動きのあるヘアに。 センターパートでスタイリッシュなイメージを与えるので、トレンドファッションを先取りしたい人に挑戦して欲しいスタイルです。 顔をキュッと包むような印象でこれだけでも十分小顔に見えますが、その上をいく小顔スタイルがこちら。 一見ただのひし形ショートですが、実は顔周りの毛束にポイントあり。 ・頬に落ちるいちばん手前の毛束がリップラインまで長く、気になる頬の丸みやエラ張りなどをカバーしてくれます。 これにより顔周りを包む毛束のシルエットもひし形になり、小顔効果up。 ・とにかく小顔にこだわったスタイル。 もちろんふわっとラフな毛束でこなれ感があり、小顔に見せつつおしゃれな印象も手に入ります。 顔の大きさや骨格に悩んでいる人は、ぜひこの計算づくのショートに挑戦を! \How to ベース&カラー/ ・顔周りはリップラインよりも長めの前上がりショートベース。 バックは丸みが出るように長さを残し、襟足はタイトにして丸みを強調させます。 輪郭を包みやすくするため、もみあげより前の毛束にレイヤーを。 ・さらにふわとしたひし形シルエットを作りやすくするため、ハチ上にもレイヤーを入れます。 前髪は目にかかる長さでカットし、サイドは自然に繋げて。 カラーは8トーンのブルーアッシュにフォギーベージュを入れて、赤みを消しつつ柔らかな色味に。 \How to スタイリング/ ・顔周りの左右の毛束が内巻き、外ハネと、違った方向に流れやすい人は乾かし方に注意。 つむじの毛流れにより外ハネになる側が出てくるので、外ハネになる毛束は乾かすとき、必ず根元をしっかり前に引き出しながら乾かして。 ・根元の毛流れのクセを取ってあげると、自然と内巻きに流れやすいです。 乾かしたら26㎜のアイロンを毛束の中間から挟み、全体の毛先を軽く内巻きに。 レイヤーが入っているので毛先に動きが出やすく、自然とひし形シルエットが作れます。 ラフな質感がおしゃれなのでスタイリング剤はなくてOK。 おしゃれ女子は長め前髪ショートでしょ! \ヘアスタイルのポイント/ ・ボーイッシュに見えがちでも、後頭部の丸みで柔らかな女性らしさも。 外ハネミディやショートボブなどトレンドでおしゃれだけど、正直、人とカブりがちな髪型に飽きている人も多いのでは? そんな一歩先をいくおしゃれ女子にオススメしたいのが、こちらのマッシュショート。 ・おでこから耳上にかけてのカットラインがラウンドしたスタイルで注目です。 やや懐かしさのあるマッシュですが、ラウンドする毛先を長めに残し、毛先を動かしてラフに顔周りを隠すのが今っぽく作るコツ。 顔周りの毛が長いので、丸顔や頬骨が出ている人の骨格もカバーできます。 ・パーマをかければスタイリングは超簡単に。 軽やかで、パッと見でおしゃれ感がある程よく個性派なスタイル。 目の下でカットし、サイドは耳下までラウンドカット。 フェースラインを包むように毛束はやや長めに残します。 後頭部は丸みが出るようにグラデーションカット、重さを残すのが女っぽく見せるカギです。 ・トップを動かしやすくするよう、ハチ上にレイヤーを入れます。 カラーは8トーンのオリーブアッシュ。 赤みをおさえた外国人風の人気カラーです。 \How to スタイリング/ ・毛先全体に28mmの細めのロッドで、平巻き1. 25回転のパーマを。 スタイリングは乾かし方が重要。 ドライヤーで根元からしっかり乾かし、顔周りの毛束は後ろから前に向かってフェースラインを包むように流して。 ・軽めのワックスを毛先全体にもみ込み、さらにところどころ毛先をラフに動かせば完成です。 パーマをかけるのでスタイリングがとにかく簡単。 ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに!顔周りで揺らぐ前髪が、ナチュラルで柔らかい女性らしさを演出。 センターパートは、シャープな印象を与えがち?いえいえ、カットとスタイリング次第で、ラフなイメージにもなるんです。 ・こちらのスタイルは、センターパートの大人っぽいイメージは残しつつも、軽さや動き、そして、毛束感があるのがポイント。 ベースがワンレングスに近い重めのボブなので、広がりやすい髪質でボブやショートに苦手意識がある人にもぴったり。 ・顔周りでふわりと動く前髪&無造作な外ハネが、柔らかくナチュラルな雰囲気に。 自然体なニュアンスがありながらも、ひと手間加えた大人の女っぽさを感じさせるスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・顎ラインの長さでカットしたグラデーションボブ。 動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカットします。 ・カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。 赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラスできます。 \How to スタイリング/ ・ドライのポイントは、根元をしっかり立ち上げながら乾かすこと。 また、センターパートでも、分け目はしっかりつけないように。 乾いたら26mmのアイロンで全体を外ハネにカールを。 ・表面は内巻きにワンカール。 さらに、表面や中間で動きが欲しいところの毛束を取り、ランダムに縦巻きに。 シアバターやミルクワックスなどのスタイリング剤を全体的に馴染ませたら完成です。 重めボブは前髪センターパートで女性らしく。 ・あご下のワンレンロブの表面にレイヤーを加え、巻いたときの緩やかな動きをサポート。 ・薄めに作っ た前髪は束感が出るようにスタリングし、隙間で抜け感を意識。 \SIDE/ \顔周りのリバースカールがポジティブな色気をブレンド/ ・鎖骨下レングスのボブベースの表面にレイヤーを入れ、顔周りをリバースで巻いたときにひし形シルエットになるように調整。 ・外への動きで表情がパッと華やぎ、女っぽさが際立つ毛流れに。 ・目の下で 薄く作った前髪はサイドに流すようにつなげ、目元を色っぽく彩る。 \SIDE/ \シンプルフォルムに外ハネを加え上品な透明感を際立てて/ ・肩ラインのワンレンロブは、表面のレイヤーと毛先の束感カットで重く見えないように計算。 ・全体は内巻きにしながらも、耳の前、耳の後ろ、襟足の角の毛束だけは外巻きにしてポイントに。 ・こなれた色気をまとわせて。 ふとした毛先のハネ感や質感に色っぽさを漂わせて。 「幼な顔の場合、縦長に見える目くらましが大事。 丸顔カバーもできる」 「無造作なほつれ感がアンニュイなムードを演出し、幼さを軽減。 ランダムな束感がおしゃれ。 おすすめは前髪長めのボブで、顔周りがパッと明るくなるだけで派手に見えません。 前髪があると幼く見える、ロングだと毛先が傷んで見えやすいこともマイナス要因に。 ・ふわっとした毛先がハイトーンの透明感をキワ立てます。 また色味も大切で、黄色やギラギラするカラーはNG。 やや赤みを帯びたウォームベージュならツヤっぽく見え、上品なハイトーンを演出します。 大人だから…と控えめにならず、ポイントを押さえたハイトーンでおしゃれを楽しんで! \How to ベース&カラー/ ・あごラインのグラデーションボブベース。 前髪を鼻ラインでカットし自然にサイドに繋げます。 ひし形に見えるよう、耳下の毛束にはグラデーションカット、表面にはレイヤーを入れます。 ・毛先は重たくなりすぎないよう毛量調整を。 カラーは10トーンのウォームベージュ。 黄みを押さえた赤み系ベージュで、ハイトーンでもキツくならず柔らかな印象に。 ツヤ、があり肌に透明感を与えるカラーです。 \How to スタイリング/ ・ダメージが少なく柔らかなカールに仕上がる低音デジタルパーマを使用。 全体の毛束を、襟足、中間、表面と3段に分け、それぞれ20㎜、22㎜、24㎜のロッドで1回転半巻きます。 スタイリングは全体をぬらし、襟足からトップに向かい根元を立ち上げるように乾かして。 ・さらに毛先を持ち上げ、指に巻きつけながら温風をあてカールを復活させます。 パサつきを抑えてツヤをだすシアバターのスタイリング剤を毛先中心にもみ込み、カールをほぐしながらふわっと整えれば完成です。 ・パーマをかけているのでスタイリングは超簡単。 憧れのボリュームヘアに見え、さらに今っぽおしゃれ感もプラスした髪型をご紹介します! ポイントは外ハネボブにレイヤーを入れ、ややウルフっぽく作ること。 ・ウルフは70年代に流行ったトップが丸く裾が軽いスタイル。 昔ほど裾を軽くせず重たさを残すのが、ウルフを今っぽく見せるコツ。 この髪型は裾がキュッとくびれた外ハネが特徴で、むしろ毛量が少ない方が作りやすいことも。 またくびれがある分、トップのふんわり感が強調されボリュームアップして見せる効果もあり。 ・前髪を作るとクールになり過ぎず、柔らかさが出るのでおすすめです。 裾は動きが出やすいようグラデーションカットに。 表面にレイヤーを入れやや軽さを出します。 前髪は目の上ギリギリでカット。 ・隙間を作るように毛量調整すると今っぽい下ろしバングに。 カラーは8トーンのアッシュブラウン。 程よく赤みを抑え、透け感のある柔らかな髪に見せます。 \How to スタイリング/ ・乾かすとき、前髪はクセがつかないように手ぐしで前に引き出しながら乾かします。 トップは左右に振りながら乾かすとふんわり。 26mmのやや細めのアイロンで、全体を内、外ランダムに1回転半のMIX巻きに。 ・しっかり巻かず、アイロンを滑らせ軽く動きをつける程度でOKです。 全体を巻いた後、裾に外ハネ巻きをプラス。 ソフト系のワックスを揉み込み、軽く耳掛けをして完成です。 ボリュームが出にくい人はトップの毛束を少しつまみ、キープスプレーを吹きかけるとふんわり感をkeepできます。 ・スタイリングで外ハネの毛束を散らすのがおしゃれに見せるコツ。 控えめなカラーで好印象をアピールしたいけど、トレンドのヘアスタイルも楽しみたい、そんな人への一押しスタイルがこちら。 暗めのカラーでありながら、ふわりとラフな動きがあり、重みを感じさせないデザイン。 ・ボブより長めのロブスタイルは、肩に当たって自然とハネてくれるので、スタイリングも簡単!幼いイメージとなりがちなフルバングでも、透け感があれば大人っぽい雰囲気になります。 レイヤーが程よくプラスされ、顔周りに動きがあるミディ。 丸いシルエットで、ナチュラルの中に女性らしさや抜け感のある注目のスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・やや前下がりのロブスタイルにカット。 顔周りからレイヤーを入れ、リバースの毛流れをつくることで小頭効果が。 前髪は浅めにつくり、両サイドを少し長めにカットしたら、おでこの肌が多少透けるように量感を調整。 ・カラーは、6レベルのフォギーベージュに、黄色を打ち消すバイオレットを少量ミックス。 ダークな色でもベージュ系統なら重くならず、バイオレットを加えることで、よりツヤ感のある仕上がりに。 \How to スタイリング/ ・ドライのポイントは、トップの髪を後ろ方向へ流すこと。 乾いたら32mmのアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。 ・この時、落ちる位置ではなく、髪を顔の横まで引き出してアイロンを巻くと、カール感がランダムになりラフなイメージに。 ・顔まわりは、細めに毛束をとりリバースに流します。 硬毛ならヘアオイル、細毛ならヘアバターを馴染ませたら完成です。 ベースが重めのワンレングスなので、幅広い大人女性にマッチし、エアリーな動きはあるけど、派手になり過ぎず、ふわりと華やかな雰囲気に。 ・トップとサイドにボリュームを出し、こめかみを中心とした顔まわりはシュッと閉めることで、メリハリのある立体感を強調。 そして、アッシュは赤みを抑えてくれるけど、クールな印象になるから…、という方に朗報!ちょっぴりワイドな前髪のミディは、ゆるふわカールで大人フェミニンに! ・こちらのアッシュは、透明感とツヤを与え女性らしさを引き出す美人アッシュです。 絶妙な質感調整をしているので、柔らかい印象を与えるミディヘア。 ボリュームが出にくい人にもぴったりです。 \How to ベース&カラー/ ・ワンレングスでカットし、トップと顔まわりに骨格に合わせてレイヤーを入れた重めのデザイン。 直毛の場合、毛先にパーマをかけても。 前髪の幅をやや広くすることで、奥行きが出てよりメリハリのあるスタイルに。 ・カラーは、8トーンのWフェイスカラーのオリーブアッシュ。 ほんのり透ける美人色。 ちなみに、Wフェイスカラーとは、落ち着いた色味でも、光に当たると柔らかさや透け感といった2つのニュアンスを楽しめるカラー剤のこと。 \How to スタイリング/ ・根元を立ち上げて、全体的にボリュームを出すように乾かすのがポイント。 特に、トップはしっかりボリュームを出して。 この時、前髪とトップは、弱風でこするように手を動かしながら乾かします。 アイロンは26mmを。 ・毛先から内巻きカール、その上を外巻きでとツーカールをミックスすることで、今っぽい動きに!バックの耳下はボリュームを出さないように、内巻き&外巻きをランダムにワンカールで。 最後にシアバター系のワックスを全体に揉み込み、サイドのボリューム感を整えます。 ちょっぴりワイドな前髪のミディは、ゆるふわカールで大人フェミニンに! 透けバングがおしゃれなガーリーな無造作ミディ \ヘアスタイルのポイント/ ・前髪をシースルーバングの外ハネミディにしたら、おしゃれ可愛い旬なモテヘアに。 程よい無造作感のポイントは、外ハネ&内巻きのコンビカール。 今シーズン注目の外ハネミディですが、そのなかでもラフなスタイルを楽しみたいならこちらがおすすめ。 ・肩下のレングスをキープしているので、無造作でありながら、きちんと感やおしゃれ感のあるデザインとなっています。 ヘアチェンジをしたいけど、ショートやボブは…という人にも。 低温のアイロンを使うテクニックで、しっかり巻いたカール感ではなく、ゆる〜い外ハネカールに。 ・さりげなくトレンドを意識し、髪へのダメージレスも叶えます。 男性ウケも良さそう! \How to ベース&カラー/ ・長めのワンレングスボブのベースに、レイヤーを入れます。 セニングは全体的に入れずに、間引くようにポイントで毛量調整をすることで、ふんわりとした印象に。 ・前髪は眉下の長さでカットし、軽さのあるシースルーバングで抜け感を。 ウォーム系で落ち着きのあるカラーリングです。 \How to スタイリング/ ・髪を乾燥から防ぐため、保湿力の高いミルクを塗布してからドライ。 動きがつくよう根元に風を当て、乾いたら低温に設定した26mmのアイロンで外ハネに。 さらにトップは、内巻きにワンカール。 トップの内巻きは、髪を高く引き出してから巻くとラフな印象に。 ・ウェットな質感に仕上がるシアバター系スタイリング剤を、毛先からクシュっと髪を持ち上げるようになじませます。 前髪は、手に残っているスタイリング剤を、毛先から手ぐしを通すようにつけて整えます。 前髪をシースルーバングの外ハネミディにしたら、おしゃれ可愛い旬なモテヘアに 王道かわいい丸みミディアムはやっぱり内巻き \ヘアスタイルのポイント/ ・ふんわり内巻きに入る毛先が、女性らしさをUP。 これから髪を伸ばしていきたい人にオススメなのが、鎖骨ラインのミディボブ。 ハネやすい長さとなりますが、顔まわりとトップにレイヤーを入れることで、内巻きにまとまるように。 前髪ありの内巻きミディボブは、丸顔カバーで大人かわいい印象に! ・とにかくスタイリングが簡単で、時短でも決まるのが嬉しいポイントです。 前髪とサイドをつなぐ髪を頬骨に落ちる位置で切り、毛量を調整する顔まわりの技ありカットで、気になる丸顔を補正して小顔効果も。 抜け感のある前髪が、柔らかく大人かわいいイメージに。 \How to ベース&カラー/ ・鎖骨ラインでバックから平行にカットし、グラデーションを入れます。 内巻きにまとまるよう、顔まわりとトップにレイヤーを入れます。 レイヤーは重さをとる程度に。 前髪が薄めに作り、ヌケ感を演出。 ・カラーは、赤みを抑えた8レベルのグレージュブラウン。 退色しても赤みが出にくく、透け感のある色味をキープ。 ナチュラルな艶と透明感を兼ね備え、落ち着いた大人女子に。 \How to スタイリング/ ・パサつきを防ぐため、オイルトリートメントを塗布してから乾かします。 毛先が内巻きにまとまるようにカットされているので、根元を後ろから前方向へ乾かすだけでOK。 乾いたら、毛先を32mmのアイロンでワンカール。 さらに、表面を巻くと、動きが出て軽さのアクセントに。 ・前髪を決めるコツは、黒目と黒目の間の髪だけを取り出してカールをつけること。 馴染みよく、毛流れのある前髪に。 最後に、保湿力のあるミルクを毛先と前髪につけ、整えたら完成です。 前髪ありの内巻きミディボブは、丸顔カバーで大人かわいい印象に! モテ系パーマミディで愛されヘアに \ヘアスタイルのポイント/ ・平巻きメインのパーマは華やかさがありこなれた印象も!ふんわり柔らかい巻き髪スタイルは、いつの時代だって男ウケ抜群。 さらに前髪があればかわいらしい印象を与え好感度も上がります。 ・肩上でふわっと揺れるぐらいが、女らしさと親しみやすさを与えるモテの好バランスです。 またゴロンとした内巻きではなく、カジュアルな平巻きをメインにするのもおしゃれ度を上げるポイント。 アイロンが苦手な人は巻き髪に抵抗があると思いますが、パーマをかければ問題なし。 ・今どきパーマはダメージレスで柔らかい質感に仕上がり、理想の巻き髪を作り出せます。 こんな良いことづくめの揺れパーマミディ。 裾は重たさを残しつつ、表面にレイヤーを入れ動きを出しやすくします。 ・さらに全体にスライドカットを入れふんわり感をプラス。 前髪は目の上で自然に流れるようスライドカットを。 カラーは9トーンのチョコレートアッシュ。 赤みも黄みも出さず透明感があり、好感度の高いカラーです。 \How to スタイリング/ ・パーマは髪質に合わせ、硬毛の人はクセがつきやすいデジタルパーマ、軟毛の人はダメージの出にくいエアーパーマがオススメ。 表面は23mmのロングロッドでスパイラル巻き、それ以外は20mmのロッドで平巻きメインのパーマをかけます。 ・前髪は25mmのロッドで内巻きに。 スタイリングは濡れた根元を乾かしてから、毛先は手のひらに乗せ、持ち上げて軽く握るように乾かすとカールが復活します。 ムースをもみ込み、片側だけ軽く耳にかければ完成です。 片側だけ耳かけするとスッキリ見えるしこなれた印象にも。 パーマをかけているのでスタイリングが簡単。 ラフな大人女子を目指したい人におすすめしたい、ワンカールミディ。 ワンカールというと古くなりそうですが、こちらは今っぽく抜け感がありおしゃれです。 ・ポイントは、まず前髪を伸ばしておでこを見せること。 幼くなりがちなスタイルですが、前髪を作らずさらに片サイドだけ耳掛けするとグッと大人っぽくなります。 次に表面と顔周りにレイヤーをいれること。 これによりカールに段が出て重たくならず軽やかに。 ・カールは大きめに作ることも重要で、ふんわりエレガントな印象を与えます。 スタイリングも簡単な大人のワンカールミディ。 軽やかなスタイルなので、春に向けてヘアチェンジしたい人にもおすすめです! \How to ベース&カラー/ ・鎖骨ラインでカットした前上がりレイヤーベース。 レイヤーは表面と顔周りに入れます。 高い位置から入れるとカジュアルになり過ぎるので、低めに入れて裾に重たさを残すのが大人っぽく見せるポイントです。 ・前髪はあごラインでカットし、自然とサイドへ繋げて。 カラーは9トーンのシナモンベージュ。 赤みを抑えながら柔らかさを出す色で、抜け感のある軽やかなカールに見せます。 \How to スタイリング/ ・ペタッとしないように、全体の根元を立ち上げながら乾かします。 トップは分け目を作らないように左右に寄せながら乾かし、最後に6:4に分けるとふんわりします。 3mmの太めのアイロンで、毛束を持ち上げながら裾をワンカール内巻きに。 ・軽くなじみつつ程よく束感の出るミルクワックスをもみ込み、片サイドだけ耳掛けを。 表面をふんわりするように整えたら完成です。 アイロンが苦手な人はパーマをかけてもOK。 チークラインからレイヤーを入れ、毛先は束感が出るようにカット。 ・裾はアイロンを横に使った平巻き、顔周りは斜めに使ったリバース巻きでフォルムを作って。 \SIDE/ \伸ばしかけの半端レングスはくびレイヤーでおしゃれ度アップ/ ・扱いが難しい肩下の長さは、顔周りにレイヤーを入れて動きを出すとあか抜けた印象に。 ・さらにトップにもレイヤーを加えているため、頭の形もキレイにコントロール。 ・大人顔にちょい甘エッセンスを。 扱いにくい毛量が多くて硬い髪質。 パサついて見えやすいこともあり、短くカットしてごまかす人も多いのでは。 そんな、柔らかなロングに憧れるけどこの髪質では無理…と諦めていた人におすすめしたいのが、こちらのセミロング。 ・ただすいて毛量を少なくしているのではなく、ハサミを少しずつ滑らせるスライドカットにより毛束が先細になるように作っています。 それにより、毛量を抑えながらも自然と束感ができ柔らかな印象に。 また前髪はおでこが見える斜め流しで重たく見えず、女らしさもあります。 ・ただ毛量を減らすのではなく、束感を作りながら減らすカット技術により、多め&硬めの髪でも柔らかに見え女っぽさも引き出すスタイル。 胸より上で揺れるセミロングはアイロンで扱いやすく、ふわっと感も出やすいのでおすすめです! \How to ベース&カラー/ ・胸上の緩やかな前上がりベース。 毛先に軽くレイヤーを入れます。 前上がりのカットラインは、後ろから毛束を持ってきたとき胸上で重たくならず程良い厚みに。 毛束の先が細くなるスライドカットで、束感を作りながら全体の毛量を調整します。 ・こめかみからトップにも軽くレイヤーを入れ、トップがボテっとならないよう後頭部に向かう毛流れを作ります。 前髪は目の下、サイドは流れるようにカット。 カラーは8トーンのラベンダーとショコラブラウンのMIX。 赤みを抑えた深みのある艶で、軽やかな透明感を演出します。 髪色が重くてもカールの質感で軽やかに見せる、長めのスタイルがあるんです。 それがこちらのセミディ。 ・前髪が眉上&サイドやや広めなので、おしゃれでありつつスッキリした印象に。 また動きがあるのでおでこが見え、それがヌケ感となります。 裾のカールは毛束がラフに動き、ほつれたような質感に。 これにより毛束の間に隙間ができたり表面がふわっと浮いたりして軽やかさがup。 このほつれウエーブ、アイロンでの作り方にコツがあります。 ・一度毛束をねじってから巻いているので、アイロンの熱が当たる位置がランダムになりラフな動きに。 くるんと巻くカールではなく、あえて崩したような巻きなのでクセ毛の人にもおすすめです。 キメ過ぎない前髪や裾のウエーブにより、軽やかさとおしゃれ感が両方手に入るスタイル。 カラーの重たさもおしゃれに転ぶので、暗めカラーでも充分に楽しめることを約束します! \How to ベース&カラー/ ・鎖骨下4cmの重めのワンレンベース。 表面と顔周りにややレイヤーを入れ、毛束を動かしやすくします。 前髪は巻いて眉が見えるように、眉下でカット。 ・前髪のサイドは眉より外側まで取り、ややラウンドにカット。 カラーは6トーンのアッシュベージュ。 しっかり艶の出る明度で赤みを抑えます。 また透明感が高く、暗めカラーでも重たい印象になりません。 \How to スタイリング/ ・前髪を乾かすときは、パカッと割れないよう左右に振りながら乾かして。 裾はバーっと乾かしてOK。 32mmのアイロンで、まず全体の毛先をワンカール内巻きに。 その後、表面の毛束をところどころ取りくるくるねじります。 ・ねじった毛束の中間にアイロンを挟み、内外ランダムに2回転巻きます。 この表面の毛束がほつれたようなウエーブに。 前髪はストレートアイロンで毛先をワンカール。 さらに表面の毛束だけところどころ取り、根元付近まで内巻きをプラスすることでヌケ感のある動きが出ます。 ・裾全体にウエットな質感になるオーガニック系のワックスをなじませ、しっかりカールをほぐせば完成です。 ねじってから巻いているのでカールがランダムになり、ラフな印象に。 前髪のカールも含めきれいにまとめ過ぎないことが魅力のスタイル。 ロングヘアの印象を変えたい人にオススメなのが、重さと軽さがミックスされたセミロング。 重さを残しつつ扱いやすさが欲しい時や、イメージチェンジしたい時にも、チャンレンジしやすいスタイルです。 ・顔まわりは、毛束が頬にかかるよう、骨格に合わせてレイヤーを。 小顔見せ効果はもちろん、毛先の遊びがふんわりと軽やかな印象を与えます。 ラフ感を取り入れつつも、女性らしさを兼ね備えたカジュアルフェミニンなスタイル。 可愛らしくソフトなイメージを目指す人や、重めスタイルにしたいけどトップはペタンとしたくない人にオススメです。 \How to ベースパーマ&カラー/ ・鎖骨下あたりのワンレングスでカット。 トップの顔まわりは、頬にかかるようにレイヤーを入れるとラフな浮遊感が出ます。 前髪は眉毛と目の中間くらいの長さでフルバングに切り、内側を毛量調整します。 ・カラーは、9トーンのブラウンベージュ。 ややグレーがかった色味で、柔らかい印象に。 透明感のあるキレイな肌色に見せ、イエべ、ブルベどちらでも似合う万能カラーです。 \How to スタイリング/ ・根元を立ち上げながら全体を乾かしたら、26mmのアイロンでリバースとフォワードをミックス巻き。 顔まわりは、リバースに少し跳ねるように流します。 髪が硬い人やアイロンが苦手な人は、デジキュアパーマでニュアンスウェーブを。 ・デジキュアは、通常のデジタルパーマよりもダメージレスで時短なパーマ。 ロッドは、23mmをメインに、耳下は平巻きで、耳上はリバースとフォワードのスパイラルを交互に巻きます。 スタイリングは、クリーム系のワックスとオイルを混ぜ、下からクシャッともむようにつけて、整えたら完成です。 動きとツヤ感がポイントのフェミニンスタイル。 エレガントさをキープしつつ、動きのあるスタイルを取り入れたいなら、ふんわり動きのあるワンカールが断然今っぽい。 動きがありながら、ベースに重さを残しているので、カジュアルになり過ぎない大人かわいいスタイルです。 ・顔まわりとトップに入れたレイヤーが、ふわっと柔らかな動きを演出。 髪のボリュームが出にくい人にもおすすめです。 毎日のスタイリングもワンカールでOKなので、時短で簡単におしゃれを楽しむことができます。 また、頬骨の高さでカットした前髪が、骨格をカバーして小顔効果もアリ。 さらに、 ・顔まわりをリバースに流せば、華やかな雰囲気となり表情を明るくしてくれます。 ツヤ感があり、毛先に程よい厚みがありまとまりのあるデザイン。 \How to ベース&カラー/ ・鎖骨下5cmで、やや前上がりに。 レイヤーをトップと顔まわりに入れて、ベースラインは重めに残します。 大人フェミニンに見せるポイントは、中間から毛先にかけての毛量調整で、適度な厚みを残すこと。 ・前髪は頬の位置から流れるようにカット。 8トーンのブラウンベージュは、赤みを抑え、髪本来の色をキレイに見せる、温かみのあるツヤ感を演出するカラーです。 \How to スタイリング/ ・トップと顔まわりは、根元を立ち上げながら乾かすとスタイリングが楽に。 髪が乾いたら、32mmのアイロンで、サイドは2段、バックは3段に分けてそれぞれ毛先をワンカールします。 ・サイドもバックも、上段のセクションを巻く時は、髪を引き出す位置をやや高くすると、ランダムな動きが出て、ふわっとしたカール感に。 両サイドの前髪は、リバースに巻いて流します。 トリートメントワックスを、全体的に揉み込み、前髪の立ち上がりをスプレーでシュッと固めたら完成です。 ラフで自然体だけど、こなれ感のあるおしゃれスタイル。 休日はおしゃれして出掛けたいけど、気張らないスタイルを目指すなら写真のようなセミロングはいかが? ・前髪は、目の上ギリギリの長さにカットしてサイドへ自然な流れを作ります。 この毛流れが大人フェミニンを叶えるポイント。 さらに、ふんわり大きめのカール感が、ほどよいヌケ感のあるソフトな雰囲気に。 顔まわりにしっかりレイヤーを入れることで、小顔効果&大人っぽい印象を与えます。 必要以上に毛量調整をしていないので、今っぽい重みも感じられます。 ラフで柔らかいカール感に憧れている人は、ぜひトライしてみて。 \How to ベース&カラー/ ・アウトラインは胸上くらいの長さ。 襟足〜サイド、顔まわりにレイヤーを入れ、動きがしっかり出るようにカット。 さらに、軽さ+動きが出やすいように表面にもレイヤーを。 前髪は、フロントを目の上ギリギリの長さでカット。 ・サイドとつながるラインはやや長さを残し、自然に繋げます。 適度な重さを残すため、毛先にはセニングを入れず、スカスカにならないよう毛量調整をします。 カラーは、8トーンのアッシュグレージュ。 赤みを抑え、透明感と柔らかい質感に。 \How to スタイリング/ ・根元をフォワードに向けて乾かしたら、アイロン前に保湿力のあるオイルトリートメントを髪全体につけます。 アイロンは32mmを使い、毛先を外ハネに。 髪の中間部分は、フォワードとリバースのMIX巻きを施し、ランダムな動きを作ります。 ・さらに、表面は毛束を細めに取りゆるくカールを作ります。 ふわっと柔らかいカール感がプラスされることで、ラフでヌケ感のあるスタイルに。 動きを出したい中間の髪を引き出し、軽めのワックスで束感を作れば完成です。 ・長めの前髪は外向きにしてサイドにつなげ、さらにそこから内向きに。 ・ふんわり感でリフトアップ効果も。

次の