ポケットwi-fi 繋がらない。 WiMAXもポケットwifiがマンションで繋がらない理由

ポケットWiFiが繋がらない!すぐできる解決法を緊急度別に紹介|回線カレッジ

ポケットwi-fi 繋がらない

スマートフォンやパソコンなどインターネットに接続できる端末を使っていて、「Wi-Fiは繋がってるのに繋がらない……」という症状に悩まされることがあります。 端末にWi-Fiマークが表示されているのに、実際にはインターネットに接続できないような状況です。 なぜ、マークが表示されているのにWi-Fiでインターネットに繋げることができていないのか? 考えられる原因と対処法について解説していきます。 Wi-Fiが繋がってるのに繋がらない原因 まず、Wi-Fiに繋がっているのにインターネットに接続できないときに考えられる原因を列挙してみます。 以下のどれかに当てはまることが多いでしょう。 ・Wi-Fiルーター・端末の不具合・故障 ・Wi-Fiルーターの設定・認証ミス ・Wi-Fiルーターが複数ある ・誤ったWi-Fiの電波に接続しようとしてしまっている ・回線事業者・プロバイダー業者側の障害 ・セキュリティ・ファイアウォールの不具合 ・WANポート、LANポートの不具合(あるいは逆に刺している) ・WAN側(インターネット側)の不具合 Wi-Fiが繋がってるのに繋がらないときの対処法 ここからは対処法です。 以下の方法を試してみましょう。 Wi-Fiルーター・端末の電源を入れなおす Wi-Fiルーターか端末のいずれかにトラブルがある場合、電源を入れなおして再起動することでインターネットに繋がるようになる可能性があります。 Wi-Fiルーターは電源ボタンが付いていないことが多いので、その場合は電源コードをコンセントから抜き、30秒~1分程度時間を置いてからコンセントに刺して電源を入れなおしてみましょう。 ルーターのトラブルの多くはこれで改善します。 スマートフォンなどの端末も一旦、電源を切り、再度起動すると症状が改善することがあります。 家族などが持っている他の端末があって、その端末はインターネットに繋がっているのであれば、自分の使っている端末が不具合・故障を起こしている可能性が大きいです。 これはWi-Fiを一度切断してから再び接続しなおすと、正常に繋がるようになることがあるためです。 Wi-Fiルーターの接続先を変更する 最近のWi-Fiルーターには大抵、5GHzと2. 4GHzの2つの周波数帯が用意されています。 Wi-Fiルーター本体を見ると、2. 4GHzと5GHzの2つのランプが並んでいることが多いので確認してみてください。 ルーターから2種類の異なる電波が飛んでいるということです。 このうち2. 4GHzは、5GHz帯に比べて床や壁などの障害物の影響を比較的受けづらく、遠くまで届く性質があります。 しかし、同じ周波数帯の電波を使用する家電などが多いため電波干渉が起きやすいという弱点があります。 環境によっては、電子レンジを使うとインターネットの接続が途切れるということも。 ちなみに、コードレス電話や、パソコン・オーディオ製品などのBluetoothも同じ周波数帯を利用しています。 いつも使っている周波数帯が2. 4GHzなら、5GHzに変更すると安定してインターネットに繋がるようになる可能性もあります。 スマートフォンのWi-Fiの設定を開いて、使っているルーターなどの名前がついている接続先(ネットワーク)が2つあれば、どちらかが5GHzだと考えられます。 接続先を変更してインターネットに繋がるかどうか試してみてください。 ポートも含めWi-Fiルーターを設定しなおす Wi-Fiルーターを、光回線のONUや、回線業者からレンタルしているルーター(Wi-Fi機能のないタイプ)と接続している場合、LANポートやWANポートとの接続方法が間違っていることがあります。 基本的に、ONUから伸びているLANケーブルはルーターのWANポートに接続します。 古いルーターと新しく買い足したWi-Fiルーターを接続する場合は、「二重ルーター」状態になっていて速度が遅くなっていることもあります。 これを解消するには、Wi-Fiルーターを「ブリッジモード」などで使用します。 やり方は製品によって異なるので詳しくは取扱説明書を見てみてください。 Wi-Fiルーターを新しく購入したり、買い替えたりした場合は、プロバイダーと接続するための初期設定が必要です。 初期設定は通常パソコンで行いますが、Wi-Fiルーターならスマートフォンで行うこともできます。 この初期設定に問題が生じてインターネットに接続できなくなっている可能性もあるので、取扱説明書などを読んで確認してみましょう。 セキュリティ・ファイアウォールを一時的に無効化する Wi-Fiへの接続がファイアウォールによってブロックされている可能性がありますので、一度無効化してWi-Fiに接続できるかどうかを試します。 ただし、ファイアウォールを無効化するとウイルスなどに感染する恐れがありますので、注意が必要です。 回線事業者・プロバイダー業者に問い合わせる 初期設定の仕方がわからない、あるいはインターネットに接続できない理由がどうしてもわからないといった場合は、回線事業者もしくはプロバイダー業者のサポートセンターに問い合わせるのが確実です。 その場合、事前にWi-Fiルーターのランプがどのような状態にあるのか確認しておくとよいでしょう。 ランプの色や点滅などの意味は、取扱説明書に書いてあるはずです。 Wi-Fiルーターが原因で繋がらないだけでなく、遅くなることも Wi-Fiルーターが原因で回線の速度が極端に遅くなり、インターネットに接続しづらくなるケースもあります。 もしWi-Fiルーターを触ってかなり熱くなっているようであれば、一度電源を切り、本体を冷やしましょう。 それだけで、速度が改善されることもあるようです。 また、使用しているケーブル類が古くなっていたり、汚れていたりすることが速度に影響する場合もあります。 使用期間が長いようであれば、一度メンテナンスをしてみるといいでしょう。 最新のIPoE接続対応ルーターを無料で使えるDTI with ドコモ光 Wi-Fiルーターが原因でインターネットに接続しづらくなり、Wi-Fiルーターの買い替えを検討される方に朗報です。 をご存知でしょうか? 国内で550万回線を突破している光ファイバー回線対応のインターネット接続サービスで、IPoE接続対応の高性能ルーターが無料でレンタルされます。 また、ほかにもさまざまなメリットがあるので、下記にまとめました。 ぜひ、チェックしてみてください。 IPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料 あらためてお伝えしますが、ドコモ光の回線スピードとそれを活かすIPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料で使えます。 また、通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後に送られてきます。 しかし、DTI with ドコモ光であれば光回線の開通前にIPoE接続対応の高性能ルーターが用意されます。 もちろん、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続できます。 ドコモユーザーなら毎月最大2,251円も通信費がお得に また、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。 最大15,000円のキャッシュバック特典+新規お申し込みでdポイントを10,000pt贈呈 さらに、最大15,000円のキャッシュバック特典があり、新規でお申し込みの方には10,000pt、転用でお申し込みの方には5,000ptのdポイント(期間・用途限定)を進呈いたします。 新規工事料も無料 そして、新規工事料が無料になる特典もあります。 この機会にぜひ一度、特典内容をご確認ください。 ドコモユーザーではない方はauセット割があるDTI光もおすすめです ドコモユーザーではない方には、auセット割も利用できるもおすすめです。 ルーターは有料レンタルとなりますが、さまざまな特典があります。 auユーザー、DTI SIMユーザー、東京ガスユーザーだけの割引あり ほかサービスとのセットで、各種割引が受けられます。 DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,200円の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月150円割引(SIMセット割)、DTI光と東京ガスのガス・電気セット割を同時利用する場合は毎月最大250円割引(東京ガストリプル割)となります。 従来の接続方式の光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている方でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。 最低利用期間なし&違約金なし また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。 そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。 いつでも違約金なしで解約できます。 キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載 さらには、特典として、工事費実質無料となる最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。 また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。 が所有する登録商標であり、アイコム株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。 その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します.

次の

モバイルWiFiが繋がらない!すぐ試すべき対処法と根本解決法

ポケットwi-fi 繋がらない

いつでもどこでにでも持ち歩けて便利な モバイルWiFi。 au・UQ系のWiMAXやソフトバンク系のY! mobile、ドコモ系のdocomoWiFiなどサービスも増え、その人気の高さが窺えます。 家だけでなく外出先でもスマホやパソコンでインターネットがスイスイ使えて、通信料金や場所を気にしなくていい等、メリットもたくさん。 一度持ったら手放せないほどですよね。 しかし、モバイルWiFi利用者なら誰もが 「モバイルWiFiが繋がらない」という問題に直面したことがあるのではないでしょうか? 仕事中に急にWiFiが繋がらないと、締切に間に合わない、テレビ会議の中断、なんて事態に発展し、非常に困りますよね。 このページでは、 モバイルWiFiが繋がらない時の応急処置と原因究明・根本的な解決法をご紹介します。 全て読み終えたら、WiFiが繋がらないという悩みは消え、再びインターネットをスイスイ使えるようになるでしょう! 今まさに、 モバイルWiFiが繋がらない状態で困っている方はぜひ参考にしてみてください。 モバイルWiFiが本当に繋がらないのか• モバイルWiFiの充電切れではないか• 接続機器(iPhone・Androidスマホ、パソコン、タブレット)が機内モードになっていないか• 接続機器(iPhone・Androidスマホ、パソコン、タブレット)のWiFiの受信設定がオンになっているか• 電池パックやSIMカードがしっかりセットされているか• 料金はちゃんと支払えているか 「こんな単純なミスはするわけない。 」と思うかもしれませんが、今一度ひとつずつ確認してみましょう。 意外と単純な理由で、モバイルWiFiが繋がらないという問題が解決してしまうこともあるのです。 機器の再起動 スマホやパソコン、タブレット等の端末がフリーズしてしまった時、再起動で直るのと同じように、WiFiルーターも 再起動させることで繋がらない接続状態を改善できる場合があります。 繋げるデバイス(iphone・Androidスマホ、パソコン、タブレットなど)も再起動しましょう。 通信モードの切替 モバイルWiFiによっては、 使える電波が複数ある場合があります。 今まで使っていた電波と違う電波に切り替えると、接続が改善され、インターネット回線に繋がらない問題を解決できるかもしれません。 モバイルWiFiの初期化・リセット これまでの方法を試してもモバイルWiFiが繋がらない、接続状態が改善されない場合は モバイルWiFiを初期化・リセットしてみましょう。 製品によって初期化の方法は異なりますが、簡単な手順でリセットできます。 ご利用の機器の説明書などを参考に、手順に従って初期化しましょう。 そのあとパスワードを再設定し、モバイルWiFiを通じてインターネット回線に接続できるか試してみてください。 以上、モバイルWiFiが繋がらないという問題が発生した時に その場で試せる応急処置方法をご紹介しました。 どうしても繋がらないと思っていたのに、意外と簡単に繋がらない問題が解決できた、接続が良くなった、という方もいるのではないでしょうか? 次に、モバイルWiFiが繋がらない時の応急処置方法で一時的には解決したけど 、「またすぐに繋がらなくなってしまった。 」、「モバイルWiFiが繋がらない問題を本質的に解決したい。 」という方のために、 モバイルWiFiが繋がらない根本的な原因を突き止め、それを解決する方法を説明します。 繋がらない原因を突き止めよう! モバイルWiFiが頻繁に繋がらない状態になってしまう状況を打破するために、まずは 繋がらない原因を突き止めましょう。 モバイルWiFiがインターネット回線に繋がらない理由には様々なものがあります。 片っ端から解決方法を試していくのも一つの手ですが、 ある程度繋がらない原因を絞り込むことで余計な手間なく解決への道がひらけるのです。 では、モバイルWiFiが繋がらない原因を把握するための方法を確認していきます。 モバイルWiFiの状態をチェックしよう WiFiが繋がっていない状態のモバイルWiFiルーターをチェックすることで、ある程度の繋がらない原因を突き止めましょう。 モバイルWiFiルーターに電波が届いていない ルーターのアンテナが「圏外」表示、またはアンテナ数が0、または1本になっている。 このような場合は モバイルWiFiルーター本体に問題がある、または 使用状況に原因があり、繋がらない問題を引き起こしている可能性が高いです。 モバイルWiFiルーターには電波が届いている ルーターのアンテナは2、3本立っていて、電波は届いているし、強い。 このような場合は 繋げている端末側に原因がある、または 使用状況に問題があるため、繋がらない状況に陥っているのかもしれません。 次に、モバイルWiFiが繋がらない主な原因である使用状況について確認してみましょう。 使用状況を確認しよう• 使用環境 モバイルWiFiの電波は ビルや壁などの障害物に影響を受けやすい性質です。 モバイルWiFiの機種によっては、モバイルWiFiを置く場所を数センチ変えただけで電波が繋がりやすくなり、接続が改善されることがあります。 周りを見渡して、接続に影響を与えていそうなものがないか確認しましょう。 電波干渉 周りのWiFiやBluetooth、電子レンジなどと 電波干渉を起こしている可能性があります。 データ通信量、速度制限 重いデータのダウンロードや長時間の動画視聴等、大量のデータ通信が行われると、回線が込み合って繋がりにくくなります。 また、使いすぎが原因で速度制限にかかっているかもしれません。 無制限の料金プランを契約していても、数日間で大量のデータ通信を行い、その基準を超えてしまうと、一時的に速度制限がかかることもあります。 接続台数 スマホにパソコンにタブレット端末と、たくさんの機器をモバイルWiFiに接続していませんか? モバイルWiFiには同時に接続可能な デバイスの台数に制限があり、それが繋がらない原因を作っているかもしれません。 モバイルWiFiが繋がらない根本的な原因として、心当たりのあるものは見つかったでしょうか? ただ、状況を把握しただけでは、 必ずしも繋がらない原因が特定できるわけではないということは留意してください。 次に、 繋がらない原因別の具体的な解決方法を提示していきます。 モバイルWiFiが繋がらない原因はこれだ、という可能性の高いものから試してみてください。 モバイルWiFiが繋がらない原因を根本解決! ある程度、「繋がらないのは、これが原因かも」というものを絞り込むことができたら、早速根本的な解決方法を試していきましょう。 モバイルWiFiが繋がらない原因別に詳しい解決法をご紹介します。 使用状況が原因の時• 使用環境 インターネット続の悪い地下室は避け、屋内でも障害の少ない窓際や出入り口付近に移動してみましょう。 モバイルWiFiはケース等で覆わず、高い位置、接続機器になるべく近い場所に設置してみてください。 同じ建物の中でも、 座る位置やWiFiを置く場所を少し変えるだけで繋がらない問題が簡単に解決することもあります。 電波干渉 人が多く混雑している場所や、周りの人がWiFiやBluetoothを使っている場所は避けましょう。 また、すぐにできる応急処置でも紹介した、 通信モードを変える方法で使用している電波を違う電波帯に変更することも電波が繋がらない時に効果的です。 データ通信量、速度制限 大量のデータ通信で一時的に回線が込み合っている場合は、数時間たてば接続は改善されるでしょう。 ただし、大量のデータ通信が原因で速度制限にかかってしまっていたら、 その制限が解除されることを待つ以外、繋がらない状況を打破する方法はありません。 モバイルWiFi通信を使った 長時間または高画質の動画視聴、テレビ会議、大量のデータ・ファイルのダウンロード等が短時間ですぐに制限を超えてしまう主な原因です。 繋がらない問題を回避するためには、これらの利用時間や頻度に気をつけながらモバイルWiFiを使うことが重要です。 接続台数 同時にたくさんの機器をモバイルWiFiに接続している場合、その 接続数をできる限り減らすことがこの原因の解決方法です。 今すぐには使う必要のない機器はモバイルWiFiとの接続を外しておきましょう。 モバイルWiFiルーターが原因の時• モバイルWiFiのアップデート ソフトウェアのアップデートをすることでネットワークに繋がらない問題が改善されることがあります。 モバイルWiFiの通信の安定性向上、セキュリティ強化、機能の向上等多くのメリットもあるのです。 モバイルWiFiルーター自体の不具合 モバイルWiFi本体に不具合が生じ、繋がらない原因になっているかもしれません。 モバイルWiFiも繊細なデジタル機器です。 外に持ち歩いている時、気づかないうちに衝撃を与えてしまっていることもあります。 最新の機種であっても、防水加工がされていないものも多いため、取り扱いには十分注意しましょう。 接続している機器が原因の場合 モバイルWiFiルーターには問題なく電波が届いている場合、パソコンやスマホ、タブレット等の端末側に繋がらない原因がある事も考えられます。 そのような場合は、以下の項目を確認していきましょう。 セキュリティソフト 端末に入っている セキュリティソフトがモバイルWiFiの電波を遮断して、繋がらない原因になっている可能性があります。 セキュリティソフトを一時的に解除して、接続できるか試してみましょう。 不安な方は、セキュリティソフトのサポートセンターに問い合わせてみることをおすすめします。 SSIDの問題 SSIDとは、パソコンやスマホ、タブレット等の端末で、接続をするWiFiを選択する画面に表示される 「アクセスポイントの名前」のことです。 外出先では、数多くのWiFi回線が飛び交っています。 デバイスに接続しようとしているSSIDが間違っていないか、そして自分のモバイルWiFiのSSIDも再度確認し、正しいものを選択しているか確かめましょう。 WiFiの子機の問題 パソコンによっては、WiFiの無線LAN子機が必要なものもあります。 無線LAN子機とは、USBポートに差し込み、 ワイヤレスで電波を受信できるようにするアダプタ装置のことです。 古いタイプのパソコンでは、無線LAN子機がないと、WiFiの電波に繋がらない場合があります。 無線LAN子機を使用していても繋がらない場合は、USBポートの接続不良なども考えられます。 繋がるUSBポートを使用しましょう。 また、子機自体が故障しているかもしれません。 これら全てが、 モバイルWiFiが繋がらない時に自分でできる根本的な解決方法です。 繋がらない原因を根本的に解決し、インターネットがスイスイ使えるようになった!という方もたくさんいるのではないでしょうか。 今後もデータ通信量や使用環境に気をつけながら、WiFi通信を思いっきり使いましょう。 一方で、 「できる限り全ての解決法を試したのに、やっぱりモバイルWiFiが繋がらない。 」という方もいるかと思います。 そのような場合には、 自分には解決できない原因がモバイルWiFiの繋がらない問題を引き起こしている可能性が高いです。 解決方法をたくさん試しても繋がらない問題が解決しない時は、以下の原因が考えられます。 その他の原因• サービスエリア外 モバイルWiFiの人気が高まり、全国に基地局を増設していますが、 日本全国全てのエリアがカバーされているというわけではありません。 それぞれの機器で、モバイルWiFiが使えるサービスエリアが決まっています。 もしエリア外でモバイルWiFiを利用していたら、当然WiFiは繋がりません。 モバイルWiFiの公式ホームページでサービスエリアマップ等が掲載されているので、利用している地域が対象エリアかどうか確認してみましょう。 基地局の通信障害 その他の原因の2つ目として、 基地局の通信障害が挙げられます。 基地局は定期的にメンテナンス工事が行われ、それに伴いサービスが中断されてしまうことがあるのです。 これが、モバイルWiFiが繋がらない原因かもしれません。 障害発生状況はモバイルWiFiの公式ホームページでチェックできます。 モバイルWiFiが繋がらない時の原因とその解決方法を詳しく紹介してきました。 モバイルWiFiを使っている場所や周りの環境等、 意外と単純な原因が繋がらない問題を引き起こしているのだ、ということに気づいて頂けたのではないでしょうか。 モバイルWiFiが繋がらない主な原因や注意すべきことを知っておくことで、モバイルWiFiが繋がらない問題の再発を防止し、今後もWiFi通信を快適に利用することができるでしょう。 最後に、 どうしても繋がらない原因が分からない、という方は、モバイルWiFiのサポートセンターに問い合わせてみることをおすすめします。 また、ご利用の機器やプランがご自身のWiFi利用状況と合っていない事も考えられます。 そのような場合は、この機会に乗換を検討してみてはいかがでしょうか? 以下のページでは、モバイルwifi各社の特徴と料金を徹底比較し、 最新のおすすめモバイルWiFiをご紹介しています。 よろしければご参考にして下さい!•

次の

Windows10がWi

ポケットwi-fi 繋がらない

スマートフォンやパソコンなどインターネットに接続できる端末を使っていて、「Wi-Fiは繋がってるのに繋がらない……」という症状に悩まされることがあります。 端末にWi-Fiマークが表示されているのに、実際にはインターネットに接続できないような状況です。 なぜ、マークが表示されているのにWi-Fiでインターネットに繋げることができていないのか? 考えられる原因と対処法について解説していきます。 Wi-Fiが繋がってるのに繋がらない原因 まず、Wi-Fiに繋がっているのにインターネットに接続できないときに考えられる原因を列挙してみます。 以下のどれかに当てはまることが多いでしょう。 ・Wi-Fiルーター・端末の不具合・故障 ・Wi-Fiルーターの設定・認証ミス ・Wi-Fiルーターが複数ある ・誤ったWi-Fiの電波に接続しようとしてしまっている ・回線事業者・プロバイダー業者側の障害 ・セキュリティ・ファイアウォールの不具合 ・WANポート、LANポートの不具合(あるいは逆に刺している) ・WAN側(インターネット側)の不具合 Wi-Fiが繋がってるのに繋がらないときの対処法 ここからは対処法です。 以下の方法を試してみましょう。 Wi-Fiルーター・端末の電源を入れなおす Wi-Fiルーターか端末のいずれかにトラブルがある場合、電源を入れなおして再起動することでインターネットに繋がるようになる可能性があります。 Wi-Fiルーターは電源ボタンが付いていないことが多いので、その場合は電源コードをコンセントから抜き、30秒~1分程度時間を置いてからコンセントに刺して電源を入れなおしてみましょう。 ルーターのトラブルの多くはこれで改善します。 スマートフォンなどの端末も一旦、電源を切り、再度起動すると症状が改善することがあります。 家族などが持っている他の端末があって、その端末はインターネットに繋がっているのであれば、自分の使っている端末が不具合・故障を起こしている可能性が大きいです。 これはWi-Fiを一度切断してから再び接続しなおすと、正常に繋がるようになることがあるためです。 Wi-Fiルーターの接続先を変更する 最近のWi-Fiルーターには大抵、5GHzと2. 4GHzの2つの周波数帯が用意されています。 Wi-Fiルーター本体を見ると、2. 4GHzと5GHzの2つのランプが並んでいることが多いので確認してみてください。 ルーターから2種類の異なる電波が飛んでいるということです。 このうち2. 4GHzは、5GHz帯に比べて床や壁などの障害物の影響を比較的受けづらく、遠くまで届く性質があります。 しかし、同じ周波数帯の電波を使用する家電などが多いため電波干渉が起きやすいという弱点があります。 環境によっては、電子レンジを使うとインターネットの接続が途切れるということも。 ちなみに、コードレス電話や、パソコン・オーディオ製品などのBluetoothも同じ周波数帯を利用しています。 いつも使っている周波数帯が2. 4GHzなら、5GHzに変更すると安定してインターネットに繋がるようになる可能性もあります。 スマートフォンのWi-Fiの設定を開いて、使っているルーターなどの名前がついている接続先(ネットワーク)が2つあれば、どちらかが5GHzだと考えられます。 接続先を変更してインターネットに繋がるかどうか試してみてください。 ポートも含めWi-Fiルーターを設定しなおす Wi-Fiルーターを、光回線のONUや、回線業者からレンタルしているルーター(Wi-Fi機能のないタイプ)と接続している場合、LANポートやWANポートとの接続方法が間違っていることがあります。 基本的に、ONUから伸びているLANケーブルはルーターのWANポートに接続します。 古いルーターと新しく買い足したWi-Fiルーターを接続する場合は、「二重ルーター」状態になっていて速度が遅くなっていることもあります。 これを解消するには、Wi-Fiルーターを「ブリッジモード」などで使用します。 やり方は製品によって異なるので詳しくは取扱説明書を見てみてください。 Wi-Fiルーターを新しく購入したり、買い替えたりした場合は、プロバイダーと接続するための初期設定が必要です。 初期設定は通常パソコンで行いますが、Wi-Fiルーターならスマートフォンで行うこともできます。 この初期設定に問題が生じてインターネットに接続できなくなっている可能性もあるので、取扱説明書などを読んで確認してみましょう。 セキュリティ・ファイアウォールを一時的に無効化する Wi-Fiへの接続がファイアウォールによってブロックされている可能性がありますので、一度無効化してWi-Fiに接続できるかどうかを試します。 ただし、ファイアウォールを無効化するとウイルスなどに感染する恐れがありますので、注意が必要です。 回線事業者・プロバイダー業者に問い合わせる 初期設定の仕方がわからない、あるいはインターネットに接続できない理由がどうしてもわからないといった場合は、回線事業者もしくはプロバイダー業者のサポートセンターに問い合わせるのが確実です。 その場合、事前にWi-Fiルーターのランプがどのような状態にあるのか確認しておくとよいでしょう。 ランプの色や点滅などの意味は、取扱説明書に書いてあるはずです。 Wi-Fiルーターが原因で繋がらないだけでなく、遅くなることも Wi-Fiルーターが原因で回線の速度が極端に遅くなり、インターネットに接続しづらくなるケースもあります。 もしWi-Fiルーターを触ってかなり熱くなっているようであれば、一度電源を切り、本体を冷やしましょう。 それだけで、速度が改善されることもあるようです。 また、使用しているケーブル類が古くなっていたり、汚れていたりすることが速度に影響する場合もあります。 使用期間が長いようであれば、一度メンテナンスをしてみるといいでしょう。 最新のIPoE接続対応ルーターを無料で使えるDTI with ドコモ光 Wi-Fiルーターが原因でインターネットに接続しづらくなり、Wi-Fiルーターの買い替えを検討される方に朗報です。 をご存知でしょうか? 国内で550万回線を突破している光ファイバー回線対応のインターネット接続サービスで、IPoE接続対応の高性能ルーターが無料でレンタルされます。 また、ほかにもさまざまなメリットがあるので、下記にまとめました。 ぜひ、チェックしてみてください。 IPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料 あらためてお伝えしますが、ドコモ光の回線スピードとそれを活かすIPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料で使えます。 また、通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後に送られてきます。 しかし、DTI with ドコモ光であれば光回線の開通前にIPoE接続対応の高性能ルーターが用意されます。 もちろん、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続できます。 ドコモユーザーなら毎月最大2,251円も通信費がお得に また、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。 最大15,000円のキャッシュバック特典+新規お申し込みでdポイントを10,000pt贈呈 さらに、最大15,000円のキャッシュバック特典があり、新規でお申し込みの方には10,000pt、転用でお申し込みの方には5,000ptのdポイント(期間・用途限定)を進呈いたします。 新規工事料も無料 そして、新規工事料が無料になる特典もあります。 この機会にぜひ一度、特典内容をご確認ください。 ドコモユーザーではない方はauセット割があるDTI光もおすすめです ドコモユーザーではない方には、auセット割も利用できるもおすすめです。 ルーターは有料レンタルとなりますが、さまざまな特典があります。 auユーザー、DTI SIMユーザー、東京ガスユーザーだけの割引あり ほかサービスとのセットで、各種割引が受けられます。 DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,200円の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月150円割引(SIMセット割)、DTI光と東京ガスのガス・電気セット割を同時利用する場合は毎月最大250円割引(東京ガストリプル割)となります。 従来の接続方式の光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている方でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。 最低利用期間なし&違約金なし また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。 そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。 いつでも違約金なしで解約できます。 キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載 さらには、特典として、工事費実質無料となる最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。 また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。 が所有する登録商標であり、アイコム株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。 その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します.

次の