ジャック ヘラクレス。 『終末のワルキューレ』最新話のネタバレ【21話】ジャック・ザ・リッパー

[ネタバレ注意]『終末のワルキューレ』最新第7巻|ジャックザリッパーVSヘラクレス、はたして勝者は…!?

ジャック ヘラクレス

ビリー・ジャック・ヘインズ 移動: 案内、 検索 ビリー・ジャック・ヘインズ プロフィール リングネーム ビリー・ジャック・ヘインズ ビリー・ジャック ビリー・ヘインズ ブラック・ブラッド 本名 ウィリアム・ヘインズ・ジュニア 身長 191cm 体重 120kg - 125kg 誕生日 1953年7月10日(60歳) 出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オレゴン州ポートランド スポーツ歴 ボディビル デビュー 1982年 引退 1996年 テンプレートを表示 ビリー・ジャック・ヘインズ(Billy Jack Haynes、1953年7月10日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラー。 本名はウィリアム・ヘインズ・ジュニア(William Haynes Jr. オレゴン州ポートランド出身。 1980年代を代表する筋肉派レスラーの1人であり、地元のオレゴン地区をはじめ、南部エリアやWWFなどでベビーフェイスのパワーファイターとして活躍した。 目次 [非表示] 1 来歴 2 得意技 3 獲得タイトル 4 脚注 5 外部リンク 来歴[編集] ボディビルのミスター・パシフィック・コースト・コンテストに出場した際、オレゴンやワシントンなど太平洋岸北西部をサーキットエリアとするPNW(パシフィック・ノースウエスト・レスリング)のドン・オーエンにスカウトされ、1982年8月にデビュー[1]。 トム・ローリン主演のアクション映画シリーズの主人公と同名のビリー・ジャックをリングネームに、鍛え上げられた肉体を誇る硬派のベビーフェイスとして売り出され、1983年10月7日にはダイナマイト・キッドからNWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を奪取[2]。 同月はシアトルとポートランドにて、ハーリー・レイスのNWA世界ヘビー級王座にも連続挑戦している[3]。 1984年からはNWAの南部テリトリーにも進出し、フロリダではダスティ・ローデスのパートナーとなって、スーパースター・ビリー・グラハム、ジム・ドゥガン、ディック・スレーター、バズ・ソイヤーなどのヒール勢と抗争[4]。 同年3月29日にはケンドー・ナガサキを破り、NWAフロリダ・ヘビー級王座を獲得[5]。 新NWA世界王者のリック・フレアーにも再三挑戦した[6]。 しかし、トム・ローリンが『ビリー・ジャック』の名称使用に関してクレームを起こしたため、以後リングネームの変更を余儀なくされる。 1985年は本名のビリー・ヘインズ名義でテキサス州ダラスのWCCWに登場し、1月7日にジノ・ヘルナンデス(王者クリス・アダムスの代打)を下してTV王座を獲得[7]。 3月には新日本プロレスにビリー・ジャックの名で初来日。 アントニオ猪木とのシングルマッチも実現した。 以降はファミリーネームを冠したビリー・ジャック・ヘインズを正式なリングネームとして活動。 1986年は新日本プロレスへの再来日を経て、4月12日に古巣のPNWにてボビー・ジャガーズを破り、パシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座への4度目の戴冠を果たしている[2]。 1986年6月、WWFに移籍。 同じ筋肉派のハーキュリーズやブッチ・リードと抗争を繰り広げ、1987年3月29日の『レッスルマニアIII』ではハーキュリーズとのシングルマッチが行われた[9]。 キングコング・バンディやワンマン・ギャングなどの巨漢にも得意技のフルネルソンを仕掛けて怪力ぶりをアピールし、ブリティッシュ・ブルドッグスともトリオを組んだが、選手層の厚いWWFでは大きな活躍は果たせず[10]、1988年の初頭にWWFを退団した(地元ポートランドでのジョブを拒否したため解雇されたともされている[11][12])。 WWF離脱後はPNWに戻り、1989年8月には新日本プロレスに3年半ぶりに来日。 1990年はカリフォルニア州マリナ・デル・レイのハーブ・エイブラハム派UWFに出場し、WWFでタッグを組んだこともあるケン・パテラと抗争。 1991年にはブラック・ブラッド(Black Blood)なるヒールの覆面レスラーに変身してWCWに短期間登場、ケビン・サリバンの用心棒を演じ、7月14日の『グレート・アメリカン・バッシュ'91』ではビッグ・ジョッシュとランバージャック・マッチで対戦するも敗北を喫した[13]。 その後もオレゴン地区を主戦場に活動し、PNWの後継団体CWUSA(チャンピオンシップ・レスリングUSA)にも主力選手として参戦。 1995年はジェリー・ローラーらが主宰していたテネシー州メンフィスのUSWAに登場。 ブライアン・クリストファーとブラッド・アームストロングを破り、USWAヘビー級王座を2回獲得した後[14]、1996年に引退した。 2006年1月、ホームタウンのポートランドにて、麻薬売買のトラブルが原因とされる暴行事件に遭っている[15]。

次の

終末のワルキューレ

ジャック ヘラクレス

『終末のワルキューレ』前話 28 話のあらすじは・・・ ヘラクレスは最後の御業でケルベロスと融合して肉体を強化。 ジャックと猛攻し合う。 途中でジャックの策で神器化した建物の崩壊に巻き込まれるも、難なく生還。 そしてとうとうヘラクレスとジャックの決着が始まる…。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 アンは血だらけになった部屋を見て、神様くらいはあの子を愛して欲しいと願った。 両雄は向き合う。 「2人で、最高の終幕に致しましょう」 そう、この戦いに幕引きが近づいているのは誰の目にも明らかだ。 ヘラクレスとジャックは互いに全身。 互いに互角だが、この激しい肉弾戦はヘラクレスの片腕が無い事で辛うじて均衡が保たれていた。 終わりは確実に近づいていたのだ。 ジャックの不意打ち ヘラクレスの紋章は全身に広がり、このままでは時間がない。 にも関わらず、ジャックは今度は避けてばかりだ。 時間稼ぎか…? そう漏らすアレスだが、ロキは違うと言う。 ジャックの出血量では彼の時間も残り僅かなのだ。 時間稼ぎをしたいだけなら接近戦はそもそもしないはず。 ロキはジャックが何を狙っているのか気になる。 ……ジャックが狙っていたのはタイミング。 片腕一本のヘラクレスは殴る際に隙が生まれる。 当たるか…!? 否、紙一重でヘラクレスに躱され、逆にカウンターの拳を喰らう。 それはジャックの顔面にめり込み、ジャックは10メートル近く吹っ飛ばされる。 完全に策も費え、白目を剥いて倒れるジャック。 これで終わりか…。 観客たちは所詮ただのさつ人鬼だから……と侮蔑の言葉を送る。 だが一人だけジャックの擁護に付く者が………アンだ。 アンは彼が自分たちには出来ない、『たった独りで神に立ち向かう』という勇気ある戦いをしていると言う。 ……と、何か聞こえる。 ジャックの『ロンドン橋落ちた』の歌い声だ。 そして…なんと立ち上がった!! ただしフラフラだが。 ヘラクレスはそんな彼の姿勢を「強いな……」と賞賛。 ジャックは歌いながらヘラクレスに向かっていく。 かつてそれはまだ幼く、街を明るい笑顔で歩いていたジャックを思い出させる…。 ヘラクレスの目の前まで来る。 勝負ありだ。 ジャックは倒れるが、ヘラクレスは心の中で彼を賞賛。 お前は本当によくやった。 技名は『Dear GOD』。 ヘラクレスに捧げるための技だ。 最後にしてやられた。 実はジャックの手袋には自分の血を塗り込んであり、それを神器化したのである。 しかし、ヘラクレスは致命傷を負わされているにも関わらず、その希望の感情に一転の曇りもない。 ジャックはその面では自分の敗北を認める。 最期にヘラクレスはジャックを抱擁。 いついかなる時も、人間を愛しているのだと…。 そしてヘラクレスの肉体は崩壊を始める。 殴る力は失ったが、抱きしめる力は残っていたのだ。 怒鳴った事をヒルデに詫びつつ、後の事は任せると言って、彼は散っていった………。 最後に残されたジャックは呟く。 最後の意地と策でジャックが勝利したようです。 そういえば、前話の感想で『ジャックが神器の手袋でジャックに触れたが何かのフラグでは』と記述しましたね。 それ自体は外れましたが、『素手でヘラクレスを殴れば済む話』という記述のフラグは回収されたようです。 そして残念ながら『ヘラクレスの勝利』という予想は外れました。 しかし、それでも見ていて気持ちのいい最後だったと思います。 (ついでにヘラクレスの勝利より確実に人類存続への道が近づきました) これで【人類2vs2神】と同点になりました。 次の試合は誰と誰が戦うのでしょうか…? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

終末のワルキューレ【最新第29話】勝ったのはオレだ ネタバレと感想!

ジャック ヘラクレス

目次 第26話 真相 第27話 底なしの愛 第28話 最後の御業 第29話 勝ったのはオレだ ヘラクレスの左腕をぶったぎったジャック・ザ・リッパー。 神器以外で、神を傷つけたと思われたのですが、その真相は、ジャックの神器錬成にありました。 ジャックと神器錬成したワルキューレは、十一女フレック。 彼女は、武器をガチャつかせる者。 ジャックは手に触れたもの全てを神器にする力を身につけ、ロンドンの町、すべてを凶器として、ヘラクレスと戦っていたのです。 圧倒的な悪意のもと、ヘラクレスを倒すため、罠をしかけるジャック。 対するヘラクレスがジャックに向けたもの。 人間から神になったヘラクレス。 彼は、人間の悪いところをすべて知りつつも、ジャックに愛を向けます。 ヘラクレスは、ジャックを人間を救うため、第十二の御業を発動、決着をつけるための戦いに挑みます。 終末のワルキューレ7巻の感想 圧倒的にずるがしこく卑怯で絶対悪のジャック・ザ・リッパー。 人間の代表なので、応援したいところですが、悪意のかたまりで、感情移入しづらいです。 対して、神の代表ヘラクレスは絶対善の正義。 ジャックがどんなに卑怯なことをしても、正攻法、まっとうなやり方で戦います。 こちらに感情移入したくなります。 ただ、ジャックに感情移入して読んでOKな内容でした。 ヒーローとしてのヘラクレスがどういう判断をするかがこの巻の見どころです。 「Dear GOD」 ジャックがこれを言うシーンがあります。 ジャックは、ほんとうに悪に染まりきれるのか、ヘラクレスがどうするのか・・・ その描写が良い感じになっていると思いました。 終末のワルキューレ7巻の試し読み 終末のワルキューレ7巻の試し読みですが、まんが王国が一番多く見れます。 最初の15ページの試し読みができるので、気になる方は、こちらから.

次の