シナジー デレステ。 【デレステ】シナジー入り放置編成でクリアできる楽曲【特技発動率ポテンシャル対応】

【デレステ】シナジー&7中ダメガ入り放置編成でクリア可能な全属性楽曲(33種)

シナジー デレステ

シナジーという言葉は2つ以上の物事の相互作用を意味しており、ビジネスのシーンでよく使われる言葉になります。 例えば違う会社同士で技術を提供し合うことで、新しい技術が創生されます。 そういった状況をビジネスではシナジーと言うのです。 ビジネスにおけるシナジーは、そのシナジーが生み出されるまでそれがポジティブなものなのか、ネガティブなものなのかは分かりません。 しかし基本的に「シナジーを生み出す」場合にはその相互作用により、お互いの利益になるようなポジティブなものを生み出そうと努力を重ねることとなるのです。 シナジーという言葉は2つ以上の作用によって、足し算の考え方で計算される以上のものを生み出すことがあります。 まるで掛け算のように、それぞれの長所を高め合い想像を超える新しい物や価値を生み出す効果を相乗作用と言います。 「シナジー」は相互作用、相乗作用、それぞれ状況により両方の意味で使われますが、ビジネスにおけるシナジーにおいて期待されるのは相乗作用であることが多いのです。 シナジーとは相互効果よりも相乗効果が期待されるものだと説明してきましたが、この相乗効果には既存の物事や価値の形はそのままで、それぞれの効果や価値を高め合うことを意味しています。 シナジーとは、既存の価値や効果が高まる事象においても使われますが、既存の価値や物事を組み合わせることで、新しい物や価値が生み出された場合にも使われる言葉です。 そのため、状況によりシナジーが生み出すものの形は変わります。 新たにシナジーが生まれる前にはシナジーを生み出すべく提携や連携を模索するものですが、その過程において相互効果や相乗効果を期待する場合において「シナジーを期待する」という使い方をします。 例えば2社間が連携して新しい技術を決める場合には「貴社とのシナジーを期待するとともに、今後の業界における技術発展を目指します」といった使い方をします。 ビジネスにおいて、2社間における連携では相乗効果が期待されることは少なくありません。 「シナジーが生まれる」という表現は「今回の技術連携においてはシナジーが生まれることでしょう。 それが相互の発展に寄与することは間違いありません」といった使い方をします。 相互作用や相乗効果が実現し、何らかの効果が得られたり、何か新しいものが作り上げられることを「シナジーが生まれる」という言い回しを使って表現するのです。 「デレステ」とは「アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ」というゲーム名称の略で、ゲームにおける楽曲やアイドルユニットの編成においても「シナジー」という言葉が使われます。 「シナジー」はゲームでも使われているのです。 Youtuberがコラボをすると大体2組のYoutuberがそれぞれのチャンネルでコラボ動画をアップしますが、これをやるとそれぞれのチャンネル登録者を取り込むきっかけになり、シナジーが期待できるのです。 1995年~2000年前後を境に急激に行われてきた銀行の合併ですが、これは合併したお互いの銀行の資本力を上げるシナジーを生み出しました。 時代に適応し、生き残るためにシナジーを見込み、銀行は合併していったのです。 これは具体的にビールや清涼飲料水で有名なキリングループがワインメーカーのメルシャンに技術協力をして、最後の一滴まで飲めるボックスワインの容器を設計しました。 メルシャン側としては顧客に対してのワイン提供の満足度を上げることができますし、キリン側としては他社への技術提供になりますが、ボックスワイン容器の設計の成功により、グループ全体としての売り上げを上げることが出来る相乗効果が期待できるシナジーを生み出したのです。 これは一般的に行われていることですが、提供側はマーケットを広げるきっかけになりますし、提供を受ける側は技術提供を受け新たな商品や価値を作り出すことができます。 シナジーが期待できるため、今では珍しくない事例になっています。 ブレンドウイスキーとは既存のウイスキーを混ぜ合わせたものです。 本来であればそれぞれのウイスキーを味わってもらった方がお互いに良さそうですが、ブレンドすることで新たな味を創作でき、また元になったそれぞれのウイスキーも再注目されます。 この事例では2つのウイスキーが新たなウイスキーの味を生み出すシナジーと、2つのウイスキー会社が提携することで個の商品の注目度を相互に向上させることができるという2種類のシナジーを生み出しています。 特に大型の廃棄物は別途費用がかかるものですが、これを無料で行うことで地域の美化に繋がり、個人は回収費用の負担を回避できます。 そして業者はこれを修理し販売することで利を得ることができます。 それぞれの立場でシナジーが期待できる事例です。 個人店舗がショッピングモールに出店することで、個人店としては売上を増やし自身の店のブランドを高めることができます。 一方でショッピングモールは地域密着を打ち出し好感度を挙げ、出店料も得ることができます。 企業側は安い労働力が期待でき、さらに良い人材を取り込むきっかけになります。 そしてインターン側は企業を知り、無料でスキルを身に付けることができる可能性もあります。 学生側と企業側両方にシナジーが期待できる制度です。 学生であれば、インターンを経験することは非常にプラスに作用することでしょう。 ちなみにインターンシップのお礼状の書き方は下記の関連記事を参考にするといいでしょう。 フォローコールをする人件費の削減を企業側は享受できますし、派遣する側は人件費がかかってもフォローコールに合わせて自社商材の売り込みや宣伝をかけ、利益を生み出すことができます。 こういうシナジーの形もあります。 お互いに仲介業者を通すことがないので、やり取りをする金額が少なくなっても食材料を提供する側は大きな利益を得ることができ、また発注側は安く材料を仕入れることができます。 安定した供給ルート等課題はありますが実現すればお互いにシナジーが見込める事例です。 格安携帯の参入は、既存大手にとって脅威となり外敵になると思いがちです。 しかし、格安携帯に参入する業者は独自で回線を持っていないので大手の回線を借りることになります。 そのため格安携帯の業者は大手から回線を借りることで携帯業界に参入できますし、大手は回線使用料が伸びますので、それにより利益を増やすことができます。 携帯業界に参入し、また参入をサポートすることでお互いに増益が見込めるシナジーが生み出されているのです。 普通に考えると焼肉でビールを飲む客層と、チーズでワインを嗜む客層はニーズが違う場合が多いので難しい連携と言えるでしょう。 しかし、焼肉にラクレットチーズを惜しげもなくかけるようなメニューが出ればインスタ映えしますので焼肉店は若年層の集客が期待できますし、チーズ工場としては定期的にラクレットチーズのような単価の高いチーズを出荷する顧客が増えます。 こういった他業種同士の提携はシナジーが期待できることが少なくありません。 例えばクラシックバイオリン奏者とロック歌手では活躍するフィールドが違います。 しかしこの2人が組んで楽曲を発表することでクラシックファンがロックを聴くきっかけになりますし、逆にロックファンがクラシックを聴くきっかけにもなりえます。 「シナジー」という言葉を使いこなそう! 「シナジー」という言葉はビジネスをはじめとして様々な場面で使われるようになっています。 そして、世の中においては「シナジー」によって新しい技術の創出をはじめとした、新たな意味や効果を生み出しているのです。 この認識があると世の中の見方が変わります。 「シナジー」が、あなた自身の飛躍に繋がればうれしいです!.

次の

7高の逆襲 レゾナンスの可能性

シナジー デレステ

2月末のシンデレラで 念願の3人目のシナジーが 出現しました。 既に2人入手しており、 最後のありすですが、 辛くも入手できました。 それについてはこれを見よう! トリコロールシナジーについて 知りたい方はこれを見よう! 3人目のシナジーをお迎えできたことで、 トリコロールをセンターに置いた シナジー3編成を組めるようになりました。 このシナジー3編成ですが、 非常に強力で使い勝手が良いです。 そんでは紹介します。 現状のトリコロール最強編成である ざっくりとした検証結果です。 3シナジーの方がスパークルトリコ編成より、 50,000pt程度スコアが高かったです。 スパークルトリコ編成についてはこちらを! トリコシンフォだと、さらに高くなります。 微課金の人間でも編成しやすい スパークルや フォーカス、 ライフアップの 期間限定ユニットを必要としないので、 比較的編成可能かと。 月に¥5,000しか課金できないですが、 この編成はできました。 と言っても3シナジーも それなり運とジュエルの計画的な運用が 必要になります。 ライフを考慮した編成をしないくて良い 某のろさんの動画にもありましたが、 ライフスパークルを入れないので、 ライフにポテンシャルを 振り分ける必要はありません。 シナジーの特技発動確率のポテンシャルを上げなくて良くなる 3人いればどれか1人は発動します。 詳細はこれを見てください。 ユニゾンとレゾナンスについて ユニゾンがでたことで、 また単色編成が勢いを戻してきました。 ただ、前述しましたように 単色の最強編成は揃えるのがかなり大変です。 またイベラン時にライフを 考慮した編成も必要になるかと。 そのため、 気軽には使用できないかなと。 うまい人なら そうでもないかもしれませんが。 加えて、Carnival, Grooveのような イベントではまだまだ需要ありそう。 レゾナンスですが、 正直イベントようのユニットであり、 トリコロール編成に入る余地はなさそう.... しかし、3シナジーができない時に レゾナンスでそれに 近いスコアを出すことができます。 うまく組み合わせると3シナジーより ハイスコアを出せることが解りました。 おまけ ところで、 最近のろさんや実況者さんの 紹介がでるのは? 結構似た内容あった場合、 該当項目はいっそ、 その人の動画を紹介をした方がいいかと。 本音は? 上記理由もありますが、 自分のユニットでは紹介しきれないので、 その部分は他の人の見てということですなあ。 例)フォーカス、ライフアップ、スパークル この記事でも言及はしていますが、 攻略系の記事って他の人と 似たり寄ったりな 内容にならざる得ないので 気を張るようしています。

次の

【デレステ】放置編成で放置可能な楽曲まとめ

シナジー デレステ

遅れましたが第4回LIVE Carnivalお疲れさまでした。 相変わらず虹トロ狙いは魔境ですね… 結果です Voltage pt 231272 ランキング 1582位 というわけで前回に引き続き2000以内の虹トロ達成です。 一応今後の自分のためにも備忘録としてちゃんと編成と意図を残しておこうと思います。 手持ちの確認 グランドライブも含めると実に12ユニット、60人ものアイドルを起用することになるカーニバルというイベントでは普段あまり意識することのない割り振りの概念が重要になってきます。 ということでまずは編成の肝となるセンター効果が有用なアイドルをリストアップ。 Cuプリンセス : Coプリンセス : 結城晴, 三船美優 プリンセス : , , Cuユ : , 乙倉悠貴 Coユ : ユ : Voトリコ : なし Daトリコ : , , Viトリコ : なし Voレゾナンス : 喜多日菜子 Daレゾナンス : なし Viレゾナンス : なし フェス限が圧倒的に足りませんが4月末限定でユ3種を引けたことにより最低限の戦力は整っている感じ。 さすがにSRトリコを起用した前回みたいなことにはならなくてすみました。 また僕自身のの実力としてはLv. 29はほぼほぼフルコン可能。 30になると4割程度、Lv. 31のフルコンはなしといった感じです。 では具体的に用いた編成を紹介します。 結果的にCoブースということであります。 可能ならフォーカス持ちを入れたいところですが、5th BOOTH、10th BOOTHでも使用するため妥協案。 譜面自体は非常に癖のないシンプルな譜面でさほど苦戦することもなくフルコン。 本当ならレゾナンスリーダーがいいのですがDaレゾナンスは未所持のためDaトリコ編成。 3rd BOOTHとの兼ね合いもありシンフォニーと2枚。 余っていた1枠には適当にDaが高かった恒常ユッキを入れました。 楽曲は個人的Lv. 30最弱の生存本能。 最近もPRP更新のために何度かプレイしていたということもあり数回の施行の後フルコン。 ユッキの場所は色々試せそうでしたがわざわざフルコンしたのを崩すのもなーということで結局最後までこのまま。 同じようにDaトリコ編成ですがシンフォニーが1枚しかなかったのでここでゲストからフェス限高森さんをレンタル。 また、が1枚に限られるので残った枠を有効活用すべくフリック偏重の曲に合わせたフリックアクトの砂塚さんを起用。 あとの1枠は何度か試した結果なぜかスキブ杏が一番スコアが出ました。 なんで? 本当は同じLv. 30でもよりフリック率の高いTulipのほうがふさわしいのですが、あちらは癖がついていてフルコンできる気がしなかったのでこちらで妥協。 まぁ妥協してもフルコンできなかったんですけどね初見さん。 最後の2重フリックのとこまではコンボが繋がっていたのでヨシ!! 唯一のCuブースですね。 ユは2枚ありますが島村さんの方はポテンシャルブースの方に回したのでこちらはセンターを乙倉くんに。 そしてコンボナとコンセチューニング。 手持ちの関係上こちらでは秒数合わせができず漏れる部分もありました。 そしてこの編成の肝となるスライドアクトの辻野さん。 実際Lv. 30にも負けないくらいのスコアが出ました。 ユは1st BOOTHで使用したためセンターはプリンセス三船さん。 他にスキブ、コンボナ、スライドアクト、あと残ってた1枠はステータスの高い渋谷さんを採用しました。 正直何も言うことがない。 26しかないため実質こちらが1番。 ほかの属性ブースよりもAp値の上昇量が大きく、また手持ちの中でも余裕のある属性のため、ある程度贅沢に編成を使用。 ユの本田さんをセンターに秒数合わせのコンセチューニング、そしてゲストのオルタネイト久川凪のデメリットを打ち消すフォーカス市原さん。 多少ポテンシャルが振り切れてないですがそれを補って余りあるスコアが出ました。 オルタネイト欲しくなるわね… 楽曲はLv. ただ、簡単とは言ってもLv. 30ではあるので変な癖が付く前にフルコンできたので良かったです。 センターは残っていたプリンセスのユッキを起用。 残りはスキブ、コンボナ、フリックアクト、使わないのももったいないのでモチーフ。 これはあくまでフリックアクトとの兼ね合いで選んだのであって、決して担当センターで担当の楽曲をプレイできるのが楽しいとかそういうわけではない。 いやちょっとだけそういう側面もある 8th BOOTH スターランクに応じてApUP 8th BOOTHはまいどまいど編成に困るスタランブース。 今見たらこの人Vi特化ですね。 なんで僕はDa編成にしているんだろうか。 ガバですね。 以前フルコンして以来初めてプレイしましたけれど、本当にフリックして降ってこなくて笑いました。 9th BOOTH プロデュースptに応じてApUP 9th BOOTHは普段のファン活の成果を要求されるポテンシャルブース。 つまりは僕のいちばん苦手な部分です。 前回はポテ35のユッキセンターでポテ33の佐藤さんを入れたプリンセス編成を用いていましたが、多分ユのほうが稼げそうということでポテ28の島村さん、ポテ30の輿水さんのCuユ編成で。 どっちが良かったのかはわかんないです。 楽曲はCu Lv. 30楽曲では個人的にかなり得意なあんずのうた。 変な配置がないから叩いてて楽しいんですよね。 以前はここがイベント曲でしたが1st BOOTHに移動したこともあって楽曲選択は自由に。 編成としてはほぼほぼイベント出演アイドルからの絞りかすって感じですね。 ですのでスコアも控えめ。 楽曲は今回の頑張りたい枠としてLv. 32のTrust me。 最初はLv. 30のStage bye Stageを採用していましたが、なんか行けそうだなということでこちらにチェンジ。 最終的にフルコンこそ逃しましたがコンボがかなり繋がりLv. 30よりもスコアが出ました。 次回までに仕上げたいですね。 まとめ 以上、長くなりましたが今回のLIVE Carnivalの編成紹介でした。 結果的には1500位台でしたがイベント中のボーダーの追い上げは恐ろしく、実際2500pt差ほどしかなかったのでかなり肝を冷やしました。 振り返ってみるとアイドル面ではまず4月月末ガシャでユ3種引けたことがかなり大きかったです。 前回のカーニバルではSRトリコや判定強化NGなどをセンター起用していたことを思うと、センターに困らないというのは非常にストレスフリーでした。 編成面では思った以上に使い勝手がいいなと感じたのがコンセチューニング。 カーニバルは多数のアイドルを起用する関係上、1つの編成に全力をいれる効果が薄いので2枠使用するもののそれなりなスコアボーナスを稼げるこの組み合わせは思いの外重宝しました。 またアクト系とそれにあった楽曲が組み合わさったときの爆発力も今回始めて知りましたね。 次回はおそらくVo Co特化になることを考えると正直かなり不安が残ります。 未だにDa以外のトリコリーダーが不在なことやCoユが1枠しか無い中で、今回レベルにボーダーが上がってくるとなるとかなり厳しいかなと。 でも虹トロのメダル増加効果が思いの外大きくて特に今回は徒歩レベルの進行だったにもかかわらずレシピ入手がだったので可能ならば狙っていきたいですね。 そのためにも効果的なガシャ天井との実力アップが不可欠かなと。 ではそんな感じで ch1rim3n.

次の