看護師ボーナスカット。 病院の赤字経営でボーナスカット!看護師が辞めたくなる訳

賞与が3分の1「泣きそう」 医療者、コロナで待遇悪化 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

看護師ボーナスカット

あなたの病院は赤字ですか? 病院によっては、働いている病院の資金繰りが苦しくて赤字状態ということもあるでしょう。 特に、現在はコロナウィルス感染症の影響から多くの医療機関で外来や入院患者の人数が減り、病院の収益が大幅に悪化しています。 例年以上に大幅なボーナスカットを受けた…という方も少なくはないのではないでしょうか。 大学病院でも赤字病院は多い 全国的にも赤字病院の数は、患者数の減少に伴い増えているのではないでしょうか? 今や東京の大学病院、一流病院と言われているところでも経営難で赤字となっていると聞くと、本当に将来不安になってしまいますよね。 一流病院といえども病院の不祥事などによってニュースなどに取り上げられた病院は、信用を失って患者数が減っているようで、看護師の離職も続いているみたいです。 また、数年前の消費税アップも病院に与えた影響は大きいのではないでしょうか? 病院は消費税アップされたところで医療費の購入にあたって、増額分を患者に負担させることはできないためにその分を負担している形になっているのでしょう。 本当に病院だから一生安全か…というと疑問も出てくる時代になってしまいましたね。 赤字病院の看護師のボーナスカットはどんどん進む 病院の赤字が続けば、当然ながら看護師のボーナスにも影響を与えてしまいます。 私も働いていた病院が赤字になった時に、ボーナスが大幅に減額されたことがありました。 必至に働いて頑張っていたのに、やっぱりボーナスが減るとやる気がなくなってしまいます…。 病院で大きなコストとなっているのが、病院の中でも最も人数が多い看護職の人件費なので、まずはメスを入れられるのでしょうね。 もし、そのまま働いていてもボーナスカットがいつまで続くのかも不透明で、給料に対して不満が続くようであれば転職する必要性も出てくることでしょう。 今は特に、コロナの影響もあって退職を申し出ても引き止めに合わないと今までにないことも起きていたりする病院もあります。 病院の経営状態の見分ける方法 もしボーナスカットが続いている現状を変えるなら、転職をする必要がありますが、転職をして同じように経営難の病院には入職したくはないですよね。 では、どうやって転職先の病院の経営状況を調べればいいのでしょうか? 求人情報を見ても病院の経営状態については載っていないし、ネットで検索をかけても2ちゃんねるの噂が出てくるくらいでよくわからないのが本当のところだと思います。 そんな時は、看護師の 転職サイトを使っての転職がオススメです。 やはり業界に精通している地域の専任のコンサルタントなら、病院の経営状態をよく知っています。 どこの病院が今は赤字でやばいですよ…とか、どこどこ病院は、看護師の離職が相次いでいるところです…、あの病院は黒字に転換した…とかいった情報をリアルに教えてもらうことができるので参考になりますよ。 コンサルタントとの相談時には、あなたが気になる病院の過去のボーナス実績を3年くらい前からさかのぼって教えてもらうと、大幅なボーナスカットはあったのかなかったのかどうかも分かります。 だいたい前年度のボーナスは求人にも書かれてありますが、それ以前については調べないことが多いですよね。 できるだけ、過去に3年くらいにさかのぼってボーナスについてもチェックしてもらうようにしましょう。 面接時にはお金のことは聞きにくいという方がほとんどだと思うので、間に入っているコンサルタントに聞くことで解決ができますよ。 健全な経営状態にある病院は、看護師の体制が整っているのでスタッフの質が保たれているので医療事故などのミスも少なくなります。 給料カットなどの影響も受けないことから、長く働き続けられる働きやすい環境がありますよ。 看護師の転職サイトもたくさんあってどこを使っていいのか分からないという方のために、私が過去に実際に使って良かったところをご紹介しています。 関連ページ 看護師が先輩、師長、医師などからパワハラを受けて辞めたい時はどうする?我慢して耐える?訴える?辞めて転職する?あなたにとってのベストな選択は何か?パワハラの対処の仕方について。 残業代が出ない看護師の職場では、働き続ければ続けるほど損をしてしまっている状態です。 何でこなに働いてタダ働きしなくちゃいけないんだろう?と不満に思っているあなたは、すぐにでも職場環境を変えるべきです。 深刻な病棟の人手不足で悩んでいませんか?負担が大きくて疲弊してしまわないうちに、状況を改善する為に何をすべきか?今できることについてまとめています。 状況をそのままにしていても、何も変わりません。 休みが少なくてうんざり…6連勤でへとへとという看護師もいるのでは?休みが少ないと、健康面や精神面、友人、家族、恋人、自分の時間が奪われてしまいます。 休みが少なくてウンザリな看護師は、休みが多い職場へ転職するしか方法はありません。 元看護師のコンサルタントが教える!受け持ち人数が多すぎ・・・と悩む看護師のための解決策!受け持ち患者が多い職場では、キャパオーバーになりやすく、私自身も心身ともに壊してしまった経験があります。 看護研究なんてやりたくない!自分の時間を削ってまで研究発表する意味ってどこにあるの?患者さんのための勉強や研修はできても、看護研究がやりたくない看護師が大半です。 看護研究を逃れて、研究のない病院を探している看護師へ。 年々仕事量も責任も増えるばかりで給料が上がらない・・・看護師の仕事が割りに合わない!と感じた時はどうすればいいのでしょう?あなたの人生にとっての優先順位は何かを考えて結論を出してみよう。 最近増えているのが、病院から離れたくて訪問看護ステーションへ飛び込んでみたものの、結局辞めたいという看護師からの相談です。 あなたも訪問看護の仕事が合わないと感じているのですか? 精神科看護師は合う合わないがはっきり分かれるところ?精神科看護師を辞める理由とは!?合わなくて辞めたいなら、すぐに辞めてはいけません。 あなたが本当に優先したいことは何? 看護師は有給休暇が取れなくて当たり前と思っていませんか?最近になって、有給の消化率80%以上の病院も増えてきていました!有給が取れない病院なんて、辞めてしまった方がいいのかも!? 看護師が試用期間中だけど今すぐに退職したいと思ったらどうする?大きなギャップを感じて試用期間でも即日退職する看護師もいるほどです。 あなたが辞めたい理由は?早期に見切りをつけて辞めるべき? 看護師が辞めて地元に帰りたい・・・と思う時には、根本的な理由があることがほとんど。 あなた自身、現状に満足できていない事があるのではないでしょうか?地元に帰りたい看護師が考えるべきこと。

次の

賞与が3分の1「泣きそう」 医療者、コロナで待遇悪化 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

看護師ボーナスカット

GettyImagesより 東京女子医科大学病院が、経営悪化を理由に看護師職などへの夏季賞与の支給をカット。 この決定に不満を覚えた看護師職の約400人が退職の意思を示し、波紋を呼んでいる。 東京女子医大組合連合が発行している「組合だより」には、団体交渉をした同組合と大学当局の弁護士の生々しいやり取りが掲載された。 以下、一部を抜粋する。 組合「中小病院も赤字で苦しんでいる。 それでも職員のことを考えて借りてでも何とか一時金を支給している病院もある」 大学当局「女子医大も借りてでも支給せよということですか? そんな不健全な経営は間違っているし、やるつもりもない」 組合「看護師の退職希望者の予想数が400名を超えると聞いたが、そのことに対してどう考えているのか」 大学当局「深刻だとは思うが、足りなければ補充するしかない。 現在はベッド稼働率が落ちているので、仮に400名が辞めても何とか回るのでは、最終的にベッド数に見合った看護師を補充すれば良いこと。 申し訳ないが、これは完全に経営の問題であり、組合に心配してもらうことではない。 組合員の労働条件の問題ではないので交渉の議題ではない。 今後の患者数の今後の患者数の推移を見ながら、足りなければ補充すれば良いことだ」 大学側弁護士の「足りなければ補充するしかない」という発言に、ネット上では「看護師を使い捨ての駒としてしか見ていないのでは」と批判する動きが強まっている。 新型コロナウィルスの感染拡大を受け、多くの病院が感染防止のためにベッドの稼働率を低下させている。 患者も通院を控えるなどの理由から、医療機関が経営悪化に陥る懸念は当初から指摘されていたことだ。 現場で必死に働いている医療従事者たちが、そのしわ寄せを受けている。 支援はクラウドファンディング頼みなのか 新型コロナウィルスの影響により経営悪化に陥っているのは、東京女子医大病院だけではない。 神奈川県病院協会などの調査では、新型コロナウィルスの感染患者を受け入れた約8割の病院が4月の経営状況が赤字になったという。 また、千葉日報によると、千葉大学医学部附属病院の横手幸太郎院長はコロナ第2波について「全く油断できない状況」と見据え、病院への支援拡充を訴えている。 医療機関への支援が急務であることは間違いなく、迅速な対応が求められる。 患者や医師、看護師など214人が新型コロナウイルスに感染を出した永寿総合病院を支援するために民間で発足した「永寿総合病院を応援する会」は、クラウドファンディングをスタート。 現在、目標金額2000万円を大きく上回る約3800万円の寄付金が集まっている。 一方で政府の動きは鈍い。 2日に開かれた参院厚生労働委員会にて、日本共産党の小池晃書記局長は東京女子医大の件に触れ、「当面の資金ショートやボーナスカットを回避する緊急措置が必要だ」と指摘。 さらに、「全ての医療機関の減収を3割と仮定し、そのうち8割を補償すること」などの案を盛り込んだ自民党・医療系議員団本部の第2次補正予算試算案に小池氏が与野党どちらも賛成していると持ちかけるも、加藤厚労相は「まずは2次補正予算としてもらったお金を交付する」と対応しており、進展に至っていないようだ。 経営面の問題だけではない。 日本赤十字社医療センターの調べでは、新型コロナウィルスの患者の対応にあたった医療従事者の3割がうつ状態にあることがわかった。 市民の健康を守るべく懸命に働いている医療従事者たちに、十分なケアとサポートが必要だ。

次の

【速報】看護師400人超が退職希望 夏のボーナス全額カット…東京女子医大病...

看護師ボーナスカット

GettyImagesより 東京女子医科大学病院が、経営悪化を理由に看護師職などへの夏季賞与の支給をカット。 この決定に不満を覚えた看護師職の約400人が退職の意思を示し、波紋を呼んでいる。 東京女子医大組合連合が発行している「組合だより」には、団体交渉をした同組合と大学当局の弁護士の生々しいやり取りが掲載された。 以下、一部を抜粋する。 組合「中小病院も赤字で苦しんでいる。 それでも職員のことを考えて借りてでも何とか一時金を支給している病院もある」 大学当局「女子医大も借りてでも支給せよということですか? そんな不健全な経営は間違っているし、やるつもりもない」 組合「看護師の退職希望者の予想数が400名を超えると聞いたが、そのことに対してどう考えているのか」 大学当局「深刻だとは思うが、足りなければ補充するしかない。 現在はベッド稼働率が落ちているので、仮に400名が辞めても何とか回るのでは、最終的にベッド数に見合った看護師を補充すれば良いこと。 申し訳ないが、これは完全に経営の問題であり、組合に心配してもらうことではない。 組合員の労働条件の問題ではないので交渉の議題ではない。 今後の患者数の今後の患者数の推移を見ながら、足りなければ補充すれば良いことだ」 大学側弁護士の「足りなければ補充するしかない」という発言に、ネット上では「看護師を使い捨ての駒としてしか見ていないのでは」と批判する動きが強まっている。 新型コロナウィルスの感染拡大を受け、多くの病院が感染防止のためにベッドの稼働率を低下させている。 患者も通院を控えるなどの理由から、医療機関が経営悪化に陥る懸念は当初から指摘されていたことだ。 現場で必死に働いている医療従事者たちが、そのしわ寄せを受けている。 支援はクラウドファンディング頼みなのか 新型コロナウィルスの影響により経営悪化に陥っているのは、東京女子医大病院だけではない。 神奈川県病院協会などの調査では、新型コロナウィルスの感染患者を受け入れた約8割の病院が4月の経営状況が赤字になったという。 また、千葉日報によると、千葉大学医学部附属病院の横手幸太郎院長はコロナ第2波について「全く油断できない状況」と見据え、病院への支援拡充を訴えている。 医療機関への支援が急務であることは間違いなく、迅速な対応が求められる。 患者や医師、看護師など214人が新型コロナウイルスに感染を出した永寿総合病院を支援するために民間で発足した「永寿総合病院を応援する会」は、クラウドファンディングをスタート。 現在、目標金額2000万円を大きく上回る約3800万円の寄付金が集まっている。 一方で政府の動きは鈍い。 2日に開かれた参院厚生労働委員会にて、日本共産党の小池晃書記局長は東京女子医大の件に触れ、「当面の資金ショートやボーナスカットを回避する緊急措置が必要だ」と指摘。 さらに、「全ての医療機関の減収を3割と仮定し、そのうち8割を補償すること」などの案を盛り込んだ自民党・医療系議員団本部の第2次補正予算試算案に小池氏が与野党どちらも賛成していると持ちかけるも、加藤厚労相は「まずは2次補正予算としてもらったお金を交付する」と対応しており、進展に至っていないようだ。 経営面の問題だけではない。 日本赤十字社医療センターの調べでは、新型コロナウィルスの患者の対応にあたった医療従事者の3割がうつ状態にあることがわかった。 市民の健康を守るべく懸命に働いている医療従事者たちに、十分なケアとサポートが必要だ。

次の