平畠啓史 現在。 ぐっさんの相方・平畠啓史の現在は?印象が変わり過ぎて別人に!

アメトーク出演!ドンドコドン平畠啓史の現在は?静岡で人気者?

平畠啓史 現在

先日、『ロンドンハーツ2時間スペシャル』 テレビ朝日系 が放送され、懐かしい面々が現れお茶の間を楽しませたが、山口智充とのお笑いコンビDonDokoDon・平畠啓史もその一人だ。 平畠は、穴に落ちるドッキリを仕掛けられるも、仕掛け人の女性が誤って平畠より先に穴に落ち、それを助けようと近づいた平畠も穴に落ちるという結末を迎え、ネット上では「面白すぎる」という声のほかに、「ロンハーに平畠さん出てたんだ」「地上波で平畠を久しぶりに見た」という声が挙がっていた。 平畠と言えば、一時は『おはスタ』 テレビ東京系 などの番組に出演し、人気を誇ったが、今ではあまりテレビで見かけない。 平畠は今、何をしているのだろうか。 「平畠さんは、現在、サッカー関連の仕事がほとんどですね。 BSのサッカー番組でレギュラーを持つほか、全国のサッカー関係のイベントに呼ばれることが多いようです。 平畠さんは、試合のフォーメンションや流れなど独自の見解を綴ったノートを、Jリーグのサッカーの試合を中心に、各試合ごとにつけているほどのサッカー通。 今年、『平畠啓史Jリーグ56クラブ巡礼2020 -日本全国56人に会ってきた-』 ヨシモトブックス という本を出版していますが、Jリーグ関係者だけではなく、サポーターにもインタビューをしているほどなんですよ。 知識が豊富なので、今ではDAZNでJ3のサッカー中継の実況も任されています。 しかも、その実況がアナウンサーを凌ぐほど上手く、サッカー愛が伝わると好評です」 芸能記者 3月には、新型コロナウイルスの影響でJリーグの試合が中断したが、その間、サッカー新聞『エル・ゴラッソ』の特命編集長に就任。 サッカー熱が冷めることないよう、盛り上げた。 サッカーの仕事が中心になっているが、テレビの露出が減った訳ではない。 「全国区で見かけることは少なくなりましたが、平畠さんは静岡県内で放送されているグルメ番組『くさデカ』 テレビ静岡 に20年以上出演していて、静岡での知名度は抜群。 静岡県内で放送されるCMにも出演したことがあります。 ほかにも、静岡県内で放送されていたバラエティ番組『ピエール瀧のしょんないTV』 静岡朝日テレビ にも不定期で出演していて好評だったのですが、こちらはピエール瀧さんの逮捕によって終了。 平畠さんが見られなくなることを惜しむ声も挙がっていました。 ちなみに、現在、コンビとしての活動は不明です」 前出・同 全国区では見かけなくなったものの、現在、平畠は得意分野を活かして活躍しているようだ。

次の

ぐっさんの相方・平畠啓史の現在は?印象が変わり過ぎて別人に!

平畠啓史 現在

引用:Twitter ぐっさんが 地方で活動するようになったのは、 2003年から現在まで続いている長寿番組「ぐっさん家~THE GOODSUN HOUSE~」の影響が大きいです。 「ぐっさん家」の番組を始めたきっかけは 仲間からのお誘いがあったからだとか! 「 もともと僕が名古屋で別のレギュラー番組をやらせてもらっていて、 その番組のディレクターさんと作家さんと3人でプライベートでもずっと遊んでいたんです。 その2人が『遊んでいるときのぐっさんの面白さを、なんでテレビではそのまま出せていないんだろう?』ってよく言っていたんです。 それで『 自分たちがぐっさんの素の部分を出せるような番組を作ろう』と考えてこの 番組が始まりました」 引用:news. yahoo 以前から名古屋地方でレギュラー番組に出演していたことがきっかけで、「ぐっさん家」という長寿番組が誕生したわけですね~ ぐっさん 山口智充 が現在計画している番組とは? 引用:Instagram 思えば一時期大ブレイクしていたぐっさん。 人気お笑い番組「リンカーン」では数えきれない笑いを提供してくれましたよね。 そういえば最初のほうのリンカーンにぐっさん出てたってことを思い出した。 あとこの回めっちゃ笑った記憶ある。 — 不動明王たけもつ fccfbamboobook ところが、いつの間にかぐっさんの姿を見なくなった・・・という方も多いことと共います。 事実、全盛期は毎日のようにテレビで姿を見ていたぐっさんですが、 2010年くらいを境にテレビ出演が激減してしまったのです。 あっても関西テレビの「にじいろジーン」やNHKのドキュメンタリーやグルメ勉組など数える程。 噂に追い打ちをかけるように、 唯一の地上波全国レギュラー番組『にじいろジーン』も2020年3月で終わりを迎えてしまいました・・ 何故、ぐっさんは消えてしまったのか? 次項で ぐっさんが干されて消えてしまった理由の真相についてまとめました。 引用:Twitter ぐっさんのテレビ露出が減って干された理由の一つは、 性格が原因ではないか?と言われています。 2019年4月26日発売の『FRIDAY』では ぐっさんの露出が減った理由についてこのように語られています。 テレビで見かけない日がなかった「ぐっさん」こと山口智充 ともみつ 50 の露出が減っているのも、「 現場から敬遠されているから」だと制作会社のアシスタントディレクターが言う。 「悪い人じゃないんですけど、 アーティスティックで、とにかく細かく口を出してくる。 バラエティだと 台本と内容が変わることが少なくないのに、『台本と違う!』と撮り直しを要求してきたり。 正直、 扱いにくいという印象ですね」 引用:『FRIDAY』2019年5月10・17日号 番組は一人で作るものではないので、 スタッフとの円滑なコミュニケーションも大事ですよね。 そういう意味でぐっさんは真面目だけど、 現場スタッフにとっては負担になる存在・・だったのでしょうか・・? しかし、それだけでは説明がつかない事件が過去にありました。 引用:Twitter 結局、 「ワンナイ」放送が終わる頃にコンビ活動を休止すると発表。 このことでぐっさんは 相方を見捨てたなど噂が立ち、相方とも仲違いしたようです。 事実、Dondokodonの不仲説については複数の芸人から証言が挙がっています。 解散の原因は2人の不仲と言われており、芸人の間では有名なようす。 2017年放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)に出演したFUJIWARA・藤本敏史は「DonDokoDonが仲良かった時ない」とコメント。 また同年放送の『マジガチランキング』(AbemaTV)では、カンニング竹山とトータルテンボスが仲の悪いコンビについてトークすることに。 トータルテンボスは「インパルスはマジでガチなやつだからダメ」と暴露した後、竹山が「DonDokoDonは?」と聞くと「本当に触れられないやつ」と青ざめた表情で発言していた。 引用:exciteニュース 芸人仲間の中ではぐっさんと相方・平畠啓史さんとの不仲は有名だったようです。 実際に吉本興業の公式HPではぐっさんと相方の平畠啓史さんは別々に紹介されており、現状Dondokodonは存在していません。 引用:Twitter 前述でぐっさんと ダウンタウンとの不仲説に言及しましたが、実は不仲ではなかった!? と言える出来事が起こります。 というのも、 4月24日放送の「ダウンタウンなう」にぐっさんが出演することが判明したからですね! 実に10年ぶりのダウンタウンとぐっさんの共演ですが、ぐっさんはいったい何を語るのか?! 予告動画だと、ぐっさんが 過去に浜田雅功さんに舌打ちされたことがあると暴露しています。 しかも勤めていたマツヤデンキの 営業職で賞をもらう程のやり手リーマンだったといいます。 ただそこからミュージシャンを目指し、営業職は退職。 相方の平畠啓史との出会いはぐっさんがアルバイトとして始めた、ショーを運営する阪急電鉄宝塚ファミリーランドで同僚だったことがきっかけです。 そこから2人でお笑いの道に進みました。 ちなみに山口智充さんの一般人の妻ともこのアルバイトがきっかけで結婚し、3人の子供がいることがわかっています。 ぐっさんが芸人として全国的に有名になったきっかけは1999年10月13日より出演スタートした 『明石家マンション物語』でした。

次の

ロンハー過去VTRで懐かしいの声 DonDokoDon平畠、現在は趣味が高じて試合実況までこなす?(リアルライブ) 先日、『ロンドンハーツ2時間スペシャル』…|dメニューニュース(NTTドコモ)

平畠啓史 現在

平畠啓史(DonDokoDon)のプロフィール 生年月日:1968年8月14日 出身地:大阪府高槻市 身長:170cm 血液型:A型 所属事務所:吉本興業 平畠啓史さんは、職場(宝塚ファミリーランド)の同僚だった 山口智充さん(ぐっさん)とお笑いコンビ「DonDokoDon」を結成し、お笑いの道へと入ります。 その数年後、職場を退職し、2人で結婚式の司会などのアルバイトなどをしていましたが、毎日放送主催の演芸大会 「素人名人会」で名人賞を獲得したのを機に、プロの芸人を志しました。 その後2人は、当時、吉本興業が運営していたお笑い劇場「銀座7丁目劇場」のオーディションに挑戦し、見事合格。 吉本興業に所属し、1994年2月に正式にコンビ「DonDokoDon」を結成、プロの芸人として活動を開始します。 「DonDokoDon」はすぐに頭角を現し、1999年には、当時大人気だったお笑い番組 「爆笑オンエアバトル」の初代チャンピオンに輝くなど、一躍人気若手芸人の座に躍り出ます。 当時のお笑いブームの波にも乗り、 第1回「M-1グランプリ」では決勝進出。 「ワンナイR&R」をはじめとする、お笑いコント番組にも数多く出演するなど、ブレイクを果たします。 しかし、2006年頃を境にして「DonDokoDon」としての活動は減少していきます。 平畠啓史さん、山口智充さん(ぐっさん)、それぞれピンでの活動が目立つようになり、ぐっさんは全国区のテレビ出演も多いですが、平畠啓史さんは現在ほとんどメディアで見かけません。 今回は、そんな平畠啓史さんの現在を中心に紹介していきたいと思います。 引退した?噂の真相 お笑いコンビ「DonDokoDon」のツッコミ担当として人気だった平畠啓史さん。 しかし、2006年にDonDokoDonとしてレギュラー出演していたお笑いバラエティ番組「ワンナイR&R」の放送終了をきっかけに、メジャーなテレビ番組から姿を消しました。 一部からは「芸人を引退した?」「干されて消えた?」といった声も見られるようです。 また、全国区での知名度も低下し、平畠啓史さんを知らないという人も増えてきている様子です。 しかし、実は平畠啓史さんは現在も 芸人として活動を続けており、 静岡県やサッカー分野の仕事で大ブレイクを果たしているようです。 次の項からは、現在の平畠啓史さんの活躍について詳しく紹介していきます。 しかし、静岡県では吉本芸人と言えば真っ先に「平畠啓史」の名前が挙がるほど、絶大な知名度と人気を獲得しています。 平畠啓史さんが静岡県で絶大な人気を誇る理由としては、静岡放送の大人気番組 「くさデカ」のレギュラーとして20年に渡って活躍、番組の顔として定着していることが挙げられます。 静岡ローカル番組「くさデカ」で人気者に この「くさデカ」は、静岡放送の毎週土曜日の看板番組で、 過去最高視聴率は「25. 「くさデカ」出演によって静岡県民の人気者となった平畠啓史さんは、街を歩けば老若男女問わず幅広い人々から次々に声をかけられ、握手や写真を求められるほどの人気ぶりのようです。 ファンから声をかけられた際の平畠啓史さんの 丁寧な対応も評判になっていて、対応後には1人1人に「ありがとうございます」と、必ず声かけをするのだそうです。 こうした、平畠啓史さんの人柄の良さは番組スタッフからの信頼も集めており、番組責任者は 「平畠さんの代わりは全然考えていない」と絶大な信頼を寄せています。 実は、平畠啓史さんは サッカーへの造詣が専門家並みに深く、数多くのサッカー番組に司会者や準レギュラーとして出演、サッカーファンから抜群の人気を誇っているのです。 平畠啓史はサッカー経験者 平畠啓史さんは、高校時代までは サッカー部に所属し、主将としてチームをインターハイへと導いた経歴を持っています。 大学時代はサッカー部から勧誘を受けたものの断ったそうですが、サッカー愛は継続していたようで、1ファンとして海外サッカーや国内のプロサッカーに注目を続けていたようです。 サッカーの専門番組への出演多数 溢れるサッカー愛からサッカーへの造詣を深めた平畠啓史さんは、 その知識を買われ、数多くのサッカー専門番組へ出演しています。 CS放送「J SPORTS」のサッカー専門番組「Foot! 」や「バルサTV」、サッカー専門のネットメディア「フットボールチャンネル」のWeb番組「FChan TV」へ不定期に出演しています。 NHK BS1で放送中の「Jリーグタイム」でも、準レギュラーとして出演されています。 サッカー番組に出演するきっかけは「15秒」の偶然 平畠啓史さんが、数多くのサッカー番組に出演するきっかけとなったのは、わずか「15秒」のちょっとした偶然だったのだそうです。 数年前、平畠啓史さんはTBSのサッカー中継の副音声ゲストとして呼ばれたそうです。 副音声ゲストという事で、ほとんど音声だけで画面には写りませんが、ゲスト紹介という形で、ほんの15秒ほど平畠啓史さんがテレビ画面に映されました。 その時、平畠啓史さんは 「J SPORTS」のサッカー専門番組「Foot! 」のオリジナルTシャツを着ていたんだとか。 中継を見ていた「Foot! 」のスタッフが、その15秒間の中で偶然見つけ、「この人はうちの番組のファンかもしれない」と思い、番組への出演をオファーする流れになったのだそうです。 J3や海外サッカーの試合実況も 平畠啓史さんが初めて「Foot! 」に出演した際に披露したサッカーに対する造詣の深さは、番組スタッフの間で話題になりました。 それもあって、平畠啓史さんの元に、同じく「J SPORTS」で放送中の、スペインのクラブチーム「FCバルセロナ」の過去試合を放送する番組「バルサTV」の実況依頼が来たのだそうです。 以降、平畠啓史さんはサッカー実況も数多く担当するようになり、時には Jリーグ(J3)の実況や、日本代表の国際試合の裏実況を担当することもあります。 平畠啓史(DonDokoDon)は結婚している? 静岡県やサッカーファンの間で絶大な人気を獲得している平畠啓史さんですが、現在結婚しているのどうかにも興味が集まっているようです。 調査してみたところ、平畠啓史さんは現在 独身で、これまでに結婚された経験も無いようです。 実は「DonDokoDon」の解散(正式には活動休止)には、平畠啓史さんと、相方山口智充さん(ぐっさん)との結婚観が関係しているのでは?との噂もあるようです。 これに関しては、次の項で紹介したいと思います。 平畠啓史とぐっさん(山口智充)の不仲が原因でDonDokoDonは解散? お笑いコンビとして人気を集めながら、2006年を境に解散状態の「DonDokoDon」。 その解散の理由が平畠啓史さんとぐっさん(山口智充)さんの不仲にあったのでは?という噂があるようです。 ここでは、DonDokoDon解散の理由について見ていきましょう。 平畠啓史とぐっさんの不仲は芸人仲間の間でも有名 実は、平畠啓史さんと相方・山口智充さん(ぐっさん)との不仲は、芸人仲間の間で有名だったようです。 2017年には、TBSのラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」に出演した、お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史さんが「 DonDokoDonが仲良かった時はない」と発言し、話題になりました。 また、同年にAbemaTVで放送された「マジガチランキング」では、カンニング竹山さんとお笑いコンビ「トータルテンボス」が仲の悪い芸人コンビをテーマにトークを展開しました。 その中でも、DonDokoDonについて 「(仲が悪すぎて)本当に触れられないやつ」と青ざめた表情で話すシーンが放送されています。 そのため、DonDokoDonが事実上の解散状態になったのは、平畠啓史さんと山口智充さん(ぐっさん)の 仲がうまくいかなくなったため、というのが有力な説になっています。 ぐっさんの結婚も活動休止の理由か また、山口智充さんは既婚者であり、子供が3人いることあが知られていますが、これがDonDokoDonの解散に関係しているとの説もあります。 山口智充さんは3人目の子供が2007年頃に誕生した際、「 3人の子供と嫁を食わせて行くためにどんな仕事でもやる」と決意し、事務所にも「どんな仕事でもやる」と直談判したんだそう。 しかし、相方の 平畠啓史さんはお笑いを追求したいという考え方を持っていたため、山口智充さんと今後のコンビの活動において意見が割れてしまったのではないか?と言われています。 ぐっさんが平畠啓史さんを切り捨てたとの声も また、DonDokoDonの一部のファンの間では、 山口智充さんが自分がピンで売れたため、相方の平畠啓史さんを切り捨てたのでは?との声も見られるようです。 確かに、山口智充さんは一時期、司会者や歌手としても活躍、現在も個人での冠番組を持つなど、ピン芸人としてブレイクを果たしています。 山口智充さんがソロでブレイクし始めた時期、平畠啓史さんは現在のようにサッカー番組でブレイクしておらず、ほとんど仕事が無いような状態でした。 そのため、ファンの間では山口智充さんが平畠啓史さんを切り捨てたように映ったようです。 まとめ お笑いコンビ「DonDokoDon」のツッコミ担当として、一時期全国的人気を誇った平畠啓史さんの現在についてまとめてみました。 平畠啓史さんは2019年現在、全国区のテレビでほとんど姿を見かけないため、「芸能界を引退した?」「干されて消えた?」といった声が見られます。 しかし、実際には平畠啓史さんは静岡のローカル番組「くさデカ」のレギュラーとして大活躍中で、静岡県では知らない人はいないほどの大人気を誇っています。 また、サッカーへの造詣の深さを活かして、CS放送やBS放送、Web配信でのサッカー専門番組に多数出演中で、コアなサッカーファンから支持を集めるなど、大ブレイクを果たしています。 そのひたむきな仕事姿勢は、地元のファンや関係者から絶大な人気をを集めているようです。 今後の平畠啓史さんのさらなる活躍にも期待が高まります。

次の